teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


つけ麺処 めん家りく

 投稿者:ONKEN21@小川町より帰宅  投稿日:2017年12月14日(木)18時30分24秒
返信・引用
  本日は小川町の最後の仕事。
小川町人気No.1(比企郡では8位)で、2年前は火曜定休で食べられなかった「つけ麺処めん家りく」に初めて行ってみました。
R254角山交差点を東秩父方面へ、左カーブのすぐ右手。
駐車場は5台くらいの小さな店です。
つけ麺680円、つけ麺赤740円、つけ坦坦麺780円、一日限定ラーメン580円、冬季限定チャーシュー麺850円の5品のみ。
小盛100g-100円、並盛200g・大盛300g同額、特盛400g+100円。
大盛を頼むと300g食べられるか確認が入ります。
普通は140gなので2人前とか。
私はつけ坦坦麺を大盛でしたが、本日は食欲があり楽勝\(^^)/
つけ坦々麺は味噌スープに胡麻やラードが入り甘辛い感じ。
麺はうどんのような感じでした。
なかなかおいしかったです。
 
    (ONKEN21) https://www.facebook.com/menyariku/  
 

武甲温泉割引中

 投稿者:ただいま巡業中  投稿日:2017年12月14日(木)11時54分2秒
返信・引用
  管理人様こんばんわー

道の駅ですっかり寝てしまい、あわてふためいて入浴先を探すもすでに時間が・・・
近くの武甲温泉に突撃したところなんと感謝デーで300円でした。 15日明日まで300円のようです。 以前より少し鮮度が上がった感じがしましたが偶然かな?
そのあとよなよや青梅街道を駆け抜けて411号を抜け甲州にきましたが、幸い凍結もなく無事
抜け出すことができました。
おそばの写真につられて、今日はそばいただきました。新そばラッシュですね。^^
 
    (ONKEN21) 道の駅芦ヶ久保か秩父で車中泊でしたか?
寒い中、お疲れ様です。
武甲温泉の感謝デーはksさんからよく情報をいただきますが、> No.7064[元記事へ]> No.6491[元記事へ]
今年もそんな時期になったのですね。
公式HPにも記載されず、地元向けの平日限定企画みたいですね。
巡業中さんは武甲温泉は2ヶ月前にも行っているのですね。> No.8002[元記事へ]
新潟からもの凄く遠いのに凄いリピート間隔です。
私は武甲温泉は1時間少々でもオープン直後以来30年近く行ってないかも知れません?
いいと思えばこんなに間隔は開かないのですけどね(^^;とにかく塩素が…
熱しやすく冷めやすい、これが父の血筋の埼玉県平野~群馬住民のドライな気質です。
そういう人の心をつかめば全国どこでも通用するとは家電戦争などで言われるほどです。
温泉も源泉掛け流し志向は一部当てはまってます。
一方、秩父や新潟辺りの人はこれぞと決めたところは徹底的に行くその粘り強さは私も秩父血筋としてよく理解できます。
私の父母それぞれ血筋は違いますが、いいバランスで私は温泉を回っています。お互い、頑張って行きましょう。

さて青梅から奥多摩経由甲州市(塩山)でしたか。
のめこい湯とか小菅の湯、大菩薩の湯の源泉水風呂、裂石温泉雲峰荘、塩山温泉井筒屋別館などがいいですね。
山梨でそばでしたか。山梨というと「ほうとう」のイメージが。
そばと言えば、秩父と信州ですけどね。
 

成木屋の戸隠そば

 投稿者:ONKEN21@玉川より帰宅  投稿日:2017年12月13日(水)18時11分14秒
返信・引用
  > No.8106[元記事へ]

本日も小川町近くのときがわ町旧玉川村でお昼です。
小川町からときがわ町に入って2kmくらいにあり、昔から戸隠そばで気になっていた成木屋に初めて行きました。
玄関前に外待ち席がありますが、平日なので店内にも空席がありました。
かけそば・もりそば620円~からありますが、大盛でも+150円の770円に対処し、たぬきセットが825円とリーズナブルなのでオーダー。
たぬきセットはそばまたはうどん(冷温可、初めてなので冷たいそばを選択)に卵かけご飯、お新香、みかんが付きます。
そばは戸隠の農家から委託栽培し直送、コシがありなかなか、おいしかったです。
うどんもなかなからしいので、天丼セットと共にいただいてみたいですね。

http://www.narukiya.net/

 

デカ盛りのアライ

 投稿者:ONKEN21@玉川より帰宅  投稿日:2017年12月12日(火)18時14分55秒
返信・引用
  > No.8075[元記事へ]

ついに埼北でもデカ盛り店に遭遇です。
両神の「ななたき」も唐揚げはデカ盛りに近いですが…。
ときがわ町旧玉川村の玉川温泉から八高線を西に行った小川町の近くに「アライ」という定食屋があります。
小川町でもときがわ町の近くで仕事でしたので初めて行ってみました。
12時過ぎで店の敷地は車でいっぱい、中では席待ちで20分くらい待たされました。
元は村にしては凄まじい人気です。
カウンターがないのでテーブルが1人1台になるため満席に成りやすいみたいです。
席待ちの間、検索するとかつ系のご飯の盛りが凄まじいらしく、私は大盛+100円は頼めないなあと納得。
本日のオススメは「豚みそ焼丼650円」で通常は700円が50円引なので、かつでなくそれを並盛りで頼みます。最初、料金的に大盛にしないと少ないかなと想像していたのですが、とんでもない(^^;
出てきた豚みそ焼丼はやはりご飯が山盛り、肉も10枚近く入っていたでしょうか。
量的には秩父の豚みそ丼とは雲泥の差、あちらの大盛より多いかも?
肉も秩父ほどでないにしろ十分おいしく、並盛なので苦しくならず、ちょうどいい量でいただけました。
また、機会があれば、かつ丼、かつカレーを並盛でいってみたいです。
ゴチさんも埼玉に行く機会があれば大盛での参戦もお待ちしております(^^)

> 鳥のから揚げ定食デカ盛りの「芳味亭」の6人に分かれます。
> 私は芳味亭の方に行きました。頼んだのは普通の鳥から揚げ定食850円。
> 塔のように高くご飯の盛られたご飯大盛り250円、唐揚げ7個が14個に倍増し、キャベツが隠れて皿一面に
> 唐揚げの広がるおかず大盛り250円。私にはどちらも到底無理です(^^;
>  普通盛りでもご飯は山盛りで苦しくなりました(^^;食べ終わるのも参加者で一番最後になりました。
> 唐揚げ自体はさすがにおいしかったですが、7個でも多かったですね。一応完食はしましたが、
> デカ盛り店恐るべしです(^^;
 

Re: 「ななたき」のからあげ定食

 投稿者:まぁくん。  投稿日:2017年12月11日(月)10時19分23秒
返信・引用 編集済
  昨日は秩父の祭り納めの小鹿野町飯田八幡神社の鉄砲祭に訪れる前に、両神のななたきにてからあげ定食頂きました♪
さすが一番人気だけあって、皆さん注文してましたがかなり肉厚ジューシーな拳大のからあげが5つで満足満腹に鳴りました♪
850円のお値段も納得ですね!





 
    (ONKEN21) まぁくん。も久々に。> No.8105[元記事へ]「ななたき」の唐揚げ定食をいただいたのですね。
私も8月に食べたのが懐かしいです。> No.7957[元記事へ]
仕事で小鹿野町に行くのは3年後ですが、また食べたいものです。
小鹿野の鉄砲祭りの「お立ち神事」は15、16年ほど昔、よく見ました。
今は休止中?の大竜寺温泉第2スタンドの近くですね。
 

山形方面と日光

 投稿者:ただいま巡業中  投稿日:2017年12月10日(日)20時51分6秒
返信・引用
  みなさまこんばんわー♪

直近のご報告です。

泡の湯温泉 三好荘
山形県西置賜郡小国町大字小玉川715
通常500円 今回400円(大浴場が使えない)
※3桁国道からさらに山奥20k位入る。 大雪の時は慣れない人はやめたほう
がいい。ガードレールもないがけっぷちを走行し、転落危険あります。

1平米程度の浴槽に注ぎ口が不明の箇所から投入された源泉が
おそらく体温より少し上程度。 かけ流しオーバーフローで外に排出されており
ました。
泡の湯となっていたので、炭酸が強いのかなと思ったものの炭酸感はそれほどで
もなく鉄臭気油膜多量が浮遊しておりました。
 外は雪、正直温まる事はできず、しかし温泉感は強く夏でもよいかと思います。


地図で調べると近くにもう1件あるという事で
そこから5k位走行しまして。

国民宿舎 飯豊梅花皮荘
〒999-1522 山形県西置賜郡小国町小玉川564ー1
kokumin-shukusha.or.jp
こちらは巨大施設で、付近の高齢者の方で食堂が大賑わいしておりました。
おそばも美味しかった。

で、無色のお湯にしっかりとした硫酸塩系のお湯でしたが、不思議な現象があり、
浴槽の下に赤いへばりつくものが。
 ところが指で動かすと砂時計の砂のようにふわーっと移動してそして水に混ざ
ることなく即沈殿。
 最初鉄分かと思ったが、鉄のように水全体が赤茶けて色が拡散することなく、
お湯は透き通ったお湯だが床面には砂鉄ほど重くない物の濃厚湯花が存在し
まだら模様に浴槽の底が見えました。オモシロイ。

外が寒いという事もあり、湯温は温め。 投入量も多く源泉も熱いが浴槽が
広いため拡散して温度が低下気味でした。 私が入るのにはちょうどよかった。
 付近に飯豊温泉らしきものがあり最初それを目指していったが冬季閉鎖で道路
は途中で寸断。 よく調べると国民宿舎は別との事で、これがその施設だったよ
うです。

山奥の豪雪地帯ですので、雪道に慣れない方は春以降にした方がいいでしょう。

昨日は高田温泉あやめの湯
福島県大沼郡会津美里町下堀中川360ー4
で締め上げました。
お湯は700moverの硫酸塩がわりあいはっきりとした濃さの熱めのお湯でした。
暗くてよく見えませんでしたが入口に源泉スタンドがあり10円10リッターと
書いて合ったような気がします。
会津若松周辺ではそれほど温泉は多いようではなく、一番近くても東山温泉が
ありますが、日帰り専門の施設は無くどれも11時台とか早朝営業はありません。
会津若松からはどれも10k程度離れるものの周辺に5,6か所は温泉あり
ますが、ちょっと特徴感がなく、今回のあやめの湯はそのなかでも濃厚で湯上り
さらさら、割合好感の持てる泉質でした。
見た感じ投入量が少なめなので繁忙タイムは湯のヘタレがあるかもしれません。

そして本日は只見線沿い突入、と思ったものの、そういえば小出側に抜けられる
のかな??と一抹の不安があり断念。
 そのまま日光ルートに突撃し期待の中三依温泉 男鹿の湯
栃木県日光市中三依423
に突入!

ところが、あれれカーテンが。
よく見ると3月まで休館のようで誰もいませんでした。

個人的には好きな泉質なのですが、残念です。


どうにもならずそのままとことこ移動しなんとなーく鬼怒川公園裏の
鬼怒川公園岩風呂 で仕上げてまいりました。

明日は栃木熊谷大月ルートで山梨方面に足を運ぼうか検討中。
夜もずいぶん冷え、道路は山間部凍ってますね。 走行には注意したいと思いま
す。

 
    (ONKEN21) 巡業中さん、こんばんは。
相変らず山形から日光・山梨?まで精力的な温泉巡りされてますね。
泡の湯と飯豊梅花皮荘は14年前に行っているので懐かしいです。
みしゅらん掲示板の私の当時のレポです。
↓泡の湯
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/bbs03/bbs031011_1020.htm#1066017481
↓飯豊梅花皮荘宿泊レポ
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/bbs03/bbs031011_1020.htm#1065846069
「飯豊温泉らしきもの」とは飯豊温泉2km引湯の「飯豊山荘」> No.7424[元記事へ]のことでしょうか?
国民宿舎 飯豊梅花皮荘も飯豊温泉を6km引湯ですが…。
会津の高田温泉あやめの湯は入浴したことはありませんが、温泉スタンドで汲んだことがあり> No.7103[元記事へ]、会津らしい茶色い塩味の良い湯だった記憶です。
中三依温泉男鹿の湯はほんの一週間前の12/3を最後に冬季閉鎖に入ったとの情報はfacebookから得ており残念でした。
https://www.facebook.com/nakamiyorionsen.ojikanoyu/photos/a.1302084886484588.1073741829.1240389879320756/2011518162207920/
鬼怒川公園岩風呂は評判は聞かないので未湯です(苦笑)。鬼怒川温泉では仁王尊プラザがズバ抜けているでしょうか。
熊谷とはまた花湯スパですか?
埼玉東部にも冬にふさわしい会津の湯に似たいい温泉ありますけどね…。
大月辺りの温泉は私はほとんど未湯ですね。
 

Re: 布下温泉 きじま荘

 投稿者:ONKEN21@御牧  投稿日:2017年12月10日(日)19時39分46秒
返信・引用
  > No.8063[元記事へ]

古市場さんへのお返事です。

>  群馬県では湯宿温泉太陽館が久々に再登場、布下温泉きじま荘が初登場しています(画像上)。> 【長野県】
> ※布下温泉 きじま荘(温泉博士10月号16ページに古市場さんレポあり)

今夜は長野県東御市の民宿きじま荘で〆ます。
六合・長野原・嬬恋から地蔵峠を越え、65km1時間30分。
新鹿沢温泉から雪が現れ初め、地蔵峠は所々凍結してましたが、ノーマルタイヤでも徐行して切り抜けました。
東御市中心部は雪はなく道路も乾いていますが、気温5℃と寒いです。
民宿きじま荘は東御市中心部の千曲川対岸の布引温泉から3kmほど西の旧道から千曲川の方に入ったところにあります。
温泉博士に押印時、ここを紹介した古市場さんとお会いしたことがあると話しましたら、女将さんが若い人が、ととても喜んでおられました\(^^)/
ポリバスの内湯のみで、19時で独占状態。
パイプから34℃の少しヒヤッとする非加熱生源泉がドバドバ投入され、加温吹き出し、オーバーフローありの掛け流し。
シャワーやカランも非加熱源泉です。
源泉名は森田2号、黄色くかすかな塩味、近くの布引温泉に似たナト塩系の湯。
汗が玉のように出て凄く火照ります。
とても良い湯で温泉博士12月号の新顔でようやく〆られました。
古市場さん、熱海温泉福島屋に続く読者ライターレポを機に温泉手形掲載と紹介いただきありますがとうございましたm(_ _)m

http://www.kijimasou.com/

 
    (管理人) 最後は非加熱源泉のシャワーを浴びて出ましたが、すぐに火照ってきました。

帰りは佐久で夕食、R254内山峠・富岡経由で帰りました。
内山峠付近も道端に雪があり、凍結に注意しながらカーブでは徐行して帰りました。
 

Re: 湯宿温泉 太陽館、再訪

 投稿者:ONKEN21@新治  投稿日:2017年12月10日(日)14時19分59秒
返信・引用
  > No.7558[元記事へ]

本日は温泉博士とぐんまの源泉パスが期限切れなので駆け込みます。
朝の電話確認で太陽館は短縮して12~15時のみ温泉博士利用可、きじま荘は14:15~21:45の通常通りの受付でした。
本日は天気がよく、上武道路からみなかみ町の湯宿温泉まで雪はなく、道も乾いています。
谷川岳が真っ白で美しいです。
新潟寄りの太陽館の駐車場は禁止区域に止めないよう注意があります。
また、温泉博士の場合、電話したか聞かれるので要電話連絡です。
前回と同じ2階の内湯太陽の湯のみ入浴可、窪湯の熱い湯がかけ流されています。
深夜に男女入れ換えがありますので、宿泊者は両方味わえます。
この後はバーデ六合に寄りながら、長野のきじま荘を目指します。

> > 太陽館は混雑不可。
>
> 本日は埼玉発温泉パスポートの最後の日曜で群馬県みなかみ町の湯宿温泉太陽館に初めて入っています。
> 必ず事前に電話ということで電話すると16時までお待ちしとおりますと歓迎。
> 70km2時間で湯宿温泉に到着。
> 猿ヶ京よりの太陽館駐車場は先週はたくさん止まっていましたが、本日は一台もありません。
> お風呂も独占です。
> 入浴料は600円がパスポートで500円、女将さん、最初ハンコを押さなかったので記念に押して下さいと言うと
> 「こんな本があるんだあ」
> と初めて見たような様子。
> 2階に内湯のみの太陽の湯があります。
> 3階の露天風呂の菩提の湯、観音の湯は貸切で宿泊客無料、日帰り入浴は2000円の別料金。
> 太陽の湯ですが、タイル張り、浴槽淵のみ檜、太陽の名にふさわしく明るいですね。
> 投入口に飲泉用柄杓ありそのまま淵の切り込みからオーバーフローの完全かけ流し。
> 源泉は窪湯で無色透明無味無臭、熱い湯ですぐに汗が吹き出します。
> 冬にふさわしい良い湯で〆られました。

http://www.taiyoukan.com/

 
    (管理人) 乾燥路ノーマルタイヤ通行可の大道峠、沢渡温泉・暮坂峠経由牧水清水を汲みながら55km1時間30分の中之条町のバーデ・六合は施設整備のため休館中でした。
なるほど、それで「ぐんまの源泉パス2018年版」に載ってなかったのですね。
では、65km1時間30分の長野県東御市のきじま荘に向かいます。
きじま荘の日帰り入浴は14:30~21:45でした。
 

温泉博士1月号は「おとな子ども手形」に注目

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2017年12月 9日(土)12時12分42秒
返信・引用 編集済
  > No.8063[元記事へ]

>  また読者の声によると、2018年1月号より試験的に半額入浴手形を始める予定だそうです。
> 対象施設がどのくらい増えるか興味深いです。ただ、無料手形の方が半額の方に移行する施設もあるかも知れません。

『1月号より「おとな子ども手形」がはじまりました。
温泉博士1冊につき、大人1名様が子ども(小人)料金で入浴体験ができるコーナーです。』
いよいよ今月号より半額入浴ならぬ「子ども料金入浴」が始まるようですね。
他誌でも半額クーポンを付けるところは散見されるので、温泉博士の無料手形入浴ほどのインパクトは
ありませんが、温泉博士の方は子ども入浴料金の施設数を他を圧倒するほど増やして、
読者数を回復させると共に、我々も温泉巡りのバリューエーションを楽しめたらと思います。
おとな子ども手形のラインナップを見ましたが、温泉博士全国化直後に載った施設が多いのかな?
と思いました。温泉手形常連からおとな子ども手形への移行は見られませんでしたが…。
あと地域的に関東中部北陸と九州など偏りが見られますね。
12/10は高崎市のくらぶち相間川温泉せせらぎの湯で温泉博士で入る前に1月号を買ってきました。
ちなみにせせらぎの湯は1年ぶり> No.7502[元記事へ]で今回は右手の洋風風呂でした。

利用期限:平成29年12月15日(金)~平成30年1月15日(月)
・再登場/◎1年前の1月号にも登場/※新登場
利用不可日は【】に記載済(×は年末年始利用不可)/別料金は差額支払額を[円]で記載済

《温泉手形》

【福島県】
◎泉崎さつき温泉 泉崎カントリーヴィレッジ<9月号>
◎たかつえ温泉 会津アストリアホテル白樺の湯<9月号>
◎×中川温泉 ゆうゆう館<9月号>
・東山温泉 庄助の宿瀧の湯【土曜・日曜】<9月号>
◎深沢温泉 季の郷湯ら里<9月号>
◎南会津町 里の湯<9月号>

【茨城県】
◎×大子町 フォレスパ大子〔水着着用〕<9月号>

【栃木県】
・大丸温泉 休暇村那須<9月号>
◎×鬼怒川温泉 鬼怒川観光ホテル<9月号>

【群馬県】
◎奥軽井沢温泉 グリーンプラザ軽井沢[230円/小人、幼児620円]<12月号;23ヶ月連続>
◎奥平温泉 遊神館(3時間)[入湯税50円]<12月号;18ヶ月連続>
◎×敷島温泉 ヘルシーパル赤城<9月号>
・湯宿温泉 湯本館<6月号>

【埼玉県】
・なし

【千葉県】
◎×旭市 かんぽの宿旭(10階展望風呂不可)<5月号>
◎×いすみ市 九十九里ヴィラそとぼう〔人工泉〕<12月号;94ヶ月連続>
◎×白子温泉 ホテルカアナパリ<9月号>

【東京都】
◎蒲田天然温泉 SPA&HOTEL和[11~9時5時間コース平日1250円・休日1600円]<9月号>

【神奈川県】
・なし

【山梨県】
◎西山温泉 湯島の湯<9月号>
・富士川町 まほらの湯<12月号;5ヶ月連続>

【新潟県】
◎十日町温泉 明石の湯<9月号>

【長野県】
◎×稲荷山温泉 稲荷山温泉ホテル杏泉閣<9月号>
◎大町市 川の駅さざなみ〔非温泉〕<9月号>
・渋沢温泉 ウッディ・もっく<9月号>
◎×高峰温泉 高峰高原ホテル<3月号>

【岐阜県】
◎飛騨金山温泉 道の温泉駅かれん<9月号>
・焼岳温泉 奥飛騨ガーデンホテル焼岳[自遊人]<9月号>

【静岡県】
◎×遠州浜天然温泉 八扇乃湯<9月号>
◎×静岡市 天下泰平の湯<9月号>
◎×畑毛温泉 富士見館<9月号>

《おとな子ども手形》
・再登場は温泉手形として登場実績/子ども料金支払額を[円]で記載済

【茨城県】
・×阿字ヶ浦温泉 のぞみ[500円]【1/1~8】<2008年9月号※、2009年4月号は急遽利用不可>

【埼玉県】
・×越生町 ニューサンピア埼玉おごせ [300円]【12/31~1/3】(玉川温泉よりローリー運搬)<2010年2月号、2009年10月号レポ>
・×久喜市 森のせせらぎなごみ[450円]【12/30~1/4、1/10】<2014年6月号>

【東京都】
・×足立区 大師の湯THESPA西新井[平日510円、土日祝610円]【12/28~1/3】<2010年4月号、2009年7月号レポ>

【神奈川県】
・箱根強羅温泉 白湯の宿山田家[1000円]<2012年5月号[300円]>
・×箱根湯本温泉 箱根の湯[500円]【土日祝、12/29~1/3、1/8】<2014年2月号>

【山梨県】
・万葉温泉 フルーツパーク富士屋ホテル[800円]<2013年3月号[500円]、2008年9月号レポ>

【新潟県】
・松之山温泉 山之森ホテルふくずみ[300円、貸切露天600円]<2008年10月号※>
・×六日町温泉 旬彩の庄ホテル坂戸城[700円]【12/31~1/3】<2014年10月号>

【岐阜県】
・平湯温泉 アルプス街道平湯[300円][2009年自遊人※]<2014年5月号>

※再現レポ
----------------------------------------------------------------------------------
★のぞみ・風水の舞  投稿者:ONKEN21@阿字ヶ浦  投稿日:2008年 9月15日(月)01時09分17秒

> 今日、明日は何気に良さげな茨城県で駆け込み温泉博士しています。

今、ひたちなか市阿字ヶ浦海岸で波波の音を子守歌に車中泊しています。
朝、日の出を撮りたいな
夕食はとっぷさんてで忘れた水着を取りに戻ったので、コンビニ弁当になってしまいました(>_<)

第2湯は「阿字ヶ浦天然温泉のぞみ」で土曜祝前日限定夜12時(通常10時)まで深夜温泉してきました。
建物の造りは久喜なごみや、寄居旧彩の湯そっくりの風水温泉。何となく茂美の湯にも似ています(^-^;
風水温泉は他に深大寺ゆかり、富士鳴沢ゆらりもそうですね(未)。
狭っこくよく造り込まれてますね。
お湯は成分30g非加水?で舌がヒリヒリするほど強烈に塩辛い、白寿以上?
やや茶色く濁り、循環併用ながら、オーバーフローもあります。
塩素臭もあまり感じません。湯上がり後はかなりベタ付きます。
なかなか火照って汗が引きませんが、ここは潮風が心地良いです(^.^)
本日朝からは北茨城の2ヶ所へ行きますよ。
眺望露天のぬる湯、“のぞみ風水の舞”です。
----------------------------------------------------------------------------------
★ふくずみの舞  投稿者:ONKEN21@松之山  投稿日:2008年10月13日(月)14時16分44秒

> これから柏崎経由で松之山温泉に向かいます。

ただ今、十日町市松之山温泉ふくずみに温泉博士10月号の〆として入っています。
六日町の坂戸城にも入りたかったですが、自遊人で小赤沢温泉に入りたいのでパス。
残念ながらかけ流しらしい貸切露天風呂は湯を落としてしまい入れず。
循環併用の1階の内湯です。
加水・循環併用で松之山にしてはマイルドな感じ。
うっすらと焦げアブラ臭は浴室内に立ち込めていますが、
以前入った千歳や凌雲閣と比べたら、明らかにパンチパンチ不足。
楽養館で挽回しますか
----------------------------------------------------------------------------------
★アルプス街道平湯の舞 投稿者:ONKEN21@奥飛騨平湯  投稿日:2009年 3月20日(金)14時58分47秒

  岐阜県奥飛騨温泉郷平湯温泉のバスターミナル・アルプス街道平湯で自遊人駆け込み第一湯です。
本当は鹿教湯温泉文珠の湯か、白骨温泉泡の湯再訪をめざしましたが、泡の湯が13:30受付までと忙しかったので、
文珠の湯をパスしたら、泡の湯への近道が冬季閉鎖、有料林道を遠回りすると受付時間に間に合わないことが判明し断念(^^;)
平湯へ直行です。アルプス街道平湯はサビ臭く茶緑色の湯がかけ流し。
昔、露天風呂の日に入った神の湯と違うような?
神殿風の露天風呂から白いアルプスの山裾を眺められいいですね。
さて、深山荘(パスポは17時まで)と奥飛騨ガーデンホテルの順に回ってみましょう。

http://gekkanonsenhakase.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

 

Re: 熊谷温泉湯楽の里9/28リニューアルと「つくば温泉喜楽里別邸」来年初夏開湯予定

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2017年12月 6日(水)00時05分50秒
返信・引用 編集済
  > No.7944[元記事へ]

秩父からは夜祭なのに車がほとんど通らない皆野秩父バイパスで渋滞を切り抜け、46km1時間強で熊谷温泉湯楽の里着です。
温泉博士12月号初使用ですが、22:00~24:30の夜風呂は全日600円みたいです。また9~10時の朝風呂は全日500円です。
12/9~17の冬の感謝祭のチラシを勧められます(画像上)
花湯スパのライバル出現とリニューアルで店員の挨拶や愛想が凄く良くなりました。
夕食は湯楽亭改め昨年12/1にオープンした「ごちそう屋」オススメの「とんてきブラックペッパーライス」950円
をおいしくいただきました(画像中)。
9/28に駐車場に増築したリクライニングルームお休み処(画像下)は岩盤浴着必要です。
過去の秩父夜祭後の温泉として花和楽の湯、白寿の湯に続き、熊谷温泉で祭りの余韻に浸りながら冷えた体を温めました。

>  昨晩は花火大会集中日、茨城県の古河花火大会を初めて見た後、深夜、熊谷温泉湯楽の里で温泉博士して
> きました。
>  深夜の熊谷温泉湯楽の里で8/10まで有効の温泉博士で花火観賞の汗を流し、
> 花火の余韻に浸りました。花湯スパ対策か休憩所が10月上旬に増築となるようです。花湯スパは生源泉
> 掛け流し対し、湯楽の里は掛け流しをオープン前にやめてしまったのが残念ですね。
http://www.yurakirari.com/yura/kumagaya/

それと、「湯楽の里・喜楽里総合案内サイト」を見てたら
茨城県つくば市に「つくば温泉喜楽里別邸」が来年春にオープン予定と告知されました。
溝口・宮沢湖・ひたちなかに続く3ヶ所目の喜楽里別邸で小学生未満は入場不可、入館料は1000円前後でしょうか。
なお、天然温泉は掘削が難航したのか一足遅れて来年初夏開湯予定となるようなので、
天然温泉に切り替わってから圏央道で速攻で行ってみたいと思います。
http://www.yurakirari.com/kirari/tsukuba/ex/

http://www.yurakirari.com/

 

Re: ラジュモハンのパニールカレー

 投稿者:ONKEN21@小川町から帰宅  投稿日:2017年12月 5日(火)18時12分56秒
返信・引用
  > No.7880[元記事へ]

本日は小川町で仕事です。
小川町と言えばおいしいカレー屋のラジュモハン、半年ぶりに来ました。
期間限定でメニュー左のチーズのパニールがオススメとのことでサーグパニールセット(ほうれん草チーズ)1080円をいただきます。
右はマッカニパニールセットはトマトのことで次回はこれにしましょう。
辛さは普通で、ほうれん草のせいか実にまろやかな黒っぽいカレーでした。
四角いチーズが5~6個入りまたおいしい。
キーマと違いナンの後もカレーが残ったので、ライスを平日100円でお代わりしました。
ラジュモハンのカレー最高です。
西武秩父駅に同経営のガネシャーがあるので秩父夜祭にも協賛していたみたいです。

> 本日は久々の山間部で仕事、1年ぶりに小川町のラジュモハンで、久々にラーメンでなくカレーをいただきました。
>
> >トマトとなすのカレーが登場していました。
>
> 今夏も再登場し、勧められたので、それをオーダー、1080円。
> 辛さは普通でナン、ドリンクはいつものチャイ(ミルクティー)を選択。
> カレーにトマトと茄子が入り、酸味があり、サッパリ、おいしくいただきました。
> ルー的には昨年食べたバターチキンと似た味ですね。
> ライスのお代わり平日100円も考えたのですが、ナンへのルーの吸い込みがよく、残ってなく断念(^^;)
> 今回は小川町の近くで仕事なのでまた行きたいですね。
 
    (ONKEN21) 12/8(金)パニールマッカニをいただきました。(画像中)
トマト風でハヤシライスのように赤くて酸味あり、クリープがかかっていておいしかったです。

↓サーグパニール
https://ameblo.jp/amiamisumisumi/entry-12326150477.html
http://www.rajmohan.jp/
 

秩父の雲海

 投稿者:ks  投稿日:2017年12月 5日(火)12時05分38秒
返信・引用
  こんにちは

 先日、テレビでミューズパークの展望台からの雲海が放映されました。
当然、以前から雲海は見られたはずですが、ミューズパークの展望台は、
それ程高い所では無いので、雲海が見られる事を想像もした事はありませんでした。

早朝、寒さが緩み靄状態。雲海が見られるかミューズパークの展望台に向かいました。
向かう途中、霧の濃い薄いが有りましたが陽も見えてきました。公園に登る途中、
雲海は見えましたが、展望台に着くまでに消えてしまうのではと思いながら、
ミューズパーク展望台に午前7時半頃到着。雲海は見られました。

荒川の流れに沿って雲海が濃いような感じ、少し高くなっている市街地は霧が消え始めて
いましたが、再び雲海の広がりも見られました。午前8時前には降り始めましたが、
市街地の霧は解消し切れていませんでした。

秩父の雲海、灯台下暗しでした。秩父市街地は、郊外より低い地形になって居て、
荒川の影響も有るのかなと感じました。道中の霧は、運転に支障はあまり有りませんでした。

秩父夜祭は、携わる事も無いので、出掛けませんでした。秩父の祭りは見物だけでは物足りない
のと、駐車料金の高さ。バスの往復運賃の倍近く。バスで行っても夜祭を見るには、帰り道、
寒い中約5km歩かなくてはなりません。今年も12月31日の大晦日から元旦にかけての
深夜約1時間、恒持神社で年越し神楽を奉納する予定です。
 昨日は、深谷の赤十字病院に行ったついで、青春18きっぷを購入して来ました。
出発は、12月10日か11日、天空の駅を目指す予定ですが、断念する可能性もです。
 
    (ONKEN21) ksさん、地元秩父の雲海情報ありがとうございます。
ミューズパークから眺める秩父市街地は私自身埼玉北部で最も好きな景色なのですが、
雲海が美しいことは数年前からテレビや西武鉄道の宣伝等で知っていました。
ただ、私は早起きが苦手なので、なかなか見る機会はなさそうだと諦めております。
でもいつの日か見てみたいものだと憧れてはいます。
私が見た雲海の思い出というと志賀草津道路の渋峠から眺める長野方面の雲海でしょうか。
白根山から北アルプス白馬・立山方面まですべて雲で埋め尽くされる様子は感動しました。
秩父は盆地が霧で埋まる目の前の光景が見所かなと思います。
ところでその秩父夜祭ですが、ミューズパークの展望台も凄い人出でした。
花火見物や夜景もあろうかと思いますが、ひょっとしたら6台の山車も小さなミニュチュアのように眺められるのでしょうか。
迫力には欠けますが、ここから眺める秩父夜祭も面白い視点かなあと思いました。
秩父夜祭は市街地の町会の祭りで郊外にはあまり縁がないのかなとも思われます。
秩父地域の人が集まる祭りというよりは東京から日帰りで行ける都会人や観光客が見るためのの祭り。
私は母方に秩父方面の親戚がたくさんいますが、全て市街地の人ではないので、秩父夜祭を見に行くという話は昔も聞いたことがないですね。
私が幼いの頃も夜は全く行かず、昼間の催しやイベント・出店を秩父鉄道に乗って見に行って楽しんだ感じ。
1回だけ若い時の私の希望で秩父出身の母と父も連れて夜の山車を見たことはありますが、秩父鉄道の入場制限や車内の都会並の混雑に懲りてしまって2度と行かない感じでした。
でも私も大人になって若いうちに夜の山車も楽しむことができるようになりました。
駐車場は公営で1000円ですか、ずいぶん高いのですね。
熊谷花火あたりでも昔は無料だったのに、今は2000円とかで車で行くことは考えられません。

天空の駅こと島根の三江線の宇都井駅は私は車窓から眺めただけで下りられませんでしたが、
ksさんは行けることをお祈りしています。
この前、BSテレビの呑み鉄の旅で三江線を見ましたが、宇都井駅で下りられていましたね。
http://www4.nhk.or.jp/nomitetsu/x/2017-11-29/10/12477/2839405/
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3541/2839405/
 

Re: 秩父夜祭の写真

 投稿者:ONKEN21@帰宅翌日  投稿日:2017年12月 4日(月)23時51分57秒
返信・引用 編集済
  > No.8096[元記事へ]

> 今年は日曜日の秩父夜祭で2年連続でやってきました。
> 秩父市内の某スーパーから歩いて矢尾から御花畑駅の通りで立ち見です。
> 山車と花火の取り合わせがいいですね。

気温は3℃、夜祭らしい寒さでした。人出は30万4千人。
良いカメラで撮った美しい画像でお楽しみ下さい。
画像上・中は宮地、下は中町。
 

Re: 2年連続の秩父夜祭

 投稿者:ONKEN21@秩父  投稿日:2017年12月 3日(日)20時25分46秒
返信・引用
  > No.7539[元記事へ]

今年は日曜日の秩父夜祭で2年連続でやってきました。
神川町の神乃泉水は他に汲む人がいて汲めず。
小鹿野町の毘沙門水と大竜寺源泉地温泉スタンドで40L100円にて汲めました。

秩父市内の某スーパーから歩いて矢尾から団子坂の通りで立ち見です。
山車と花火の取り合わせがいいですね。
帰りは熊谷温泉湯楽の里で食事と博士入浴でしたいです。

> 本日は土曜日の秩父夜祭!
> 秩父っ子の血が騒いで5年ぶりに秩父夜祭を見ています。
> 横瀬に路駐して歩いて矢尾の通りでユネスコに登録されたばかりの6台の屋台・笠鉾を見ました。幻想的に美しい。
> 帰りは歩きがら花火です。
> 祭りの後の温泉はおふろcafeとなった白寿の湯を21時以降420円の夜割で入りたいです。

> > 第三報です。
> > 上町、中町、トリは本町。
> >
> > 花火を見ながら横瀬まで歩き、
> > 定峰峠を越え、花和楽の湯で夕食と入浴とします。
 

大胡温泉三山の湯 三山センター

 投稿者:ONKEN21@前橋大胡  投稿日:2017年12月 3日(日)14時37分49秒
返信・引用
  > No.7706[元記事へ]

>本日の土曜午後から温泉、上毛新聞社「ぐんまの源泉パスポート」> No.7323[元記事へ]
> の100円割引券で大胡温泉三山の湯に初めて入浴しようとするも午後5時以降は宿泊者専用となり、
> 日帰り入浴はできないとのこと…。

本日は秩父夜祭、最初は長野県東御市のきじま荘で温泉博士してから行こうとしましたが、電話すると、14:30~ではなく、本日は都合により17:00スタートとのことで断念、次の日曜日のリベンジを目指します。
次に高崎市のくらぶち相間川温泉せせらぎ荘を目指しました。
しかし、ぐんまの源泉パスが年末で有効期限切れで未湯で秩父からそう遠くないところを考えたら、
前橋市大胡町の三山センターを思い出し、新町から北上。
三山センターは17時終了なので、お昼からでないと入れません。
12月からは日帰り入浴は日曜日10~17時限定となったので注意。
大広間も11月までは土日のみでした。
入浴料は500円がぐんまの源泉パスで400円。
2018年版も利用できます。
プリンとポケットティッシュをプレゼント。
お風呂は大広間を過ぎ、右手から一旦外に出て池を眺めながら浴室棟へ。
お風呂は湯口が岩で浴槽は木で目張り。
意外と大きいです。
大胡温泉三山の湯のお湯はメタけい酸73.5mg該当の規定泉16.9℃を消毒なし加温循環併用ながら、投入分はオーバーフロー。
お湯は無色透明ながら、湯口は茶色く染まり、細かい湯花もたくさん浮遊。
ただならぬもの凄い火照りで玉のような汗、顔の汗が目に入って沁みるほどの凄まじさ。
肌が乾くとサラサラ。
浴用加熱の規定泉にしては凄い浴感でビックリです。

この後、神川町の神乃水と、小鹿野町の大竜寺源泉地温泉スタンドで汲んで、
夜は湯冷めすることなく秩父夜祭が楽しめそうです。

http://miyamacenter.sakura.ne.jp/

 
    (管理人) 無味かすかな成分臭あり。
13:30~15:30お風呂は独占です。

(訂正)(誤)せせらぎ荘→(正)せせらぎの湯
(訂正)(誤)神乃水→(正)神乃泉水
 

みやた館へ行ってきました

 投稿者:まぐぞー  投稿日:2017年12月 3日(日)11時48分39秒
返信・引用
  ONKENさん、こんにちは。利根川掲示板ちょくちょく覗いてますよ。
相変わらずお元気そうでなによりです。

ONKENさんのいち早い復活レポを見て、遅ればせながら我家も昨日、みやた館へ行ってきました。
お湯は半循ながらヌルツルでなかなかだし、お宿は綺麗だし、
近隣住民にも愛されそうな雰囲気もあって気に入りました。
人懐っこい犬のリクもかわいいです。

帰り際、お茶をいただきながら女将さんと
ちょっとだけONKENさんご一行の話題にもなったんですが
どうやら女将さんは「温泉マニア」な人達には初遭遇だったらしく
かなりの強インパクトを持たれたみたい。
崖下の川沿いの藪漕ぎしなきゃいけない源泉地見学の件には、思わずニヤニヤしてしまいました。
女将さんが「たぶん源泉地には行ってないと思うけど・・」と言ってましたが、真相はいかに!?


女将さんが「たくさん埼玉の人紹介してください~」って仰ってましたよ。

ではまた~ (^▽^)/

ついしん。ラーメン食べすぎ注意。
 
    (ONKEN21) まぐぞーさん、こんばんは。
拙掲示板、いつも閲覧と久々のコメント、ありがとうございますm(__)m
3月の復活レポ> No.7683[元記事へ]を読んでみやた館へ行かれたのですね。
貴ブログのレポも拝見しました。
小浴場みたいでしたが、お湯そのものはなかなかだったようで良かったです。
それと日帰り入浴の場合、道の駅田園プラザ川場の観光案内所に
100円の入浴割引券もあったので、紹介しそびれてすいませんm(__)m

11/11~12の埼北温泉愛好会の忘年会宿泊オフ> No.8069[元記事へ]は私は幹事でなく、脇役(とは言っても幹事も私のレポは参考にされていたのかも?)だったのですが、皆さん満足されてましたね。
女将さんは3月の私のことも覚えていらっしゃってうれしかったです。
源泉地については会員の方から入浴中に松の湯温泉松溪館でも見学できたので、ここも是非と張り切っておられました。
私自身は出発が遅れ気味で女将に源泉地見学は直接要求はしなかったのですが、出発後車中で、あっ、源泉地見学を忘れてたと思い出して会員の方に聞いたら、女将からとても行けないと断られたとか(^^;
私自身よりも会員の皆さんの熱意が凄かったです(^^;
みやた館の良さ、埼玉はおろか、東京や関東じゅうに伝わるといいですね。

さてさて来年は来年度いっぱいで高原千葉村が閉鎖されるらしいとの話があるので、初めてオフ会を開催したいと考えています。
今年10月の松溪館オフでも貴HPのレポはかなり参考にさせていただきましたが、
高原千葉村は青少年自然の家がやってない寒い時期の方が加水が少ないという話、当初は夏が気候的にいいかなと思っていたのですが、参考になりました。
土曜だとやっぱり青少年自然の家はやっていることが多いのでしょうか。
開催時期も含め、いろいろ検討しながら、オフ会を実現させたいなあと考えていますよ。

ラーメンは埼玉でも中部あたりまで行くとレベルが高いのでつい張り切ってしまいます(^^;
本日からラーメンとは縁遠い山間部に入りました。
 

麺屋ひな多の煮干しそば

 投稿者:ONKEN21@鴻巣より帰宅  投稿日:2017年12月 1日(金)18時13分58秒
返信・引用
  > No.5109[元記事へ]

> 本日のお昼は鴻巣市の佐野ラーメンの店「一力」で数年ぶり5度目くらいで食べました。
> 上谷総合公園近くにある貴重なラーメン店で郊外にしてはおいしいラーメン屋です。

本日は早くも鴻巣市の仕上げ。
一力の手前の同じ上谷地区にある免許センター東の食べたことのある参段与一の跡を昨年居抜いた川越から移転した「麺屋ひな多」に初めて行きました。
店の玄関から煮干しが香ります。
初めてなので煮干しそば750円を大で。
並150g、中180g、大210g、同じ750円です。
煮干しの入った黒っぽいスープは絶品でした。
メガ煮干しそば並900円は煮干しの香りがより強いらしく気になりますね。

https://twitter.com/menyahinata

 
    (ONKEN21) チャーシューは川島四つ葉や上尾よしかわのような赤いのと白いのが2種類入っています。
麺屋ひな多は朝日屋・INDIE・しし丸を上回るRDB鴻巣市のランキングで次念序に次ぐ2位となっています。
https://www.facebook.com/menyahinata/

(訂正)(誤)参段与一→(正)本格らーめん房 参暖与一
2012年 8月31日を以って閉店したようです。
2013年1月9日には「一代元鴻巣上谷店」となった後、2016年7月頃閉店。
麵屋ひな多としては7月31日に閉店した埼玉県川越市連雀町8-3から2016年11月5日に移転オープンです。
 

麺や しし丸

 投稿者:ONKEN21@鴻巣より帰宅  投稿日:2017年11月30日(木)18時29分14秒
返信・引用
  > No.3581[元記事へ]

> 本日も鴻巣ですが、北の方なので、
> 麺房長谷川をめざすも水曜定休。
> 鴻巣では二番人気の烏骨鶏らーめん龍(ロン)で初めて食べました。

本日は鴻巣市の旧・烏骨鶏らーめん龍や長谷川の辺りで仕事、烏骨鶏らーめん龍の跡を5年前に居抜いた「麺や しし丸」に初めて訪れました。
しし丸もRDB鴻巣市で5番手に付けており、今や長谷川を上回る人気店です。

寒いので一番人気のつけめんでなく、ラーメン680円を大盛+100円でオーダー。
鶏白湯の濁りスープに魚介も効いて、おいしいラーメンでした。
また、リピートして行きたいです。

https://twitter.com/italycamaleonte

 
    (ONKEN21) 食後にはジャスミン茶がサービスで出ます。
またつけ麺のスープの雑炊用にIHヒーターがあります。
アルコールなどの飲み物は店内の自販機で買います。
しし丸としては2012年2月14日にオープン。
「麺彩房 五反田店」の元店長だったそうです。
 

Re: てらやの中華

 投稿者:ONKEN21@鴻巣より帰宅  投稿日:2017年11月28日(火)18時12分34秒
返信・引用
  > No.7742[元記事へ]

> てらや本館の方は5回位行ってますが、別館は初めて、メニューは同じと思われます。

本日は鴻巣市のフラワーセンター、パンジーハウス近くで仕事。
ラーメン屋も朝日屋などもことごとく休みなので近くの「てらや」の本館の方に行きました。
別館は鴻巣うどんに対し、本館はラーメンなどの中華や定食・丼が充実しています。
おすすめBのエビと白菜のクリーム煮丼(ナイ油蝦仁ホイ飯)730円を大盛+100円でいただきました。
とてもクリーミーで舌が火傷するほど熱々、美味しかったです。
 
    (ONKEN21) 中国読みは「ナイユーシャーレンホイファン」
プリプリエビとトロトロ白菜で体ポカポカ♪
バターの風味で、クリームのコクがごはんに合います!!
本館てらやは「地産地食堂 てらや」となっています。
http://www.pansyhouse.com/sub2.html
 

Re: さよならゆめみ処おふろの王様相模原店年末閉店byいい風呂の日500円

 投稿者:ONKEN21@翌朝  投稿日:2017年11月27日(月)08時36分56秒
返信・引用
  > No.8087[元記事へ]

> No.6517[元記事へ]

いい風呂の日シリーズの〆は神奈川県相模原市の年末で閉店となる「ゆめみ処おふろの王様相模原店」にお別れといい風呂の日500円で3年ぶりに再訪しました。
閉店後は地主に返却後、解体し更地になるそうです。
12月からは平日550円、休日650円の入館料となります。
ポイントカードは10ポイントとなり1/30有効ソフトドリンクがいだたけました。
内湯の泡風呂は風呂の日でみかん湯。
露天に黒湯のかけ流し浴槽が有り今は相模原市条例により塩素が入っていますが、肌ヌルヌル気持ち良かったです。
この素晴らしい黒湯がもう味わえないと思うと残念です。

> 引き続き東海道方面の話題です。
> 相模原市の「ゆめみ処おふろの王様相模原店」が年末12/31を以って、定期借地権満了に伴い閉館となります。
http://www.ousama2603.com/information.php?id=1416
> 2002年に「ざぶん」としてオープン、2009年にゆめみ処ここち湯、2014年におふろの王様と変遷しながら、15年の運営でした。
> 2015年元日に訪れた時は露天風呂に黒湯無消毒掛け流し浴槽があってとっても良かった記憶があります。
> 閉館までに箱根湯本温泉一休の温泉批評入浴の後にでもお別れに寄ってみたいと思います。
> 何と明日11/26はいい風呂の日で500円かあ…明日は長野方面の新しい温泉を2ヶ所ほどレポする予定ですが…
>
> > 本日は圏央道で神奈川県の寒川神社の初詣とゆめみ処おふろの王様相模原店で初湯を楽しんできました。
> > 雪が激しく降り親の車でノーマルタイヤなので不安になる中、22km1時間で相模原市へ、ゆめみ処へ着くと雪はやみ一安心。
> > ゆめみ処おふろの王様相模原店(旧ざぶん→ゆめみ処ここち湯)は初めてでした。
> > きちんとおふろの王様志木店で無料入会した会員カードを持参、券売機に差し込むと会員料金休日730円で入館券が買えました。
> > 会員カードが使えなければJAF優待で無料入会するつもりでしたが…。
> > おふろの王様のポイントカードを作成、男女Wポイントデーで一人2個押していただきました。
> > 本日は元日とあって芋洗いの大混雑。
> > 内湯の泡風呂は元日限定デンファレ(洋蘭)浮かべ湯でした。
> > 露天風呂がめあての黒湯で、中央に塩素なし加温のみの源泉掛け流し浴槽「ここち湯」、循環あつ湯塩素の壺湯と大浴槽あり。
> > 黒湯の源泉掛け流し浴槽は透明度15cmくらいの濃い黒湯、肌がヌルヌル、雑巾臭でなく房総と同じ養老川の家と同じ香ばしいモール臭。
> > 今はなき、やまとの湯相模原店(現・おふろの王様町田店)も黒湯でしたが、源泉掛け流し塩素なしの分、ゆめみ処の方がずっと上ですね。
> > 初湯にふさわしい素晴らしい黒湯を満喫できました。
> > 帰りはゆめみ処から18km40分の高尾山I.Cから圏内央道で帰っています。
> > ゆめみ処おふろの王様相模原店は2002年4月4日に「ざぶん相模原店」としてオープン後、
> > 2009年4月28日に「ゆめみ処ここち湯相模原店」として再オープン。
> > 2014年2月28日におふろの王様として事業承継、同年6月6日に店名変更したばかりです。
> > おふろの王様ポイントカードは最終来館日より1年間有効で大井町店以外おふろの王様共通で押印。
> > スタンプ10個で無料ソフトドリンク券を1枚、20個で10店舗共通入浴招待券を1枚プレゼント。
> > ★1月1日元旦お祝い浮かべ湯
> > 男女ぬる湯にて「デンファレ浮かべ湯」を開催します!
> > 色鮮やかな洋蘭を湯船いっぱいに浮かべます!
 
    (ONKEN21) 昨年の温泉分析書は以下の通り

温泉分析書(鉱泉分析指針による分析成績) 甲第3633号
1.分析申請者
住所:東京都中央区八重洲一丁目
氏名:東京建物リゾート(株)
2.源泉名及び湧出地
源泉名:ざぶん相模原の湯
湧出地:神奈川県相模原市大野台三丁目2899番(おふろの王様相模原店:南区大野台3丁目20-19)
採水場所:ガスセパレータ後の採水口
3.湧出地における調査及び試験成績
(イ)調査及び試験者:公益財団法人 中央温泉研究所 H.T.
(ロ)調査及び試験年月日:平成28年10月17日
(ハ)泉温:40.5℃(調査時における気温19℃)
(ニ)湧出量:8.3m3/h(掘削・動力揚湯)
(ホ)知覚的試験:淡褐色澄明僅微塩味無臭,ガス発生有り
(ヘ)pH値:8.3(ガラス電極法)
(ト)電気伝導率:0.390S/m(25℃)
4.試験室における試験成績
(イ)試験者:財団法人 中央温泉研究所 H.T. H.N.
(ロ)分析終了年月日:平成28年11月11日
(ハ)知覚的試験:淡褐色澄明僅微塩味無臭(試料採取8時間後)
(ニ)密度:0.9992g/cm3(20℃/4℃) (ホ)pH値:8.24
(ヘ)蒸発残留物:2.202g/kg(110℃)
5.試料1kg中の成分
Na=826.0 K=15.0 アンモニウム=4.8 Mg=2.4 Ca=9.0 Al=0.1 鉄2=0.1 陽計=857.4
F=1.0 Cl=907.1 Br=2.7 I=0.8 硫酸=1.1 亜硝酸=0.4 炭酸水素=729.8 炭酸=9.6 陰計=1653
メタケイ酸=67.5 メタホウ酸=60.2 腐植質=38.0 非解離計=165.7 成分・溶存物質計=2.676g/kg
Hg・Pb・As・Cd=非検出 Cu=0.05 Zn=0.05
6.泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)
平成28年11月11日 公益財団法人 中央温泉研究所 理事長 H.N.

ここち湯、足つぼの湯、壺湯、ぬくもりの湯(男女)
利用場所における温泉の温度:40.0℃
温泉に水を加えて浴用に供する場合は、その旨及びその理由:温泉成分が濃いため加水しています。
温泉を加温して浴用に供する場合は、その旨及びその理由:入浴に適した温度に保つため加温しています
温泉を循環させて浴用に供する場合は、その旨(ろ過を実施している場合は、その旨を含む。)及びその理由:
 衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています
温泉に入浴剤(着色し、着香し、又は入浴の効果を高める目的で加える物質をいう。ただし、入浴する者が容易に判別できるものを除く)を加え、
又は温泉を消毒して公共の浴用に供する場合は、当該入浴剤の名称又は消毒の方法及びその理由:
 衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。

※地下1200mより湧出
※一昨年元日に来店した際の前回データは混雑のため、取得できませんでした(^^;
http://www.kokochiyu.com/sagamihara/
 

Re:下部温泉いいふろの日

 投稿者:ONKEN21@山梨  投稿日:2017年11月26日(日)16時22分39秒
返信・引用
  > No.4550[元記事へ]

デミオさんへのお返事です。

本日は11月26日の「いいふろの日」の日曜日、山梨県身延町の下部温泉の旅館10軒が無料開放されるとのことで急遽、初めてやってきました。
本当は長野市の虫歌の湯がコトリの湯として21日にオープン速攻と、川中島温泉テルメDOME風呂の日100円引を狙ってましたが…。
箱根に変わった後、前日に下部のいいふろの日を知りまた変更。
秩父・雁坂トンネル経由で160km4時間。
着いたのが14時と15時終了1時間前。
橋本屋と喜久屋の2軒入るのが精一杯(^^;
橋本屋は画像中、喜久屋根は画像下。
どちらも岩風呂で、共同のぬる湯と高温源泉を利用。
橋本屋はぬる湯が広く、高温は小さく、どちらも吹き出しありの加温循環。
一方、喜久屋はぬる湯の岩風呂と高温源泉はぬるめと熱めに区切られ、どちらも大きいです。
どちらもオーバーフローあり吹出なしの掛け流しでした。
橋本屋→喜久屋の順で正解。
喜久屋は終了15分前でしたが、少し過ぎてもいいですよとご厚意がありました。
共同源泉のぬる湯は32℃と冷たいですが、それを上がり湯にしても服を着ると火照って、肌の感触が素晴らしく良いです。
さて、下部から120kmのおふろの王様相模原店のさよならといい風呂の日500円に寄れるかな?

> 下部温泉の風呂の日・無料入浴を利用しました。
> 11-15 涌仙閣 山田の湯 梅乃屋(男性のみ)
> 11-20 大黒屋 登富屋 源泉館
>
> せっかくの無料開放であり、
> 下部の温泉の良さを知ってほしいとの熱意が伝わってきたので
> 恐縮ですが大量投稿となります。
>
> 温泉街の中心部は、旅館の駐車場以外は駐車できるところがないので、
> 温泉街から上流へ向かいせせらぎ荘の脇を進んだところの
> 下部観光協会の広大な駐車場へ車をとめました。
>
> 神泉橋のたもとで「女将会」が無料入浴のPRと甘酒のサービスをされていました。
> 甘酒をいただきました。
>
> お昼頃、下部川の土手をかもしか歩いていました。
> 涌仙閣のところで止まり、食事をはじめました。
 
    (ONKEN21) 橋本屋は古市場さんの宿泊レポあり
http://9118.teacup.com/onken21/bbs/4913
2013年に火事で少し焦げたみたいですね。
http://9118.teacup.com/onken21/bbs/5561
橋本屋は日帰り入浴10:00~16:00(2時間以内)800円12:00~13:00は清掃時間、喜久屋は普段は日帰り入浴不可。
http://www.hasimotoya.jp/
喜久屋は接骨院も併設しています。
画像上右側は手前に喜久屋、奥左下が橋本屋、その前に火事で更地になった所にテントで出店がありました。

その他の無料開放施設の過去レポ
梅ぞ乃> No.2789[元記事へ]
源泉館> No.4402[元記事へ]
大黒屋> No.6721[元記事へ]
http://www.shimobe.org/index.php?p=&d=news&c=&type=article&art_id=114

橋本屋・喜久屋掲示の共同泉と橋本屋掲示平成28年と喜久屋掲示平成18年の高温源泉の分析書 ()は平成28年、<>は平成18年高温源泉データ。
 温泉分析書 (梨食第20-1号<山環温第27-5号>)
1.申請者
住所:山梨県南巨摩郡身延町下部972
氏名:下部温泉厚生組合 代表(身延町長)
2.源泉名及び湧出地
源泉名:共同泉(しもべ奥の湯 高温源泉)
湧出地:身延町下部69番地(下部字見ノ木202番)
3.湧出地における調査及び試験成績
(1)調査及び試験者:社団法人 山梨県食品衛生協会 Y.S.((株)メイキョーK.O.)<(株)山梨県環境科学検査センターM.H.>
(2)調査および試験年月日:平成20年4月17日(平成28年6月2日)<平成18年5月1日>
(3)泉温:32.5(49.4)<51.0>℃(調査時における気温18.5(27.5)<30.2>℃)
(4)湧出量:未測定(200<449.0>L/min動力揚湯)
(5)知覚的試験:無色澄明、無味無臭(無色澄明・弱硫化水素臭・弱硫化水素味)<無色透明硫黄性臭味>
(6)水素イオン濃度:pH8.2(9.4)<9.3>
4.試験室における試験成績
(1)試験者:同上(同上)<同上>
(2)分析終了年月日:平成20年5月2日(平成28年6月23日)<平成18年5月11日>
(3)知覚的試験:同上、採水後7時間(同上)<無色透明わずかに硫黄性臭味>
(4)密度:0.9983(0.9949)<0.9991>(20℃/4℃)
(5)水素イオン濃度:pH8.64(9.3)<9.32>
(6)蒸発残留物:480(888)<867>mg/kg(乾燥温度110(<180>)℃)
(7)電気伝導率:73.5mS/m<1250μS/cm>
Na=91.0(145.8)<152.0> K=1.0(1.5)<1.3> アンモニウム=-(0.4)<0.5> Mg=0.6(-)<-> Ca=70.9(116.3)<111.9> Sr=0.1(0.3)<0.3> Al=-(-)<0.1> 鉄2=0.1(-)<-> Zn=0.1(-)<-> 陽計=163.8(264.3)<266.1>
F=0.4(0.6)<0.4> Cl=74.6(133.0)<135.1> Br=-(0.4)<0.3> I=-(-)<0.2> OH=-(3.6)<0.3> HS=-(1.6)<1.5> 硫酸=211.5(363.3)<370.3> チオ硫酸=-(1.5)<-> 炭酸水素=6.4(-)<-> 炭酸=9.0(12.1)<14.2> メタほう酸=-(5.7)<5.7> 陰計=301.9(521.8)<528.0>
メタケイ酸=34.3(52.8)<50.8> メタホウ酸=3.5(-)<-> 非解離計=37.8(52.8)<50.8> 溶存物質計=503.5(838.9)<845>mg/kg
遊離CO2=-(63.7)<-> 成分総計=503.5(902.6)<845>
総水銀・ 鉛・Cd・総クロム(・As)<・銅>=不検出
6.泉質:単純温泉(アルカリ性単純硫黄温泉)<アルカリ性単純温泉>(低張性弱アルカリ性低温泉(<低張性-アルカリ性-高温泉>))
平成20年5月2日(平成28年8月8日)<平成18年5月12日>
社団法人 山梨県食品衛生協会 会長K.Y. ((株)メイキョー 代表取締役 N.I.)<(株)山梨県環境科学検査センター 代表取締役社長K.O.>

帰りは富士吉田市温泉スタンドで汲みながら、山中湖・道志村経由で相模原へ。
富士吉田市温泉スタンドは国道や道の駅側からは道路工事のため入れなくなったので注意。
裏からからしか出入りできません。
お湯が茶色ぽくなり成分の香りも強くなったのにはビックリ(@_@)
また、道の駅なるさわ・富士吉田の水汲み場は17時以降夜間停止となり、汲めないので注意。
 

Re: 2年ぶりのふるさとの湯inJAF PULUS10月号埼玉版

 投稿者:ONKEN21@坂戸より帰宅  投稿日:2017年11月25日(土)23時15分21秒
返信・引用 編集済
  > No.6591[元記事へ]

ウチナーさんへのお返事です。

 本日の土曜夕方温泉はJAF PULUS10月号埼玉版の【埼玉】温浴施設 天然温泉めぐりスタンプラリー
2施設目として坂戸市の天然温泉ふるさとの湯へ2年10ヶ月ぶりに今の経営者になって再訪しました。弟は8年ぶり。
坂戸ふるさとの湯まで熊谷大橋・旧熊谷東松山道路・東松山市高坂・坂戸西I.Cアクセス道路経由で40km1時間強。
下足キーは各自保管、JAF天然温泉満喫スタンプラリーを切取ってJAF会員証を提示すると4人まで入館料
50円引の休日800→750円でした。券売機でなくフロントに直接現金で払います。JAFのスタンプラリーは
3ポイントで抽選で10名に「温泉6施設ぐるっとセットペア入浴券」プレゼントでしたが、これで終了。
ふるさとの湯のポイントカードの有無を聞かれ、作成すると入館ポイント+土曜大人2倍ポイント+20~26日
のいい風呂の日週間キャンペーン1ポイントの一人計3ポイントを2人分押していただきました。ちなみに
20ポイントで1回無料ですが、有効期限が1年は厳しいですね(^^;蔵の湯・清河寺・雅楽・百観音が無期限
なだけに…。毎月26日の風呂の日はポイント5倍、子供2倍、明日が対象ですね。誕生日は入浴無料。

 脱衣所は好きな場所をコインなしで使えますが、鍵の持ち帰り注意。前回と変わったところは内湯「高麗の湯」
が天然温泉使用の高濃度炭酸泉になったこと。塩サウナは別料金から無料になったこと。それと高温サウナで
土日に限り男性11、19時、女性11:30、18:30とロウリュが行われていること。19時については運よく
体験できました。何と石が積んである携帯型の炉を従業員が持ち込み、客と共に手拍子をしながら、ワッショイ
と声を掛けながら2人で団扇で仰ぎます。炉で火傷すると危ないので小学生以下は入場できないようです。
露天風呂中央「長寿の湯」は20~26日の期間限定で「生姜風呂」でした。温泉はやや黄色ぽく薄塩味、
壺湯ではアブラ臭を感じます。施設オープン前の温泉スタンドの湯を思い出しました。壺湯の投入口の湯を
手桶に汲んで頭からかぶったり、体によく掛け湯して上がったらよく温まり、肌スベスベになります。
かけ流し浴槽がない湯使いはともかく、温泉そのものはなかなかすばらしいですね。

平成27年付の温泉分析書は以下の通り。()は平成14年のデータ

 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析) No.温-90010179
1.申請者
住所:東京都港区(埼玉県坂戸市日ノ出町)
氏名:(有)ACD(湯アンド友(株)) 代表取締役
2.源泉名及び湧出地
源泉名:ふるさとの湯
湧出地:埼玉県坂戸市粟生田39番 流量計にて採取
3.湧出地における調査及び試験成績
①調査及び試験者:(株)東京水質研究所 Y.S.
②調査及び試験年月日:平成27年1月17日(平成14年3月8日)
③泉温:31.7(31.3)℃ (気温)8.5(12)℃
④湧出量:140(150)L/分((掘削・)動力楊湯)
⑤知覚的試験:無色澄明弱塩味無臭ガス発泡あり(淡褐色濁り有り、塩味及び鉄味殆ど無臭)
⑥pH値8.5(8.3ガラス電極法)
⑦電気伝導率:610mS/cm
4.試験室における試験成績
①試験責任者:(株)東京水質研究所 T.T.
②分析終了年月日:平成27年1月28日(平成14年3月20日)
③知覚的試験:無色澄明弱塩味無臭<採取後24時間>(淡褐色混濁弱塩味殆ど無臭)
④密度:1.0017(1.0014)g/cm3(20℃/4℃)
⑤pH8.4(8.28)
⑥蒸発残留物:3960(3999)mg/kg(110℃)
5.試料1kg中の成分
Na=1346(1410) K=30.9(35.8) Ca=35.4(36.4) Mg=2.2(2.3) (Fe2=0.3) 陽計=1415(1485)
F=0.5(1.1) Cl=2136(2229) 硫酸=0.2 炭酸水素=84.5(100.7) 炭酸=2.0(15.6) 陰計=2224(2346)
メタケイ酸=111.3(32.5) メタホウ酸=121.7(71.1) 非解離成分計=233.0(103.6)
遊離CO2=0.4 溶存物質・成分総計=3.872(3.935)g/kg
6.泉質:ナトリウム-塩化物温泉 低張性アルカリ性低温泉
平成27年1月28日(平成14年3月20日) (株)東京水質研究所(財団法人 中央温泉研究所 所長)

別紙掲示内容
利用場所における温泉の温度:40℃~42℃
温泉に水を加えて浴用に供する場合は、その旨及びその理由:加水なし
温泉を加温して浴用に供する場合は、その旨及びその理由:入浴に適した温度に保つため加温しています
温泉を循環させて浴用に供する場合は、その旨(ろ過を実施している場合は、その旨を含む。)及びその理由:
 衛生管理の為、循環ろ過装置を使用しています
 水風呂以外の浴槽において天然温泉を使用しており、全てろ過循環装置を使用しています
温泉に入浴剤を加えて浴用に供する場合は、当該入浴剤の名称及びその理由:入浴剤使用無し
温泉を加温して浴用に供する場合は、消毒の方法及びその理由:衛生管理の為、塩素系薬剤を使用しています

> Re: 坂戸ふるさとの湯  投稿者:ONKEN21@坂戸  投稿日:2008年11月15日(土)19時15分2秒
> 仕方ない、家で怒られるのを覚悟で坂戸ふるさとの湯寄っていますか。
> ウチナーさんの基地に行かないと悪いしね…
> ふるさとの湯オープン直後以来数年ぶり二度目
> お湯は黄緑色、薄塩味薄アブラ臭、肌ヌルヌル、機能浴槽はアワ浮遊、壺湯が特にいい湯でした。
>
> (その後、2009年2月28日に温泉博士で再訪するもレポせず)
> http://www.travelog.jp/user/album_j/album_view.php3?userid=ONKEN21&seqno=50&listing=362
>
> (ウチナーさん)
> > 仕事帰り21時ちょい前に入りました。
> > 今休憩中です。
> > 22時過ぎてもまだ入って来る人はいます。
> > 全然大丈夫そうですよ(笑)
> > 誕生日以来約半年ぶりでしたが変化はないと思います。
> >  (誕生日はメールで無料入浴)
>
> 実は…急遽23時に駆け込みで天然温泉ふるさとの湯に約6年ぶりに行ってきました。
> 本当は日曜の新幹線試乗会で土曜から長野入りするので躊躇っていましたが、土曜は両親が用事で出発が
> 午後からになるとのことで、土曜はゆっくり寝られますので、今年初の週末深夜温泉に行っちゃいました(^^;
> 坂戸まで高坂経由40km、1時間強。受付終了23時数分前に滑り込みセーフ、閉館時間の23:30まで入ってきました。
> 終日無料っぽい感じで、最後の客っぽい私も無料でした。券売機は利用しなかったなあ…
> パンフは以前のものを利用、電話番号だけ変えてあります。温泉分析書や利用状況はまだ見当たらないですね。
> 内湯・露天風呂とも6年前に温泉博士で2度入った時と変わってないようですね。
> 掛け湯はヒヤっとする冷たさ、高圧泡では泡立っています。
> 温泉はかすかに塩味アブラ臭で黄緑色、入った瞬間に肌がヌルヌルするいいお湯です。
> 昔同様、露天風呂の壺湯が一番良い感じでここを〆湯にしました。

http://www.furusatonoyu.com/

 

源泉駒の湯荘11/28営業再開とゆめみ処おふろの王様相模原店年末閉店

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2017年11月25日(土)13時07分40秒
返信・引用 編集済
  > No.7908[元記事へ]

jinenjoさん、ゴチさんへのお返事です。

9/4に閉館したばかりの静岡県伊豆の国市の旧・駒の湯源泉荘ですが、
それから2ヶ月半、新しい事業者に10/31に引き渡され、
11/28(火)、「源泉駒の湯荘」として営業再開です。
http://www.komanoyu.jp/201711/1797/
ぬる湯の名湯、営業再開できて良かったです!

> 本日は静岡県の三島スカイウォークに寄りながら、駒の湯源泉荘にお別れに行ってきました。
> 小田厚のみ利用し、三島スカイウォークに初めて寄りながら、駒の湯源泉荘だけ確実に行きます。
> 自宅から180km、三島スカイウォークから15km、伊豆縦貫道で20分ほどで駒の湯源泉荘へ。
> 到着が受付終了18時15分前ということで、80分券500円だと、19時閉館なので、
> 45分以内のカラスの行水券350円を公式HPの割引券をプリントアウトし、50円引で入ります。
> 急いで内湯で体を洗って入浴。
> 窓に沿ってぬるめの湯が様々な温度で区切られ、投入なし注入でオーバーフローしています。
> 無色透明無味無臭、肌ツルツル、湯上がり後は強烈に火照るぬる湯の名湯。
>
> 裸移動不可、一旦服を来て残り20分で階段を下りた露天風呂へ。
> 手前からあがりの湯、ぬるめの湯楽の湯と区切られ、その下に薬草の湯(この日の男湯はクチナシ)、さらに下に2本の打たせの湯。
> 山間の渓流に面したぬる湯は気温30℃の中、本当に気持ち良かったです。
> 閉館日延長のお知らせによると、新しい事業者が確定するまで少し時間が必要とのこと。
> 8月末の閉館後の再開はわからないとのことですが、HPはそのまま残し、結果を報告するとのことでした。
> ぬる湯の名湯でしたのでまた再開してほしいです。

(jinenjoさん)
> > そうですかぁ~
> > 駒の湯源泉荘が7/31→9/4で閉館するのですかぁ~
> > 地元なのに全然知りませんでした。
> > 最近は、良い温泉が徐々に減ってきて、寂しいですね。
> > 世知辛い世の中です。
> > 近々に再訪して来ます。
> > 貴重な情報をありがとうございました。

http://www.komanoyu.jp/

> No.6517[元記事へ]

引き続き東海道方面の話題です。
相模原市の「ゆめみ処おふろの王様相模原店」が年末12/31を以って、定期借地権満了に伴い閉館となります。
http://www.ousama2603.com/information.php?id=1416
2002年に「ざぶん」としてオープン、2009年にゆめみ処ここち湯、2014年におふろの王様と変遷しながら、15年の運営でした。
2015年元日に訪れた時は露天風呂に黒湯無消毒掛け流し浴槽があってとっても良かった記憶があります。
閉館までに箱根湯本温泉一休の温泉批評入浴の後にでもお別れに寄ってみたいと思います。
何と明日11/26はいい風呂の日で500円かあ…明日は長野方面の新しい温泉を2ヶ所ほどレポする予定ですが…

> 本日は圏央道で神奈川県の寒川神社の初詣とゆめみ処おふろの王様相模原店で初湯を楽しんできました。
> 雪が激しく降り親の車でノーマルタイヤなので不安になる中、22km1時間で相模原市へ、ゆめみ処へ着くと雪はやみ一安心。
> ゆめみ処おふろの王様相模原店(旧ざぶん→ゆめみ処ここち湯)は初めてでした。
> きちんとおふろの王様志木店で無料入会した会員カードを持参、券売機に差し込むと会員料金休日730円で入館券が買えました。
> 会員カードが使えなければJAF優待で無料入会するつもりでしたが…。
> おふろの王様のポイントカードを作成、男女Wポイントデーで一人2個押していただきました。
> 本日は元日とあって芋洗いの大混雑。
> 内湯の泡風呂は元日限定デンファレ(洋蘭)浮かべ湯でした。
> 露天風呂がめあての黒湯で、中央に塩素なし加温のみの源泉掛け流し浴槽「ここち湯」、循環あつ湯塩素の壺湯と大浴槽あり。
> 黒湯の源泉掛け流し浴槽は透明度15cmくらいの濃い黒湯、肌がヌルヌル、雑巾臭でなく房総と同じ養老川の家と同じ香ばしいモール臭。
> 今はなき、やまとの湯相模原店(現・おふろの王様町田店)も黒湯でしたが、源泉掛け流し塩素なしの分、ゆめみ処の方がずっと上ですね。
> 初湯にふさわしい素晴らしい黒湯を満喫できました。
> 帰りはゆめみ処から18km40分の高尾山I.Cから圏内央道で帰っています。

> ゆめみ処おふろの王様相模原店は2002年4月4日に「ざぶん相模原店」としてオープン後、
> 2009年4月28日に「ゆめみ処ここち湯相模原店」として再オープン。
> 2014年2月28日におふろの王様として事業承継、同年6月6日に店名変更したばかりです。
> おふろの王様ポイントカードは最終来館日より1年間有効で大井町店以外おふろの王様共通で押印。
> スタンプ10個で無料ソフトドリンク券を1枚、20個で10店舗共通入浴招待券を1枚プレゼント。
> ★1月1日元旦お祝い浮かべ湯
> 男女ぬる湯にて「デンファレ浮かべ湯」を開催します!
> 色鮮やかな洋蘭を湯船いっぱいに浮かべます!

http://www.kokochiyu.com/sagamihara/

 

Re: 朝日屋の黒こってりワンタンメン

 投稿者:ONKEN21@川里から帰宅  投稿日:2017年11月24日(金)18時06分0秒
返信・引用
  > No.7500[元記事へ]

本日は鴻巣市川里町付近で仕事でした。
川里と言えば朝日屋、1年ぶりに来店です。
12時20分に来ましたが、駐車場・席共にすいていました。
特に新メニューはなく、昨年と同じメニューが継続していました。
今回は「黒こってりワンタンメン」950円を太麺(細麺も可)でいただきました。こってりしたスープにマー油がマッチし、ワンタン3個が入り、つゆも飲み干すほど大変美味しかったです。
スタンプカードを突然予期しない仕事先のため忘れてしまい、3枚目を作りました(^^;

> 本日のお昼は鴻巣市旧川里町、朝日屋に1年半ぶりにやってきました。
> 朝日屋はこの1年余りで変わった点がありました。
> まずはポイントカードの発行。
> 有効期限なし、1回1スタンプで5スタンプで味玉サービス、10スタンプで淡麗中華そば700円か、こってりラーメン800円無料(追加トッピングは別料金で可)。
> 私ももちろん作りました。
> その他、鶏そば900円やワンタンめんと言ったメニューの新設。
 
    (ONKEN21) https://ameblo.jp/asahiya-44/  

Re: 杉戸みやび温泉雅楽の湯で勤労感謝inJAFPLUS10月号埼玉版

 投稿者:ONKEN21@杉戸より帰宅  投稿日:2017年11月24日(金)00時03分0秒
返信・引用 編集済
  > No.6842[元記事へ]

 飛び石祝日の昨日夕方は買い物の後、F市から55km1時間30分かけ、地元埼玉の温泉で勤労感謝の日を
過ごしました。昨年の今頃は別府で温泉三昧でしたが…。 埼玉の温泉と言えば@nifty温泉で2013年から
4年連続で全国1位の杉戸町の杉戸みやび温泉雅楽(うた)の湯へ。ちょうどJAFPLUS10月号埼玉版
【埼玉】温浴施設 天然温泉めぐりスタンプラリーに雅楽の湯が19時まで1150→1000円になる今月末まで
有効のクーポンが付いていました。JAF会員証とスタンプカードも提示、2年ぶり5回目の訪問です。
仮設入浴会や内覧会も含めると7回目かあ。館内着、タオル、バスタオルも付き、今は館内着で寝ながら
くつろぎました。館内も休日の埼玉にしてはそんなに混んでいません。雅楽の湯の杉戸みやび温泉と言えば
錆が香る塩辛い茶褐色の熱めの生源泉消毒なし無加工の完全掛け流し。お湯が流れた跡はオープンした時より
一層茶色く染まりましたね。ここはみちのくの素晴らしい湯にも決して引けを取りません。初冬の寒い時期に
はちょっと熱めで露天は適温の気持ちいい最上の湯でした。特に壺湯は源泉に近く最も素晴らしいです。

>  台風の雨もお昼にはやみ台風一過、昨晩は杉戸天然温泉雅楽の湯で利根川温泉掲示板の50万HIT記念オフ会を
> 無事開催となりました。参加者はだまにわさん、コインさん、義満さん、たけの湯さん、私の5人。
> 拙掲示板のお祝いに遠くからお越しいただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。
> オフ会の様子はだまにわさんが最も詳しくレポートしております。
>  私は会社から電車で最寄り駅へ戻った後、車で雅楽の湯へ。60km1時間30分かけ20時の10分前に雅楽の湯に到着。
> 雅楽の湯は花金深夜温泉としては1年半ぶり、オフ会としては3年ぶりの入浴です。
> 参加者頒布用として北陸新幹線開業試乗会の進呈品2袋> No.6604[元記事へ]埼玉OMOTENASHI観光物産券
> 「ふっかちゃん」のイラスト入りの拙掲示板の表紙と管理画面(画像上)クリアファイルに入れて持ち歩いて参加。
> 記念品も観光物産券もお蔭さまで半分以上、消化できました。
> 最初、玄関にも受付にも誰もおらず焦りましたが、コインさんに電話すると繋がり、浴室前の湯上がり処にて
> 無事だまにわさんを含むたけの湯さん、コインさんと顔合わせ。タオル・バスタオルを受け取った後、
> だまにわさんとまずお風呂へ。塩素なしかけ流しの内風呂にまず入り、温まったら露天風呂にいらっしゃる
> 義満さんにだまにわさんを紹介。同じく塩素なし掛け流しの「あつ湯」にだまにわさんと入りました。
> また上がり、だまにわさんが最もオススメの壺湯に入るのを見届けてシルクや人工炭酸泉、寝湯など一通り
> 入ってきて、最後に壺湯に入って、上がりました。お湯はオープン当初と比べてもそんなに薄くなっていない
> ように感じました。夏場は熱交換により46→42℃に減温しているらしいですが、ちょっと熱めなのは泉温が
> 高いので、やむ得ません。

http://www.utanoyu.com/

 

Re: ぐんまの源泉パスポート2018-19年版

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2017年11月22日(水)23時09分15秒
返信・引用 編集済
  > No.7323[元記事へ]

 赤い表紙の「ぐんまの源泉パスポート2016年版」のクーポンは今年12月末でクーポンが終了します。
そこでその続編となる白い表紙の「ぐんまの源泉パスポート2018-19年版」が11/3に発行となりました。
その本を知り合いより購入したので紹介します。2018-19年版も税込864円でISBN978-4-86352-192-6
となっています。前版同様、100円引クーポンが20枚付いています。2019年末まで有効。
2018-19年版は2016年版に比べ、クーポン施設が10%増えたとのことです。

2016年版の今年末のクーポン対象実績は以下の通り。リンクはパスを利用した私のレポ

草津温泉:大滝の湯、草津温泉館、テルメテルメ、奈良屋、日新館、湯元館、益成屋
つつじの湯、湖畔の湯
鹿沢・新鹿沢温泉:紅葉館、休暇村、とべの湯、鹿鳴館、鹿澤館、真田屋
軽井沢1130(200円引)、グリーンプラザ(200円引)、嬬恋プリンス
万座温泉:プリンス、高原ホテル、聚楽、万座亭、日進舘、豊国館
川原湯王湯、天狗の湯、旅籠、三鳩樓、桔梗館、くつろぎの館、高山ふれあいプラザ
バーデ六合、くつろぎの湯、長英の隠れ湯、沢渡温泉共同浴場、まるほん
四万温泉:清流の湯、中生館、つるや、たむら、グランド、積善館、やまぐち館
丸沼環湖荘、尾瀬岩鞍リゾート、ひがし、千代田館、尾瀬山どん、ほっこり、花咲、わたすげ
老神温泉:華亭、あわしま、伍楼閣、山楽荘、上田屋
白沢望郷の湯、しゃくなげ、ふじやま、ホテル田園プラザ(旧・ホテルSL)、悠湯里庵、ゆに~いく
つきよの館、真沢の森、風和の湯、辰巳館、大峰館
水上温泉:きむら苑、水上館、ひがき、聚楽
湯テルメ谷川、宝川山荘(300円引)、水上高原ホテル200(200円引)、龍洞、
遊神館、太陽館、川古浜屋、まんてん星、法師長寿館
群馬やすらぎ、ゆうすげ元湯、レークサイド、倉渕長寿の湯、はまゆう山荘
相間川ふれあい館、かんぽの宿磯部、峠の湯、妙義グリーン、荒船の湯、
藤岡温泉、しおじ、やまびこ荘、ヴィラせせらぎ、すりばち荘
伊香保温泉:天坊、松本楼、オーモリ、秀水園
ヘルシーパル、あいのやま、大胡三山センター、滝沢館、桐生湯らら、水沼駅、太田安眠
以上106施設。

注目の2018-19年版で新たに対象となった施設は以下の通り。

草津温泉:草津ホテル、草津スカイランドホテル、尻焼星ヶ岡山荘(旧・関晴館、2017年リニューアル)
座禅シャレー丸沼、老神山口屋、昭和の湯、湯郷小住、水上ふれあい交流館、
京ヶ島湯都里、上増田砦の湯、猪ノ田久惠屋、太田湯乃庵
伊香保温泉:黄金の湯館、とどろき、ひびき野、塚越屋七兵衛、一富士、しん喜(200円引)、玉樹

<脱退>尻焼バーデ六合(休館中)、摺渕わたすげ(11/30閉湯予定が存続へ)、水上ひがき(破産)、くつろぎの館(閉館)

以上19施設追加、4施設減少、15施設増加の121施設。
本文掲載は2016年版151軒から2018-19年版は96温泉157施設(目次)の6軒増加。
バーデ六合と摺渕温泉わたすげは今年じゅうに駆け込みたいです。
また、来年は座禅温泉シャレー丸沼や湯郷小住温泉は初めて行ってみたいものです。

>  待望の群馬の温泉のパスポートが上毛新聞社より発売になりました。
> 表題の本が今年4/27より発行、800円(税抜)、ISBN978-4-86352-149-0となっています。
> この本も群馬県内の大型書店でも見かけなかったので、通勤途上の書店で取り寄せてみましたら、
> 3日後に入荷、本日購入しました。
>  本の巻末には来年末まで大人入浴料のみ1枚につき1人1回有効の100円引のクーポンが20枚付いています。
> つまりは本代は税込864円ですから、延べ9人施設利用すると本代はタダになり、20枚全て使うと
> 2000-864=1136円もお得になる代物です。私のように2人で利用すれば5施設で元が取れ、10施設で
> フル活用となります。中には2枚200円引が3施設、3枚300円引が1施設あります。(それらは1枚利用不可)。
> 目次151施設のうちクーポン掲載は106
> 施設となっています。そのクーポン施設の中でも私の未湯は24施設ほどありました。このうち独自源泉の
> もの、湯使いの良いものを選んで拙掲示板に小出しにレポし、10施設以上フル活用してみたいです。
>  この中で1ヶ所初めて見た新施設がありました。嬬恋村新鹿沢温泉「とべの湯」です。
> 旧戸部旅館を2014年日帰り入浴施設にリニューアルしたものだそうです。(ツゥさんの足利発のレポ)
> 営業時間は11~21時(12~3月~20時)大人600円、子ども400円、貸切風呂1時間2800円でもちろん
> 大人600円はこの本で100円引となります。源泉は鹿沢温泉雲井の湯です。早めに行ってみたいところです。
>
> ↓小暮淳氏の「源泉ひとりじめ」のブログでの本の紹介
> http://kogure.gunmablog.net/e370674.html
↓第2弾2018-19年版の紹介
http://kogure.gunmablog.net/e387724.html

http://www.jomonet.co.jp/?p=3586

 

やはり、情報は新鮮さが第一みたいで

 投稿者:頭文字D  投稿日:2017年11月21日(火)23時22分9秒
返信・引用 編集済
  ONKEN21さん

茨城の里美温泉スタンド、休止中で残念でした…(T_T)
もし前ブログのデータを当てにして行ったのなら、大変ご迷惑をおかけしまして、申し訳けございませんm(._.)m

こういう事があるから、前ブログを続けられなくなったのですよ…

まだ埼玉や茨城北部は、代替えの温泉スタンド等が存在するから良いとして、他所ならこうはいきませんからね…
全ての現状を把握してブログを管理するのはとても無理

入浴だけなら幾らでも代替えは効きますが、
汲める場所となると苦労するのが実情…

他の方々から「現状と違う」という苦情も、そして「中傷」のコメも寄せられた事もありました。
これが前ブログを止めるきっかけの1つでして…


でも汲める温泉探しはヒッソリと続けたい…
…で、現ブログにてグルメ旅のついでに「B級スポットの一部」いう現在の形で「汲める温泉」をヒッソリと書いて行こう…
って感じで落ち着いた訳です。。。
(鶴巻や函南、桐生などを新規で取り上げていますが、他にはあまり書けていない(^^;…その他の再訪した場所は、前ブログから少しずつ引用しています)

前ブログも今回の様にデータが不正確になってきました。

来年は少しずつながら、前ブログの一部データを今のブログに移行した上で、統合していく予定です。
どちらをベースに統合するのかまだ決めていませんが…

もし前ブログを生かすなら、アドレス変更はする予定です。
(いつこうなっても良い様に、県別一覧は今のブログに移植してあります)
私は何だかんだ言って、再訪中心とはいえ温泉収集の趣味は続けていますからね( ̄▽ ̄;)←一見ただの変態??

場所を公開している記事ばかりではなく、
前ブログには載せられなかった場所も、場所を伏せた上で書いて行く予定です。
テーマがB級グルメなら、「嶺」や「稲荷」みたいな失態を犯さずに済みますからね…

某源泉サイトにて、「1度限り」の条件でコメントしたところ、意外や意外、好意的なコメントを返していただけた事が自信にもなりましたし…趣味として何らかの形で続けるのも良いかな…と。

今日は何度も再訪している2ヵ所で温泉を汲み、自宅で楽しみました。腰痛と冷え症が幾らか楽に(^^)…


>Ksさん
200円カレー屋さんって、某「原価率研究所」という新潟の会社みたいですね…
私も暇みつけて行ってみます…
面白い情報、感謝ですm(__)m

家内の病気の原因も特定出来、まずは小休憩

カレー→竹ノ塚のイルミネ→越谷の某温泉
12月頭の貧乏遠足プランが出来ました(^^)
時期的に、まさにウチらにとってはドンピシャのコースです(^^)
越谷は回数券買って通っていますからね…(^^)



 
    (ONKEN21) 頭文字Dさん、貴ブログへの私のコメントに対するお返事ありがとうございます。
実は貴ブログは温泉スタンド専門のブログの方はよく見ていて、専らそこで情報収集しています。
もし、茨城に特化している貴ブログを見てなかったら、里見温泉に温泉スタンドがあることすら、気付かずに通り過ぎていたことは間違いありません。
そういう機会を与えていただいたお礼として、貴ブログに最新情報をコメントしています。
実は花貫渓谷近くですと、まだ未訪の場所として里見温泉スタンドと中郷温泉スタンドどっちにしようか、迷っていました。
結局、里見の方が肌触りが良さそうだし、湯岐温泉の手前なので、里見にしました。
花貫渓谷で暗くなることが予想されたので、昼間の明るい写真をGETすべく、里見温泉スタンドの写真も撮りました。
ランプが点灯していないので、怪しいなあ、でも専用コインを入れると動くのかなあ…と。
で、湯岐へ行く時にまた通るので、花貫渓谷へ向かい、暗くなってから、里見温泉ぬく森の湯の受付まで行って、
専用コインを買おうとしたら故障を宣告されました。受付は申し訳ないと謝ってましたけどね。
本当は温泉スタンドに故障中か休止・復旧予定の有無の貼紙をしてほしかったですね。
でもでも、頭文字Dさんを責めたり、クレームを入れる気は毛頭ありません。
むしろ、里見に温泉スタンドがあるということに気付かせていただいただけでも十分です。
また奇跡的に復活したら、汲みに行く楽しみもできますしね。里見から近い湯岐温泉岩風呂だって、今度は非加熱のぬる湯の時期に行ってみたいし…
頭文字Dさん一人の情報収集には限界があります。どうか一人で背負い込まぬように…。
温泉スタンド愛好者の読者がどんどん新しい情報をコメントとして入れることで、貴ブログが最新情報も入ったより貴重で価値の高い情報源となるよう願っています。
私が喜んでその先導役を買って出ましょう。
あっ、そうそう、大子町の浅川温泉弁天の湯は廃業して入浴もできないみたいですね。
私は現地まで行って入浴を断られたことがあるので、痛恨の極みです(涙)> No.5533[元記事へ]

ksさんの情報にお返事ありがとうございます。
頭文字Dさんのところからは割と近そうで行き易そうですね。
私はかなりの田舎に住んでいるので、車で都会に出るのは渋滞で物凄く大変で一日がかりです。
よほど北関東・信越の温泉の方が行き易いことか…
 

Re: Indieの冬限定ミソラ

 投稿者:ONKEN21@吹上から帰宅  投稿日:2017年11月21日(火)18時12分50秒
返信・引用
  > No.7829[元記事へ]

> 次回はメニューの裏に書いてあった「インディーらーめん2号」800縁を食べてみたいです。
> 今回は暑くなってきたので裏メニューで限定の「とろろ梅そば」750縁を大盛120縁で。
> 紀州梅干にとろろが入り、熱いラーメンですが、酸っぱくてさっぱり、おいしかったです。
> 次の限定が楽しみです。

本日は半年ぶりに鴻巣市吹上駅前のINDIEへ。
13:30で駐車場は空き1台で私が止めると満車に。夏秋の限定メニューのホワイトインディも食べたかったですが、
冬限定メニューは味噌らーめん「ミソラ」850縁。
リゾット200縁も勧めていたのでセットで頼みます。
味噌はそんなに辛くなく、濃厚まろやかな感じ。
玉葱が入ってポタージュに近い味わい。
味噌スープをレンゲで4~6杯残して店員に申し出ると、ラーメンの器を回収し、ご飯を投入し煮込んでいます。
チーズが投入され、味噌スープと合わさって、クリーミーかつまろやかなリゾットを味わえました(画像中)。
インディーのミソラとリゾット、寒い本日にふさわしく、大変美味しかったです。
 
    (ONKEN21) ミソラは10/4から始まって11月いっぱいで終了だそうです。
https://twitter.com/sugrmk
https://ameblo.jp/indiepeaceful/
 

Re: マル汁レジェンド

 投稿者:ONKEN21@本庄から帰宅  投稿日:2017年11月20日(月)18時08分7秒
返信・引用
  > No.7494[元記事へ]

> 本日は今年最後の本庄市の仕事、〆は昨日振られたマル汁屋でした。
> 水曜のレジェンドだけがなかなか食べれません、また来年に期待です。
> > 水土が丸汁レジェンド
> > 水曜の丸汁レジェンドが従来の鶏魚介とどう違うのか、興味深いところです。

本日は本庄市の仕上げの仕事、マル汁屋に1年ぶりにやってきました。
今年は汁の種類のサイクルが変わっていて、
月金がマル汁レジェンド、火土が阿波尾鶏と丸鶏、木曜が煮干し、水日が定休日。
本日は月曜なので、未食の待望のマル汁レジェンドです。
レジェンドは初めてなので、らーめん780円でいただきます。13:30でごはんものは売り切れ、席はカウンターも十分ありました。
チャーシューはお碗からはみ出るほど大きいです。
マル汁レジェンドですが、ずばり魚介の香りがありますね。
レジェンドもおいしかったです。
 
    (ONKEN21) http://mixi.jp/view_community.pl?id=4074086  

湯岐温泉 岩風呂

 投稿者:ONKEN21@福島塙  投稿日:2017年11月19日(日)20時15分8秒
返信・引用
  > No.8079[元記事へ]

本日の唯一の温泉は福島県塙町の湯岐温泉山形屋の岩風呂に初めて入りました。
福島県に入ると雪が降ってきたので、ノーマルタイヤで焦るものの、多分積もらないかな。
湯岐温泉手前で坂を上がり山形屋の駐車場に止め、歩いて戻って右手の坂を下ると山形屋がありました。
山形屋で岩風呂入浴料300円を払います。
山形屋の奥を目で探した後、前に岩風呂の湯殿がありました。
山形屋の話では岩風呂の湯は岩盤の足下湧出とボーリングのパイプ噴き出しの併用とのこと。
岩風呂の前にトイレあり。14~15時など女性専用時間もあります。
岩風呂の扉を入ると下足入れと上に鍵付きロッカーあり。
脱衣所は東北らしく昔は浴室と一体化していたみたいですが、今はサッシで仕切られています。
窓側のみ岩盤と脱衣側は水色に塗られた岩風呂と上がり湯のみ。
シャワーも源泉、ボディーソープとリンスインシャンプー有り。
岩風呂は源泉温度38℃にしては上がり湯と変わらないくらい熱めで、寒い時期のみ加温のボーリング泉が入っているせいか?
ボーリングパイプ注入の他、湯量が減ったのか?岩盤から上がるあぶくは見られませんでしたが、滔々とオーバーフローしています。
でも、雪降りの寒い日は気持ちいいです。
お湯は無味無臭無色透明で入った瞬間、かなりの肌ヌルヌル。
肌の泡付きもかすかに有ります。
湯上がり後は火照り、汗が止まりません。
茨城県のすぐ隣で水戸潘に愛された湯。
東北らしい素晴らしい湯に一湯だけ入れました。
 
    (ONKEN21) 入浴者は20時前まで3~4人、共同浴場なので夜もいますね。
携帯は圏外でたまにアンテナが1本立つ程度。
気持ち硫黄臭があったようななかったような?
岩盤の深い部分を覗いていたら、白い湯花も一片だけ舞いました。
雪は入浴中に止みました。気温は2℃、道理で初雪になります。
http://yujimata-yamagataya.jp/
 

レンタル掲示板
/197