teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ワーグナー 生誕200年

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 5月26日(日)11時54分42秒
編集済
  荒谷兄
今年はワーグナー生誕200周年になるそうですね。バイロイトには行かれませんか。中村兄が掲載した前回の貴兄のバイロイトの晴れ姿を転載します。

 
 

訃報(速報)

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 3月 8日(金)18時12分14秒
  平成25年3月8日午後零時5分、中村忠之兄が急逝されました。

追って、訃報欄に詳細を掲載します。

謹んでご冥福をお祈りします。
 

23期生歴史写真を探しています

 投稿者:*塚本  投稿日:2013年 3月 7日(木)14時40分30秒
  お願いで趣旨を説明していますが、トピックスのページに第一弾としてケロイドの写真を載せました。異論もあろうかとは思いますが、避けて通れない道でもあります。
第2弾以降をの写真を探しています。塚本の手持ちの写真で特に日時のはっきりしているものをえらぶつもりですが限りがあります。後世に残すつもりで、秘蔵の写真を提供してください。

二中時代の写真で手持ちの一番古い写真をのせますので、年代についてコメントをください。
3人ならんでいますが、右が塚本、真ん中が増田卓二君、左がカメラに光が入ったためか不鮮明ですが、薄田君です。時代は戦闘帽をまだかぶっているところをみると昭和21年秋かと思います。場所は講堂の裏です。はじめは戦時中のものかとおもったのですが、名札をつけていないこととゲートルを巻いていない事などから考えると、仮校舎ができて間なしかなと思います。
次は芸陽高校4年E組大杉学級のお別れパーティの写真を考えています。解散式2日前の3月17日付けです。
 

お願い

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 2月28日(木)20時05分6秒
  ホームページに二中時代のいろいろな写真を掲載したいと思います。つまり、ポプラ会のホームページを23期生の歴史書にしたいのです。ご協力を、お願いします。

トピックスのページに随時掲載します。
 

ホームページの更新

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 2月22日(金)11時38分46秒
  ホームページの更新をしたのに、古いままで更新がされないという声をきくことがあります。対策として以下の方法を試してみて下さい。
1,二中のホームページを開いて、更新されたページにいく。
2,ページの一番上の欄を見ます。
3,http://nichuu23,com/--------と書いてある欄の右側をずっと見ていくと、↑↓を弧にし た記号があります。その上にマウスの矢印を置くと「最新の情報に更新」という文字が出 てきますのでそこをクリックすると、↑↓の記号がぐるぐる回り出して、画面が新しいも のに更新される筈です。
4,写真を多用した場合(今回の同期会)は更新に時間が掛かる場合があります。
5,もし、これでも更新しないときは、メニューバーの中のツール→インターネットオプショ ン→一時ファイルの削除  をクリックして削除して、改めて二中のホームページを開く  と、更新されたページが出る筈です。
 

納本

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 2月 6日(水)13時58分2秒
編集済
  ポプラは語り継ぐの冊子を国立国会図書館に納本しました。
これで、日本全国から、検索閲覧して貰えます。また、日本語の判る人なら、全世界からも。
 

英語力

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 2月 4日(月)22時38分32秒
編集済
  荒谷兄
貴兄の、hearing,speakingは、すごいです。私のは、それこそ二中時代の学校英語で、writingが少し出来るだけで、実用には、程遠いです。
各国人とやりあえる人は、なかなかいません。敬意を表します。
 

塚本兄と荒谷の英語力の差

 投稿者:荒谷勲  投稿日:2013年 2月 3日(日)07時26分36秒
  塚本兄が中学時代に英語で日記を書いていたとは大したものです。当時の私にはマネができません。現在の私は、「平和公園の英語ガイド」と、「英語での被爆体験談」をしているので、英語の達人だと思われているかも知れませんが、違います。言わば、原稿を読んでいるようなものです。私は40歳すぎて、会社の命令で海外出張に備えて英会話を勉強し、48歳でやっと英検2級を取得し、65歳で、初めてTOEICを受験して、やっと630点を取得しました。昭和一桁生まれの技術者としては、それでも良いと言われた程度です。
 

浅野兄、おほめ、恐縮です

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 1月27日(日)17時43分58秒
  当時はアメリカかぶれで英語もアメリカ英語を分別なくつかっていたようです。今も通用するのかわかりません。
問題はこの日記からなにが読取れるかですが、
まず、私が総代に選ばれたのは、式直前だったようです。解散式と卒業式は同じ式次第のなかでおこなわれたのではないでしょうか。卒業式が解散式の式次第に書かれていないのは、準備不足が一因だと推察します。何故かというと12月23日投稿の「二中卒業式」に添付した式次第の写真に、大きなミスがあるのです。即ち、永年勤続表彰者の「加賀谷禮三郎」先生の姓が「賀加谷」となっているのです。校正する時間がなかったと想像できます。私への通知が直前だったのですから、式次第も訂正する時間はなかったと考えるのが妥当でしょう。それにしても、二中の卒業式はあまり重きが置かれて居なかったことにはなります。
当時は学制の大幅な変更が先生たちにも大きなショックだったのでしょう。
以上の事から連想して何か思い出されることはありませんか。他の読者にもお聞きしたいですね。
 

塚本兄の英文日記

 投稿者:浅野温生  投稿日:2013年 1月26日(土)19時04分55秒
  魂消ました。芸陽2年当時、英文で日記を書いていたとは…。英語ときたら、欠点すれすれで、広大高校国語科の入試では、英語の得点が20点以下だと不合格の基準をやっと28点でクリアした小生にとっては、想像もできぬ英才ぶりです。それでいて理学部に入学したのですから天才だな、こりゃ。  

レンタル掲示板
/42