teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


塩原温泉 大江戸温泉物語 かもしか荘で〆

 投稿者:ONKEN21@塩原  投稿日:2016年 9月25日(日)22時43分9秒
返信・引用
  > No.7017[元記事へ]

本日の〆は23時までやってる大江戸温泉物語 かもしか荘でした。
ホテルニュー塩原、ホテルガーデン塩原と並ぶ大江戸温泉物語の宿で元は栃木県勤労者福祉施設の公共の宿でしたね。
4階の露天風呂、2階の大浴場の順に入ります。
さすがに塩素臭のする逆パーフェクトですが、大浴場の投入口は茶色く染まり錆臭い塩昆布ダシ味の素晴らしい源泉。
町営二股2号の良い源泉です。
上がり湯はこの投入湯を5杯は桶に汲んでカルキを流して上がったら、肌からカルキは臭わず、肌触りもよくなりました。
良い源泉かけ湯で〆られて良しとしましょう。
これで今年の温泉ふるまいのラインナップは過去に入ったのも含めればすべて入りました。
 
    (管理人) 市営(誤)二股→(正)鹿股2号源泉  
 

塩原温泉 上会津屋

 投稿者:ONKEN21@塩原  投稿日:2016年 9月25日(日)20時08分52秒
返信・引用
  > No.6356[元記事へ]

ゴローさんへのお返事です。
> 上会津屋→満寿屋→白樺の16カ所回りました。

18~20時の夕食時のみ開放の上会津屋にやってきました。
20時前で独占。
内湯と露天あり、内湯は循環口が塞がれており、掛け流しでしょう。
分析書が見当たらずよくわかりませんが、無色透明なから塩ダシ昆布味のなかなか個性的な湯でした。
 
    (管理人) 男湯は「侘の湯」でした。
分析書は湯上がり処の本棚の上にありました。
上会津屋源泉の自家源泉65.3℃です。
それと玄関前の飲泉所にさらに詳しい分析書がありました。
 

塩原門前温泉 光雲荘

 投稿者:ONKEN21@塩原  投稿日:2016年 9月25日(日)19時37分43秒
返信・引用
  > No.5348[元記事へ]

ゆささんへのお返事です。
> ・塩原温泉 光雲荘

光雲荘は車を入れる際、混んでいて規制かけていましたが、了解の上入れました。
湯上がり後に温泉お気楽会のゆささんに昨年の紀州鉄道以来バッタリ。
しばし温泉談義の後に入ります。
内湯と広い庭園露天あり、オーバーフロー循環なし掛け流し。
光雲荘源泉と市営源泉の混合で2種の分析書あり。
無色透明ながら今回初めて塩ダシ昆布味があり素晴らしい源泉でした。

さて上会津荘とかもしか荘で今年の温泉ふるまいの中ではコンプリート、行きましょう。
 

塩原門前温泉 秀山閣 佐か茂登

 投稿者:ONKEN21@塩原  投稿日:2016年 9月25日(日)19時26分33秒
返信・引用
  > No.6339[元記事へ]

ゴチさんへのお返事です。

> 佐か茂登ですが源泉温度が高いため加水しているとのことらしいですが
> かけ流しです。

17時5分前に断られそうになりながら、すぐ出ることを条件に何とか入れていただきました。
内湯のみ坂本屋源泉の自家源泉は無色透明微塩味、加水のみの滝のように投入オーバーフロー掛け流しですね。
 

中塩原温泉 梅川荘

 投稿者:ONKEN21@塩原  投稿日:2016年 9月25日(日)19時18分36秒
返信・引用
  > No.7406[元記事へ]

> 8中塩原 梅川荘 14:30~17:00 中塩原2004 0287-32-5115
次にはちょっと離れた梅川荘へ。
17時に出るよう念を押されます。
内湯と露天あり。
2源泉混合で泉温が64℃ある割に加温・循環併用あり。
無色透明塩味。
位置的に自家源泉ですが、湯使いは少し落ちますね。
 

塩原古町温泉 東や

 投稿者:ONKEN21@塩原  投稿日:2016年 9月25日(日)19時10分45秒
返信・引用
  > No.6347[元記事へ]

今年もやってきました、栃木県塩原温泉古式湯まつり温泉ふるまい。
3年目にして未湯は6ヶ所。
大間々・日光鬼怒川・馬頭トンネル経由オール下道で143km3時間30分、朝1030に自宅を出て着いたのは14:30。
分頭行列を初めて見ました。
まずは平成の湯に2年ぶりに再訪。
15時で掃除当番の人が来て対岸から引く源泉は旅館でも利用している町営源泉数種の混合であることを確認。
アブラの香る塩味透明な湯。
次に東やへ。
内湯と混浴の露天が上下2ヶ所あり、完全掛け流し。
自家のあずまや源泉は黄色っぽく、かすかに塩味アブラ臭。

> > 多くの温泉好きがめざすのは普段はジモ専でこの日に限り
> > 一般開放される「古町温泉平成の湯」と「畑下温泉下の湯」となりそうですが、
> > 〇古町 共同浴場 平成の湯 11:00~15:00 混浴 古町3丁目
>
> 温泉ふるまいに限り開放されるジモ専共同浴場「平成の湯」も入ってきました。
> 県営駐車場から歩いて目印の塩原バスターミナルへ。
> バスターミナルで本日はお祭りだからね、と客か平成の湯の場所を教えていただきます。
> ここではさゆぷぅさんに二週連続で行き会いました。
> ちょうど入れ違いに入ったので、弟と独占状態で入れました。
> サビ臭いダシ味の透明な湯素晴らしかったです。ゴチさんもここは入りたかったでしょうねぇ~
 

Re: 静岡県賀茂郡松崎町石部 平六地蔵露天風呂

 投稿者:ks  投稿日:2016年 9月25日(日)16時48分46秒
返信・引用
  oke kerorinさんへのお返事です。

> 2016.9.19
> 「平六地蔵露天風呂」は海と棚田とオリーブの里として知られる松崎町石部、石部漁港、石部海水浴場の中にあります。
> お湯はケッコウ熱い!
> 混浴なので、海水浴期間中の昼間は、水着着用がマナーかな?
> 期間限定(5月1日~10月31日)、24時間入浴可です。

こんにちは 記憶にある画像が目に止まりましたので、一言三言、失礼します。

今日は、定峰神社の例大祭。祭典の楽で竜笛を演奏してきました。直会(なおらい)では、
栗めしを頂きました。7月は、夏祭りシーズンを前に、父が他界。祭りへの携わりは自粛しました。
8月、皆野の秩父音頭まつりは、四十九日以内の喪中ですが、神仏に関係ない祭り、笛で携わりました。

平六地蔵露天風呂の湯は、何度か利用しています。露天風呂と言うと近くまで行って入らないで帰ってくる
事が多かったですが、一度入ってしまえば、あとは平気です。あそこまで行って入らないのは勿体ない気持ちに。初めては、修善寺温泉の露天風呂。勿論、夜ですが。熱湯風呂と言う感じ、足を入れるのがやっとと
言う感じでした。それでも体全体を一時的に浸かりました。熱いと言うと、下呂温泉の露天風呂。昼間は
入り難い所ですが、見知らぬ人ばかりの地、先に入っている人も居たので入りました。旅の恥はかき捨て。
青春18きっぷで訪れた下呂、夏だったかなと思います。焼石のお湯は、修善寺温泉以上の熱さ。足を
浸けただけで終わり。その後は飛騨高山まつり見物ついでに車で訪れています。宵祭り見物後、下呂まで走り
露天風呂に入り駐車場で休み、朝方高山に戻る頃には朝市が始まり、本祭りも動き始めます。春秋とも、
祭りの時期、夜は寒くなりますが、寒くなったら風呂へと言う感じです。ここも何度か利用しています。

西伊豆の露天風呂、初めての時は岩地温泉の民宿に予約なしで泊まりました。そこでは船の露天風呂に。
継ぐ日に雲見温泉まで歩き、平六地蔵露天風呂に入りました。その後は車で訪れています。
夜中にも入った事が有りますが、後には夜の駐車スペースが無くなったり、露天風呂自体入れなかった事も。

最近は介護をする身。西伊豆は車の方が便利ですが、疲れるので車での遠出は躊躇気味。公共交通も、
伊豆半島は高目。西伊豆は更に1泊を要し、近いようで遠く感じています。伊豆急行線は、秩父鉄道より
遥かに高いと感じています。でも、時間が許せば、たまには出かけたい所です。出来れば伊豆諸島にも
渡ってみたいです。

 

そば処 はせ川の水車そば

 投稿者:ONKEN21@前橋から帰宅  投稿日:2016年 9月23日(金)18時11分18秒
返信・引用
  最近は群馬県前橋市に応援で仕事では初めて来ています。
群馬陸運支局すぐそばに「そば処 はせ川」で食べました。
ここの名物は水車で挽いた「水車そば」。
更級と水車の2種類のそばを提供しているそうです。
前橋市の仕事はめったにないので、水車そばメニューで最も安い、ぶっかけそば税別750円を大盛+200円で税込1026円でいただきました。
辛み大根おろしとねぎ、鰹節が入っています。
確かに更級とは違う甘いまろやかな蕎麦の味がし、なかなかおいしかったですね。

http://www.sobahasegawa.com/

 

Re: 竜泉寺の湯 草加谷塚店は自家源泉を利用

 投稿者:ONKEN21@草加  投稿日:2016年 9月22日(木)21時08分0秒
返信・引用
  > No.7312[元記事へ]

もちづきあつしさんへのお返事です。

> 竜泉寺の湯が草加にオープンするそうです!

本日の目当ては9月10日にオープン12日後の竜泉寺の湯草加谷塚店でした。
以下のサイトで草加竜泉寺温泉の自家源泉利用を確認しました。
http://spa-tokyo.net/z-s-soka-r/

上尾のよしかわから竜泉寺の湯に向かう途中、むさしの湯の跡を見物、看板は残っていましたが、解体中で更地になっていました。
二度と温泉の再開はないようで残念です。
消える温泉施設があれば新たに生まれる温泉ありで気を取り直して、竜泉寺の湯草加谷塚店へ。
自宅からはR17、第二産業道路、川口・鳩ヶ谷経由75km、2時間40分もかかり竜泉寺の湯草加谷塚店に着きました。
駐車場は3~5階の立体駐車場、1階が温浴施設、2階が岩盤浴です。
入浴料金は休日平日関係なく750円、5~9時の朝風呂は680円、そのまま時間制限なく利用可。
ちょっと高めですが、休日割増がないのは評価できるでしょう。
お風呂のバリエーションは八王子みなみ野とほとんど同じです。
高濃度炭酸泉の浴槽が大きくてたくさんあります。
今まで見たことないほどの芋洗いの大混雑(^_^;
天然温泉利用は内湯の不感風呂、ちびっこの湯、露天のほたるの炭酸泉、王様の炭酸泉の4ヶ所。
草加竜泉寺温泉は埼玉東部らしい黄色っぽい琥珀色で成分量14gと塩辛く肌が結構ヌルヌルし、なかなか特徴のある湯でした。
分析書には成分データのみ掲示、源泉所在地は478番地、施設は478なので、自家源泉。
泉温は19℃加温、循環ろ過・消毒あり、加水のみなし。
露天の温泉使用の炭酸泉もいいですが、温泉でも加熱弱めの35℃の不感温風呂は気持ち良く、長湯できました。
湯上がり後は火照って、肌もスベスベです。
竜泉寺の湯草加谷塚店は天然温泉に関しては難航した割に、また炭酸泉と岩盤浴を売りにする竜泉寺の湯にしては予想外になかなか良かったという印象です。

http://ryusenjinoyu.com/souka/

 
    (ONKEN21) 6月のむさしの湯さよならレポ> No.7331[元記事へ]

分析書はプレオープン時とグランドオープン後では表示項目が変わっているそうです。
(訂正)誤・泉温19.1℃→正・40.1℃
19℃は気温みたいです。
また、↑リンクしたサイトは成分総量も1.143→14.4gと違っています。
↓Wikipediaより(八王子みなみ野店で拙掲示板のプレオープンレポがリンクされてる~)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%9C%E6%B3%89%E5%AF%BA%E3%81%AE%E6%B9%AF

フロントにお尋ねしたところ、温泉分析書のコピーは用意してないとのことでした。
掲示が成分値しかなかったので…。
あと浴室入口の扉のそばに分析書があるので出入が激しくメモすら取れません(^_^;
↓画像不鮮明のため、数値の読み取り違いがあるかも知れません。

1.源泉名:竜泉寺温泉
4.泉質名:ナトリウム-塩化物温泉 高張性中性温泉
Na=5077 K=181.3 Ca=219.8 Mg=89.4 Al=0.2 Mn=0.6 鉄2=4.7 鉄3=0.1 陽計=5573
F=0.2 Cl=8201 硫酸=0.8 炭酸水素=467.8 炭酸=0.9 陰計=8670
メタけい酸=110.9 メタほう酸=12.0 非解離計=122.9 溶存物質計=14.37g/mg
遊離CO2=31.2 成分総計=14.40g/kg
Cu=0.006 Cr・Pb・Hg・Cd=非検出
(泉温40.1℃(気温19.4℃)、pH7.4、湧出量:300L/分、分析年月日:2013年3月30日;Wikiより)

成分に影響を与える項目
●温度低下を防ぐために、保温・加温しています。
●温泉メンテナンス時には井水を使用します。
●加水はしておりません。
●衛生管理の為、循環ろ過装置を使用しています。
●衛生管理の為、次亜塩素剤を使用しています。
●炭酸泉には浴槽温泉水に炭酸ガスを溶解させています。

↓グランドオープン後の温泉分析書(公式Facebookより)
https://www.facebook.com/1556305407955597/photos/a.1595958523990285.1073741828.1556305407955597/1728400797412723/

ちなみに昨年末の竜泉寺八王子みなみ野店プレオープンレポ> No.7086[元記事へ]
 

中華そば よしかわ

 投稿者:ONKEN21@上尾  投稿日:2016年 9月22日(木)15時57分48秒
返信・引用
  > No.6788[元記事へ]

本日は飛び石の旗日なので一人で埼玉県内の新しい新源泉利用のスパ銭に向かっています。
途中、RDB埼玉県内ランキング3位で日曜定休で行けなかった上尾市の中華そばよしかわに祝日を利用して初めてやってきました。
15:30と中途半端な時間に来たので行列なし、店内も空席多数、私一人の時もありました。
頼んだのは券売機左上角の煮干しそば白醤油690円。
チャーシューは川島の四つ葉のような赤い鶏肉など3種類。
四つ葉に似たすごくおいしいラーメンでした。
平日は仕事エリア外で行く機会はありませんが、次回は黒醤油いってみたいですね。
さて、夕方はラー風呂しましょう。
 

静岡県賀茂郡松崎町石部 平六地蔵露天風呂

 投稿者:oke kerorin  投稿日:2016年 9月22日(木)06時40分53秒
返信・引用
  2016.9.19
「平六地蔵露天風呂」は海と棚田とオリーブの里として知られる松崎町石部、石部漁港、石部海水浴場の中にあります。
お湯はケッコウ熱い!
混浴なので、海水浴期間中の昼間は、水着着用がマナーかな?
期間限定(5月1日~10月31日)、24時間入浴可です。

昔、子煩悩で有名な平六さんの息子が大波にさらわれてしまいました。
平六さんは、大岩の上に座り、来る日も来る日も息子の帰りを信じて待ち続けました。
石部の人たちは平六さんが亡くなった後、大岩の上にお地蔵様を建てました。
今はお地蔵さんが、子供の厄除け、海上安全、豊漁のとして石部を守っています。

http://ryo1956harada.sakura.ne.jp/

 
    (ONKEN21) oke kerorinさん、私が入れなかった温泉のレポありがとうございます。
平六地蔵露天風呂は一昨年の11月3日に行って、冬季閉鎖を3日過ぎてしまい、タッチの差で入れなかったことがありました。> No.6432[元記事へ]
なので、入ったことはありません。また、いつかリベンジしてみたいものです。
代わりに入ったのが、リンク先にもある通りoke kerorinさんも行かれた赤井浜露天風呂。
http://ryo1956harada.sblo.jp/article/176941855.html
あそこもぬるかったですが、9月中旬までのはずなのに、11月でも何とか入れました(^^;
1年中、湯だけは張ってあるのかなあ…。
 

Re: 6年ぶりの新高湯温泉吾妻屋旅館

 投稿者:ONKEN21@米沢  投稿日:2016年 9月19日(月)16時22分26秒
返信・引用
  > No.2919[元記事へ]

飯豊山荘から95km2時間ほどで6年ぶりの米沢市の白布温泉の上にある新高湯温泉吾妻屋旅館にタイヤが滑りながら登ってきました(^_^;
16時まで受付でセーフ⊂(・∀・)⊃
滝見露天、根っこ風呂、眺望露天と入ります。
生憎の雨と霧で景色は見えません。
安部源泉、硫黄臭味と白い湯花が滝見は特に舞っています。

> > 山形県米沢市新高湯温泉吾妻屋旅館についにやってきました。
>
> 最後に滝見風呂です。
> ここは細かいものと白い粒状の湯花でした。
>
> ここは温泉博士にしては秘湯でロケも自然もお湯も良かった。
> 自遊人クラスの良さがありました。
> こういうところ温泉博士にもどんどん出てきてほしい。
 
    (ONKEN21) http://www.on1000.jp/  

13年ぶりの飯豊温泉飯豊山荘

 投稿者:ONKEN21@山形小国  投稿日:2016年 9月19日(月)12時53分21秒
返信・引用
  > No.7416[元記事へ]

新発田から65km1時間30分ほどで山形県小国町の飯豊温泉飯豊山荘へ一郷一会オフで梅花皮荘へ泊まって飯豊山荘へ無料入浴以来13年ぶり再訪しました。
受付は温泉博士が初めてでどう扱うのかよくわからず、セルフで記念スタンプを押しました。
2km引湯の源泉に最も近い宿です。
ドコモの携帯でも圏外です。
源泉は52℃、内湯のみで42℃昇温装置あり、オーバーフローの掛け流し。
かすかな塩味透明ですが湯花が沈殿、かき混ぜると茶色く濁ります。
浴槽縁に座ると炭酸カルシウムのイボ状析出物でお尻が痛いです(>_<)
さて、新高湯まで90km、16時に間に合うかなあ?

>10月号は敬老の日連休、体育の日連休と2回あります。秋分の日の木曜飛び石も…。
> 山形県の飯豊温泉の湯元に一番近い飯豊山荘は温泉博士初登場、13年ぶりに行ってみたいです。
> 【山形県】
> ※飯豊温泉 飯豊山荘【9/5~16引湯管工事休館】
> ・蔵王温泉 最上高湯善七乃湯
> ・新高湯温泉 吾妻屋旅館
> ・鷹野湯温泉 パレス松風
 
    (ONKEN21) 42℃昇温装置作動についてですが、しんのすけさんの推測では
風呂では加水していたので、カラン用では?とのことでした。

↓おぐに白い森(株)のHP
http://siroimori.co.jp/iidesansou/
 

Re: 5年ぶりの新発田温泉あやめの湯で朝湯と温スタ汲み

 投稿者:ONKEN21@新発田  投稿日:2016年 9月19日(月)09時47分21秒
返信・引用
  > No.3870[元記事へ]

昨晩は新潟市秋葉区の道の駅花夢里にいつで車中泊。
新発田市内で朝食後、5年ぶりのあやめの湯で朝8:30より朝湯です。
日祝のみ朝6時より、通常は10時からです。
温泉スタンドも職員に申し出なくても、朝から出ました。
温泉博士は入湯税120円別払い。
塩味錆臭の茶褐色の濁り湯が夏季のみ加水、消毒のオーバーフロー掛け流し。
湯上がり後は汗が引きません。
気持ち良い朝湯です。
さて、ここから50kmの飯豊山荘へ向かいましょう。

> > 茶褐色の新発田市のあやめの湯に行っちゃうか?
> > 温泉もタダで汲めるし…
>
> 無料化も6月で終了ですね。
> 日本海東北道の新潟中央から聖籠新発田まで無料化を利用し、
> 60km1時間少しで新発田温泉あやめの湯へ。
> あやめの湯は湯の平の帰り温泉スタンドで汲んだことはありますが、
> 入浴は初めて。
> 温泉スタンドは受付に申し出制になっています。
> 温泉博士でも入湯税120円別途です。
> 震災被災者は申し出下さいとの貼り紙あり。
> お湯は内湯のみでサビ臭の塩辛い薄茶色い湯が消毒のみのかけ流しです。湯上がり後は火照って汗が止まりません。
> 意外と強烈な臭いはないですが、浴後は疲れるような強烈なお湯ですね。
> かけ流しのいい湯でした。
> 10人くらい入っていて混んでいました。
 
    (ONKEN21) ↓新発田市のHP
http://www.city.shibata.niigata.jp/view.rbz?of=1&ik=0&pnp=14&cd=18941
 

夏のだいご味いろいろ

 投稿者:ただいま巡業中  投稿日:2016年 9月18日(日)22時06分50秒
返信・引用
  皆様こんばんわぁ。いろいろと情報が盛りだくさんで私も2週間くらいぐるぐるで書き込みがおろそかになっておりました。
 先週だったでしょうか七福温泉七福荘の冷泉風呂に突撃し雨だったせいか客足もまばら、湯は冷たすぎずまずまずでしたがもう少し湯量・鮮度がほしい気もしました。
 そのあと千葉まで行き、養老渓谷を少し回り、ばんやの湯、炭酸泉で人工となりますがほただったかその近くにある炭酸泉(もう10年くらいぶりでしょうか)に行って、鮮度よくよかったです。 帰り足、例の中三依温泉にでもよってお話を・・・と思ったのですが、群馬経由で西下仁田荒船の湯で沈み、湯がいまいちだったので即座にあがり上山田温泉でリトライ、何とかその日は無事・・・  その後青森弘前の花咲温泉で(この水風呂はおすすめ)、そして鳴子温泉、農民の家(この水風呂が一番おすすめ)、昨日山形肘折のカルデラ温泉館(炭酸飲泉有7度激冷)で(ここは炭酸泉の風呂がないのが残念)そして先ほど当方温泉巡業発祥の地、10年以上前だと思いますが、昔を思い起こしながら山形南陽・ハイジアパークで沈んでまいりました。

走りながらの検索は毎度のことながら時間と営業日、営業時間との戦いで、うーん大変でございます。 今後もこちらの情報を大いに参考にさせていただきまして北関東、関東周辺を徹底して経験してみたいと思っております。
 宮城・鳴子温泉に足を運ぶ際はぜひとも農民の家(混浴になりますので時間帯で女性専用があります)の炭酸系鉄臭、激冷ではないここちよい冷たさの(冬は冷たいです)体感をおすすめいたします。
 もう少し整理してまた投稿したいと思います。
 
    (ONKEN21) ただいま巡業中さん、いろいろな方面のレポありがとうございます。
巡業中さんのところから近い、七福荘の冷泉風呂は先週行かれたばかりでしたか。
KONDOさんの掲示板読者から8月下旬に書き込みがあり、その翌週にも読者の方、さらに巡業中さん、
連休の機会を利用してはるばる私とオッカケ者続出の様相を呈していますね。
KONDOさんの掲示板は新潟においては北関東・埼玉における拙掲示板をも人気や書き込み者数の上回る温泉系TEACUP掲示板。
新潟は遠くて実際にはなかなか行けないのですが、人気の高いHP・TEACUP掲示板として大いに参考にしております。
新潟にあのような地域密着掲示板があることをうらやましく感じます。今さらHP作成は無理ですかが、掲示板運営は手本としたいです。
話は戻って七福荘ですが、新潟県において夏季限定冷泉風呂と言えば、"東に七福荘、西にかわら亭"と名をとどろかせておりますね。
こちらでは冷泉風呂と言いますと、群馬県上野村のやまびこ荘の洞窟風呂> No.4423[元記事へ]や埼玉県皆野町の満願の湯> No.4961[元記事へ]を思い出します。
七福荘もそうみたいですが、循環も併用していて、入り易いように若干の加熱はあるかも知れません。
本当に10℃位の非加熱なら冷た過ぎて心臓が止まりそうになるかも知れませんね。
ばんやの湯は天然温泉使用でないせいか未湯です。人工炭酸泉は新潟など地方では珍しいようですが、関東では発祥地の名古屋から東京経由で急速に普及し始めていて、今後スーパー銭湯系施設には必須アイテムなりつつある感があります。
養老渓谷周辺ですと亀山温泉が黒湯の非加熱冷泉浴槽があり圧巻です。> No.6835[元記事へ]
荒船の湯は有毒成分(鉱毒?)が含まれているそうで200倍くらいに薄まっているそうです。> No.2464[元記事へ]
カルデラ温泉館は13年前に1度行ったことがあります。
青森や鳴子方面は遠過ぎて回る機会が少なく教わることの多い私です。
今回、新潟と山形を周ってみて、新潟市あたりだと本当に山形を初め、東北の温泉が近くてうらやましいと感じた次第です。
もしかしたら新潟市は仙台市あたりと東北の温泉をめぐる上では同じような位置にある感じがします。
新潟の人は温泉に関してはお隣、東北志向が強いというのが今回よくわかりました。
あっ、そう言えば、新潟を管轄する電力会社は東北電力でしたよね。

P.S.新発田温泉あやめの湯の温泉スタンドは無料で湯もなかなかで素晴らしい温泉スタンドですね。
 

七福温泉七福荘の冷泉風呂

 投稿者:ONKEN21@新潟阿賀  投稿日:2016年 9月18日(日)20時29分33秒
返信・引用
  > No.6327[元記事へ]

> 大塩温泉をお昼過ぎに出発、先に新潟県の七福荘に行こうとするも、
> これから七福荘は遠回り過ぎてこれで〆かな…。

本日のめあては新潟のKONDOさんの掲示板で話題になっていた新潟県阿賀町の七福温泉七福荘でした。
自宅より260km6時間弱、西山温泉からは60km1時間10分。
温泉博士は2015年1月号を最後に載らなくなってしまったので、17時以降100円引の400円で18時過ぎに19時まで入浴。
せいざん荘手前で念のため、今日は20℃と涼しいが冷泉風呂をやってるか電話確認、ちゃんと7/5から9月末までやってるとのことです。
せいざん荘同様日帰り入浴専門施設で館内はログハウス風の木造がいいですね。
内湯のみで奥の小浴槽が冷泉風呂でした。
2年間の念願がかないます。
まずは加熱大浴槽で肌がツルツルする湯で温まった後に冷泉風呂へ。
冷泉風呂は12℃らしいですが、意外と痛いほど冷たい感じなく、浸かることができました。
大浴槽は加温・循環ろ過・塩素臭あり、オーバーフローなし。
冷泉風呂はオーバーフローはあるものの、吹出と大量投入があるので循環併用の掛け流しかも?
「薬の水」と伝わる源泉は療養泉に該当しない泉質名のつかないものですが、炭酸水素が多いようです、無色透明無味無臭肌スベスベ。
気合いで冷泉風呂で上がりましたが、すぐに火照って肌の感触も素晴らしい鉱水でした。
さて、この後、新発田温泉あやめの湯の〆も考えたのですが、
60kmもあり20時30分の受付終了に間に合いそうもないので、本日はこれで〆、
明朝の日祝朝6時からの朝風呂で入りましょう。
そこで温泉スタンドで汲めるし、山形の飯豊山荘も新潟まわりの方が近そうだし…。
 
    (ONKEN21) http://www.shichifukuso.com/  

Re: 西山温泉せいざん荘の露天風呂

 投稿者:ONKEN21@会津から新潟へ  投稿日:2016年 9月18日(日)19時53分32秒
返信・引用
  > No.2775[元記事へ]

本日は山形に向かって、大間々・日光・会津・新潟経由でオール下道で北上しています。
途中、自宅より200km4時間30分、福島県柳津町の西山温泉せいざん荘の露天風呂に入ったことがないので、6年ぶりに再訪。
この日の目当ては新潟の七福荘の冷泉風呂でしたので、
18:30の受付終了に間に合うようせいざん荘は烏の行水で主に露天風呂に初めて入りました。
内湯はかすかに塩素臭あり、露天は岩組は循環湯投入かも?岩の手前に高温注意の源泉注入あり。
荒湯源泉利用、黄色っぽい塩味で注入湯は硫黄臭がかすかにありました。
露天の注入付近で上がりました。
気温19℃と涼しく、西山温泉は80℃の高温なので、緑を眺めながらの露天は快適ですね。

>まだ、せいざん荘とつきみが丘残ってます。
>
> 西山温泉せいざん荘に初めて入っています。
> ここはまだ新しくて近代的ですね。
> 塩辛く無色透明の湯がオーバーフローと循環併用消毒ありで利用されています。
> 露天風呂は昨年11月の柳津地震により立入禁止です。
 
    (ONKEN21) ↓やないづ振興公社のHP
http://yanaizu-kousya.info/seizan.shtml
 

Re: らーめん西華

 投稿者:ONKEN21@東松山より帰宅  投稿日:2016年 9月12日(月)18時09分12秒
返信・引用
  > No.7003[元記事へ]

本日のお昼休みは東松山市高坂のラーメン西華に1年ぶり3度目でやってきました。
駐車場は12:30で空き1台、店内席待ちは5人位でした。
食べログを読むと野菜炒め定食702円(税込)が人気みたいなので、過去は人気のみそラーメンやチャーハンを食べていたので野菜炒めをオーダー。
御飯はもちろん普通盛(^_^;
しかし、野菜炒めがもやしなど山盛り。
まさに二郎系に麺なしレベル。
この多さは普通の食堂ならあり得ません。
底には野菜炒めのたれがたくさんあるのでよく漬けて食べます。
味もなかなかおいしかったですが、野菜炒めの量が多くて食べ切るのに飽きもあって大変、午後の仕事も苦しかったです(^_^;
まさに大学生向けの食事処ですね。

> 本日のお昼休みは東松山市高坂のらーめん西華に初めて食べています。
> 場所は大東文化大学・こども動物公園の通りと関越道の橋の交差点のところです。
> 頼んだのはラーメンデータベースでレビューの多いネギみそラーメン550円(税別)。
> ボリュームが凄いとの評で大盛は頼まず。
> ラーメンは350円~あります。
> もやしが山盛りで麺よりも多いかも?
> さすが学生の町、安くてボリュームがあって、おいしいラーメンでした。
> しばらく高坂なのでまた行ってみたいです。
 
    (ONKEN21) 翌13日(火)も2日続けで西華。12時で満車でしたが、少し待って空いたタイミングで駐車。
店内は空席もあり珍しくすいていました。
焼肉定食が気になるもラーメン屋なのでラーメン類で。
ねぎみそラーメンに次いで人気はタンメン594円(税込)らしいので、オーダー。(画像中入替)
もやしや白菜がデカ盛。前日の野菜炒め定食と被りますね。
量は多いので午後は苦しめでしたが、タンメンもなかなかおいしかったです。
 

Re: 霧積温泉 金湯館、女湯編

 投稿者:ONKEN21@松井田  投稿日:2016年 9月11日(日)15時47分48秒
返信・引用
  > No.6017[元記事へ]

デミオさん、たけの湯さん、紺碧七さん、学さんへのお返事です。

温泉博士9月号の〆?は天気がもちそうなので、群馬県安中市の霧積温泉金湯館に2年ぶりにホイホイ坂を徒歩30分歩いてやってきました。
下界が28℃に対し、標高1000mの金湯館入口で20℃。
おばあさんが受付ました。
本日は一昨年と違う窓のない手前の女湯が男湯で夕方入れ替えるそうです。
14時で宿泊客で5人位常に入っている感じ。
こっちの方が肌がヌルヌルして硫黄香もあり、お湯が良いとの客の声がありました。
38℃ぬる湯は泡付きすさまじく、今の時期は温かい感じで湯上がり後は火照って汗が止まりません。

> 今、念願だった初めての霧積温泉金湯館で温泉博士しています。
> 半年前の温泉博士は秩父で時間切れロスト、今回見事再登場し、リベンジとなりました。
> 金湯館近くでは宿泊客用送迎車とすれ違いました。
> 谷底にある歩いていく秘湯は新潟県の湯の平温泉以来かな?
> 若女将さんから温泉博士でも快い応対で湯上がり後はお茶も用意して下さるとの話。
> 日本秘湯を守る会は最近脱会したみたいです。
> 入浴料も600→700円に上がっているようです。
> この日は3~4人で入浴、独占時間もありました。
> 何とドコモの携帯は金湯館でも3本立つ電波の強さ。
> お風呂は内湯のみで飲泉カップ付、大量投入、浴槽縁からオーバーフローの掛け流し、39℃のぬる湯ですが、意外と人肌の温かさで気持ちよいです。
> だんだん顔からも汗が出てきます。
> 飲むとかすかな塩味、浴槽でもかすかな硫黄臭あり。
> 湯口では白く霞むほどの泡が出て、湯船端でも凄い泡つきです。
> さすが文人墨客に愛された名湯秘湯・霧積温泉の湯元!
> きりづみ館では記憶にない、素晴らし過ぎるお湯に長湯するのであります。
>
> > 【金湯館】安中市松井田町坂本1928 2009/4から600円(旧500円)
> >  HP http://www32.ocn.ne.jp/~kirizumikintokan/
> >
> > この時期に見ることができる金湯館の氷柱は壮観でした。
> > 温泉マニアの与謝野晶子も来ています。
> > 「入之湯」源泉を完全かけ流し。
> > 湯中は気泡いっぱい、肌は泡付きですぐ白くなります。
> > ぬるめでのんびり湯につかりました。
> >
> > 「母さん僕のあの帽子どうしたでせうね?
> >  ええ、夏碓氷から霧積へ行くみちで、渓谷へ落とした、あの麦わら帽子ですよ。
> >  僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。
> >  だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。」
> >  金湯館の弁当の包み紙に印刷されていたものだったんですね。
> >
> > 「母さん僕のあのデジカメと携帯どうしたでしょうね?
> >  ええ、湯舟へ落とした、あのデジカメと携帯ですよ。
> >  僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。
> >  だけど、いきなり湯舟でこけたもんだから。」
> >  今は防水のデジカメを使っています。
>
 
    (ONKEN21) 16時に男女の暖簾が入れ替わりました。
昨晩はハイカーが40人泊まり、女性が多かったらしいです。
湯上がり後は一昨年と変わらず茶菓子の接待あり。
帰りは宿泊客の迎えがあるので、送迎車で送っても良いとのお誘いがあり、送っていただきました。
送迎車での若旦那の秘湯ならでは話も面白かったです。
こんなにおばあさんから旦那さんまで温泉博士にも関わらず、こちらが恐縮してしまうほどいろいろと親切にしていただいて、いつか泊まりたいですね。
http://www.kirizumikintokan.com/

帰りは小諸布引や佐久海ノ口や安中でなく、北に大きく迂回して某飲泉所で錆臭い湯を4年ぶりに汲みました。
 

温泉博士10月号は連休2回の飯豊山荘とかぐらの湯に注目

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 9月 9日(金)19時55分11秒
返信・引用 編集済
   10月号は敬老の日連休、体育の日連休と2回あります。秋分の日の木曜飛び石も…。
山形県の飯豊温泉の湯元に一番近い飯豊山荘は温泉博士初登場、13年ぶりに行ってみたいです(画像上)。
新高湯温泉吾妻屋旅館も行ければ6年ぶり> No.2919[元記事へ]となります。会津も久々に寄ってみたいですね。
長野県南信のかぐらの湯には行ったことがないので、奥美濃の満天の湯と合わせて行ってみたいですね。
2年前に入った> No.6083[元記事へ]かんぽの宿熱海別館は7/15に浴室がリニューアルし、入浴料も平日600円、
休日700円→1500円に値上げしたのですね。
他は箕郷温泉まねきの湯が連続化したのに注目するくらいでいつもの通りの顔触れですね。
9/10(土)は温泉博士10月号を買いながら、9月号で箕郷温泉まねきの湯に3ヶ月ぶりに> No.7315[元記事へ]行ってきました
6/10より露天風呂の小浴槽と寝湯が源泉の人工炭酸泉(画像下)となっていて37℃のぬる湯が気持ち良かったです。
高崎市内の温泉施設では初めての人工炭酸泉は常にたくさんの人が入っていて大変好評のようでした。
温泉博士10月号の表紙は福島のバカボンパパさん撮影で私は15年前に行った姥湯温泉枡形屋旅館ですね。

利用期限:平成28年9月15日(木)~10月15日(土)
・再登場/◎1年前の10月号にも登場/新登場なし
利用不可日は【】に記載済(×は連休不可あり)/別料金は差額支払額を[円]で記載済(※は価格改定あり)

【山形県】
※飯豊温泉 飯豊山荘【9/5~16引湯管工事休館】
・蔵王温泉 最上高湯善七乃湯
・新高湯温泉 吾妻屋旅館
・鷹野湯温泉 パレス松風

【福島県】
◎会津やないづ温泉 つきみが丘町民センター【火・金曜日午前清掃】<9月号;2ヶ月連続>
◎西山温泉 せいざん荘<6月号>

【茨城県】
◎涸沼温泉 いこいの村涸沼<6月号>
◎平潟港温泉 まるみつ旅館<6月号>
◎鉾田市 ほっとパーク鉾田【10/12~19機械設備工事休館】[入湯税150円、温水プール+100円]<6月号>

【栃木県】
◎宇都宮温泉 湯処あぐり<6月号>
◎南平台温泉 観音湯<6月号>

【群馬県】
◎伊香保温泉 大江戸温泉物語伊香保<6月号>
◎奥軽井沢温泉 ホテルグリーンプラザ軽井沢[230円/小人、幼児620円]<9月号;8ヶ月連続>
◎奥平温泉 遊神館【×土日祝】(3時間)[入湯税50円]<9月号;3ヶ月連続>
・向屋温泉 ヴィラせせらぎ<3月号>
・高崎市 箕郷温泉まねきの湯【9/15メンテナンス休館】<9月号;2ヶ月連続>
◎嬬恋バラギ温泉 湖畔の湯<6月号>

【埼玉県】
◎大滝温泉 道の駅大滝温泉遊湯館【×9/17~19】<6月号>[まっとう平日]
◎越生町 ゆうパークおごせ【×9/17~19】(3時間)〔非温泉〕<6月号>
・北本天然温泉 湯花楽<6月号>

【千葉県】
◎いすみ市 九十九里ヴィラそとぼう〔人工泉〕<9月号;79ヶ月連続>
◎館山市 休暇村館山<6月号>
◎館山塩見温泉 海の湯宿花しぶき<6月号>

【東京都】
・なし

【神奈川県】
・中川温泉 魚山亭やまぶき<5月号>

【山梨県】
◎秋山温泉 新湯治場秋山温泉<6月号>
◎丹波山温泉 のめこい湯<6月号>
・笛吹市 スパランドホテル内藤[※1000円]〔非温泉〕<3月号>
・富士川町 まほらの湯<9月号;2ヶ月連続>
・増富温泉 不老閣【×9/17~19、10/8~10】<6月号>
◎三富温泉郷 白龍閣<6月号>

【新潟県】
◎神の宮温泉 かわら亭<6月号>
◎新発田温泉 あやめの湯[入湯税120円]<6月号>
◎上越市 名立の湯ゆらら〔非温泉〕<6月号>
・じょんのび温泉 じょんのび村楽寿の湯<6月号>
◎松之山温泉 松之山温泉センター鷹の湯<6月号>

【長野県】
◎裾花峡温泉 うるおい館<6月号>
◎遠山温泉郷 かぐらの湯<6月号>
◎中条温泉 トマトの国<6月号>
◎中棚温泉 中棚荘<6月号>

【岐阜県】
・奥美濃温泉 満天の湯[入湯税50円]
・下呂温泉 ホテルパストール

【静岡県】
・熱海温泉 かんぽの宿熱海別館[※500円7/15リニューアル]<3月号>
◎三ヶ日温泉 ホテルリステル浜名湖<6月号>
◎雄踏温泉 浜名湖ロイヤルホテル<6月号>
◎弓ヶ浜温泉 休暇村南伊豆<6月号>

http://gekkanonsenhakase.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

 

四方吉うどん東松山店

 投稿者:ONKEN21@東松山より帰宅  投稿日:2016年 9月 9日(金)18時13分23秒
返信・引用
  > No.5614[元記事へ]

本日は東松山市で昼休みでした。
そこは関越道東松山I.C南東あたりで昨年のノーベル賞を受賞した梶田先生の実家の近くとなります。
ちなみに梶田先生の実家もわかりました。
ちょうどお昼過ぎに四方吉うどん東松山店があったのでそこでお昼に。
東松山店は初めてですが吉見本店では3年まえに食べました。
頼んだのは7月から9月末までの夏季限定の冷たいつけ汁の「なす汁うどん」を中盛880円で。
温かいつけ汁の「肉なすうどん」+50円もあります。
揚げ茄子が5切れくらい入った黒いつゆでギョッとしましたが、つゆによく合い実においしいです。
うどんも中盛だと結構な量がありました。
吉見B級グルメの味噌うどんもうまそう。
急遽、四方吉うどんだったため割引券は忘れましたが次回は用意してリピートしたいですね。

> 本日は吉見町の四方吉うどん吉見本店に数年ぶりに来ています。
> > ここは吉見町でもおいしいうどんとして人気があり、最近は東松山にも進出しています。
> 以前いただいた無期限の100円割引券がとっておいてあったので、
> 対象メニューのきのこ汁は売り切れ、肉汁うどん中840円をオーダー。
> 最近は肉玉含む50円引券の配布で9/3より対象メニューのみの割引となります。
> 今は9/8までの梅たぬき、梅玉たぬき、みそ、辛ねぎみそ100円引券を配布中。
> 肉汁うどんはコシのある太麺は量も多く肉汁も絶品でした。
 
    (ONKEN21) http://www.yomokichi.net/  

Re: 本州最北端の大間崎

 投稿者:ゴロー  投稿日:2016年 9月 5日(月)16時18分19秒
返信・引用
  > No.7385[元記事へ]

ONKEN21@下北半島さんへのお返事です。

> 下北半島の本州最北端の大間崎に20年ぶりくらいでやってきました。
> 自宅より850km、気温は24℃、真っ青な晴天です。
> 北海道の山々がうっすら見えます。
> マグロ食べたいけど、佐井村の仏ヶ浦に向かいます。
> 途中の下風呂温泉は未湯ですが、今回は時間がなくパス。
> いつか泊まって入りたいものです。

御無沙汰いたしております。
大間崎まで行かれていたんですね。
どうやらONKENさんがホテルニュー薬研にご宿泊された日に立ち寄ったみたいです。
同日は浅虫温泉つるの湯から六ヶ所村老人福祉センター~夫婦かっぱの湯~ホテルニュー薬研~
桑畑温泉湯ん湯んとはしごしましてフェリー埠頭近くで車中泊しまして翌朝大間からフェリーで
渡道しました。青森もかなり厳しいところもあるようで今後も目が離せない感じですね。
 
    (ONKEN21) ゴローさん、久々の拙掲示板のコメントありがとうございます。
実はfacebookでゴローさんのレポを拝読したところ、お盆頃行かれたことがわかりました。
それが同じ8/11の山の日に一足先に日帰り入浴されていたのですね。
実はその翌日のチェックアウト後の午後はノースさん> No.7332[元記事へ]がホテルニュー薬研にこそ行かなかったみたいですが、
奥薬研温泉とか下風呂温泉に行かれていたようですね。さらに八甲田や谷地温泉も近い日に行かれていました。
皆さんコアな温泉好きは似たような日に青森に行かれていたようですね(笑)
しかし、私は家族旅行だったため、宿湯以外は行けず、観光主体であったため、はしご湯は一切できませんでした(泣)

函館については13年ほど昔に青函フェリーで値段の都合上、車なしで乗船、函館へは路面電車で家族旅行に行ったことがあります。
帰りは深夜便で船中泊しました。大間からのフェリーは青森より運賃が高く便数が2~3本と少ないので乗ったことがありません。
ニセコや渡島半島の温泉もほとんど行ったことがありません。いつか車を乗せて行ってみたいものです。

ホテルニュー薬研ですが、ニュースサイトを読んだところ、閉館の一番の原因は建物の老朽化で耐震性がなく、建替なければならなかったことによるものだそうです。
結局、東日本大震災以降、入館者も減少しており、建替え費用が捻出できないということで閉館となるようです。
ツアー客の定宿として下北最大規模の宿で下北の観光にとっても大変な痛手となりそうです。残念ですね。
青森というと碇ヶ関の湯ノ沢温泉3軒の宿が全滅するなど衝撃を受けています。(13年前のレポ)
温川山荘も一昨年の閉館直前に入りました。> No.6280[元記事へ]
青森も本当に目が離せないですね。
 

万座温泉プリンスホテル

 投稿者:ONKEN21@万座  投稿日:2016年 9月 4日(日)19時43分3秒
返信・引用
  > No.5610[元記事へ]

本日はお昼前から群馬県某鉱泉水を汲みながら、
倉渕・草津経由135kmの万座温泉プリンスホテルにやってきました。
自宅は28℃に対し、標高1770mの万座温泉は17℃、白根山草津側は霧がかかっていましたが、万座は晴れていて(画像中)露天からの景色もバッチリ見えました。
万座プリンスホテルは自遊人以来↓11年ぶり(6/21付)。
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/bbs05/bbs050621_0630.htm
入浴料も当時は900円位だったみたいですが、今は1200円(温泉博士差額なし)に上がった代わりに貸しタオルも温泉博士でも付いてきます。
フロントでは利用経験を聞かれ、昔行ったので覚えていない旨話すと本館浴室の説明をしていただきました。
本館に入浴、10年前入った南館は見物のみ(画像上)。
本館こまくさの湯は昔と全く変わっておらず、
サンダルで行く露天は右2つは男性用、真ん中は男女共用で女性は湯あみ着、男性はタオルを腰に巻くようお願いがあります。
本日も露天から噴気谷や白根山など周りの山々を望み、素晴らしい眺望でした。
お湯は姥湯源泉で平成24年に分析書更新、後で掲示します。
お湯は浴槽底に白く塗った鉄板なので白濁しているような見かけですが、加水が多いせいか透明、白い湯花が浮遊・沈殿、硫黄臭酸味があります。
すぐに指先がふやけてきます。
さて、帰りは17時以降白根山・草津方面は白根山噴火の兆候で夜間翌朝8時まで通行止め。
須坂・菅平周りは無料なので候補にしたものの遠回り過ぎるので、
万座ハイウェイを夜間無料を期待して下りましょう。

> 本日は温泉博士9月号リニューアルの注目、群馬でも最も良さそうな
> 嬬恋村の万座温泉豊国館に初めてやってきました。
>
> 万座温泉自体3年ぶりです、気温は下界も28℃でしたが、こちらは16℃と涼しいです。
> 万座温泉豊国館は18時退館までOKとのことで無料の志賀草津道路で向かいます。
> 豊国館は万座温泉でも湯治場風情を残す鄙びた宿です。
> 内湯や露天から白い地獄谷を望みます。
> 露天は混浴で女性も入ってきますが、独占状態のことも。
> pH2.2、熱め、ホースでセルフ加水掛け流しですが、内湯・露天とも浴槽の外へ出ています。
>
> 豊国館の苦湯は青緑灰色がかった白濁で硫黄臭味、酸っぱいです。
> 万座はやはり素晴らしいですね。
>万座の湯は肌がカサつくので、

> あたまろさんへのお返事です。
> >
> > > けふは万座まで行こうと思ったけんど、
> >
> > 本日、涼を求めて万座温泉へ。
> > 標高1800mの万座は下界の38℃に対し、25℃。
> > 霧のことが多い万座も日差しが強く、意外と暑いかも。
> > 草津温泉館と湯の花旅館は後日にして、じゅ楽へ5年ぶりに再訪。
> > 硫化水素含有量272mg日本一、乳白色の硫黄臭強苦味の湯は最高でした。
> > 加水なしですが、お湯は万座にしてはあっさりしています。
> > 前回は雪景色でしたが、今回は空吹が強い日差しでくっきり望めました。
> > 万座は肌荒れが怖いので
 
    (ONKEN21) 10年前入った南館は見物のみ(画像上)。→(画像中下側に移動)
万座プリンスホテルについては温泉博士9月号52ページ(画像中)にも広告があります。
自遊人温泉倶楽部のHPあり。
平成24年付の最新の分析書は以下の通り。
()内は11年前のみしゅらん掲示板のレポ及び自遊人温泉分析書図書館の平成14年付温泉分析書データ。

温泉成分等掲示表
温泉利用施設名:万座プリンスホテル
浴室名:南館男子浴場(本館男子浴場(内湯・露天風呂))
利用温泉
源泉名:万座温泉 姥湯源泉
温泉の泉質:硫黄泉【酸性・含硫黄-マグネシウム・硫酸塩温泉〔硫化水素型〕】
温泉1kg中の成分
泉温(源泉)71.3(74.6)℃ (利用施設)41.0~42.5℃ 水素イオン(pH)2.5(2.4)
蒸発残留物1.08(1.21)g/kg 成分総計1.21(1.36)g/kg
Na=97.7(110) K=22.6(26.9) Mg=45.4(61.7) Ca=40.6(47.5) 鉄2=5.50(4.56) Mn=3.36(4.59) Al=7.35(7.52) H=3.55(3.98) 陽計=226※(267)
F=1.4(1.2) Cl=109(122) 硫酸=559(666) 硫酸水素=66.8(-)※ 陰計=736※(789)
メタけい酸=119(137) メタほう酸=7.4(11.9) 硫酸=0.6(0.9) 非解離計=127(150)
遊離炭酸=79.3(86※) 遊離硫化水素=38.4(68.0) 溶存ガス計=118(154)
総ヒ素=0.019(0.012) 銅=検出せず(0.004) 鉛・総水銀=検出せず
分析年月日:平成24年7月31日(平成14年6月25日) (社)群馬県薬剤師会

※は万座プリンスホテルにて配布中の温泉分析書のコピーを載せた埼北温泉愛好会資料室の値
(掲示表は平成24年の陽・陰イオン合計値が平成14年の分析書のままでした。また、硫酸水素=66.8が欠落。
さらに、平成14年の遊離炭酸成分が00となっていましたが、成分総計値から逆算した値を記載)

温泉利用状況
加水の状況:源泉温度が高いため加水をしています。
加温の状況:加温はしていません。
循環・ろ過状況:循環ろ過装置は掛け流し方式のため使用はしていません。
入浴剤の有無:入浴剤の使用はしていません。
消毒の有無:温泉の性質(強酸性泉)により消毒剤の使用はしていません。
http://www.princehotels.co.jp/manza/

万座ハイウェイ、夜8時過ぎで無料通行できました。
 

ゆの駅 古代蓮物語、薬研の湯の源泉温度32℃掛け流し、これからもずっと楽しめます

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 9月 3日(土)23時29分33秒
返信・引用 編集済
  > No.7093[元記事へ]

 本日の土曜午後から温泉は本日は天気もよく気温も32℃と暑かったので、源泉温度32℃掛け流しが8/1より
復活した
行田市の「ゆの駅行田天然温泉古代蓮物語」に8ヶ月ぶりにやってきました。
今回は「埼玉発温泉パスポート」> No.7334[元記事へ]を埼玉の温泉施設としては初めて利用、
土・日・祝日入館料800円(障割なし)が1回目は700円(2回目は600円)となりました。券売機のタッチ
パネルにはきちんと温泉パスポート1回目、2回目ボタンがありました。入館券を渡すと温泉パスポートの
1回目にハンコを押して下さいます。スタンプカードにもハンコを押します。朝9~12時入館は600円。
今回は大きなパンフが行田市内の観光案内パンフと一緒に置いてありました。
9/1より2階の北投石岩盤浴「美汗洞」は10~20時まで200円で13、15、17時及び19:15より15分間の
消毒時間を除き何度でも利用できるフリータイム制となったようです。新しい専用着とタオル希望の場合、
200円かかります。
 さてお風呂の方ですが、内湯の変わり湯「七草の湯」は9/6まで健美泉(抗菌作用)。他に萬祥湯(疲労回復)、
萬喜湯(保温・発汗)、瑞恵泉(リラックス効果)があり、6日間で変わります。内湯はその他変化なし。
露天風呂は中央上下2段の「薬研の湯」が「源泉温度約32℃になっております。これからもずっと楽しめます」
との看板があり、何と8/1からの猛暑時だけでなく、これからも冬場も含む通年で32℃でやるみたいです。
上段・下段共冷やっとするぬる湯ですが、上段投入口の湯は夏場だけあって温かみを感じます。
投入口は下水道料金節約のためか投入は絞り気味でチョロチョロ投入(昔はザーザーでしたが)、
昔のような肌の泡付はありません。上段から下段の流し込みは投入量の数倍、多分、下の湯が上へ回って
ますね。下段は昔は溢れていましたが、今は寝湯程度と浅くなり、排水を抑えているのがよくわかりました。
温度こそ32℃になりましたが、循環併用の掛け流しで、昔の"生源泉"とは似て非なるものかな?と思われました。
でも下水道料金を考えるとこれも致し方ないと思わざるを得ません。下段は子供の遊び場みたいな状態ですが、
上段では気持ち良く長湯することができました。他にも私より長く入っている人を2人くらい見かけました。
やっぱり残暑の中、山梨チックなぬる湯はいいなと感じました。これで温泉パスポート2回目もリピートあり
でしょう。
 温泉分析書は平成24年5月15日付の成分値入りのものが脱衣所内浴室入口手前にありました。
データは文末をご覧ください。

>   12/26(土)に5年ぶりにプレオープンした行田市の「ゆの駅 行田天然温泉 古代蓮物語」。
> 本日29日まで平日料金700円ということでプレオープン4日後の夕方、5年ぶりにやってきました。
> 来年1/11(月祝)までのプレオープン期間の営業時間は10~21時(最終入館は20:00から20:30に変更)です。
> 券売機で入館券を購入し、フロントに渡します。1年間有効15ポイントでかき氷プレゼント、30ポイントで
> かき氷・入泉券プレゼントのまる得ポイントカード発行していただけます。チラシは新聞折込のコピーに、
> 来年1/12(火)~14(木)は設備点検のためお休み、1/15(金)よりグランドオープ、10~23時(最終入館
> 22:30)のフル営業がスタートと書いてありました。5年前まであった障害者割引は廃止されています。
> 本日まで12~14時と19~20時湯上がりヤクルトサービスがあり、19時まで待ちましたが出てきませんでした(^^;)
> 食堂はピッツァ、カレー、そば500円と日替わり定食700円に絞り込まれています。2階の岩盤浴は廃止され
> 畳敷の仮眠処となっています。従来の仮眠処はマッサージ処となり営業していますが、暇そう…。
> 本日は17:00前はガラガラですいていましたが、それ以後混み始めてきました。しかし、5年ほど前ほどの
> にぎわいはなく、うらぶれたというか寂しい感じです。
>
>  浴室へ。脱衣所は100円返却式で変更なし。内湯や露天のお風呂やサウナの形状自体は5年前と変わって
> いません。薬湯は宝寿湯でした。前回ボロボロだったカランは新しく修繕されています。注目の露天風呂の
> 薬研の湯ですが、内湯の鎮守の湯も含め「加熱掛け流し」表示ですが、全て肌に残るレベルの強塩素臭・
> 浴槽側面に噴出ありの加温循環を併用しています。特に上段は側面噴出が3ヶ所もあり熱め、投入は熱く
> なったり、温くなったりチョロチョロに対して下段には滝のようにザーザーと大量に流下、下段浴槽も
> オーバーフローは以前よりかなり少ないです。やはり下水道料金対策で排水を絞らざるを得なくなり、
> 循環や消毒がきつくなり、掛け流し量も相当減少しています。何よりも肌の泡付きの良い非加熱生源泉浴槽が
> なくなり残念、夏場だけでも復活していただけないかな…。古代蓮物語も埼北によくある(熊谷湯楽や北本・
> 深谷・児玉・神川等の)循環主体の普通の施設になってしまったと感じました。これでしたら、近くでは
> 羽生など埼玉東部や南部の施設の方が断然いいかな?と感じました。熊谷温泉湯楽の里のように源泉投入廃止
> の完全循環になるよりは、投入がある分、マシとは思いましたが…。古代蓮物語は源泉温度30℃代の低温の
> 源泉ですし、下水道料金は埼玉の他の施設でも大きな負担になってますし、レジオネラ菌で塩素消毒も強化
> されていますし、埼玉の都市部の日帰り温泉もいろいろと問題が出てきて運営面も大変になってきているな
> と感じました。
>
>  温泉分析書は平成24年5月15日付で、泉温31.7(33.3※)℃、湧出量293L/分(許可量)、pH7.5(7.4※)
> のみの簡略掲示が脱衣所入口横と露天檜風呂と内湯の鎮守の湯に掲示されていましたが、成分値入りの詳細
> なものは一切ありませんでした。受付に聞いてみますと、責任者が出てきて、現在、公式HPに温泉分析書を
> 載せるべく作成中だそうで
、1/15のグランドオープンまでに公式HPを開設するとのことでした。

()は平成14年6月7日分析の私のデータ

 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析) (中No.24-4号)
1.申請者
住所:埼玉県行田市向町14番20号(熊谷市問屋町3-2-2)
氏名:ガクヤ株式会社 代表取締役社長 小池●●
2.源泉名及び湧出地
源泉名:行田天然温泉「古代蓮物語」 湧出地:行田市向町272-1(施設:向町19-26)
採水地点:同上(源泉にて採水)
3.湧出地における調査及び試験成績
(1)調査及び試験者:社団法人 長野県薬剤師会 検査センター 係長 N.K.
(2)調査及び試験年月日:平成24年5月15日
(3)泉温:31.7(33.3)℃(調査時における気温17(29)℃)
(4)湧出量:-(293)L/分(未測定、掘削による動力揚湯)
(5)知覚的試験:ほとんど無色澄明、微鉄味・微硫化水素臭を有す。(微黄白濁を呈し、鉄味・微硫化水素臭を有す。)
(6)水素イオン濃度:pH7.5(7.4)
(7)電気伝導率:1.38S/m(交流2電極方式、極板:チタン+白金黒)
4.試験室における試験成績
(1)試験者:同上
(2)分析終了年月日:平成24年5月28日(平成8年12月2日)
(3)知覚的試験:同上(微白濁を呈し、強塩味・微鉄味を有す。)
(4)密度:1.0006(1.0005)(20.0℃)0.9988(0.9988)(20℃/4℃)
(5)水素イオン濃度:pH7.60(7.54)
(6)蒸発残留物:574(583)mg/kg(乾燥温度110℃)
5.本水1キログラム中に含有する成分、分量及び組成
(1)陽イオン成分
Li=0.02(0.02) Na=161.7(162.8) K=6.0(6.4) アンモニウム=0.3(-) Mg=8.3(8.1) Ca=36.9(33.9)
Sr=0.2(0.2) Ba=0.2(0.2) (Al=0.2) Mn=0.4(0.4) 鉄2=0.5(4.3) 陽計=214.5(216.5)mg
(2)陰イオン成分
F=0.1(0.1) Cl=132.9(128.0) Br=0.6(0.5) (I=0.3) 硫酸=0.2(-) リン酸水素=0.6(1.0)
炭酸水素=383.0(371.6) 陰計=517.4(501.5)
(3)遊離成分
メタけい酸=63.7(48.6) メタほう酸=1.3(1.4) 非解離成分計=65.0(50.0) 溶存物質(ガス性のものを除く)=796.9(768.0)mg/kg
遊離CO2=18.0(30.9) 成分総計=814.9(798.9)mg/kg
(4)その他の微量成分
総水銀 Hg:不検出(0.0005mg/kg未満)
鉛 Pb:不検出(0.01mg/kg未満)
カドミウム Cd:不検出(0.005mg/kg未満)
総クロム Cr:不検出(0.02mg/kg未満)
総ひ素 As:0.001(0.001)mg
6.泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉(中性低張性低温泉))
7.禁忌症、適応症等(「温泉分析書別表」中5に記載する。)
平成24年5月29日(平成14年6月7日)
社団法人 長野県薬剤師会 会長

> 休業直前の2010年3月5日私のレポ> No.2654[元記事へ]

http://yunoeki-kodaihasu-monogatari.com/

 

ふるさと納税感謝券

 投稿者:紺碧七@ケータイ  投稿日:2016年 9月 3日(土)02時28分0秒
返信・引用
  一時期、新聞報道等により高額納税者の"節税"のために使われているとしてすっかり悪名を響かせた感のある納税感謝券ですが、制度としてある以上、使わにゃもったいないと、静岡県西伊豆町と新潟県湯沢町、群馬県は中之条町と嬬恋村にそれぞれふるさと納税をして、納税感謝券をそれぞれGETしました。それぞれ現地へ出掛けた際に利用するつもりです。

実質2千円の負担(1年近いタイムラグがありますが)で寄付額の半額相当の感謝券が貰えましたので、今からいろいろ計画中です。
 
    (ONKEN21) ふるさと納税制度については確かに高額納税者の節税対策とか言われてますが、
温泉はありませんが、F市は埼玉県内でもトップクラスの人気を集めているらしいですし、
温泉好きの間では温泉地の市町村にふるさと納税してお得に宿泊という話もよく聞きますね。
私は諸般の事情でそれは参加できませんが、皆さん、楽しまれると良いと思います。
ただ居住自治体の税収が減るのは気がかりですね。F市は逆に集めている方なのでいいんですけどね。
まあ税収減は都会の方で多いのでしょうから、都市から地方へという金の分配となれば地方の活性化という面ではいいことなのかも知れません。
 

麺魂39

 投稿者:ONKEN21@伊勢崎から帰宅  投稿日:2016年 9月 2日(金)18時36分6秒
返信・引用
  > No.2295[元記事へ]

> 本日は本庄の坂東大橋を渡ってすぐ、群馬県伊勢崎市のうどん店、てぶち家にやってきました。
> 隣で兄弟がやってるラーメン店、ちなりがめあてでしたが、定休日でした。

本日は本庄市の利根川対岸、群馬県伊勢崎市側で数年に1度の仕事でしたので伊勢崎南部のラーメンを開拓です。
ちなりは2012年にはうどん屋共々閉店したみたいです。
坂東大橋近くで伊勢崎市のラーメン店トップ10に唯一入っていた「麺魂39」へ。
坂東大橋2本先を左折する湯楽の里伊勢崎店への道を旧R354手前で右折すぐです。
駐車場は店の前4台と店に向かって左端と第2駐車場。
会社の事務所前は休日のみ駐車可で平日日中は駐車場禁止。
最初店の前が満車だったのでそこに止めてしまい、注文後貼り紙に気付いて店の前に止め直しました。
頼んだのは初めてなので一番人気の「濃厚つけめん」800円。
平日14時までのランチタイムは麺大盛(250g→375g)や味玉、ご飯など100円以下のトッピングは無料サービス。
最初大盛券100円を買ってしまったので返金していただけました。
スープは牛骨か鶏パイゴーの選択、今月からあつもりと冷もりを選べます。
2種のチャーシューに海苔、玉ねぎ入り超ドロドロスープで麺大盛を食べ切る頃にはお椀の底に少し残る程度。
スープ割にも玉ねぎ追加です。
少し胃にもたれましたが、さすがに上武大学の体育会系に支持されるラーメン、ボリューミーだけど久々においしいつけ麺でした。
 
    (ONKEN21) http://ameblo.jp/mendamashii/
http://www.mendamashii39.com/
 

Re: 塩原温泉古式湯まつり「温泉ふるまい」2016のラインナップ

 投稿者:國岡  投稿日:2016年 9月 1日(木)11時04分49秒
返信・引用
  > No.7406[元記事へ]

ONKEN21さんへのお返事です。

ONKEN21様、こんにちは。國岡です。

判りやすいまとめをありがとうございます!

今年は3年振りに大阪から参加しようと思っているのですが、参加施設の減少に凹んでますorz

来年以降どうなってしまうのでしょうか。。。(金も落とさない)他人事ながら心配です。
 
    (ONKEN21) 大阪の國岡様、ゆささんの掲示板でも交流がありましたが、こちらへの久々の書き込みありがとうございます。> No.5441[元記事へ]
何と塩原温泉ふるまい、関西方面から行こうとされる方までいるほどのイベントになったのですね。
確かにこの日は東日本が中心とは言え全国の温泉マニア集結という様相を呈しています。
最近は新東名も愛知県内まで延伸、圏央道も東北道まで繋がりましたし、西日本方面からも格段と行きやすくなったと思います。
しかし、全国的に有名になりだんだん利用者が増えてくると受け入れ施設でもいろいろと無理ができてきます。
特に無料というのがなかなか大変で、温泉博士に参加される温泉施設も固定化、1000円超え別料金化、土日祝利用不可などいろいろと制限せざるを得なくなるのを見てきました。
また、山梨県の下部温泉でも源泉館を中心に風呂の日無料をやってましたけど、2014年12月より半額の500円で落ち着いています。
長野県の浅間温泉でも大昔は風呂の日無料をやってましたが、今は完全になくなっていると思われます。
多分、塩原古式湯まつり温泉ふるまいもそういう方向になっていくのかな?と感じられます。
しかし、塩原温泉でここ3年日曜開催を入れ替わりながらも続けてきたというのは他の温泉と比べたら立派なことで、温泉ファンとしては頭の下がる思いです。
まあ、来年以降はわからないので行けるうちに数は減らしても開放を続けていらっしゃる施設に行っておくというのも検討に値はするかなと思われます。
特に共同浴場平成の湯、下の湯はこの日だけしか入れませんから是非入られてみて下さい。
でも國岡様は3年振りということは4年前の平日開催の時に行かれていたのですかね?
当時、私は関東に住んでいながら古式湯まつりの存在すら知らず、國岡様のお目の高さには恐縮してしまいそう(^^;
今年もゆささんはゴチさんといらっしゃるかも知れませんね。
私ももちろん未湯の宿に行きます。障害者の弟を連れています、もし見かけたらお声掛け下さいね。
その時は國岡様のFBに友達申請させていただきます。よろしくお願いします。
 

静岡県田方郡函南町畑毛 畑毛温泉 富士見館

 投稿者:oke kerorin  投稿日:2016年 8月30日(火)06時21分41秒
返信・引用 編集済
  2016.8.28
伊豆畑毛温泉は、環境省指定の国民保養温泉地です。
静岡県ではここだけ!
これもチョット、不思議な感じ?
富士見館の泉質は弱アルカリ性単純泉、遊離炭酸泉
浴槽は高温、中温、低温に分かれています。
源泉をチョット加温した32℃前後の低温の浴槽は、最初は冷たく感じちゃうけど次第に慣れてきて、長湯できます。

自宅からも近いので温泉博士に掲載されるたび、お世話になっている温泉です。
遊離炭酸泉ですが、アワアワを期待しすぎると、ハズレます。

http://ryo1956harada.sakura.ne.jp/

 
    (ONKEN21) oke kerorinさん、畑毛温泉富士見館のレポありがとうございます。
ここは6年前、1度だけ行ったことがあります。> No.3135[元記事へ]
当時はまだ圏央道が埼玉の関越道方面から八王子JCTまでしか開通しておらず(八王子-海老名は未開通)、
1000円高速をやっていたことから、中央道・東富士五湖道路、須走I.Cから御殿場・沼津経由で中伊豆に行きました。
圏央道が関越から東名まで接続した今では考えられない遠回りをして訪れたものです。
富士見館も確かに32~34℃微加温のぬる湯で気持ち良かったですね。
埼玉でも行田市の古代蓮物語がここと同じ32~33℃非加熱源泉を猛暑期限定でやってますが、
確かにヒヤっとしますが気持ちいいです。
伊豆や埼玉にも近い本場・山梨から伝わるぬる湯文化があるんでしょうか。
この微加温がちょっとクセ者でこれが炭酸を揮発させてしまうのでしょうか。
いっそのこと完全非加熱で味わってみたいなと思ってしまいます。

P.S.貴ブログ大分リニューアルしましたね。
oke kerorinさんって最初、同年代のおばさんかな?と思っていたのですが、
最近になって男性で意外と年輩の方でいらしたのだなと気付きました。
私も40代の見た目若めの中年おじさんですが、今後もよろしくお願いします。
 

Re: 塩原温泉古式湯まつり「温泉ふるまい」2016のラインナップ

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 8月29日(月)22時15分43秒
返信・引用 編集済
  > No.6926[元記事へ]

たけの湯さん、ゴチさん、ディスカスさん、ゆささんへのお返事です。

栃木県塩原温泉古式湯まつりは今年は9月25日(日)に開催されます。
2016年のラインナップが先日公開されました。
湯の花荘の脱退は未湯なので痛恨の極みですが、昨年・一昨年の行列を見てると致し方ないなあ…
今年は新規参加なしの旭の湯を含む5減で利用時間の短縮も目につきます。
日曜開催の限界も少し感じますね。
http://www.siobara.or.jp/pdf/pla-furumailist2016.pdf

※時間変更あり/○数字昨年、○印一昨年私が利用
地区名/施設名/ふるまい時間/住所/電話番号
1新湯③奥塩原高原ホテル 12:00~※14:30 湯本塩原113-4 0287-32-2464
2新湯 渓雲閣(大浴場のみ) 12:00~15:00 湯本塩原37 0287-32-2361
3新湯 湯荘白樺 10:00~※19:00 湯本塩原14 0287-32-2565
4元湯 ゑびすや ※11:30~※14:00 湯本塩原153 0287-32-3221
5元湯 秘湯の宿 元泉館(高尾の湯のみ) 11:00~14:00 湯本塩原101 0287-32-3155
6上塩原 まじま荘 10:00~※16:00 上塩原580 0287-32-4162
7上塩原⑨和楽遊苑 13:00~19:00 上塩原543 0287-32-3931
8中塩原 梅川荘 14:30~17:00 中塩原2004 0287-32-5115
9古町⑧紀州鉄道那須塩原ホテル 14:00~※18:00 塩原1115-2 0287-32-2110
10古町○満寿家 14:30~20:00 塩原770-1 0287-32-2001
11古町 旅館 上会津屋 ※18:00~20:00 塩原745 0287-32-2734
12古町②源美の宿 会津屋 ※12:00~14:00 塩原733 0287-32-2020
13古町 源泉の湯 東や ※10:00~※16:00 塩原1548-1 0287-32-3636
14古町 やまなみ荘 ※11:00~14:00 塩原2566 0287-32-3962> No.7018[元記事へ]
15門前○静観荘 古山 ※15:00~20:00 塩原704-1 0287-32-4141
16門前 秀山閣 佐か茂登 14:30~17:00 塩原684 0287-32-4321
17門前 ホテルニュー塩原 11:00~17:00 塩原705 0287-32-2611> No.7017[元記事へ]
18門前 光雲荘 14:00~19:00 塩原2340-1 0287-32-2414
19畑下○心づくしの宿 ぬりや ※14:30~17:00 塩原454 0287-32-2340
20塩釜 ホテル塩原ガーデン 14:30~21:00 塩原1330 0287-32-2621
21福渡 大江戸温泉物語かもしか荘 ※15:00~23:00 塩原1256 0287-32-2524
22福渡 塩原グリーンビレッジ 10:00~※20:00 塩原1230 0287-32-2751
23大網①湯守 田中屋(露天風呂のみ) 11:00~13:00 塩原6 0287-32-3232
24新湯○共同浴場 寺の湯 7:00~18:00 混浴
25新湯④共同浴場 中の湯 7:00~18:00 男女別
26新湯⑤共同浴場 むじなの湯 7:00~18:00 男女別
27古町○共同浴場 平成の湯 11:00~15:00 混浴 古町3丁目
28畑下○共同浴場 下の湯 9:00~17:00 混浴

(5減)塩原秘極の湯 葵、割烹旅館 湯の花荘、○柏屋旅館、⑦和泉屋旅館、⑥共同浴場 旭の湯

(2015年)
http://www.siobara.or.jp/pdf/pla-furumailist2015.pdf
> ジモ専共同浴場として下の湯・平成の湯に加え、昨年はなかった古町温泉旭の湯が待望の復活です。
> また大網温泉湯守田中屋の露天風呂も今年より登場、普段は火水木曜日しか入れないので、
> この機に入ってみたいですね。
>
> ※今年より参加(3増4減) ○数字:昨年私が利用
>
> 地区名/施設名/ふるまい時間/住所/電話番号
> 1新湯 奥塩原高原ホテル 12:00~15:00 湯本塩原113-4 0287-32-2464
> 2新湯 渓雲閣(大浴場のみ) 12:00~15:00 湯本塩原37 0287-32-2361
> 3新湯 湯荘白樺 10:00~20:00 湯本塩原14 0287-32-2565
> 4元湯 ゑびすや 12:00~14:30 湯本塩原153 0287-32-3221
> 5元湯 秘湯の宿 元泉館(高尾の湯のみ) 11:00~14:00 湯本塩原101 0287-32-3155
> 6上塩原 まじま荘 10:00~17:00 上塩原580 0287-32-4162
> 7上塩原 和楽遊苑 13:00~19:00 上塩原543 0287-32-3931
> 8中塩原 梅川荘 14:30~17:00 中塩原2004 0287-32-5115
> 9古町※紀州鉄道那須塩原ホテル 14:00~18:00 塩原1115-2 0287-32-2110
> 10古町 塩原秘極の湯 葵 11:00~14:00 塩原778-1 0287-31-1235
> 11古町⑥満寿家 14:30~20:00 塩原770-1 0287-32-2001
> 12古町 旅館 上会津屋 17:00~20:00 塩原745 0287-32-2734
> 13古町 源美の宿 会津屋 11:00~14:00 塩原733 0287-32-2020
> 14古町 源泉の湯 東や 11:00~18:00 塩原1548-1 0287-32-3636
> 15古町 やまなみ荘 11:00~15:00 塩原2566 0287-32-3962
> 16門前⑦静観荘 古山 16:00~20:00 塩原704-1 0287-32-4141
> 17門前 秀山閣 佐か茂登 14:30~17:00 塩原684 0287-32-4321
> 18門前 ホテルニュー塩原 11:00~17:00 塩原705 0287-32-2611
> 19門前 光雲荘 14:00~19:00 塩原2340-1 0287-32-2414
> 20畑下④心づくしの宿 ぬりや 14:00~17:00 塩原454 0287-32-2340
> 21畑下 割烹旅館 湯の花荘 12:00~14:00 塩原323 0287-32-2824
> 22塩釜 ホテル塩原ガーデン 14:30~21:00 塩原1330 0287-32-2621
> 23塩の湯①柏屋旅館(露天風呂のみ) 12:00~14:00 塩原364 0287-32-2921
> 24福渡 大江戸温泉物語かもしか荘 14:30~23:00 塩原1256 0287-32-2524
> 25福渡 和泉屋旅館 14:00~17:00 塩原190 0287-32-2005
> 26福渡 塩原グリーンビレッジ 10:00~20:30 塩原1230 0287-32-2751
> 27大網※湯守 田中屋(露天風呂のみ) 11:00~14:00 塩原6 0287-32-3232
>
> 28新湯⑤共同浴場 寺の湯 7:00~18:00 混浴
> 29新湯 共同浴場 中の湯 7:00~18:00 男女別
> 30新湯 共同浴場 むじなの湯 7:00~18:00 男女別
> 31古町②共同浴場 平成の湯 11:00~15:00 混浴 古町3丁目
> 32古町※共同浴場 旭の湯 10:00~17:00 男女の仕切りあり 古町1・2丁目
> 33畑下③共同浴場 下の湯 9:00~17:00 混浴
>
> (脱退)ホテルニューもみぢ、民宿本陣、橋本屋旅館、松屋

(2014年)
http://www.siobara.or.jp/pdf/pla-furumailist2014.pdf
> >  地区名/施設名/ふるまい時間/住所(那須塩原市)/電話番号(0287)
> > 〇新湯 奥塩原高原ホテル 12:00~15:00 湯本塩原113-4 32-2464
> > 〇新湯 渓雲閣 (大浴場のみ) 12:00~15:00 湯本塩原37 32-2361[自遊人]
> > 〇新湯 湯荘 白樺 10:00~20:00 湯本塩原14 32-2565[温泉博士]
> > 〇元湯 ゑびすや 12:00~15:00 湯本塩原153 32-3221 [自遊人]
> > 〇元湯 秘湯の宿 元泉館(高尾の湯のみ) 11:00~14:00 湯本塩原101 32-3155[自遊人]
> > 〇上塩原 まじま荘 10:00~17:00 上塩原580 32-4162[温泉博士]
> > 〇上塩原 和楽遊苑 12:00~15:00 上塩原543 32-3931(加温掛け流し→はしご湯のすすめ)
> > 〇中塩原 梅川荘 14:00~18:00 中塩原2004 32-5115
> > ×古町 ホテルニューもみぢ 14:00~19:00 塩原1074 32-3215[温泉博士]
> > 〇古町 塩原秘極の湯 葵 11:00~14:00 塩原778-1 31-1235(公式HPより)
> > 〇古町 満寿家 14:00~20:00 塩原770-1 32-2001(加水掛け流し→はしご湯のすすめ)
> > ×古町 旅館 上会津屋 15:00~20:00 塩原745 32-2734
> > 〇古町 源美の宿 会津屋 11:00~14:00 塩原733 32-2020
> > 〇古町 民宿本陣 11:00~17:00 塩原1055 32-2043(大量掛け流し→はしご湯のすすめ)
> > 〇古町 源泉の湯 東や 10:00~17:00 塩原1548-1 32-3636(公式HPより)
> > 〇古町 やまなみ荘 11:00~15:00 塩原2566 32-3962(大量掛け流し→秘境温泉神秘の湯)
> > 〇門前 静観荘 古山 16:00~20:00 塩原704-1 32-4141
> > 〇門前 秀山閣 佐か茂登 14:30~17:30 塩原684 32-4321(大量掛け流し→はしご湯のすすめ)
> > ×門前 ホテルニュー塩原 11:00~21:00 塩原705 32-2611
> > 〇門前 光雲荘 14:00~17:00 塩原2340-1 32-2414(大量掛け流し→はしご湯のすすめ)
> > 〇畑下 心づくしの宿 ぬりや 14:00~17:00 塩原454 32-2340
> > 〇畑下 割烹旅館 湯の花荘 13:00~15:00 塩原323 32-2824
> > 〇塩釜 橋本屋旅館 11:00~15:00 塩原277 32-2115(流れ星さんの湯めぐり日記)
> > 〇塩釜 ホテル塩原ガーデン 14:30~17:00 塩原1330 32-2621[温泉博士]
> > 〇塩の湯 柏屋旅館 (露天風呂のみ) 11:00~14:00 塩原364 32-2921(秘境温泉神秘の湯)
> > ×福渡 大江戸温泉物語 かもしか荘 14:30~23:00 塩原1256 32-2524
> > 〇福渡 和泉屋旅館 14:00~17:00 塩原190 32-2005(みしゅらん)
> > 〇福渡 松楓楼 松屋 13:30~17:00 塩原168 32-2003(はしご湯のすすめ)
> > 〇福渡 塩原グリーンビレッジ 10:00~20:30 塩原1230 32-2751[自遊人]
> > 〇新湯 共同浴場 寺の湯 7:00~18:00 混浴
> > 〇新湯 共同浴場 中の湯 7:00~18:00 男女別
> > 〇新湯 共同浴場 むじなの湯 7:00~18:00 男女別
> > 〇古町 共同浴場 平成の湯 11:00~15:00 混浴 古町3丁目
> > 〇畑下 共同浴場 下の湯 9:00~17:00 混浴

http://www.siobara.or.jp/plan-autumn.htm

 

Re: 六助うどんのかつ丼

 投稿者:ONKEN21@本庄から帰宅  投稿日:2016年 8月29日(月)18時10分47秒
返信・引用
  > No.3115[元記事へ]

本日の昼休みは本庄市。
本庄で人気のうどん屋である六助うどんに6年ぶりにやってきました。
途中、何度か行こうとしましたが、火曜定休に当たり、久々となりました。
駐車場も混雑、席待ちはなかったものの、テーブルは満席に近く、カウンターは少し空いていました。
食べログを見ましたら、最近はかつ丼が評判らしいので頼んでみます。
かつ丼単品850円もありますが、うどんやお新香、小鉢も付くかつ丼定食1037円。
うどんは温かいのと冷たいのが選べるので、冷たい方にします。
かつ丼は満腹定食とある通り、人によっては食べきれないほどの量でうどんまで付けて食べきれるか不安に(^_^;
かつの厚みは2cmはあろうかという凄いボリューム。
何とか食べきれましたが苦しくなり、午後の歩き仕事は大変でした(^_^;
でも、かつも久々のうどんもコシがあり、流石六助、大変美味しかったです。

> 埼北麺シリーズ、本庄市の六助うどんに2年ぶりに来ています。
> 場所はR17西濃運輸北側です。
> 県道本庄妻沼線旧道を妻沼方面に入り、すぐ右側です。
> ここの名物はカレーと肉うどん、
> 盛りは凄く多いです。
> お昼時はかなり混んでいます。
> 私はカレーうどんつけ中盛735円(少盛630円、多盛945円、肉うどん各50円引)を頼みました。
> 麺は凄く太い武蔵野うどん。
> 1本ずつ食べる感じ。
> カレー汁がマッチして、おいしかったです。
> 夏バテにいいかもね。
 
    (ONKEN21) 10日後の9/7(水)に再訪。
六助名物のカレーうどん(小盛670円、中盛778円、多盛994円)は食べたことがあるので、名物の片方の肉うどん中盛724円(小盛616円、多盛940円)、つけorかけで「つけ」でいただきました。(画像中入換)
大きな肉に葱がたくさん入り、麺は太くてコシが強く、ボリューミーで大変おいしかったです。

参考までにおじゃるさんのレポ
http://ameblo.jp/naruru8854/entry-10853920243.html
 

/175