teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


二中校舎の最期に関連して

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 9月15日(木)11時16分32秒
編集済
  トピックスの欄に、米田君と浅野君に被曝当時の校舎の模様の思い出をお願いして書いて頂いた。塚本も思い出すこと様々だが、その年の10月に、スコップを持って後片付けに行けということで運動場の東門寄りの芋畑の土ならしをした。浅野君の書いている通り死体焼却の跡であることが直ぐ、わかったが、残っていたのは、骨骨灰が残ったトタンの波板が何枚も重なったものが、畝と畝の間に引っ掛ける様に置かれているものだった。それらを、骨灰はずた袋に集めて、ポプラの木の根元に既に沢山置いてある人骨の入ったずた袋の山に一緒に纏めるのが仕事だった。その時は別に感情的に嫌だと思うことはなかったが、翌年、運動場の整備の後帰りに土橋の電車の専用橋のそばに何故か人骨の山があり、丁度近くを通るとき小さな頭骸骨が道路に転がり落ちて来た。側にいたおじさんが塚本の持っているスコップを見て、お前それで元に戻せと言われるのでいやいやながらスコップで掬うとコロコロと音がした。多分脳が固まって中で転がったのだろうと思うが、思わず背筋がぞっとしたのを今でも忘れない。あの年は如何に異常な精神状態だったか、と今にしては思うのである。  
 

被爆の思い出2

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 6月12日(日)21時13分50秒
  随分前に、被爆の思い出1として開かずの踏み切りとして知られる愛宕の踏み切り通らずに東練兵場の被爆地点に行けない人たちは、皆愛宕の陸橋を通ったはずである。思い出1にその写真を掲載しているが、肝心の被爆地点は今となっては、大きなビルが連立してしまった今となっては、記憶に頼らざるをえない。数年前、故荒谷兄が健在の頃、真北にお寺か神社が火炎に包まれているのを見たと証言しているのを思い出して、当時、彼が広島ガーデンホテル当たりだったろうとこの掲示板に書いているのを思い出してたまたまだべり会に行く途中、撮った写真を掲載します。奥の方がガーデンホテル、手前が貯金局になります。  

同期会更新のお知らせ

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 4月30日(土)16時46分40秒
  4月30日、やっと、平成28年度の同期会総会の模様についてホームページを更新しました。遅くなった事すみません。  

サーバー切り替えに伴うホームページへの影響

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 4月18日(月)14時29分55秒
  お騒がせしましたが、ご覧になるには、今までとおなじでよいです。  

サーバーの切り替え完了

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 4月18日(月)07時18分12秒
  4月18日早朝、切り替えが完了しましたが、それに伴う、設定の変更が必要になっています。
しならくお待ちください。
 

二中校舎の色

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 4月13日(水)14時19分53秒
編集済
  広島テレビの東京支社の人からメールがあり、「碑」をこのたび舞台劇に仕立てて、全国を公演して回る、広島でも公演する。ついてはポスターをカラーで作りたいので記憶をたどって教えて欲しいという依頼がありました。私にはまったく記憶がないので、同期会が近々あるので、皆さんに尋ねて見ると返答したら、急いでいる、ある人から聞いたところによると「屋根がグリーンで壁は白かブルーだった」、自信がないので他の人にも聞いてくれと言われたので問い合わせているという事でした。広島で連絡のつく人たちに聞いてみたのですが、浅野兄が正門に面している校舎が大正モダンなデザインで壁がグリーンだった、国重兄が壁は上が白でしたがグレーだったという返事でした。
このホームページとしても23期生の記録を残すことにしていますので、みなさんの記憶から校舎の色をはっきりさせておきたいと思います。同期会の席で記憶をお話しください。
 

ホームページ見られない期間

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 4月 8日(金)11時54分24秒
編集済
  4月16日から4月18日の或時間サーバー移設のためホームページがみられない時間があります。
ちょうど同期会のときに運悪く当たりますと皆さんに紹介できません。そのときには代わりに、広島テレビが約50年前に放送した「碑」の一部をプロジェクターで放映するつもりです。
 

新サーバーへの切り替え

 投稿者:塚本  投稿日:2016年 4月 1日(金)22時50分38秒
  諸兄
4月中のある日、ホームページが見えなくなる時間帯があります。レンタルサーバーのプロバイダーが新サーバーに切り替えるためです。ご了解ください。
 

旧県立広島二中校舎の最期

 投稿者:塚本  投稿日:2015年11月 7日(土)23時44分38秒
編集済
  1945.8.6原爆を受けた旧校舎は、瞬時に倒壊1,2階共ぺっちゃんこになってしまつた。また、鉄筋コンクリート造りの講堂は少し遅れて屋根、天井が、崩れ落ちた。暫くして、小使室のほうから火が出て、瞬く間に、校舎は、跡形も無く焼失した。教員室には、唐崎教頭先生と中谷先生(テボ)がおられたが、唐崎教頭は亡くなられ、中谷先生が、生徒の指揮を取られた。何人かの生徒が、登校していたが、亡くなられた人もあり、1年,2年生合わせて何人いたのか、不明である。以上が1年3学級の米田君がその年の7月末、江波山にあつた唯一の最新式の高射砲がB24の編隊の最後尾の爆撃機撃ち落とした時、高射砲弾の破片で背中を負傷した為、東練兵場の作業を欠席していて、たまたま8時15分の原爆投下のとき、運動場に出ていて、校舎の方向を見ている時、校舎倒壊の、様子を間近に見たので、皆に全部話するからよく聞いてくれと言って、数年前、クラス会で話をしてくれたものの一部を塚本が覚えているすべて書いたものである。ただ、数年のうちに記憶が薄れ、忘れているところも多いと思われるので、米田兄には、改めて当日のことを尋ねてみるつもりだが、ほかの生徒さんで、当日登校しておられた人には、是非思い出話をこの掲示板か、直接塚本まて、お知らせください。  

東京都羽村市と青梅市の中学生の平和ワークショップ

 投稿者:塚本  投稿日:2015年 9月15日(火)18時51分30秒
編集済
  2015年8月5日、広島市青少年センターで羽村市、青梅市、広島市の中学生「平和に対して中学生ができること」をテーマにワークショップを行ったときに羽村市からの要請で新出兄が被ばく証言を引き受けて、新出、国重、浅野、山本(定)、田淵、小畑、塚本の7人が証言者として参加した。その一端が下記ホームページに掲載されたの紹介します。

トップページ→市政情報→平和への取り組み→平成27年度広島平和啓発施設見学  で見ることができます。
羽村市のホームページ

http://www.city.hamura.tokyo.jp/
 

レンタル掲示板
/41