teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: らあめん よか楼本店

 投稿者:ONKEN21@妻沼より帰宅中  投稿日:2016年 6月28日(火)18時42分24秒
返信・引用
  > No.4766[元記事へ]

本日は4年ぶりに熊谷市妻沼町のよか楼本店にいきました。
12時で駐車場満車、店内も1階が満席で2階に案内されかかりましたが、1階がすぐに空き、13時前には空席も多くなりました。
おすすめのらぁめんセットとして、ちゃあしゅーめん600円+ハムカツ100円+半ライス50円=合計750円。
大盛でも+150円なので半ライス・揚げ物・キャベツ・お新香付で同額は大変お得ですね。
久々に食べたちゃあしゅーめんは懐かしい心に沁みる老舗の味でおいしかったです。
弟の旧星川店は江南店の後また移転し、上之の病院近くに移転し開店したようです。

> 本日は熊谷市旧妻沼町に来ています。
> 聖天さまの国宝指定で脚光を浴びる町です。
> 妻沼や熊谷のラーメンと言えばよか楼。
> 妻沼に本店と大我井店、熊谷に星川店、最近は江南店もできたようですね。
> 関係は画像中にある通り。
> 熊谷星川店は昔は埼玉人気2位でクイズところ変わればにも出たことがあります。
> 今は味が落ちたとは地元評です。
>
> 本日は創業大正13年の老舗の妻沼本店に5度目くらいに来ています。
> 駐車場は群馬ナンバーもあって満車。
> 450円のらあめんもありますが、ちゃあしゅうめん550円を半ライス50円といただいています。
> メンチ100円もおいしいです。
> ここのチャーシューは角煮のようなうまさです。
> らあめんも素朴で割と年輩者にも好まれる地元の味です。
> 本店はさすが老舗、おいしかったです。
 
 

川原湯温泉旧王湯

 投稿者:ゴチ  投稿日:2016年 6月27日(月)20時51分45秒
返信・引用
  いよいよ旧王湯の建物解体が7月から始まるようです。
現在は建物内の片づけが始まったようです。
 
    (ONKEN21) ゴチさん、お知らせありがとうございます。
あの旧王湯ついに取壊しですか…。
閉館は2014年6月30日(前日レポ  > No.6143[元記事へ])から丸2年で取壊しですね。
元の湯の新王湯への引き上げもどうなったんでしょうか?
新王湯の評判もさっぱり聞かないですね。
旧王湯の解体で旧王湯の露天風呂からの眺めと元の湯の内湯のすばらしいお湯の入浴の思い出も川原湯温泉の湯かけ祭りの景色も含め、
すべて人々の記憶だけに存在する"伝説の湯""幻の湯"となって湖底に沈んでしまうわけですね(T_T)
 

那須高雄温泉 おおるり山荘

 投稿者:ONKEN21@栃木  投稿日:2016年 6月26日(日)20時50分22秒
返信・引用
  > No.7337[元記事へ]

> さて、この後行く那須高雄温泉おおるり山荘との紅白の湯の対比が楽しみです。
> その他は新規施設は「那須高雄温泉おおるり山荘」以外は
> いつも通りの常連施設の顔触れとなっています。
> 【栃木県】
> ・大丸温泉 休暇村那須<2月号>
> ・寺山鉱泉 寺山鉱泉(8:30~17:00限定)<2012年7月号>
> ◎那須温泉 ホテルフロラシオン那須[500円]<3月号>
> ※那須高雄温泉 おおるり山荘〔まっとうな温泉〕(13年前の無料露天風呂時代のレポ)

本日の2湯目の〆は寺山鉱泉から42km1時間の那須高雄温泉「おおるり山荘」に温泉博士2冊とまっとうな温泉、500円自腹の一家4人で入ってきました。
野湯時代とがらりと変わってしまい、初めてきたような錯覚。
気温17℃と涼しいです。
まずは内湯奥の天空露天風呂に野湯以来13年ぶりに入りました。
男湯奥の源泉地を見て初めて野湯時代を思い出しました。
天空露天風呂自体は野湯時代とは一変しました(画像上)。
お湯は当時と変わらない濃厚な硫黄臭漂う湯花舞う透明な30℃代超ぬる湯を大量投入大量掛け流し。
那須茶臼岳の修行僧が身体を清める「行者の湯」。
寺山鉱泉の鉄系の温泉とのハシゴでも爪が黒くなることは特にありませんでした。
寒くてすぐ出る人もいますが、我々は長湯してぬるをほぼ独占で満喫。
風呂の向こうは広大な関東平野を見下ろします。
寒くて体も洗えないので大浴場に一旦服を着て移動。

脱衣所には温泉分析書があります。
こちらにも大浴場(画像中)と露天風呂(画像下)があります。
その他、裸移動不可の貸切露天風呂が手前の屋外にあります。
内湯と露天は乳白色に酸化、美しいです。
内湯は熱いので冬季のみ加温でなく常時加温かも?
体を洗って、よく温まって出ました。
今も手が硫黄臭いですが、野湯時代の経験では数肌に硫黄臭が数日残るかもです(^^)
それにしてもおおるりグループなので1泊2食税別5325円~と格安。
それでいてこの素晴らし過ぎる湯ですから、いつか夏に避暑も兼ねて泊まってみたいですね。
帰りは那須のレストランファミレスで夕食、那須I.Cから東北・北関で太田藪塚I.C下車で帰ります。
久々に一家で楽しく素晴らしい温泉の旅でした。
 
    (ONKEN21) ↓13年前の野湯時代のレポ
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/special/onken_mitinoku/onken_mitinoku_1.htm#01takao
温泉博士5月号15ページに那須高雄温泉おおるり山荘の読者ライター温泉体験記ひたれりつくせりのレポがあります。
https://www.ohruri.com/nasu_oorurisansou.html
 

寺山鉱泉

 投稿者:ONKEN21@矢板  投稿日:2016年 6月26日(日)16時18分5秒
返信・引用
  > No.7318[元記事へ]

古市場さん、頭文字Dさんへのお返事です。

本日は栃木県の温泉博士に一家4人で来ています。
栃木市の大平山のあじさい、東北道栃木-上河内I.C、尚仁沢湧水パーク経由、林道を走りながら、
寺山観音方面からすれ違い困難な狭い道路で本当に宿があるのか不安になりながら、
どん詰まりに寺山鉱泉がありました。自宅から150km。
15時前でしたが、先客なし、私の後に博士の方が2人待っていました。
石鹸を使う場合は石鹸が効かないのでシャワーで流してから洗うよう説明を受けます。
お風呂は蓋を取って入り、沸かしたてらしく熱めに加熱された茶褐色の濁り湯。
2人くらいでいっぱいなる小さな湯船。
窓があり明るい女湯と湯面下で繋がっています。
コックからは非加熱の冷たい鉱泉水を出すことができ、
なめるとサビ味の他、酸味があるのはビックリ、さすが明礬緑礬泉!
〆はコックの冷たい源泉水を洗面器に汲んで浴びました。
なお、源泉垂れ流し(画像中)は車庫の奥にあり、ペットボトル1本なら汲んで良いとのことでしたが、少しの垂れ流しなので1本でも時間はかかります。
ポリタンクに汲む場合は多分、浴室のコックから大量に出るのでそこで汲むど1L200円と高額になるそうです。
さて、この後行く那須高雄温泉おおるり山荘との紅白の湯の対比が楽しみです。

> > 古市場さんの栃木県寺山鉱泉のレポもありました。
> > 寺山鉱泉は2012年7月号に平日限定で載ったことがあります。> No.4808[元記事へ]
>
> > 寺山鉱泉でも少量汲めるみたいですね。> No.7250[元記事へ]
>
> 古市場さんのレポが効いたのか、4月号の熱海温泉福島屋旅館に続き寺山鉱泉が再登場しました。> No.7188[元記事へ]
> 今回も土日祝利用不可と思われますが、いつも貴重な施設を掲載へと導いて下さりありがとうございます。
> ※休日不可は解除となり、~17:00の時間限定のみとなっています。
> その他は新規施設は「那須高雄温泉おおるり山荘」以外は
> いつも通りの常連施設の顔触れとなっています。
> 【栃木県】
> ・大丸温泉 休暇村那須<2月号>
> ・寺山鉱泉 寺山鉱泉(8:30~17:00限定)<2012年7月号>
> ◎那須温泉 ホテルフロラシオン那須[500円]<3月号>
> ※那須高雄温泉 おおるり山荘〔まっとうな温泉〕(13年前の無料露天風呂時代のレポ)
 
    (ONKEN21) 温泉博士5月号14ページに古市場さんの寺山鉱泉の読者ライター温泉体験記ひたれりつくせりのレポがあります。
http://www.terayama.burari.biz/
 

Re:Re: 神の宮温泉かわら亭は夏期限定冷泉風呂あり!

 投稿者:しんのすけ  投稿日:2016年 6月26日(日)13時35分19秒
返信・引用
  > No.7333[元記事へ]

ONKEN21@妙高市新井さんへのお返事です。

私も住んでいるところは新潟県の北部であるため上越・妙高方面は山形県や福島県よりも時間が掛かってしまいます。いい温泉は沢山あるので、また時間の取れた時に行こうと思います。

百合居温泉の件、コメントありがとうございます。
やぱっり以前は油臭が漂っていたのですか。現在は臭いが無くなってしまって残念です。温泉は大地の恵みということで、変化してしまうのは仕方がないものと思います。早く行っておけば良かったと後悔してしまいました。

http://spaniigata.seesaa.net/

 
    (ONKEN21) ご返信ありがとうございました。新潟県は東北と北陸に接し、本当に広そうですね。
新潟市から上越市からの斜めへの距離感覚が太平洋側からだとすべて南北方向に別ルートで短絡してしまうものですから、よくわからないものです。
例えば新潟市であれば長岡経由、上越市であれば長野経由が近く、長岡経由上越市という移動は遠回りでしないですからね。
また山形は米沢あたりで会津経由もしくは高速なら宮城県経由が近く、新潟市は庄内を除き経由しないので実感がわかないですが、近いのですね。
でもこちらからは手前の新潟市や福島市というだけでとんでもなく遠い印象で、そこが近い新潟市あたりの方はうらやましくもあります。

百合居温泉ですが、昔は確かに強烈なアブラ臭でしたが、最近はおとなしくしまったようで残念です。
源泉の長年の変化は群馬あたりでもよくあります。独特のアブラの臭いがポンプ故障修理でなくなってしまったり…。
茶褐色の濁り湯が透明になってしまったり。掘削型温泉でそういうのが多いようです。
自然湧出でしたら、昔から変わらないわけですが…。
 

さよならサイタマ健康ランド、7/1朝に閉店500円とおふろcafé bivouac9月オープン!

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月25日(土)22時57分16秒
返信・引用 編集済
  > No.7302[元記事へ]

 本日の土曜夕方温泉は地元、埼玉県熊谷市籠原のサイタマ健康ランドが閉館前10日間は入館料500円と
いうことで十数年ぶり3度目でやってきました。サイタマ健康ランドは7/1朝9時で営業を終え、
玉川温泉や白寿の湯やおふろcafé utatane(神流川温泉をローリー)を運営する 「温泉道場」に営業権が
譲渡され、9月に「おふろcafé bivouac(ビバーク)」というアウトドア風高級テント張りの24時間営業の
温泉cafeにリニューアルされます(ファッションニュース)。その違いを比較するために今回行ってみたわけです。
 本日は閉館5日前、通常1350円(2時間800円)が500円、回数券の駆け込みもあってか、第一駐車場に
空きを見つけるのも難しかったほどの混雑でした。500円でも健康ランドらしく館内着・バスタオル・タオル
付のバックを渡されました。下足キーとロッカーキーを引き換え。深夜1時以降は深夜割増料金1350円が
かかります。朝9時チェックアウト。
 内湯は北海道二股温泉産の鉱石に湯を通す炭酸カルシウム温泉。なので感触はなし(^^;
漢方薬湯はまさに健康ランドのイメージで例のところがヒリヒリします(^^;遠赤サウナ・水風呂、
ラジウムミスト岩盤浴(塗り塩付き)、ジェットバス、バイブラバス、打たせ湯あり。
そして露天風呂は最後らしく人気のある入浴剤入りで「硫黄の湯」で白濁し、硫黄臭が漂いました。
ここは天然温泉ではないんですけど、この硫黄の湯は下手な天然温泉をローリーするよりはいいんじゃない
のかと思いました。でも温泉道場になったら、自社の白寿の湯か玉川温泉をローリーすることになるのでしょうね。
もし、やるんだったら、その2ヶ所で日替わりにローリーにするといいのではないかと私は感じました。
それからすぐそばの熊谷はなぶさ温泉> No.2346[元記事へ]のローリーは可能であればやってほしいです。
はなぶさ苑では一般利用できませんから、bivouacで購入して運んでもここでしか入れない貴重な温泉と
温泉ファンには決定的な売りになると思われます。温泉道場の前運営会社出身者としては温泉道場には
頑張ってほしいなと思います。客の話を聞いていたら、こっちはガラガラで熊谷温泉湯楽の里は混み過ぎる
という話をしていましたね(^^;
 館内はB級健康ランドの臭いや雰囲気が濃厚です。これは内装のリニューアルを得意とする温泉道場なら、
若き社長の下、お洒落かつ斬新、アクティブに変えていくと思われるので、期待しましょう。来年2~3月には
熊谷バイパス沿いに「熊谷天然温泉癒湯の森 鳥歌花舞(ちょうかはなまう)」(6/15現在花湯の森女将ブログ)が
オープンします。お互い頑張って欲しいものです。

>  それから同日には非温泉の健康ランドとなりますが、熊谷市籠原駅近くで通勤客などに利用されてきた、
> 「サイタマ健康ランド」も28年の営業を終え閉館となります。こちらはおふろcafe utataneや玉川温泉・
> 白寿の湯を運営する「温泉道場」(営業譲渡締結式)により新たなコンセプト型宿泊型温浴施設として
> 装いも新たに秋頃、新装オープンの予定だそうで、多分、おふろcafeになるのかなと思われます。
> 温泉は白寿か、玉川からローリーするのでしょうけど、私個人的にはすぐ近くの「熊谷はなぶさ温泉」を
> ローリーもしくは可能であれば引き湯してほしいなあと思っています。
> なお、閉館前の6月20日~6月30日までは、全員500円(子供250円)での謝恩営業となります。
> P.S.サイタマ健康ランドは9月より「おふろcafé bivouac」(ビバーク)としてオープンします。
(6/8付温泉道場プレスリリースより)

http://www.saitamakenkoulando.jp/

 

埼玉発 温泉パスポートVol.1

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月23日(木)23時49分50秒
返信・引用 編集済
  > No.7323[元記事へ]

>  ついに「西上州の薬湯」に先立って、待望の群馬の温泉のパスポートが上毛新聞社より発売になりました。
> 通勤途上の書店で取り寄せてみましたら、

熊谷駅構内その書店で店頭の本を見てましたら、「埼玉発 温泉パスポート」という本が山積みとなっており、
熊谷市の出版社の(株)ピーアイピーにより税込1000円にて6/20に発売となっていました。
私はまだ買ったことはないですが、埼玉・群馬で500円ランチパスポートを発行している出版社です。
埼玉と群馬の草津・伊香保・みなかみ・高崎前橋各エリアの86施設が掲載されています。
温泉パスポートですが5%から50%割引で1冊につき1名スタンプ押印、同じ施設でも2~3回割引利用できます。
有効期限は12/20までの半年間となっています。熊谷の出版社らしく埼玉北部在住者にとってはまさに
ベストフィットのクーポン本と言えます。「群馬の源泉パスポート」と併用しながら、回ってみたいと思います。

 ところで、このパスポートで一点、驚いたのは水上の湯檜曽温泉紫明館(旧NTT保養所紫明荘)が91ページに
載ったことです。私は日帰り入浴したり、泊まったことがあります(温泉アルバム)。しかし、近年のリニューアルで
高級化し、関係者と言えど高くて泊まれなくなりました(泣)。どう高級化したのか、15~20時限定
700円→500円で日帰り入浴して内装だけでも見てみたいと思いました!過去部分のレポを再現してみます。
----------------------------------------------------------------------------------
★NTT紫明荘  投稿者:ONKEN21@水上  投稿日:2007年12月22日(土)17時59分15秒
   今夜は群馬県みなかみ町湯檜曽温泉のNTT直営水上保養所「紫明荘」に泊まります。
父がNTTに勤めているので社員料金7000円位です。一般は9426円~です。
雪は所々にある程度、気温は5℃。
↓「お宿ねっと」(4月より加盟)のHP
http://www.oyadonet.com/area/gunma/
----------------------------------------------------------------------------------
★電電の舞  投稿者:ONKEN21@湯檜曽  投稿日:2007年12月22日(土)18時24分7秒
> 今夜は群馬県みなかみ町湯檜曽温泉のNTT直営水上保養所「紫明荘」に泊まります。
温泉は湯檜曽温泉でも専用源泉「電電の湯」43~46度70リットルを使用しています。
内湯・露天とも加水なし・常時加温・循環ろ過なし・塩素消毒です。
塩素臭ありは残念ですが、内湯の床全面に渡るオーバーフローは圧巻です。
露天風呂も排水の音がザーザーと圧巻。
専用源泉の小さな保養所なので贅沢~
露天での湯檜曽川のせせらぎも心地良いです。
無味無臭・無色透明、投入口白析出、石鹸が全く利かない美人湯です。
夕方は日帰り入浴客もいました。
これから夕食して、もうひとっ風呂!
明朝の雪見の舞、楽しみ。
お待たせ、露天の足の舞です!
>夕方は日帰り入浴客もいました。
チェックアウトの際、フロントにお尋ねしたところ、
午後3時より約500円にて一般客も含む日帰り入浴を受け付けているそうです。
ある本を読んだところ終了は夜8時のようです。火水木不定休。
皆さんも、是非利用されてみてはいかが?
参考までに林屋旅館が700円、湯の陣は980円となっています。
----------------------------------------------------------------------------------
★Re:電電雪の舞  投稿者:ONKEN21@湯檜曽  投稿日:2007年12月23日(日)07時53分2秒
おはようございます。
湯檜曽温泉露天風呂からの生中継です。

> 明朝の雪見の舞、楽しみ。
> お待たせ、露天の足の舞です!

朝方、雪が降り、今は雨になっています。
雪化粧した山肌をバックに足の舞です。

↓黒田(温泉)様の温泉ウォーキング浦和発のHPにレポあり!
http://www.ne.jp/asahi/kuroda/onsen/125urawa.htm

http://onsenpassport.blogspot.jp/

 

Re: 神の宮温泉かわら亭は夏期限定冷泉風呂あり!

 投稿者:しんのすけ  投稿日:2016年 6月23日(木)10時46分20秒
返信・引用
  ONKEN21@妙高市新井さんへのお返事です。

ONKEN21さん、おひさしぶりです。しんのすけでございます。

今更ながら、一ヶ月ほど前ですが私も温泉博士2016年6月号を利用して「神の宮温泉かわら亭」を利用させてもらいました。源泉そのままの冷泉風呂は私には冷たすぎて一瞬しか入っている事しか出来ませんでしたが、最近の熱い日には気持ち良いことと思います。また、当施設はどこも新しく綺麗であり良い施設であると思います。

温泉博士2016年6月号では他にも同じ日に他の施設を利用させてもらいました。一つは新潟県上越市名立区にある道の駅「うみてらす名立」に併設された「名立の湯ゆらら」。こちらは温泉では無いのですが、以前から行ってみたかった事もあって立ち寄ってみた次第であります。もう一つは大きく移動して長野県栄村の「中条温泉トマトの国」です。直ぐ近くの「百合居温泉」に行ったついでに利用させてもらいました。黄褐色の湯で意外に侮れないと思います。

今回、百合居温泉に入浴したく(他にもありましたが)、ついでに上記の施設を回らせてもらいました。そこで、百合居温泉なのですが、知り合いの話ですと以前は茶褐色で油臭がするとの事でしたが私の訪問時は無色透明の無臭でした。以前は本当に油臭がしていたのでしょうか?ご存じの方がおられましたら教えて頂けると幸いでございます。

http://spaniigata.seesaa.net/

 
    (ONKEN21) > No.7311[元記事へ]
しんのすけさん、お久しぶりです。
今年になって会津熱塩以来接点がなくなってしまい疎遠になってしまいましたが、しんのすけさんはさすが新潟県民、かわら亭にははるばる行かれたのですね。
実は私とは会津の温泉博士で接点はありましたが、新潟の温泉博士で接点があったのは初めてかも知れません。
新潟県は私にとっては関東一都六県と同じくらいの広さがあると勝手に想像してますので、なかなか接点ができませんでしたが…。

かわら亭ですが、冷泉風呂は10℃代でしょうか、確かに冷たいですね。
これだけ冷たいと加熱露天風呂との交互浴も厳しいかも知れません。
私はそれを気持ちよくやらせていただきましたが(笑)
非加熱源泉風呂というと、日本一盛んなのはぬる湯の名湯ぞろいの山梨県。
それから生源泉と言う名で流行った埼玉県南部、どちらでも30℃代位でしょうか。
東京・横浜の黒湯銭湯に行くと結構、10℃代の黒湯の水風呂があるようです。
東京の銭湯の経営者には新潟県や北陸出身者が多いらしいですが、
10℃代でも水風呂を提供しようという心意気はどちらも共通するものがあるのかも知れませんね。

新井からすぐお隣の北信濃にも行かれたのですね。
トマトの国は湯使いもパーフェクト、茶色い濁り湯で確かにすばらしく、私ももう2回もリピートしてしまいました。> No.6060[元記事へ]
百合居温泉は十年前、私も行ったことがありますが、確かに凄いアブラ臭だった記憶があります。
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/bbs05/bbs050301_0310.htm#1110163465
それが今は無臭なんですか?東日本大震災の一つに栄村の地震もありましたが、その影響もあるんでしょうかね?
どうしちゃったのでしょうか?私もよくわかりません。
 

Re: さよなら、むさしの湯 今月末閉館とありがとう価格700円

 投稿者:ノース  投稿日:2016年 6月23日(木)00時15分6秒
返信・引用
  > No.7331[元記事へ]

>   昨晩は5年ぶりのさいたま市見沼区の小さな旅むさしの湯は何とか寄れました。
> 白井の湯からはR16柏・野田・春日部・岩槻経由52km、1時間30分、春日部で夕食を取っていたら、
> 着いたのは22時過ぎ、23時過ぎまで入ってましたけど大分すいている中、入れました。
> 今月末閉館のため「ご愛顧感謝ありがとう価格」として6月中の入浴料は一律700円、岩盤浴は200円。
> 閉館後はわからないそうですが、別会社による営業再開の予定はないそうです。取壊・更地もウワサされて
> いますね。


ONKEN21さん、こんばんは。ご無沙汰しております。
こちらの掲示板は以前から拝見させて頂いておりますが、書き込みする機会が無く今に至っており大変恐縮です。今後は徐々に投稿させて頂ければと思いますのでよろしくお願い致します。

さて、むさしの湯は自宅から15分程で行けるので時々利用しております。
今回の閉店は非常に残念に思っておりますが、行田の古代蓮物語や大宮やまとの湯と同様に経営者が代わり復活するだろうと楽観的に考えておりました。
が、ONKEN21さんのレポートを見てびっくり!
更地になってしまう可能性が有るのですね。ショックです・・・
建物も古くないのにもったいないですね。
 
    (ONKEN21) ノースさん、拙掲示板をいつも見ていただきありがとうございます。また、初めてのコメント感謝致します。
私がノースさんのfacebookを見て、私からメッセージを送ったことがきっかけですが、お互いご縁を感じます。
ノースさんと言えば、らくださんの温泉ニュースブログのコメントでも情報交換がありました。
http://onsen.xii.jp/
あとは近年ではspatravelerさんの「温泉情報」のコメント。
http://onsen-joho.blog.so-net.ne.jp/
どちらも全国を又にかけた深くて最新情報満載の温泉情報のブログでしたが、途中で更新が止まってしまい、残念なところです。
しかし、お互いをまた結び付けたonsentabiさんのfacebookでこのような接点が生まれたのは喜ばしいことです。
拙掲示板は利根川日帰り圏の情報発信やレポが中心となりますが、時には全国の温泉をレポしながら、私が元気なうちはこれからも続けていきますので、よろしくお願いします。

さて大宮むさしの湯ですが、私は6年ぶりに行ったので、平常時の状況はわからないですが、人工炭酸泉が評判らしくなかなかの繁盛ぶりで決して赤字でもないようです。
それでも閉館になってしまうとは、やまとの湯のように経営の問題でもなさそうですし、その理由はよくわからないところです。
取壊し・更地については、店員はあくまで、閉館後はどうなるかわからない、営業再開の予定は聞いていない、この2点は私も店員から直接確認してますが、別の客と店員との会話で「取壊」「更地」の言葉もあったそうです。私自身も翌日その話を知った時は驚きました。
ただ、川口やまとの湯が閉館した時のように取壊・更地のウワサが流れても、実際は今の「スパロイヤル」として居抜かれた例もありますし、
逆に蕨・狭山やまとの湯のように「ひじりのね玉光湯」という引き受け先まで予定されていたのに断念して、取壊・更地になった例もあります。
また、取壊・更地になってもノースさんのおっしゃる通り、大宮やまとの湯がスパーハーブス美楽温泉として新築された例もあり、閉館後はどうなるかは予断を許さないかと思います。
今月末閉館です、是非行ける内に最後の可能性がある以上は温泉をよく味わった方が良いかなと思いますね。
 

さよなら、むさしの湯 今月末閉館とありがとう価格700円

 投稿者:ONKEN21@翌日  投稿日:2016年 6月20日(月)22時02分45秒
返信・引用 編集済
  > No.7302[元記事へ]

  昨晩は5年ぶりのさいたま市見沼区の小さな旅むさしの湯は何とか寄れました。
白井の湯からはR16柏・野田・春日部・岩槻経由52km、1時間30分、春日部で夕食を取っていたら、
着いたのは22時過ぎ、23時過ぎまで入ってましたけど大分すいている中、入れました。
今月末閉館のため「ご愛顧感謝ありがとう価格」として6月中の入浴料は一律700円、岩盤浴は200円。
閉館後はわからないそうですが、別会社による営業再開の予定はないそうです。取壊・更地もウワサされて
いますね。温泉博士に最後に載った2011年4月号> No.3724[元記事へ]は利用してなかったので回数券用の
ハンコを記念押印していただきました。温泉分析書が昨年更新されています。
 内湯の真湯の人工炭酸泉は初めて入りましたが、その強力ぶりにはビックリ。上尾花咲の湯と双璧か。
人工炭酸泉が評判になるのも納得です。6年ぶりの石の湯の露天風呂の壷湯は茶褐色の濁り湯の加温のみ
ぬる湯掛け流しが健在でした。透明度20cmくらいでオープン時よりはかなり澄んできましたけど、
6年前は底まで見えていましたが、今は見えなかったので、ちょっと濃くなったようです。対して循環湯は
きれに透明です。塩味がありアブラ臭も鼻を突きます。22時頃は壺湯は3器共人が入っていることが多かった
ですが、23時代は3器とも空くようになり、交互に入って、最後は投入湯を手桶に汲んで頭から掛けて出ました。
やはり掛け流しの〆はすばらしかったですね。この湯に二度と入れないかも知れないと思うと本当に残念です。

 平成27年の温泉分析書は以下の通りです。()内は平成17年付データ
温泉分析書(山環温第27-7(17-16)号)
1.申請者
氏名:マミーサービス(株)代表取締役
2.源泉名及び湧出地
源泉名:宮の湯
湧出地:埼玉県さいたま市見沼区大字南中野字海老沼427番(むさしの湯:南中野422-1)
3.湧出地における調査及び試験成績
(2)調査および試験年月日:平成27年7月14日(平成17年9月16日)
(3)泉温:33.1(35.8)℃(調査時における気温33.0(28.5)℃)
(4)湧出量:206(461)L/分 動力揚湯
(5)知覚的試験:淡黄色澄明無臭塩味(黄褐色澄明、無臭、塩味)
(6)pH値:7.5(7.3)
4.試験室における試験成績
(2)終了年月日:平成27年7月30日(平成17年9月29日)
(3)知覚的試験:茶褐色澄明無臭塩味(同上)
(4)密度:1.0106(1.0138)g/cm3(20℃/4℃)
(5)pH値:7.74(7.34)
(6)蒸発残留物:12400(15600)mg/kg(180℃)
(7)電気伝導率:19500(24100)μS/cm(25℃)
Li=0.1(0.1) Na=3700.8(4742.3) K=42.3(56.2) アンモニウム=11.4(13.1) Mg=184.0(243.8)
Ca=207.8(255.2) Sr=1.4(1.7) Ba=0.6(0.6) Mn=0.4(0.5) 鉄1=0.6(0.6) 鉄2=3.1(4.1) 陽計=4152.5(5318.2)
Cl=6639.6(8236.3) Br=26.0(30.7) I=7.9(5.7) 流化水素=0.1(-) 炭酸水素=421.5(356.3) 陰計=7095.1(8629.0)
メタケイ酸=52.8(52.0) メタホウ酸=24.9(24.9) 非解離計=77.7(76.9) 溶存物質計=11.325(14.024)g
遊離CO2=23.9(19.1) 成分総計=11.349(14.043)g
Cd・Pb・Cu・Hg・AS=不検出
6.泉質:ナトリウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性(中性)低温泉(温泉))
平成27年7月31日(平成17年9月30日) 株式会社 山梨県環境科学検査センター 代表取締役社長

>  さいたま市見沼区(旧大宮市)の「小さな旅 むさしの湯」が6月30日を以って閉館することが公式HPに
> 今夜、発表されました。実は私はむさしの湯の「癒し処 びぜん大宮店」のfacebookから閉店をキャッチ
> しておりました。むさしの湯はスーパーマッケットのマミーマートにより、平成17年8月オープンし、
> 11年弱で閉店となってしまいました。なお、姉妹店の小さな旅 川越温泉はびぜん川越店が大宮店のスタンプ
> カードを引き継ぐことから、営業は継続となるようです。むさしの湯閉店に伴い、回数券と会員カードの
> 発行は停止し、回数券は6/30まで払い戻し、有効期限内の会員カードは100円で引き取りとなります。
> やはり、spa-herbs美楽温泉の5/3オープンや小春日和のナノ水素岩盤浴4/20オープンや午前入館550円、
> ぬる湯掛け流しなどライバルとの競合もあり、間に立たされた普通のスパ銭であるむさしの湯は結構、
> 厳しかったかも知れません。温泉ファンとしては男性奇数日の石の湯の壺湯しか掛け流しがないのも中途半端
> なイメージでした。食事はしたことはありませんが、マミーマートだけあって良いそうです。
> 今後、耐震性で閉館した真名井の湯岩槻店と違い、施設自体は11年と若いので、またどこかで居抜きで
> 営業再開してほしいものです。その時は川越温泉のように木の湯の樽湯も掛け流しにすることが肝要でしょう。
>
> (追伸)ご愛顧 感謝 ありがとう価格
> 6月1日(水)~6月30日(木)
> 会員様も一般の方も
> ● 「大人入浴700円」(土日も)
> ● 「岩盤浴」200円

http://www.musashinoyu.com/

 

Re: 大黒の肉汁

 投稿者:ONKEN21@皆野から帰宅中  投稿日:2016年 6月20日(月)18時01分53秒
返信・引用
  > No.5480[元記事へ]

本日は3年ぶりに皆野町の手打ちうどん大黒にやってきました。
勝負澤は定休日、大黒は13:30でしたがやってました。
今回は初めて肉汁付ざるうどん500円。
天付ざるうどんはありましたが、山菜はないみたいです。
肉汁は食べログ口コミの通り透き通った塩汁みたいな感じ。
葱、胡瓜、竹輪入りきんぴらも付いていました。
確かに湯でおきみたいですが、肉とつゆの旨味でおいしかったです。
本日で皆野町はほぼ終了ですが、もう一回行ければ、市街地近くの「おおはま」といううどん屋がおいしいらしいので行ってみたいです。

> 本日は3年ぶりに皆野町の手打ち大黒にやってきました。
> 山菜うどん500円の温かいものをオーダー。
> 天ぷらの代わりにわらびがのっています。
> 同じ値段で肉うどんや肉汁ざるうどんも選べます。
> ゆで麺1パック350円。
> おいしいうどんでした。
 

長野県下上伊那郡中川村 四徳温泉

 投稿者:Oke Kerorin  投稿日:2016年 6月20日(月)06時52分47秒
返信・引用 編集済
  「信州物味湯産手形」で入浴してきました。
秘境の温泉といっても過言ではありません!
源泉100%、ヌルヌルの温泉です。
但し、営業日は土曜日と連休。
時間は14:00~17:30

毎月10日を楽しみに購入してきた温泉博士ですが、今月号の購入は靜岡県に住んでいる私には魅力を感じなかったです。購入をチョット躊躇しています。
こういう場合の神頼みは「信州物味湯産手形」かな?

 
    (ONKEN21) Oke Kerorinさん、長野県駒ケ根の近くの中川村に四徳温泉があるのですね。
お恥ずかしながら、日帰り圏でないせいか、私は知りませんでした。
今年4月から指定管理者が変わったみたいですね。公式HPを見ました。
http://shitoku.net/
pH10.4とはかなりの強アルカリですね。営業は土曜と連休の日曜のみですかね。
連休中日以外は行くのは難しそうですね。
信州物味湯産手形は方々で勧められますが、埼玉からだと群馬・栃木・新潟・神奈川も含め
いろいろな方向に浮気してしまうので、地域限定パスポートは購入に至っていません。
温泉博士は私は栃木が良いので買いましたけど、それ以外の地域は確かに魅力がありません。
静岡も天然温泉は1000円超え負担の熱海だけですものね。
また、方々で温泉博士はショボイとか、近年は購入を見合わせているという声を聞きます。
最近は本屋でも先月号が大量返品となったのか、発売日ですら棚の中から2冊やっと見つけて購入した次第です。
このままだと温泉博士将来的に厳しいかなという感じがしますね。
 

白井の湯

 投稿者:ONKEN21@千葉  投稿日:2016年 6月19日(日)19時36分4秒
返信・引用
  > No.5986[元記事へ]

> P.S.千葉県の白井の湯が4/1より湯花楽チェーン入りした模様です。

本日の温泉博士は土浦から40km1時間30分位の千葉県白井市の白井の湯です。
厚木や北本の湯花楽と同じ会社が運営しているようです。
温泉分析書は脱衣所の他に玄関にも掲示があります。
ラムネ湯、主浴槽、水風呂、露天風呂の全浴槽が270L/分、温泉利用で、加水なし、水風呂は14.5℃加温なし他は加温、全浴槽循環ろ過、塩素系消毒ありです。
温泉はメタけい酸該当の規定泉で無色透明無味無臭で特徴は薄いです。
メタケイ酸の影響か露天では肌が少し青白く見え、湯上がり後も肌触り良好。
お湯は特徴が薄く、掛け流しはありませんが、水風呂も非加熱温泉利用なのはいいですね。
さて、奇数日の大宮のむさしの湯のさよなら寄れるかな?
 
    (ONKEN21) http://shiroinoyu.com/  

麺や蒼AOI

 投稿者:ONKEN21@つくば  投稿日:2016年 6月19日(日)15時25分32秒
返信・引用
  > No.6860[元記事へ]

> 土浦市ラスクマリーナ霞ヶ浦温泉スタンドを半年ぶりに汲みました。
> 今回は塩素臭全く感じなかったです。

本日は千葉県やさいたま市をめざしています。
途中に温泉スタンドが皆無なので茨城県土浦市の霞ヶ浦温泉スタンドに10ヶ月ぶりに向かいます。羽生・栗橋・下妻経由でつくば市へ。
つくば市は茨城県でもラーメンのレベルが高いので初めて寄ります。
ランキング全国3番手で茨城県トップのつくば市の店は日曜休みなので、茨城次点ながら全国でも10番代に入っている「麺や蒼」へ。
自宅より92km2時間30分、14:30~中休みに入るので14:15に入店。
行列はなくすぐ券売機で食券購入しオーダー、満席まちのみ10分ありました。
頼んだのは大ラーメン800円で、並でも料金は同じ。
出てきたのは普通のラーメンでも味噌ラーメン、ここは味噌が有名なんですよね。
味噌は極めてくリーミーで癖ななりそうなおいしさでした。
この後、土浦霞ヶ浦温スタの後、千葉県の白井の湯の博士に初めて向かいます。
その後はできればさいたま市のさよなら温泉へ。
 
    (ONKEN21) ↓蒼オゼシンブログ
http://blog.livedoor.jp/marusou_oz/

霞ヶ浦温泉スタンドは本日も塩素臭なし、薄塩味に初めてサビの香りまでありました。
よく味わうと苦味も少しありますね。
http://www.lacusmarina.com/
 

山梨県富士吉田市 温泉スタンド

 投稿者:Oke Kerorin  投稿日:2016年 6月19日(日)07時56分29秒
返信・引用
  市で管理している温泉スタンドです。
24時間、無休、無料!
歴史民俗博物館の近くにあります。

女房が風呂釜が傷む!というので温泉スタンドは利用したことはありません。
温泉を自宅に持って帰れば、楽しみも倍になるはずなのに!
ちなみに我が家の風呂は沸かすことができないので、差し湯にすることしかできません。
大丈夫なはずでは?

 
    (ONKEN21) Oke Kerorinさん、富士吉田市温泉スタンドに行かれましたか!
私は8ヶ月前に> No.6966[元記事へ]6年ぶりに> No.2442[元記事へ]行きました。
無料というのが凄いですね。伊豆の浮橋温泉も無料ですが、あちらは時間が15~18時と短い。
なるほど釜を痛めるので温泉スタンドでは大量に汲めないのですね。
私も10年ほど前、家が建替えとなり、新築直後は禁止だったのですが、家族もよく温まると好評でいつのまにか解禁となりました^^;
ただし、真湯に1日10Lしか温泉を入れず(差し湯式)一週間をもたせるパターンなので、かなり薄めてますけどね。
お蔭で10年間、お風呂のトラブルは起っていません(^^;大丈夫です!
これだけ薄めても真湯とは全く違いますよ~。
 

秩父華厳の滝茶屋

 投稿者:ONKEN21@皆野  投稿日:2016年 6月17日(金)13時34分44秒
返信・引用
  > No.7319[元記事へ]

ksさんへのお返事です。

本日は皆野町の秩父華厳の滝に仕事で来ています。
昨年より秩父華厳の滝休憩所が秩父華厳の滝茶屋にリニューアルしました。
店内もお洒落になり、女性好みの甘味スウィーツなどが充実しています。
私が食べたのは唯一食事メニューとなる数量限定の手打ちうどんで、温冷選べ、たぬき・きつね・月見うどん450円、私が頼んだのは定番3種盛りうどん500円。
大盛は平日なら売り切れがなければ可能なようで無料でできました。
定番3種とは揚げ玉、油揚げ、生卵。わかめも入り、胡瓜ときんぴらが付いています。
うどんはなかなかおいしく、腹一杯食べられました。
食後は秩父華厳の滝を数十年ぶりに見ました。

https://sites.google.com/site/chichibukegonnotakichaya/

 
    (ONKEN21) http://ameblo.jp/chichibukegonnotakichaya/  

ぐんまの源泉[日帰り入浴]パスポート

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月16日(木)22時45分31秒
返信・引用 編集済
  > No.7320[元記事へ]

 ついに「西上州の薬湯」に先立って、待望の群馬の温泉のパスポートが上毛新聞社より発売になりました。
表題の本が今年4/27より発行、800円(税抜)、ISBN978-4-86352-149-0となっています。
この本も群馬県内の大型書店でも見かけなかったので、通勤途上の書店で取り寄せてみましたら、
3日後に入荷、本日購入しました。
 本の巻末には来年末まで大人入浴料のみ1枚につき1人1回有効の100円引のクーポンが20枚付いています。
つまりは本代は税込864円ですから、延べ9人施設利用すると本代はタダになり、20枚全て使うと
2000-864=1136円もお得になる代物です。私のように2人で利用すれば5施設で元が取れ、10施設で
フル活用となります。中には2枚200円引が3施設、3枚300円引が1施設あります。(それらは1枚利用不可)。
 さて肝心なのはクーポン参加施設です。具体的にはネット上どこにも公表されていないのでこちらでも
公開は差し控え、皆さんが買ってからのお楽しみとしますが、目次151施設のうちクーポン掲載は106
施設となっています。そのクーポン施設の中でも私の未湯は24施設ほどありました。このうち独自源泉の
もの、湯使いの良いものを選んで拙掲示板に小出しにレポし、10施設以上フル活用してみたいです。
 この中で1ヶ所初めて見た新施設がありました。嬬恋村新鹿沢温泉「とべの湯」です。
旧戸部旅館を2014年日帰り入浴施設にリニューアルしたものだそうです。(ツゥさんの足利発のレポ)
営業時間は11~21時(12~3月~20時)大人600円、子ども400円、貸切風呂1時間2800円でもちろん
大人600円はこの本で100円引となります。源泉は鹿沢温泉雲井の湯です。早めに行ってみたいところです。

↓小暮淳氏の「源泉ひとりじめ」のブログでの本の紹介
http://kogure.gunmablog.net/e370674.html

>  群馬の温泉本と言えば小暮淳氏の上毛新聞社の群馬各地の温泉本ですね。
> 実は今年5/10より「西上州の薬湯」という新著が小暮淳氏により上毛新聞社から発売となりました。
> 1000円(税抜)でISBN978-4-86352-153-7となっています。

http://www.jomonet.co.jp/?p=3142

 

三条の湯断念とのめこい湯

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月13日(月)22時15分33秒
返信・引用 編集済
  > No.5327[元記事へ]

  昨日は小川町経由、青梅・奥多摩から山梨へ向かい、のめこい湯で3年ぶり3度目の温泉博士して、
大菩薩の湯温泉スタンドで汲んで、甲州市塩山・雁坂トンネル・秩父経由で帰りました。実はめあては

> 本日は奥多摩ハイキングを考えていましたが、梅雨入りで雨のため断念 > No.7315[元記事へ]

として考えていた山梨県丹波山村の雲取山中腹の三条の湯の初到来と日帰り入浴。しかし、朝の出発が遅く
なってしまい、三条の湯入口の後山林道入口の片倉谷まで下道100km3時間弱で行ったものの、R411から
2kmの片倉橋から先は今は一般車通行止め(画像上)、三条の湯まで徒歩片道2時間30分もかかります。
往復と入浴で5時間はかかりそうなので帰りの片倉谷へ到着時間も考え、断念しました。
片倉橋より手前の7~8台置ける駐車スペースに止めて、東京都水道局の後山林道を往復で1時間位ハイキング
はしました。片倉谷から後山林道終点の青岩出合で三条の湯まで徒歩30分のところまでは宿泊者の送迎車での
送迎があるようですね。また紅葉の秋頃リベンジしてみたいです。秩父山系雲取山の秘湯なのでいつの日かは
行ってみたいです。昔だったら、青岩出合まで車で行けて、そこから徒歩30分で行けたんですけどね…
http://www.taba-kan.co.jp/sanjou/index

 次に片倉谷から7kmで当初は汗流しに考えていた丹波山温泉のめこい湯へ。前2回は3月の訪問で、景色も
冬枯れの殺風景でしたが、今回は初めて夏の訪問。道の駅たばやまから眺める新緑が美しかったです(画像中)。
今回も3度目のローマ風呂で、和風風呂への初入浴は適いませんでした(^^;平成28年6・7・9・10月、平成29年
1月は偶数日は男性がローマ風呂だそうです。温泉分析書が平成27年付に更新されていました。秩父らしい
硫黄香る湯で肌が強烈にぬめり、素晴らしい湯でした。特にかけ湯では頭から源泉をかぶり、鼻を突く玉子臭
と髪や顔への強烈なぬめりを楽しめました。想像するに三条の湯は冷泉ですが、のめこい湯に似た感じのお湯
なのでしょうね。温泉博士は3時間の時間制限がありますが、めいいっぱいゆっくりしました。

> まずは久々なのでのめこい湯に再訪しました。
> 温泉博士には年に1回4月号しか載せませんね。
> 今回も前回と同じローマ風呂、男女交代でも同じ風呂しか入れないというジンクスが発揮されました(^^ゞ
> 今回も硫黄臭と肌の凄まじいヌルスベが健在。
> 山の湯は海とは違いますね。
> 大浴槽のぬる湯はここがヌル湯文化圏の山梨であることを実感させます。

平成27年付と平成17年付()内データ比較
 温泉分析書 (山環温第27-5号(梨食第17-1号))
1.申請者
氏名:丹波山村長
2.源泉名及び湧出地
源泉名:のめこい湯(丹波山温泉のめこい湯)
湧出地:山梨県丹波山村字ちの久保2903番(のめこい湯:丹波山村778-2番地/道の駅たばやま:丹波山村2901)
3.湧出地における調査及び試験成績
(2)調査および試験年月日:平成27年6月23日(平成17年7月14日)
(3)泉温:41.7(43.3)℃(調査時における気温24.0℃)
(4)湧出量:113(160)L/分(動力揚湯)
(5)知覚的試験:無色澄明硫黄臭苦味(無色澄明、弱硫化水素臭味)
(6)水素イオン濃度:pH9.8(9.8)
4.試験室における試験成績
(2)分析終了年月日:平成27年7月2日(平成17年8月4日)
(3)知覚的試験:無色澄明わすかに硫黄臭苦味(同上、採水後4時間後)
(4)密度:0.9985(20℃/4℃)
(5)水素イオン濃度:pH9.9
(6)蒸発残留物:232(207)mg/kg(乾燥温度110℃)
(7)電気伝導率:339μS/cm(25℃)
Li=0.1(-) Na=65.3(60.2) K=0.7(1.9) アンモニウム=0.5(4.4) Ca=2.2(2.5) Sr=0.1(-) Al=0.1(-) 陽計=69.0(69.0)
F=5.1(5.6) Cl=37.8(28.9) Br=0.1(-) 水酸=1.0(-) 硫化水素=6.2(6.3) チオ硫酸=-(0.3) 硫酸=2.6(7.4)
リン酸水素=-(0.4) 炭酸水素=-(12.8)炭酸=41.1(46.3) メタケイ酸=58.8(59.8) メタホウ酸=3.1(3.0) 陰計=155.8(170.8)
溶存物質計・成分総計=0.225(0.2398)g/kg
Cd・鉛・銅・総水銀・総ヒ素=不検出
6.泉質:アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性温泉(高温泉))
平成27年7月3日(平成17年8月4日)
株式会社 山梨県環境科学検査センター 代表取締役社長(社団法人 山梨県食品衛生協会 会長)

(今は掲示のない2010年現在の温泉利用状況)
入浴に適した温泉に保つため加温しています。
衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
衛生管理のため塩素系薬剤を使用しています。

http://www.nomekoiyu.com/

 帰りはまだ温泉を汲んでなかったのでどこかで温泉をGETせねばなりません。村民専用だった丹波山温泉
スタンドはシャッターが下りたまま、一番近そうな奥多摩鶴の湯の源泉販売は19時前だったので営業終了
している可能性があり、飯能市のカインズホーム飯能店もガーデンセンターは19時終了、ときがわ町や
武蔵村山温スタも早々に営業終了しており、藤野温スタもえらく遠回りなので、丹波山から30kmほどの
甲州市の大菩薩の湯温泉スタンドへ7年ぶりに行きます。> No.5569[元記事へ]
200L100円、タイマー式なのでコックで絞ると100円で70L弱くらいしか汲めませんでした。
冷たい温泉ですが、pHは10もあるので、手に触れると肌がヌルヌルしてきます。翌日でもヌルヌルしました。
給湯機は多分、24時間営業で、横に分析書と加水・加温・循環ろ過・消毒全てなしの利用状況表がありました。
http://www.s-seiun.co.jp/shisetsu/daibosatsu/

帰りは塩山から山梨市三富へ出てR140で大菩薩の湯から110km2時間20分ほどで帰りました。

P.S.土曜夕方温泉は大江戸温泉物語伊香保に約1年ぶり> No.6614[元記事へ]に入浴しました。
 

西上州の薬湯

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月11日(土)00時08分5秒
返信・引用 編集済
  > No.3245[元記事へ]

 群馬の温泉本と言えば小暮淳氏の上毛新聞社の群馬各地の温泉本ですね。
実は今年5/10より「西上州の薬湯」という新著が小暮淳氏により上毛新聞社から発売となりました。
1000円(税抜)でISBN978-4-86352-153-7となっています。
http://www.jomonet.co.jp/?p=3150
この本を土曜に本庄や群馬県内の前橋・吉岡の蔦屋書店で探したのですが在庫がなく、熊谷駅の本屋で注文
しました。水曜に注文して昨日金曜には届き、温泉博士7月号と共に買いました。
西上州は氏が薬湯と称するほどとてもクセモノの秘湯が多く、群馬でも西上州は自宅から最も近いので、
購入に踏み切りました。実はこの本に載っている温泉地(宿としては磯部に未湯も結構あります。)は
すべて訪れているのですが、古い記憶も多く思い起こしながら、ざっと目を通したところです。
湯端温泉は若主人とも顔見知りなのでうれしかったですが、一番参考になったのは磯部温泉小島屋旅館ですね。
磯部温泉で掛け流し(循環併用掛け流しは除く)もさることながら、磯部温泉最古の温泉宿ですか。
しかも日帰り入浴は受付ておらず、1泊2食7000円、素泊まり4500円、いつかここで埼北温泉愛好会の
宿泊オフを開催してみたいと思ったものです。あとは八塩温泉神水館は冷泉風呂が興味深いのですが、
昔は一時日帰り入浴もやっていたのに今は宿泊者限定、当時入らなかったのが心残りです。
あと一つタイミング的に残念だったのは安中市松井田の上増田温泉砦の湯が取材期間中は休業されていたせいか、
この本に載らなかったということですね。西上州の日帰り温泉では湯使いでもNo.1だと思いますけどね。
日帰り温泉では京ヶ島温泉湯都里も載ってましたね。皆さんも是非読んでみて下さい。

↓小暮淳氏の「源泉ひとりじめ」より
http://kogure.gunmablog.net/e371084.html

> (2010/)9/17に小暮淳さんの「群馬の小さな温泉」(1,000円)ISBN978-4-86352-033-2
> が上毛新聞社より発行されました。みしゅらん掲示板の天地の湯レポでも紹介しました。
> 昨年の「群馬の源泉一軒宿」に続く著で前回は一軒宿限定でしたが、
> 今回は2,3軒の宿が集まる小さな温泉にスポットを当てています。
> http://www.jomonet.co.jp/tatiyomi/033.pdf
>
>  早速、F市立図書館にリクエストしたところ埼玉県内他の図書館に在庫がなかったのか、
> 見事購入していただき、今回、借りることができました。
> F市立図書館の新刊本として紹介されたせいか、予約が私も含め5人も入っているようで、
> 彼の著の群馬とその周辺での人気の高さに驚かされた次第です。
>
>  借りたその日のうちに1時間ほどでざっと読んでしまいました。
> どんな温泉が紹介されているかは↑上毛新聞のPDFの目次で立ち読みしていただくとして、
> 温泉博士に載ったところですと、湯宿温泉湯本館、谷川温泉の旅館たにがわ、水上山荘、
> 自遊人だと湯の小屋温泉葉留日野山荘、新顔では川場温泉悠湯里庵、私が行ったところでは
> 鎌田温泉梅田屋旅館、レークサイドゆうすげ、八塩温泉鬼石観光ホテル、赤城温泉ホテル、
> 薮塚温泉ホテルふせじまなどが紹介されています。
> 氏の群馬の温泉に対する思い入れや表現、やはり地に根差した愛情を感じざるを得ません。
> さすがはライターは違いますね。
>
>  ちなみに前著の「群馬の源泉一軒宿」の本も以前、リクエストしましたが、上福岡図書館
> から取り寄せていただき読んでいます。図書館にリクエストするというのはタダで読める
> というのもあるのですが、その後の図書館利用者にもたくさん読んでいただきたいという
> 本の宣伝目的もあります。
> 他に上毛新聞社の「ぐんま隣接4県百湯百泉」なんて発行されて5年くらいたっているのでしょうか?
> F市立図書館では今も貸出中になっていることが多く、F市民の間でも同じ利根川流域で
> 身近な群馬の温泉本の人気は非常に高いように思われます。
> 小暮淳さん改めて発行おめでとうございます。
> そう言えば、最近はあのガラメキ温泉にもいらしたようですね。
>
> > 「小暮淳の源泉ひとりじめ」
> > ルンズ・ファームでたまたま発見したのですが、
> > 全体を見ても、さすが「源泉の一軒宿」の本を初めとした出版関係者、
> > 群馬の温泉に対する深い思い入れは共感を覚えました。
> > 私も思わずコメントしてきました。
>
> P.S.彩流社の「群馬の逆襲」という本も書棚に見かけたので一緒に借りています。
 

Re: 秩父温泉満願の湯、創業20周年

 投稿者:ks  投稿日:2016年 6月10日(金)20時17分47秒
返信・引用
  > No.7314[元記事へ]

ONKEN21さんへのお返事です。

>  昨朝、F市でも満願の湯創業20周年ということで初めてチラシが入ってきました。
> 平日は1日800円→600円の6/30まで有効の割引券2枚が付いていました。
> 6/30までの平日17時以降は誰でも600円→500円です。

こんばんは

この情報を見て今日は、暫くぶりに満願の湯に行って来ました。もう何年も寄っていないと思います。
桜山温泉、うしおの湯が未だ営業していた頃。昼間の時は桜山温泉。17時過ぎは500円で入浴出来る
満願の湯にしていました。

暫くぶりの満願の湯は、以前と変わった所がありました。浴室は、男湯、女湯が入れ替わりますが、中の
造りが少し違うと言うか、広さが違ったかなと記憶しています。今回は、狭い方と思う浴室。橋より。
露天風呂、以前は1つだったと定かでない記憶。円形の風呂がありましたが、以前は無かったような
記憶です。4かくの露天風呂は熱いですが、円形の方は温め。長時間入浴には良いと思います。
今日は暑いので、風呂へ行くのは消極気味ですが、満願の湯の施設は、厚さしのぎにはなりました。

以前、脱衣所は、脱衣カゴと貴重品用の小さな有料ロッカーは有ったと思いましたが、大きな荷物の入る
ロッカーは無かった記憶です。今回は、そのロッカーが脱衣所に設置されていました。100円料金の
ロッカーですが、使用後は返金されます。

入浴後、初めてカラオケを歌いました。通常1曲200円が100円に。1曲「男はつらいよ」を、
歌いました。休憩室に居た客数は、10人足らず。テーブル席は殆ど空席。気楽に歌えました。
浴室も、午後1時半頃の入浴時は、露天合わせても5人前後と思いました。その後少し増え、午後3時頃
は10人前後超えたかなと思いました。これは、男湯に限ってですが、500円の特別料金の割には、
賑やかさが足りないのではと感じました。休憩室は、入館時の方が賑やかだったかも知れません。
ただ、移動しながらガラス越しに休憩室を覗いたので、どれくらいの賑やかさかはわかりませんが、
武甲温泉の感謝祭の方が、賑やかさは上と思いました。休憩室での食事は高目の通常値段。注文出来る
物は有りませんでした。以前はカツ丼が味噌汁付きで確か600円で食べられたと思いました。
カツ屋のカツ丼のカツよりも厚いと記憶しています。入浴料金だけではなく、食事も高くなっている
と感じました。

国済寺温泉、美肌の湯の食欲セットは、遠くでも得々感を感じています。このセットが末永く続くよう
お出かけの際は好評をお伝え頂きたいと思います。広いサウナ有、寝湯に露天には横になれる床、
長時間滞在出来て980円は本当に有りがたいと思います。

武甲温泉の入浴料300円の感謝祭も行われる時期ですが、新聞の購読をやめた我が家、情報が入手
出来ていません。
 
    (ONKEN21) ksさん、満願の湯のレポありがとうございます。
> 6/2(木)、6/6(月)、6/10(金)、6/14(火)、6/22(水)、6/30(木)は終日500円です。
ということで本日10日の終日500円に行かれて、ゆっくりされたのですね。
私は満願の湯は近年では7年前と4年前に行っただけなので、お風呂もうろ覚えです。
確かに男女交代が行われていて、7年前は狭い方、4年前は広い方だったようです。
露天風呂は4年前の広い方は一つしかなかった記憶があるので、
7年前の狭い方は露天風呂が2つあったような記憶があります。
狭いのを2つで差を少なくしたのでしょうね。
そう言えば20年前にオープンした当時は内湯のみで露天風呂はなかったと記憶しています。
渓谷を望む露天風呂は増設したものですよね。
満願の湯と言えばやはりカラオケですね。テレビ埼玉にも出演できるとあって、秩父ばかりか埼玉でも一番カラオケが盛んな施設ですよね。
ksさんのお好きなカラオケで介護の中、気分転換ができて何よりでした。

そう言えば桜山温泉の話もされていましたが、昔の群馬県企業局→鬼石町→藤岡市営で一旦長期休業後、昨年から民間業者により絹の里別邸として営業が再開されました。
最初はかんなの湯や花和楽の湯同様、増設された岩盤浴込で1200円くらい取ってましたが、今は入浴のみで700円くらいの料金設定もできたようです。
秩父では映りませんが、うちは榛名山電波なので、群馬テレビが映りますが、カラオケ番組では桜山温泉のCMが盛んに流れています。
群馬の桜山、埼玉の満願がカラオケの両雄と言ったところでしょうね。
ただし、桜山の方は大広間の舞台でのカラオケは廃止となり、カラオケルームで歌う形になったようです。
http://www.spa-sakurayama.com/
 

温泉博士7月号は栃木の寺山鉱泉とおおるり山荘に注目

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月 9日(木)22時02分8秒
返信・引用 編集済
  > No.7244[元記事へ]

古市場さん、頭文字Dさんへのお返事です。

> 古市場さんの栃木県寺山鉱泉のレポもありました。
> 寺山鉱泉は2012年7月号に平日限定で載ったことがあります。> No.4808[元記事へ]

> 寺山鉱泉でも少量汲めるみたいですね。> No.7250[元記事へ]

古市場さんのレポが効いたのか、4月号の熱海温泉福島屋旅館に続き寺山鉱泉が再登場しました。> No.7188[元記事へ]
今回も土日祝利用不可と思われますが、いつも貴重な施設を掲載へと導いて下さりありがとうございます。
私も土日祝不可であればいつか自腹で休日に行ってみたいと思います。記念スタンプもいただけますしね。
※休日不可は解除となり、~17:00の時間限定のみとなっています。
その他は新規施設は「那須高雄温泉おおるり山荘」「新穂高温泉 麓庵民宿たきざわ」(土日祝不可)以外は
いつも通りの常連施設の顔触れとなっています。
読者ライター「ひたれりつくせり」に12ページに私も昨年泊まった> No.6592[元記事へ]長野県戸倉上山田温泉
伊東園ホテルズのリバーサイド上田館や10ページに温泉博士で6年前に入ったことのある> No.2753[元記事へ]
群馬県伊香保温泉ホテル天坊天晴がレポされていて懐かしかったです。

利用期限:平成28年6月15日(水)~7月15日(金)
※新登場/・再登場/◎1年前の7月号にも登場/
利用不可日は【】に記載済/別料金は差額支払額を[円]で記載済

【福島県】
◎照島温泉 小名浜オーシャンホテル[543円]<3月号>
◎羽鳥湖温泉 レジーナの森彩光の湯&ガーデンスパ<3月号>

【茨城県】
◎大洗町 ゆっくら健康館(風呂のみ利用可)<3月号>

【栃木県】
・大丸温泉 休暇村那須<2月号>
・寺山鉱泉 寺山鉱泉(8:30~17:00限定)<2012年7月号>
◎那須温泉 ホテルフロラシオン那須[500円]<3月号>
※那須高雄温泉 おおるり山荘〔まっとうな温泉〕(13年前の無料露天風呂時代のレポ)

【群馬県】
◎あづま温泉 桔梗館<5月号>
◎奥軽井沢温泉 ホテルグリーンプラザ軽井沢[大人230円/小人・幼児620円]<6月号;5ヶ月連続>
・富士見温泉 道の駅ふじみ ふれあい館<3月号>
◎湯宿温泉 湯本館<3月号>
◎寄居山温泉 ほっこりの湯<3月号>

【埼玉県】
◎川口市 健康ランド武蔵野〔非温泉〕[920円]<3月号>

【千葉県】
◎いすみ市 九十九里ヴィラそとぼう〕<6月号;76ヶ月連続>
◎君津市 ロマンの森共和国白壁の湯〔非温泉〕[入園料500円]【土日祝】<3月号>
・山武市 蓮沼ガーデンハウスマリーノ〔非温泉〕【土日祝】<3月号>
◎白井市 天然温泉白井の湯<3月号>

【東京都】
◎台東区浅草 浅草ROXまつり湯〔非温泉〕[1,700円、小人350円]<3月号>

【神奈川県】
◎蛸川温泉 ザ・プリンス箱根芦ノ湖[800円]<3月号>
◎箱根小涌谷温泉 箱根ホテル小涌園[650円]<3月号>
◎箱根湯本温泉 天成園[1,300円、小学生200円]<3月号>
◎箱根湯本温泉 吉池旅館[1,210円、小人620円]<3月号>

【山梨県】
◎市川三郷温泉 つむぎの湯<5月号>
◎石和温泉 ホテル八田[480円]【土日祝】<3月号>
◎富士川町 まほらの湯<6月号;3ヶ月連続>

【新潟県】
◎神湯温泉 神湯温泉倶楽部[入湯税100円]<3月号>
◎新胎内温泉 ロイヤル胎内パークホテル【月曜定休】<3月号>
◎関温泉 休暇村妙高<3月号>

【長野県】
◎大町温泉郷 黒部観光ホテル<3月号>
・春日温泉 かすがの森【6/15~17は利用不可】<2月号>
◎上諏訪温泉 ホテル鷺乃湯[500円]<3月号>
◎下條温泉郷 コスモスの湯<3月号>
・蓼科温泉 東急リゾートタウン蓼科鹿山の湯[~7/8は50円、※7/9~は250円]<3月号>
◎月川温泉郷 野熊の庄月川<12月号>
◎戸倉上山田温泉 湯元かめ乃湯<3月号>
◎布引温泉 あぐりの湯こもろ<3月号>

【岐阜県】
◎下呂温泉 ホテルパストール
◎新穂高温泉 深山荘別館槍の郷[1000円]<3月号>
※新穂高温泉 麓庵民宿たきざわ【土日祝】

【静岡県】
◎熱海温泉 大月ホテル和風館[800円]<3月号>
◎熱海温泉 ホテルミクラス[1500円]<3月号>
◎御殿場市 オアシス御殿場〔非温泉〕[平日500円、土日祝1000円、深夜料金1500円]<3月号>
◎浜松市 国民宿舎奥浜名湖〔非温泉〕<3月号>

P.S.MOTECO山梨国中版6月号で「日帰り温泉特集」をMOTECO発行エリアでは唯一やってるようです。

http://gekkanonsenhakase.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

 

Re: 行田らー麺Chop2016

 投稿者:ONKEN21@行田  投稿日:2016年 6月 8日(水)14時18分15秒
返信・引用
  > No.6814[元記事へ]

本日は行田市のらー麺CHOPに1年ぶりに訪問しました。
本日は13:30で行列なし、駐車場は葬儀屋の駐車場の遠い南側に変更になったみたいです、でも、近くで路上駐車も見受けられます。
> ゆずそばや味噌中華そば、辛つけそばと迷いながら、
とあったのでゆずそば700円を替玉+50円でいただきました。
カレーつけそばはメニュー落ちしたみたいです。ゆずそばは海苔の上に柚子が載ってますが、かすかに香る程度で、豚骨の臭いが勝っています。
替え玉は麺の固さを選べるので固めを希望。
替え玉なしでも結構お腹いっぱい、替え玉だと苦しめですね^^;
久々においしいラーメンを食べました。

>  行田市では「どんぐり」を抜き、一番人気となったタイ風の「らー麺Chop」。
> 昨日は3週間ぶりにに3度目の来店。13:00で店頭一人待ち、13:40には麺切れ閉店。
> 暑いのでまぜそば中750円をオーダー。麻油はラードは別容器で持ってきていただきます。
> 海老やかつお節、半味玉、チャーシューなどたくさん入っていました。
>
>  そして本日は4度目の来店。本日は行列もなくカウンターに客がいただけですいてましたね。
> ゆずそばや味噌中華そば、辛つけそばと迷いながら、涼しいので「鶏(トリ)白湯麻油(ニンニク)そば(極細麺)」
> 700円(並盛のみ)を麺硬めの替玉+50円でいただきました。さすがChop、豚骨スープでも大変
> おいしかったです。マサラ(カレー)つけそばも気になりますが、これで行田市での仕事は今年は終わりです。
 
    (ONKEN21) 6/10に再訪、駐車場は店の横の道を入った先のカーブ左手です。
13時でカウンター満席、13:30には空席多数。

> マサラ(カレー)つけそばも気になりますが、

メニューの裏側に書いてあった(メニュー落ちせず)マサラ(カレー)つけそば中盛800円をオーダー(画像中入替)。
RDBのレビューに一番多いですが、やはり一番おいしかったです。
麺やスープ割にもカレーの赤スパイスが入っています。
他に味噌チーズつけそば800円や海老そば850円もあり、来年は行ってみたいですね。
 

静岡県湯ヶ島温泉 犬猫温泉

 投稿者:Oke Kerorin  投稿日:2016年 6月 6日(月)06時14分20秒
返信・引用
  河鹿の湯の駐車場の隣にある犬猫専用の温泉です。
看板も倒れ、湯は抜かれていました! 今は使われていないのかもしれません?
近くに源泉が掛け流されている流し台があるで、こっちに移動したかもしれません。

 
    (ONKEN21) Oke Kerorinさん、湯ヶ島温泉犬猫温泉のお話ありがとうございます。
犬猫温泉はネットで話にはたくさん聞いたことがあります。
あそこに入る人がいるとか…(^^;(人の入浴は禁止)
私は行ったことがありません。普段は空で犬猫の利用時のみ栓をして貯めるようですね。
私が湯ヶ島温泉で唯一入ったのは国民宿舎時代の木太刀荘の宿泊のみで、もう20年近く昔の話です。
2ヶ所の共同浴場と犬猫温泉の垂れ流しと共にいつか久々に行ってみたいものですね。
 

那須野ヶ原温泉「ホテルアオキ」御縁日+栃木パス

 投稿者:ONKEN21@大田原  投稿日:2016年 6月 5日(日)20時38分47秒
返信・引用
  > No.6897[元記事へ]

本日は栃木県大田原市の那須野ヶ原温泉「ホテルアオキ」に初めてやってきました。
昨日は群馬県高崎市箕郷温泉まねきの湯に行き、10日から露天が人工炭酸泉になること、木曜に男性サウナでロウリュをやってること、26日は日曜でも風呂の日で入館料が390円であることを確認しました。
本日は奥多摩ハイキングを考えていましたが、梅雨入りで雨のため断念、
那須野ヶ原温泉は毎月5・15・25日は御縁日で入浴料が400円で、本日は5日で行くことにしました。
途中、尚仁沢湧水や矢板城の湯温泉スタンドで汲みました。
大田原市の那須野ヶ原温泉は大田原市街地のパインズ温泉や太陽の湯からさらに西の山の向こうにありました。
ホテルアオキの玄関の脇を入ると、那須野ヶ原温泉日帰り入浴専用の玄関があります。
ここは栃木ふるさと旅行券に付いていた「栃木パスポート」のおもてなし施設のため、押印してもらおうと、提示すると何と御縁日400円からさらに100円引の300円で入れました。
券売機で買うところ現金で払います。通常は700円ですから半額以下になりました。多分17時以降の夜間割引600円も100円引になりそう。
脱衣所は籠と100円玉式ロッカーの併用。
内湯は大浴槽・泡風呂・サウナ・水風呂。
滝が流れ、皐月咲く庭園を望む露天風呂あり。
泉温52℃のアル単が全浴槽全てなしの完全掛け流しで、内湯大浴槽のオーバーフローは気持ちいい~。
投入口は硫黄臭が明瞭に漂い肌が少しヌルヌルします。
さすが栃木、大田原市内でも一番の良い湯使いの素晴らしい美肌の湯でした。
 
    (ONKEN21) 箕郷温泉まねきの湯は5ヶ月ぶりでした。> No.7135[元記事へ]
壺湯は前回と同じく撤去することもなく閉鎖されたままでした。
まねきの湯の男性木曜ロウリュは20時のみとなっています。
http://www.manekinoyu.jp/misato/

(那須野ヶ原温泉について)
栃木パスポートの利用は烏山城温泉以来2度目でした。> No.7196[元記事へ]ちなみに、
> さて、大田原の掛け流しで〆られるかな?
とはパスポート繋がりで那須野ヶ原温泉のことでした。
http://tochigi-kankopassport.jp/
ちなみに旧大田原市の温泉としては「パインズ温泉ホテル大田原」にも温泉博士で3年半前に入ったことがあります。> No.4963[元記事へ]
http://www.e-aoki.jp/
 

秩父温泉満願の湯、創業20周年

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月 1日(水)00時52分47秒
返信・引用 編集済
  > No.4961[元記事へ]

 昨朝、F市でも満願の湯創業20周年ということで初めてチラシが入ってきました。
平日は1日800円→600円の6/30まで有効の割引券2枚が付いていました。
6/30までの平日17時以降は誰でも600円→500円です。
6/2(木)、6/6(月)、6/10(金)、6/14(火)、6/22(水)、6/30(木)は終日500円です。
残念ながら、休日は3時間900円、1日1000円の通常料金で私はご縁がなさそうです。
満願の湯は難航の末掘削し、水と緑のふれあい館が5年くらい先に先行開業、
民営の満願の湯がオープンして20年、私が大学生の頃ですから、もうそんなに経つのですね。

> 本日は本庄で800円カットと用事の後、児玉経由で皆野町の秩父温泉満願の湯に
> 温泉博士は初めてですが、3年半ぶり5度目くらいで訪れました。
> この日は夕方頃、夕立が激しく車の運転や下車が大変だったです。
> 家からはR140下道(皆野寄居バイパス使わず)で34km、50分です。
> 下足ロッカーキーは各自保管、受付に温泉博士を出すと「大丈夫です」とスタンプを押していただき、
> 3時間制限の退館時間を書いた紙と食事用の番号札を受取ます。
> 受付に温泉博士を出してたら、他の客が温泉博士をよく見てて、フロントに温泉博士について
> 尋ねていました(^_^;)。湯郷白寿でもそうでしたが…。埼玉県北では知名度は意外と低いです。
> 熊谷駅の本屋では温泉博士を見てて「今回は満願の湯が使えるよ」と知人らしき人に
> 紹介している人も見かけましたが…。
> この日は土曜の夕方とあって、長瀞や秩父の観光帰りやキャンプ客が多かったのでしょうか、大変な混雑でした。
> 冬の平日の夜(17時~500円)のすき具合とは大変な違いです。
> あとここはテレ玉のカラオケ大会の常連で県北でも一番盛んな施設、ここはガンガン響いてました(^_^;)
> ここの名物、黄金めしは8年前食べたことがあります(ちなみにこの時は「宝登の湯・産の湯」だった記憶が…)。
> http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/bbs04/bbs040211_0220.htm#1077322414
> お風呂は毎週月曜に男女交代しており、この日の男湯は前回と同じ広い方の「黄金の湯」でした。
> 温泉分析書は昔と同じ平成1年。温泉法は10年に1回ですから、2回更新しないとねえ。
> フロントの後ろには温泉分析書の原本が飾ってありましたが、きっと新しいのでしょうけど、
> 分析年までは見えませんでした(^_^;)館内では「源泉100%」の表示が目につきますが、
> 決して掛け流しではなく「循環」です。
> お風呂ですが、どちらも露天風呂からは満願滝を望みます。露天では「長命水」が飲めます。
> 夜は麓の国神集落の祭りがあったようで、花火の音が旅情を誘います。
> 内湯にはバイブラやジェットがあり、若干白っぽく秩父らしい香ばしい玉子臭が漂います。
> 何と言っても夏の暑い時期に注目されるのは「水風呂」でしょう。
> 近頃は「源泉水風呂」は古代蓮とか清河寺とか、小川花和楽金の湯とか、昔の蔵の湯とか
> 増えてきましたが、埼玉で初めてこれをやったのは私の記憶でも満願の湯で間違いないでしょうね。
> 水風呂は源泉をパイプでそのまま引き込んでいます。普通のサウナの水風呂と違って、常に入っている人
> がいて、しかも長湯、空くのが大変です。残念ながら、水風呂は掛け流しではなく、加温循環して
> いるようで、源泉温度は18℃ですが、浴槽の温度は25℃、赤城の滝沢温泉露天の壷湯と同じ温度ですから、
> そんなに冷たくなく、意外と長く入っていられます。さすが源泉が入っていると高アルカリのせいで、
> がツルツルします。できれば18℃源泉かけ流しの水風呂ほしいですね~。でも夏の25℃は気持ち良かったです。
>
> > 秩父からは満願の湯が初登場ですが、あそこには源泉水風呂があり、暑い今なら気持ち良さそう
> > (文末に拙掲示板レポ再現)。
>
> > 埼玉県
> > ※満願の湯★
>
> > --------------------------------------------------------------------------------
> >
> > 満願黄金 奥長瀞自然峡の舞  投稿者:ONKEN21@秩父  投稿日:2008年12月 9日(火)20時33分31秒
> >
> >  本日は秩父方面で用事があったので、帰りに皆野町の満願の湯に平日17時以降500円で入浴しています。
> > 本当は両神温泉薬師の湯へ温泉博士で入りたかったですが、運悪く火曜定休。
> > 両神荘火曜600円も日帰り入浴時間を過ぎていました。
> > 満願温スタで玉子臭のするお湯を20L100円(24時間営業)で汲んだ後、満願の湯で入浴。
> > 源泉水風呂を含む全浴槽が大量投入、オーバーフローなし、凡の湯と同じ特殊循環装置付、カルキ臭なし、残留硫黄臭。
> > 平日夜なので安いしすいていていいですね。
> > 浴室は男女交代しているのか、今まで入ったことのない上流側の黄金の湯でライトアップされた紅葉と滝が望めます。
> > 満願の舞は初めてかな?
> >
> > ↓アルバム「埼玉・群馬周辺温泉写真集2008後編」
http://www.travelog.jp/user/album_j/album_view.php3?userid=ONKEN21&seqno=43&listing=368
http://www.chichibuonsen.co.jp/

http://www.chichibuonsen.co.jp/blog/2016/05/1571/

 

一之橋温泉

 投稿者:古市場  投稿日:2016年 5月30日(月)22時48分5秒
返信・引用 編集済
  温泉博士を利用し、三富温泉「白龍閣」(個人的な評価は極S級)に入浴。しかし、
それだけでは物足りないので、少し手前の一之橋温泉「一之橋館」に立ち寄りま
した。渓谷を臨み、つげ作品に出て来るような鄙びた雰囲気も漂います。入浴料
500円。岩間から少量の源泉が、そして湯船に付随した蛇口からも湯が注がれて
いて、宿の人に確認したところ蛇口も源泉だそうです。岩間の湯口は茶褐色に染
まっており、少し鉄の匂いがしました。平成21年の分析表によれば、源泉温度
25.1度の単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)で、少し離れた場所から自然湧出
したものを引いているようです。
 
    (ONKEN21) 古市場さん、一之橋温泉に行かれたのですね。
http://fruits.jp/~ichinohashi/
私は一之橋温泉は未湯ですが、うつぼさんの「関東温泉紀行」のレポは目にしたことはあります。
http://blog.goo.ne.jp/akizzz1/e/21f4c3df1a1bcdda4a89571b1520d6ff
加温循環ということでなかなか行くことができませんでしたが、
源泉温度26℃、非加熱源泉の蛇口があるとは良さそうですね。肌が青白く光る湯のようですね。
これから暑い日はこの水を洗面器に汲んで浴びながら出たいところですね(笑)
白龍閣は意外と熱めの湯なので…。昨日のかわら亭も冷泉風呂が良かったですが…。
来週は山梨ののめこい湯と一之橋温泉あたりに行ってみようかな?

P.S.今年は雁坂トンネルの無料化を秩父市が山梨県に要望しているようですが、やらないみたいですね。
 

竜泉寺の湯 草加店

 投稿者:もちづきあつし  投稿日:2016年 5月29日(日)23時53分43秒
返信・引用 編集済
  竜泉寺の湯が草加にオープンするそうです!
http://ryusenjinoyu.com/souka/
 
    (ONKEN21) もちづきあつしさん、お久しぶりです。貴HP拝見しました。
http://www.knet.ne.jp/~ats/t/onsen/
竜泉寺の湯埼玉草加店があと2ヶ月後の7月末オープンの情報ありがとうございます。
私は昨年末の竜泉寺の湯八王子みなみ野店のオープンで、草加店がオープン予定であるとの情報をキャッチしております。> No.7086[元記事へ]
> 竜泉寺の湯と言えば来年6月に埼玉草加店がオープンするみたいですが、温泉は難航して出たかどうかもわかりません。
ここが天然温泉をローリー運搬で利用するのか、はたまた八王子みなみ野店のように自家源泉の許可申請中として当初行っていた横濱鶴ヶ峰店のローリーもやめてしまい、真湯ながら広大な人工炭酸泉浴槽と岩盤浴で売っていくのか気にしていました。
しかし、埼玉草加店は天然温泉の掘削に失敗して一旦出店を断念しかかって、また復活したという経緯もあり(アニの只今○○中!コメントより)、
自家源泉は掘削しておらず、良くて他店からのローリー、下手すると八王子みなみ野店のように広い人工炭酸泉と岩盤浴で草加もやっていくのかな?と思いました。いずれにしても天然温泉はほとんど期待できないと見ていいでしょう。

ちなみに埼玉の天然温泉施設として次にオープンしそうなのが、深谷市のリゾート花湯の森で建設している熊谷市の「癒湯の森鳥歌花舞」であります。
建物の工事も進んでおり、来年の2~3月にオープンする予定だそうです。> No.7303[元記事へ]
 

Re: 神の宮温泉かわら亭は夏期限定冷泉風呂あり!

 投稿者:ONKEN21@妙高市新井  投稿日:2016年 5月29日(日)19時17分59秒
返信・引用
  > No.7307[元記事へ]

ゴチさんへのお返事です。

本日は高崎・志賀草津ルート、飯山経由オール下道で新潟県妙高市の旧新井市の神の宮温泉「御宿かわら亭景虎の湯」に初めてやってきました。
途中、志賀高原の高清水公園の志賀の源水で水汲み。
飯山市の倉本温泉給湯スタンドで汲みながら、オール下道で200km弱、5時間。
かわら亭は旧新井市郊外R18から近い田園地帯にあり、宿泊施設も併設しています。
温泉博士でもタオルを貸していただき、素晴らしいです。
脱衣ロッカーは100円必要との説明もあります。
男湯は観音の湯で固定。
内湯は源泉かけ湯に源泉シャワーがあり、特に源泉シャワーを浴びてから出ると肌に塩素のにおいが残らず湯上がり後も肌がサラサラ気持ちいいです。
加温湯でもメタケイ酸とpH9のアルカリ性で肌がヌルヌルしますね。
露天では画像中左手で夏期5月中旬~11月上旬限定で19℃の冷泉風呂(画像上)をやっていました。
お湯は無色透明無味無臭、循環ろ過や塩素臭はなく浴槽縁より溢れる掛け流しですね。
気温24℃と暑めの日でしたので、右手の加温浴槽との交互浴が気持ち良かったです。
露天ではメタケイ酸の影響か肌が青白く発光しているのがわかりました。
冷泉風呂を最後に浸かり、源泉シャワーで浴びてから出たら、乾燥後の肌が気持ちいいです。
本当は燕温泉に行きたかったですが、神の宮温泉も良かったので、このまま長野・群馬方面へ帰ります。

> 妙高地域自体県内にありながらなかなか足が向かず
> こういうオフ会でもないと行かないもんですからいい機会です。
> 日曜日にに久しぶりに温泉博士を使って
> 初めて神の宮温泉かわら亭に行ってきました。
> 内湯、露天、サウナ、水風呂、泡ぶろがあり
> 温泉自体は無色透明無臭で泉温が19℃前後しかなくほぼすべて加温ですが
> 露天の1か所だけ夏限定の冷泉風呂がありましてこちらは
> 源泉そのままのようでめっちゃ冷たいですが浸かる・・・
> 加温源泉風呂もヌルヌル感を感じられますが冷泉風呂はよりヌルヌル感を
> 感じられることができました。
> 詳しくは明日でもブログにも上げておきますので明日以降よかったら見てください。
 
    (ONKEN21) 志賀の銘水(源水)は7ヶ月ぶり> No.6991[元記事へ]、倉本温泉給湯スタンドは2年ぶり> No.6008[元記事へ]でした。
http://www.kawaratei.net/
 

天空のポピーと両神荘の変化

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月28日(土)22時03分16秒
返信・引用 編集済
  > No.2887[元記事へ]

ksさんへのお返事です。

 本日の土曜午後から花と温泉は秩父郡皆野町の埼玉県秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)の「天空のポピー」が
見頃とのことで6年ぶりに行ってきました。その後、小鹿野町の国民宿舎両神荘で昨年レジオネラ菌が
検出されて以降変わったとのことで、温泉博士6月号で1年半ぶりに行ってみました。

 天空のポピーは寄居風布、釜伏・二本木峠経由で31km、臨時駐車場入口で渋滞し、1時間位かかりました。
6年ぶりでしたが、朝のNHK効果でしょうか、西日本の車のナンバーもあって凄く人気になっています。
皆野側の道路も拡幅されましたが、まだ大型バスは通れないそうです。皆野駅からは明日までシャトルバスが
15~30分間隔で運行されています。6年前は無料でしたが、今は観光協力金として200円が徴収されます。
障害者と中学生以下は無料です。ポピーは満開は過ぎたそうですが、真っ赤な花畑が斜面に広がり、
見応え十分でした。先週は吹上の河川敷のポピーを見ましたが、今週は山の斜面に広がるポピー、
高低差があるので天空に広がる感じがさらに良いですね。秩父では芝桜に次ぐ花の名所になりましたね。

http://www.tenku-poppy.jp/

> > NHKのニュースの中で放映された高原牧場のポピー。今日早速出かけました。

> 私も本日行ってきました。
> 寄居、東秩父を経由して25km、45分ほど。
> きれいでしたね。
> 両神温泉薬師の湯で温泉博士してきました。
> 洗った後、肌がのめりましたね。

> No.6461[元記事へ]

 次に秩父市の北部を通って26km、45分で小鹿野町の国民宿舎両神荘へ。今回は手前の旧檜風呂でした。
温泉分析書が↓のように平成26年付に更新されています。また、温泉利用状況は内湯は加温・循環ろ過・
紫外線殺菌で変化なし、露天は旧檜風呂手前の温泉利用状況は加温のみ、脱衣所は内風呂の掲示はそのまま
でしたが、露天風呂は撤去されていました。実は(公社)全国水利用設備環境衛生協会によると、
(昨年)7月27日に採取した露天風呂の温泉水から、基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたため、
露天風呂に限り営業をしばらくの間自粛させていただきます。と小鹿野町より8月4日に発表がありました。
げんさんの「登山道の管理日記」によると、昨年11月1日より露天風呂がリニューアルオープンしたとのことですが、
その露天から塩素臭ありとのレポがありました。さて昨年は私は訪れなかったその両神荘、今はどうなっているでしょう?
 既に脱衣所でも塩素の臭いがし嫌な予感がしましたが、早速露天に行くとやはり浴槽水から塩素臭がありました。
さらに今回久々の昼間の「旧檜風呂」に当たってわかったのですが、浴槽手前の床こそ檜のままですが、
浴槽自体はすべてタイルに張りに変わって、これがリニューアルだったことに気付きました。やはり、
木材はレジオネラの温床になると判断されたのでしょう。熱湯投入と両側面の切れ込みからオーバーフローし
浴槽内の循環はなく、加温掛け流しであることは変わっていませんが、この塩素臭は残念ですね。
内湯は循環ろ過ながら、紫外線殺菌で変化なしで塩素臭はありませんでした。露天も紫外線殺菌で掛け流し
だったら良いのですが、紫外線はレジオネラ対策としては塩素より弱いのでしょう。サイボクでは銀イオン
消毒でレジオネラ患者が出てますし、保健所もレジオネラが出たところは塩素以外の消毒は認めないでしょう。
18~19時は宿泊者は夕食時間のためか露天も内風呂も独占時間あり、旧檜風呂の明るい時間は久々で窓から
眺める小森川や山々は美しかったです。

平成26年の最新の分析書は以下の通り。()は平成17年データ
 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析) No.温-89100283(甲第3136号)
1.申請者:
氏名:小鹿野町長(両神村長)
2.源泉名及び湧出地:
源泉名:両神温泉 すすきの湯
湧出地:小鹿野町両神薄(両神村大字薄字上須川)3141番地2 ガスセパ入口にて採水(両神荘住所:大字小森707)
3.湧出地における調査及び試験成績
①調査及び試験者:株式会社 東京水質研究所 T.S.
②調査及び試験年月日:平成26年10月29日(平成16年12月22日)
③泉温:23.1(24.3)℃ (気温)14(7)℃
④湧出量:36.5(280)L/分((掘削・)自噴)
⑤知覚的試験:無色澄明、無味微硫黄臭(無色澄明僅微甘味殆ど無臭、ガス発泡有り。)
⑥pH値:9.3(9.2)(ガラス電極法)
⑦電気伝導率:1.67mS/cm
4.試験室における試験成績
①試験責任者:株式会社 東京水質研究所 T.T.
②分析終了年月日:平成26年11月10日(平成17年1月25日)
③知覚的試験:無色澄明無味無臭(採取後24時間)(無色澄明殆ど無味無臭)
④密度:0.9994(0.9991)g/cm3(20.0℃/4℃)
⑤pH値:9.2(9.16)
⑥蒸発残留物:863(1027)mg/kg(110℃)
Na=325.0(333.5) K=1.2(1.6) アンモニウム=-(0.6) Ca=5.5(5.0) Mg=0.1(0.2) Al=-(0.2)  鉄2=-(0.5) 陽計=331.8(341.6)
F=3.4(4.5) Cl=387.2(431.7) HS=0.2(<0.1) チオ硫酸=-(1.3) 硫酸=5.4(1.5) 炭酸水素=114.8(85.8)
炭酸=17.3(10.3) メタほう酸=53.9(29.4) 水酸化物=0.3(0.3)  陰計=582.6(564.8)
メタけい酸=22.6(33.8) 遊離CO2=0.1(<0.1) 溶存物質・成分総計=0.937(0.940)g/kg
AS・Cr・Hg・pb・Cd=非検出 銅=0.002(<0.05)
6.判定:温泉法第二条の別表中に示されたメタほう酸、フッ素イオンの項で温泉法の温泉に適合する成分を有する。
(温泉法第二条の別表中に示されたふっ素イオン(F-),メタほう酸(HBO2)の項で温泉法の温泉に適合する。)
平成26年11月10日(平成17年1月27日) 株式会社 東京水質研究所(財団法人 中央温泉研究所 所長)

内風呂別紙掲示内容
利用場所における温泉の温度:40.0℃~41.0℃
加水:該当なし
加温:入浴に適した温度に保つため加温
循環:衛生管理のため、循環ろ過装置を使用
入浴剤:該当なし
消毒:衛生管理のため、紫外線殺菌装置を使用

http://www.ryokamiso-saitama.jp/

 

Re: 新川うどん店2016

 投稿者:ONKEN21@羽生から帰宅  投稿日:2016年 5月26日(木)18時36分9秒
返信・引用
  > No.6050[元記事へ]

本日は羽生市の仕事の今年最終日、
最初5年以上ぶりに栃木屋のうどん屋を目指すも13時前で5人ほど行列。
運悪く私の前で売り切れ準備中。
栃木屋のうどんはしばらく行かない間に平日でも行列、13時に売り切れるような凄い人気店になっていたのですね。
食べログのクチコミも羽生市で一番多いかも?

代わりに行ったのが羽生I.Cそばの東北道脇の加須市にある新川うどんに2年ぶりに行きました。

値段は前回と変わっておらず天玉うどん490円を大盛+120円で。
熱いのと冷たいのをどちらか選択、生卵が入って大丈夫か聞かれます。
もりうどん370円に月見+50円と天ぷら+70円という構成。
両者で海苔のザル+120円と同じ値段ですね、ザルは高い。
そばは20円増しです。
つゆに生卵が溶けるとマイルドになり、一層おいしかったです。
新川は2年に1回行けますが、栃木屋はもう5年以上行ってないので来年は行ってみたいものです。

> 本日は羽生ICそば、加須市の新川うどん店に2年ぶりにやってきました。
> もりorかけうどんは370円、天ぷらうどんは440円と消費税分くらい上がっているようです。
> 今回は+120円とのりの違いだけにしては高めですが、天ザルうどん560円を大盛+120円でいただきました。
> 久々の加須うどん、さすがに美味しかったです。
 

/172