teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ポプラは語り継ぐのホーームページアップ

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月12日(水)09時40分37秒
  浅野兄
早速のご意見、有難うございます。もう少し、複数のご意見がほしいですね。
 
 

デスクトップにポプラ会のホームページのアイコンを置こう

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月12日(水)09時36分26秒
  ポプラ会のホームページを見る人が少なくて困っていますが。諸兄にとっては、いちいち、「お気に入り」をひらいて、ポプラ会のホームページを探すのが面倒なひとが居るのかな、と思い至りました。それどころか、お気に入りにもいれていないので、どうして探し出せばよいのかも判らない人も居るのでは?と思いたくなったりします。まあ、後者の人の場合は個別に説明しないとだめな場合が多いとおもいますので、、少なくとも、「お気に入り」には入れている人対象に説明します。
1.お気に入りを開き「ポプラ会のホームページ」を探します。
2.ポプラ会を右クリックします。
3.「ショートカットを作成」を選びます。
4.デスクトップの適当なところを右クリックして「貼り付け」を押す。
5.ポプラ会のアイコン(ファビコン)が出来る。

他のよく使うホームページもこのようにしてデスクトップ(スイッチをいれたら一番先に出てくる画面)にショートカットアイコンを置くとすぐ開く事ができて便利です。
ポプラ会のアイコンは二中の校章の右下に23(期)を配したもので、塚本が作ったものを、中村兄時代に付けて貰ったのです。大手のホーページにはそれぞれ工夫したファビコン(アイコンが付けられています。我々の様なプライベートなホームページに付けられているのは珍しいのです。大抵eマークです。
 

著作権の件

 投稿者:浅野温生  投稿日:2012年12月12日(水)09時09分6秒
  「ポプラは語り継ぐ」の著作権は、我われ23期の被爆体験記刊行世話人会に所属し、厳密に言えば執筆者全員の同意がいるのでしょうが、執筆、出版の動機、さらには不特定多数の人が自由に閲覧できる県・市立図書館にも寄贈しており、これに執筆者から異論や異議のお申し立てもないことから見て、HPへの掲載は問題ないと思います。もちろん私の私見ですが…。  

「ポプラは語り継ぐ」のホームページアップについて

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月10日(月)16時48分45秒
  諸兄
表題について忌憚のない意見を聞かせて下さい。今年の同期会では、電子化した原本を皆さんに配りましたが、その際、著作権の関係で、ホームページへ掲載するのは、控えると話しました。1年経ってみて、このホームページの活用状況が余りに活発ではありません。そのうち沈没するのではと心配しています。「ポプラは語り継ぐ」は折角の貴重な資料です。もっと活用する事を考えたらと思うようになりました。今年の初めに、広島大学の先生が資料として欲しいという申し出が、観音同窓会の事務局にあり、塚本のほうから、PDFを送付しました。関心のある人に活用して貰うことの方が、我々だけで保管しておくのよりもっとよいと思うようになったのです。
しかし、最終決定は、著作権者である、寄稿者の諸兄の判断に待つべきだと思いますので、この場を使って、ご意見を聞きます。この掲示板を使って率直なご意見をお聞かせ下さい。
 

荒谷ホームページ

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月10日(月)10時06分24秒
編集済
  荒谷兄
折角ポプラ会のホームページの原爆とボクタチを使われるのでしたら、以下のリンクを知らせてあげて下さい。
http://nichuu23.com/English/index.html

尚近々相談しますが、このページは貴兄の創作ですし、貴兄しか更新する人も居ませんので、この部分だけを独立させて、貴兄独自のホームページを持ってもらおうと思っています。この部分の基ファイルは6メガ程度なので、enjoy netの無料ホームページ容量10メガですから、十分足ります。あとは、申し込みをするだけです。移管、アップロードなどは協力します。
 

ありがとうございました

 投稿者:荒谷勲  投稿日:2012年12月 9日(日)19時23分53秒
  塚本兄
自己紹介の資料(メールアドレス付き)を配布してありますので、後日、質問・意見があるかも知れません。
私たちのホームページの「原爆とボクたち」の、「日本人は何故、アメリカやアメリカ人を憎まないのか」を資料として講義の前に配布しました。
パワーポイントの中の被爆者の書いた絵は、平和資料館で販売していますので、手渡す必要はないかと思います。
 

お役に立ててよかったです

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月 9日(日)17時59分15秒
  荒谷兄
討論までは行かなかったようですが、質問はあったのですね。外国人に理解をしてもらうには時間がないとは思いますから、何か資料を渡すことが出来れば、後々、考えてくれることもあるでしょうね。パワーポイントの資料など縮尺しA41,2枚にして渡してやる手も有るのではないですか。そうなると若干手を入れる必要が出るかも知れませんが。被爆者の書いた絵などは著作権の関係で配布はできないのでしょうか。
 

大学での講義

 投稿者:荒谷勲  投稿日:2012年12月 9日(日)16時51分58秒
  塚本兄
今回は討論ではなく、私が一方的にしゃべるだけでした。質問はわずかでした。家族の被害有無・被災地での滞在時間(放射能の影響)などです。質疑応答に備えて、通訳補佐の方に待機して頂いたのですが。貴兄に作成して頂いたパワーポイントを使いました。
無難に済ますことができて嬉しかったです。
交通費5,000円と修道大学ブランドのもみじ饅頭を貰いました。
妻や子どもたちには自慢しました。
 

大いに自慢してください

 投稿者:塚本  投稿日:2012年12月 9日(日)15時40分2秒
  荒谷兄
大いに自慢してください。そして、我々も貴兄を友人に持ったこことを誇りに思います。
この年になって、英語で、大學生相手に、討論出来るということは、長年の証言活動が高く評価された結果であり、われわれにはとうていまねの出来ないことです。今から、80の爺さんが、英語を覚えようとしても、短期記憶力衰退で、不可能なのですから。

そこで質問ですが、相手の留学生達の関心事項はなんでしたか。お義理の反応ではなかったでしょうね。
 

この歳になって初めてのこと

 投稿者:荒谷勲  投稿日:2012年12月 8日(土)20時27分32秒
  これは自慢話ではありません。皆さんにも、元気でいるうちに、どのようなチャンスがあるかも知れず、希望をもって参考にしてください。
私は毎朝神仏を礼拝して、今日も元気であることを感謝し、世の中の役に立てるよう祈願しています。そのせいか、大学で講義をしたのですよ。まさに生まれて初めてのことです。
実は講義を予定されていた方が事故で怪我をされて、私にピンチヒッターになるよう依頼されたのです。具体的に言えば修道大学で外国からの留学生に、「原爆の後」について英語で30分講義したのです。
被爆体験談は少しだけで、終戦後の国民感情・占領軍の進駐・占領軍の政策・アメリカ映画音楽の浸透・日本人のアメリカへの感情の変化を話しました。これらのテーマは、「日本人は何故アメリカを憎まないのか」という、外国人からの質問への回答案として、以前にまとめていたものが役立ちました。写真の女性が先生で、男性3人が講義しました。
 

レンタル掲示板
/42