teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


試験的にして貰うのはかまいません

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月15日(土)10時42分30秒
  荒谷兄
試行されるのはかまいませんが、最終的な形をどうするかということをはっきりさせてから、本格的スタートを切るべきでしょう。とりあえず、酒の会ででも、フェイスツーフェイスで話してみましょう。 
 
 

「ポプラ」全文英訳の必要性

 投稿者:荒谷勲  投稿日:2012年12月14日(金)18時53分44秒
  塚本兄
全文英訳の目的・価値・必要性はよくわかりました。私が少しづつ英訳して国際交流員に英文校正して貰うべきでしょうね。ただ、時間がかかります。私の能力・忍耐力では、1日1ページなら約束できます。137ページあるので5ヶ月くらいかかります。
取りあえず1編だけ(例えば塚本兄の体験記)を、試験的に英訳・校正してみましょうか?
 

荒谷兄真正面から取り組んで頂いて有難うございます

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月14日(金)15時09分41秒
  ポプラは語り継ぐの全文の英訳の目的ですが、文献としての価値を高める事が一番です。世界初の原爆被爆の体験記は、いまや70年を経た今日、世界的に貴重な記録としての価値があると思っています。永久に保存されるべきもので有ります。和文の原書はを、国立国会図書館に、納本したらどうかと提案した事が有ります。国会図書館の制度として、国内で発刊された印刷物はすべて30日以内に納本することになっており、それに違反したら罰金が科せられることになっています。「ポプラは語り継ぐ」は納本されたということは聞いて居ません。20年も経って納本すると、寝た子を起こすことになるかも知れませんが、実際に罰金を科せられた事はないようです。納本を拒否されることもないようですから、先ず、和文の原書だけでも、先に納本したらと思います。英訳を一緒にすれば、さらに付加価値が上がるでしょう。要約では、価値は出ません。要約はすでにありますし、使用目的が違いますから、それを改訂するのは、荒谷兄が中心でやって頂ければ良いのではと、思います。
納本したものは、国会図書館の蔵書として登録されて、永久保存になります。利用者には誰でも、読む事が出来るようになっています。
我々が、後世に遺す事の出来る数少ない、財産です。執筆者の了解を得て、是非実現したいものです。
久保田兄、まだ数冊くらいは原本は残っているでしょうね。
 

「ポプラ」全文英訳可否

 投稿者:荒谷勲  投稿日:2012年12月13日(木)19時05分23秒
  塚本兄
全文を英訳するには、多くの労力を要するので、私一人ではできず、誰に依頼したらよいか見当がつきません。また、折角、全文を英訳した場合でも、それを読む人はわずかでしょう。
私の代案は、現在の要約版を見直して、現在より2倍くらいの文章にして内容を充実させることです。どなたか、日本文の見直しを手伝って下さる方はいらっしゃるでしょう。
英訳は私がします。
英文校正は平和文化センターの国際交流員に依頼できます。(無料)
 

ポプラ・・のホームページへのアップ、ご賛同頂きありがとうございます

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月12日(水)16時26分17秒
  荒谷兄
ご賛同頂き有難うございます。早くから、要約版をご活用になっていることは、大変良いことですね。この夏にお世話になった、日系三世のひとに彼のブログで紹介して貰い、印象深く読んだというコメントを頂きました。出来れば、全文の英訳が出来ればもっとよいと思いますが、平和記念館の関係者で、挑戦してくれる人はいませんかね。一年生の「碑」もなぜ英訳がでないのでしょう。ヨーロッパのどこかの国では、小学生の平和教育に使っていると聞きました。誰かが、その国の言葉に翻訳したのでしょうね。
 

ポプラは語り継ぐ著作権

 投稿者:荒谷勲  投稿日:2012年12月12日(水)14時13分32秒
  「ポプラは語り継ぐ」は貴重な資料であり、できるだけ多くの人に読んで頂きたいです。
私は平和公園のボランティアガイドですが、「ポプラ」の抜粋版の和文・英文を配布しております。著作権について、執筆した級友から苦情が出ることはないでしょう。
どうぞホームページにアップしてください。
 

ポプラは語り継ぐのホーームページアップ

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月12日(水)09時40分37秒
  浅野兄
早速のご意見、有難うございます。もう少し、複数のご意見がほしいですね。
 

デスクトップにポプラ会のホームページのアイコンを置こう

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月12日(水)09時36分26秒
  ポプラ会のホームページを見る人が少なくて困っていますが。諸兄にとっては、いちいち、「お気に入り」をひらいて、ポプラ会のホームページを探すのが面倒なひとが居るのかな、と思い至りました。それどころか、お気に入りにもいれていないので、どうして探し出せばよいのかも判らない人も居るのでは?と思いたくなったりします。まあ、後者の人の場合は個別に説明しないとだめな場合が多いとおもいますので、、少なくとも、「お気に入り」には入れている人対象に説明します。
1.お気に入りを開き「ポプラ会のホームページ」を探します。
2.ポプラ会を右クリックします。
3.「ショートカットを作成」を選びます。
4.デスクトップの適当なところを右クリックして「貼り付け」を押す。
5.ポプラ会のアイコン(ファビコン)が出来る。

他のよく使うホームページもこのようにしてデスクトップ(スイッチをいれたら一番先に出てくる画面)にショートカットアイコンを置くとすぐ開く事ができて便利です。
ポプラ会のアイコンは二中の校章の右下に23(期)を配したもので、塚本が作ったものを、中村兄時代に付けて貰ったのです。大手のホーページにはそれぞれ工夫したファビコン(アイコンが付けられています。我々の様なプライベートなホームページに付けられているのは珍しいのです。大抵eマークです。
 

著作権の件

 投稿者:浅野温生  投稿日:2012年12月12日(水)09時09分6秒
  「ポプラは語り継ぐ」の著作権は、我われ23期の被爆体験記刊行世話人会に所属し、厳密に言えば執筆者全員の同意がいるのでしょうが、執筆、出版の動機、さらには不特定多数の人が自由に閲覧できる県・市立図書館にも寄贈しており、これに執筆者から異論や異議のお申し立てもないことから見て、HPへの掲載は問題ないと思います。もちろん私の私見ですが…。  

「ポプラは語り継ぐ」のホームページアップについて

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月10日(月)16時48分45秒
  諸兄
表題について忌憚のない意見を聞かせて下さい。今年の同期会では、電子化した原本を皆さんに配りましたが、その際、著作権の関係で、ホームページへ掲載するのは、控えると話しました。1年経ってみて、このホームページの活用状況が余りに活発ではありません。そのうち沈没するのではと心配しています。「ポプラは語り継ぐ」は折角の貴重な資料です。もっと活用する事を考えたらと思うようになりました。今年の初めに、広島大学の先生が資料として欲しいという申し出が、観音同窓会の事務局にあり、塚本のほうから、PDFを送付しました。関心のある人に活用して貰うことの方が、我々だけで保管しておくのよりもっとよいと思うようになったのです。
しかし、最終決定は、著作権者である、寄稿者の諸兄の判断に待つべきだと思いますので、この場を使って、ご意見を聞きます。この掲示板を使って率直なご意見をお聞かせ下さい。
 

レンタル掲示板
/42