teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秩父温泉満願の湯、創業20周年

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 6月 1日(水)00時52分47秒
返信・引用 編集済
  > No.4961[元記事へ]

 昨朝、深谷市でも満願の湯創業20周年ということで初めてチラシが入ってきました。
平日は1日800円→600円の6/30まで有効の割引券2枚が付いていました。
6/30までの平日17時以降は誰でも600円→500円です。
6/2(木)、6/6(月)、6/10(金)、6/14(火)、6/22(水)、6/30(木)は終日500円です。
残念ながら、休日は3時間900円、1日1000円の通常料金で私はご縁がなさそうです。
満願の湯は難航の末掘削し、水と緑のふれあい館が5年くらい先に先行開業、
民営の満願の湯がオープンして20年、私が大学生の頃ですから、もうそんなに経つのですね。

> 本日は本庄で800円カットと用事の後、児玉経由で皆野町の秩父温泉満願の湯に
> 温泉博士は初めてですが、3年半ぶり5度目くらいで訪れました。
> この日は夕方頃、夕立が激しく車の運転や下車が大変だったです。
> 家からはR140下道(皆野寄居バイパス使わず)で34km、50分です。
> 下足ロッカーキーは各自保管、受付に温泉博士を出すと「大丈夫です」とスタンプを押していただき、
> 3時間制限の退館時間を書いた紙と食事用の番号札を受取ます。
> 受付に温泉博士を出してたら、他の客が温泉博士をよく見てて、フロントに温泉博士について
> 尋ねていました(^_^;)。湯郷白寿でもそうでしたが…。埼玉県北では知名度は意外と低いです。
> 熊谷駅の本屋では温泉博士を見てて「今回は満願の湯が使えるよ」と知人らしき人に
> 紹介している人も見かけましたが…。
> この日は土曜の夕方とあって、長瀞や秩父の観光帰りやキャンプ客が多かったのでしょうか、大変な混雑でした。
> 冬の平日の夜(17時~500円)のすき具合とは大変な違いです。
> あとここはテレ玉のカラオケ大会の常連で県北でも一番盛んな施設、ここはガンガン響いてました(^_^;)
> ここの名物、黄金めしは8年前食べたことがあります(ちなみにこの時は「宝登の湯・産の湯」だった記憶が…)。
> http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/bbs04/bbs040211_0220.htm#1077322414
> お風呂は毎週月曜に男女交代しており、この日の男湯は前回と同じ広い方の「黄金の湯」でした。
> 温泉分析書は昔と同じ平成1年。温泉法は10年に1回ですから、2回更新しないとねえ。
> フロントの後ろには温泉分析書の原本が飾ってありましたが、きっと新しいのでしょうけど、
> 分析年までは見えませんでした(^_^;)館内では「源泉100%」の表示が目につきますが、
> 決して掛け流しではなく「循環」です。
> お風呂ですが、どちらも露天風呂からは満願滝を望みます。露天では「長命水」が飲めます。
> 夜は麓の国神集落の祭りがあったようで、花火の音が旅情を誘います。
> 内湯にはバイブラやジェットがあり、若干白っぽく秩父らしい香ばしい玉子臭が漂います。
> 何と言っても夏の暑い時期に注目されるのは「水風呂」でしょう。
> 近頃は「源泉水風呂」は古代蓮とか清河寺とか、小川花和楽金の湯とか、昔の蔵の湯とか
> 増えてきましたが、埼玉で初めてこれをやったのは私の記憶でも満願の湯で間違いないでしょうね。
> 水風呂は源泉をパイプでそのまま引き込んでいます。普通のサウナの水風呂と違って、常に入っている人
> がいて、しかも長湯、空くのが大変です。残念ながら、水風呂は掛け流しではなく、加温循環して
> いるようで、源泉温度は18℃ですが、浴槽の温度は25℃、赤城の滝沢温泉露天の壷湯と同じ温度ですから、
> そんなに冷たくなく、意外と長く入っていられます。さすが源泉が入っていると高アルカリのせいで、
> がツルツルします。できれば18℃源泉かけ流しの水風呂ほしいですね~。でも夏の25℃は気持ち良かったです。
>
> > 秩父からは満願の湯が初登場ですが、あそこには源泉水風呂があり、暑い今なら気持ち良さそう
> > (文末に拙掲示板レポ再現)。
>
> > 埼玉県
> > ※満願の湯★
>
> > --------------------------------------------------------------------------------
> >
> > 満願黄金 奥長瀞自然峡の舞  投稿者:ONKEN21@秩父  投稿日:2008年12月 9日(火)20時33分31秒
> >
> >  本日は秩父方面で用事があったので、帰りに皆野町の満願の湯に平日17時以降500円で入浴しています。
> > 本当は両神温泉薬師の湯へ温泉博士で入りたかったですが、運悪く火曜定休。
> > 両神荘火曜600円も日帰り入浴時間を過ぎていました。
> > 満願温スタで玉子臭のするお湯を20L100円(24時間営業)で汲んだ後、満願の湯で入浴。
> > 源泉水風呂を含む全浴槽が大量投入、オーバーフローなし、凡の湯と同じ特殊循環装置付、カルキ臭なし、残留硫黄臭。
> > 平日夜なので安いしすいていていいですね。
> > 浴室は男女交代しているのか、今まで入ったことのない上流側の黄金の湯でライトアップされた紅葉と滝が望めます。
> > 満願の舞は初めてかな?
> >
> > ↓アルバム「埼玉・群馬周辺温泉写真集2008後編」
http://www.travelog.jp/user/album_j/album_view.php3?userid=ONKEN21&seqno=43&listing=368
http://www.chichibuonsen.co.jp/

http://www.chichibuonsen.co.jp/blog/2016/05/1571/

 
 

一之橋温泉

 投稿者:古市場  投稿日:2016年 5月30日(月)22時48分5秒
返信・引用 編集済
  温泉博士を利用し、三富温泉「白龍閣」(個人的な評価は極S級)に入浴。しかし、
それだけでは物足りないので、少し手前の一之橋温泉「一之橋館」に立ち寄りま
した。渓谷を臨み、つげ作品に出て来るような鄙びた雰囲気も漂います。入浴料
500円。岩間から少量の源泉が、そして湯船に付随した蛇口からも湯が注がれて
いて、宿の人に確認したところ蛇口も源泉だそうです。岩間の湯口は茶褐色に染
まっており、少し鉄の匂いがしました。平成21年の分析表によれば、源泉温度
25.1度の単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)で、少し離れた場所から自然湧出
したものを引いているようです。
 
    (ONKEN21) 古市場さん、一之橋温泉に行かれたのですね。
http://fruits.jp/~ichinohashi/
私は一之橋温泉は未湯ですが、うつぼさんの「関東温泉紀行」のレポは目にしたことはあります。
http://blog.goo.ne.jp/akizzz1/e/21f4c3df1a1bcdda4a89571b1520d6ff
加温循環ということでなかなか行くことができませんでしたが、
源泉温度26℃、非加熱源泉の蛇口があるとは良さそうですね。肌が青白く光る湯のようですね。
これから暑い日はこの水を洗面器に汲んで浴びながら出たいところですね(笑)
白龍閣は意外と熱めの湯なので…。昨日のかわら亭も冷泉風呂が良かったですが…。
来週は山梨ののめこい湯と一之橋温泉あたりに行ってみようかな?

P.S.今年は雁坂トンネルの無料化を秩父市が山梨県に要望しているようですが、やらないみたいですね。
 

竜泉寺の湯 草加店

 投稿者:もちづきあつし  投稿日:2016年 5月29日(日)23時53分43秒
返信・引用 編集済
  竜泉寺の湯が草加にオープンするそうです!
http://ryusenjinoyu.com/souka/
 
    (ONKEN21) もちづきあつしさん、お久しぶりです。貴HP拝見しました。
http://www.knet.ne.jp/~ats/t/onsen/
竜泉寺の湯埼玉草加店があと2ヶ月後の7月末オープンの情報ありがとうございます。
私は昨年末の竜泉寺の湯八王子みなみ野店のオープンで、草加店がオープン予定であるとの情報をキャッチしております。> No.7086[元記事へ]
> 竜泉寺の湯と言えば来年6月に埼玉草加店がオープンするみたいですが、温泉は難航して出たかどうかもわかりません。
ここが天然温泉をローリー運搬で利用するのか、はたまた八王子みなみ野店のように自家源泉の許可申請中として当初行っていた横濱鶴ヶ峰店のローリーもやめてしまい、真湯ながら広大な人工炭酸泉浴槽と岩盤浴で売っていくのか気にしていました。
しかし、埼玉草加店は天然温泉の掘削に失敗して一旦出店を断念しかかって、また復活したという経緯もあり(アニの只今○○中!コメントより)、
自家源泉は掘削しておらず、良くて他店からのローリー、下手すると八王子みなみ野店のように広い人工炭酸泉と岩盤浴で草加もやっていくのかな?と思いました。いずれにしても天然温泉はほとんど期待できないと見ていいでしょう。

ちなみに埼玉の天然温泉施設として次にオープンしそうなのが、深谷市のリゾート花湯の森で建設している熊谷市の「癒湯の森鳥歌花舞」であります。
建物の工事も進んでおり、来年の2~3月にオープンする予定だそうです。> No.7303[元記事へ]
 

Re: 神の宮温泉かわら亭は夏期限定冷泉風呂あり!

 投稿者:ONKEN21@妙高市新井  投稿日:2016年 5月29日(日)19時17分59秒
返信・引用
  > No.7307[元記事へ]

ゴチさんへのお返事です。

本日は高崎・志賀草津ルート、飯山経由オール下道で新潟県妙高市の旧新井市の神の宮温泉「御宿かわら亭景虎の湯」に初めてやってきました。
途中、志賀高原の高清水公園の志賀の源水で水汲み。
飯山市の倉本温泉給湯スタンドで汲みながら、オール下道で200km弱、5時間。
かわら亭は旧新井市郊外R18から近い田園地帯にあり、宿泊施設も併設しています。
温泉博士でもタオルを貸していただき、素晴らしいです。
脱衣ロッカーは100円必要との説明もあります。
男湯は観音の湯で固定。
内湯は源泉かけ湯に源泉シャワーがあり、特に源泉シャワーを浴びてから出ると肌に塩素のにおいが残らず湯上がり後も肌がサラサラ気持ちいいです。
加温湯でもメタケイ酸とpH9のアルカリ性で肌がヌルヌルしますね。
露天では画像中左手で夏期5月中旬~11月上旬限定で19℃の冷泉風呂(画像上)をやっていました。
お湯は無色透明無味無臭、循環ろ過や塩素臭はなく浴槽縁より溢れる掛け流しですね。
気温24℃と暑めの日でしたので、右手の加温浴槽との交互浴が気持ち良かったです。
露天ではメタケイ酸の影響か肌が青白く発光しているのがわかりました。
冷泉風呂を最後に浸かり、源泉シャワーで浴びてから出たら、乾燥後の肌が気持ちいいです。
本当は燕温泉に行きたかったですが、神の宮温泉も良かったので、このまま長野・群馬方面へ帰ります。

> 妙高地域自体県内にありながらなかなか足が向かず
> こういうオフ会でもないと行かないもんですからいい機会です。
> 日曜日にに久しぶりに温泉博士を使って
> 初めて神の宮温泉かわら亭に行ってきました。
> 内湯、露天、サウナ、水風呂、泡ぶろがあり
> 温泉自体は無色透明無臭で泉温が19℃前後しかなくほぼすべて加温ですが
> 露天の1か所だけ夏限定の冷泉風呂がありましてこちらは
> 源泉そのままのようでめっちゃ冷たいですが浸かる・・・
> 加温源泉風呂もヌルヌル感を感じられますが冷泉風呂はよりヌルヌル感を
> 感じられることができました。
> 詳しくは明日でもブログにも上げておきますので明日以降よかったら見てください。
 
    (ONKEN21) 志賀の銘水(源水)は7ヶ月ぶり> No.6991[元記事へ]、倉本温泉給湯スタンドは2年ぶり> No.6008[元記事へ]でした。
http://www.kawaratei.net/
 

天空のポピーと両神荘の変化

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月28日(土)22時03分16秒
返信・引用 編集済
  > No.2887[元記事へ]

ksさんへのお返事です。

 本日の土曜午後から花と温泉は秩父郡皆野町の埼玉県秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)の「天空のポピー」が
見頃とのことで6年ぶりに行ってきました。その後、小鹿野町の国民宿舎両神荘で昨年レジオネラ菌が
検出されて以降変わったとのことで、温泉博士6月号で1年半ぶりに行ってみました。

 天空のポピーは寄居風布、釜伏・二本木峠経由で31km、臨時駐車場入口で渋滞し、1時間位かかりました。
6年ぶりでしたが、朝のNHK効果でしょうか、西日本の車のナンバーもあって凄く人気になっています。
皆野側の道路も拡幅されましたが、まだ大型バスは通れないそうです。皆野駅からは明日までシャトルバスが
15~30分間隔で運行されています。6年前は無料でしたが、今は観光協力金として200円が徴収されます。
障害者と中学生以下は無料です。ポピーは満開は過ぎたそうですが、真っ赤な花畑が斜面に広がり、
見応え十分でした。先週は吹上の河川敷のポピーを見ましたが、今週は山の斜面に広がるポピー、
高低差があるので天空に広がる感じがさらに良いですね。秩父では芝桜に次ぐ花の名所になりましたね。

http://www.tenku-poppy.jp/

> > NHKのニュースの中で放映された高原牧場のポピー。今日早速出かけました。

> 私も本日行ってきました。
> 寄居、東秩父を経由して25km、45分ほど。
> きれいでしたね。
> 両神温泉薬師の湯で温泉博士してきました。
> 洗った後、肌がのめりましたね。

> No.6461[元記事へ]

 次に秩父市の北部を通って26km、45分で小鹿野町の国民宿舎両神荘へ。今回は手前の旧檜風呂でした。
温泉分析書が↓のように平成26年付に更新されています。また、温泉利用状況は内湯は加温・循環ろ過・
紫外線殺菌で変化なし、露天は旧檜風呂手前の温泉利用状況は加温のみ、脱衣所は内風呂の掲示はそのまま
でしたが、露天風呂は撤去されていました。実は(公社)全国水利用設備環境衛生協会によると、
(昨年)7月27日に採取した露天風呂の温泉水から、基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたため、
露天風呂に限り営業をしばらくの間自粛させていただきます。と小鹿野町より8月4日に発表がありました。
げんさんの「登山道の管理日記」によると、昨年11月1日より露天風呂がリニューアルオープンしたとのことですが、
その露天から塩素臭ありとのレポがありました。さて昨年は私は訪れなかったその両神荘、今はどうなっているでしょう?
 既に脱衣所でも塩素の臭いがし嫌な予感がしましたが、早速露天に行くとやはり浴槽水から塩素臭がありました。
さらに今回久々の昼間の「旧檜風呂」に当たってわかったのですが、浴槽手前の床こそ檜のままですが、
浴槽自体はすべてタイルに張りに変わって、これがリニューアルだったことに気付きました。やはり、
木材はレジオネラの温床になると判断されたのでしょう。熱湯投入と両側面の切れ込みからオーバーフローし
浴槽内の循環はなく、加温掛け流しであることは変わっていませんが、この塩素臭は残念ですね。
内湯は循環ろ過ながら、紫外線殺菌で変化なしで塩素臭はありませんでした。露天も紫外線殺菌で掛け流し
だったら良いのですが、紫外線はレジオネラ対策としては塩素より弱いのでしょう。サイボクでは銀イオン
消毒でレジオネラ患者が出てますし、保健所もレジオネラが出たところは塩素以外の消毒は認めないでしょう。
18~19時は宿泊者は夕食時間のためか露天も内風呂も独占時間あり、旧檜風呂の明るい時間は久々で窓から
眺める小森川や山々は美しかったです。

平成26年の最新の分析書は以下の通り。()は平成17年データ
 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析) No.温-89100283(甲第3136号)
1.申請者:
氏名:小鹿野町長(両神村長)
2.源泉名及び湧出地:
源泉名:両神温泉 すすきの湯
湧出地:小鹿野町両神薄(両神村大字薄字上須川)3141番地2 ガスセパ入口にて採水(両神荘住所:大字小森707)
3.湧出地における調査及び試験成績
①調査及び試験者:株式会社 東京水質研究所 T.S.
②調査及び試験年月日:平成26年10月29日(平成16年12月22日)
③泉温:23.1(24.3)℃ (気温)14(7)℃
④湧出量:36.5(280)L/分((掘削・)自噴)
⑤知覚的試験:無色澄明、無味微硫黄臭(無色澄明僅微甘味殆ど無臭、ガス発泡有り。)
⑥pH値:9.3(9.2)(ガラス電極法)
⑦電気伝導率:1.67mS/cm
4.試験室における試験成績
①試験責任者:株式会社 東京水質研究所 T.T.
②分析終了年月日:平成26年11月10日(平成17年1月25日)
③知覚的試験:無色澄明無味無臭(採取後24時間)(無色澄明殆ど無味無臭)
④密度:0.9994(0.9991)g/cm3(20.0℃/4℃)
⑤pH値:9.2(9.16)
⑥蒸発残留物:863(1027)mg/kg(110℃)
Na=325.0(333.5) K=1.2(1.6) アンモニウム=-(0.6) Ca=5.5(5.0) Mg=0.1(0.2) Al=-(0.2)  鉄2=-(0.5) 陽計=331.8(341.6)
F=3.4(4.5) Cl=387.2(431.7) HS=0.2(<0.1) チオ硫酸=-(1.3) 硫酸=5.4(1.5) 炭酸水素=114.8(85.8)
炭酸=17.3(10.3) メタほう酸=53.9(29.4) 水酸化物=0.3(0.3)  陰計=582.6(564.8)
メタけい酸=22.6(33.8) 遊離CO2=0.1(<0.1) 溶存物質・成分総計=0.937(0.940)g/kg
AS・Cr・Hg・pb・Cd=非検出 銅=0.002(<0.05)
6.判定:温泉法第二条の別表中に示されたメタほう酸、フッ素イオンの項で温泉法の温泉に適合する成分を有する。
(温泉法第二条の別表中に示されたふっ素イオン(F-),メタほう酸(HBO2)の項で温泉法の温泉に適合する。)
平成26年11月10日(平成17年1月27日) 株式会社 東京水質研究所(財団法人 中央温泉研究所 所長)

内風呂別紙掲示内容
利用場所における温泉の温度:40.0℃~41.0℃
加水:該当なし
加温:入浴に適した温度に保つため加温
循環:衛生管理のため、循環ろ過装置を使用
入浴剤:該当なし
消毒:衛生管理のため、紫外線殺菌装置を使用

http://www.ryokamiso-saitama.jp/

 

Re: 新川うどん店2016

 投稿者:ONKEN21@羽生から帰宅  投稿日:2016年 5月26日(木)18時36分9秒
返信・引用
  > No.6050[元記事へ]

本日は羽生市の仕事の今年最終日、
最初5年以上ぶりに栃木屋のうどん屋を目指すも13時前で5人ほど行列。
運悪く私の前で売り切れ準備中。
栃木屋のうどんはしばらく行かない間に平日でも行列、13時に売り切れるような凄い人気店になっていたのですね。
食べログのクチコミも羽生市で一番多いかも?

代わりに行ったのが羽生I.Cそばの東北道脇の加須市にある新川うどんに2年ぶりに行きました。

値段は前回と変わっておらず天玉うどん490円を大盛+120円で。
熱いのと冷たいのをどちらか選択、生卵が入って大丈夫か聞かれます。
もりうどん370円に月見+50円と天ぷら+70円という構成。
両者で海苔のザル+120円と同じ値段ですね、ザルは高い。
そばは20円増しです。
つゆに生卵が溶けるとマイルドになり、一層おいしかったです。
新川は2年に1回行けますが、栃木屋はもう5年以上行ってないので来年は行ってみたいものです。

> 本日は羽生ICそば、加須市の新川うどん店に2年ぶりにやってきました。
> もりorかけうどんは370円、天ぷらうどんは440円と消費税分くらい上がっているようです。
> 今回は+120円とのりの違いだけにしては高めですが、天ザルうどん560円を大盛+120円でいただきました。
> 久々の加須うどん、さすがに美味しかったです。
 

神の宮温泉かわら亭

 投稿者:ゴチ  投稿日:2016年 5月23日(月)18時31分36秒
返信・引用
  昨日一昨日と新潟県妙高市で某オフ会に参加
妙高地域自体県内にありながらなかなか足が向かず
こういうオフ会でもないと行かないもんですからいい機会です。
自宅から行きは長野県小布施町のおぶせ温泉あけびの湯、
妙高市の元気村温泉ハウス、関温泉登美屋旅館、妙高関川共同浴場大湯、妙高赤倉温泉滝の湯
妙高赤倉温泉赤倉ホテル、妙高赤倉温泉遠間旅館で
日曜日にに久しぶりに温泉博士を使って
初めて神の宮温泉かわら亭に行ってきました。
内湯、露天、サウナ、水風呂、泡ぶろがあり
温泉自体は無色透明無臭で泉温が19℃前後しかなくほぼすべて加温ですが
露天の1か所だけ夏限定の冷泉風呂がありましてこちらは
源泉そのままのようでめっちゃ冷たいですが浸かる・・・
加温源泉風呂もヌルヌル感を感じられますが冷泉風呂はよりヌルヌル感を
感じられることができました。
詳しくは明日でもブログにも上げておきますので明日以降よかったら見てください。
 
    (ONKEN21) ゴチさん、昨日は私も温泉博士6月号で注目していた神の宮温泉かわら亭に早速行かれたのですね。
facebookでも読んでいて、すぐに「いいね!」させていただきました。
頭文字Dさんの関係で、温泉ナースさんのブログにも最近レポされていますね。
実は5年前、拙掲示板の読者からオススメがあり、> No.3969[元記事へ]途中で温泉博士への掲載も中断し、長年気になっていました。
本当は宇都宮のふくろうの湯のオープンがなければ、昨日、行くかも知れず、行ってたらバッタリもあったかも知れないですね(^^)
それと燕温泉河原の湯も先日オープンしたとかでできれば組み合わせて行ってみたかったです。
ただし、上信越道で200km、志賀草津・飯山ルートで180km、かなり遠いのでなかなか決心がつきません。
しかし、生源泉があるとは面白そうです。なるべく暑い日に行きたいですね。
小布施のあけびの湯はたけの湯さんと私はニアミスしながら、6年前に1度だけ温泉博士に載った時、行ったことがあります。> No.2467[元記事へ]
青みを帯びた乳白色の湯に驚いた記憶があります。
元気村温泉ハウス、関温泉登美屋旅館、妙高関川共同浴場大湯、妙高赤倉温泉滝の湯、妙高赤倉温泉赤倉ホテル、妙高赤倉温泉遠間旅館はすべて未湯です。
赤倉や関温泉は別の旅館なら温泉博士で日帰り入浴したことがありますが…。機会があれば行ってみたいところです。
遠間旅館というと温泉ソムリエの関係ですね。
かわら亭のブログレポ、アップされたら参考にさせていただきます。私も行ける日を楽しみにしております。
 

長野県下水内郡栄村 中条温泉 トマトの国

 投稿者:Oke Kerorin  投稿日:2016年 5月23日(月)06時50分8秒
返信・引用
  朝4時、自宅を出発、下道で長野県北部の温泉、水汲みに行きました。
野沢温泉 中尾の湯で時間調整してから、トマトの国へ移動。
小赤沢温泉 楽養館の3湯に入浴してきました。
共同湯、温泉博士、まっとうな温泉を利用したので、いずれも入浴料は無料でした。


 
    (ONKEN21) Oke Kerorinさん、はるばる静岡から野沢温泉~秋山郷まで日帰りで行かれたのですか、凄いです。
トマトの国は私は2010年> No.2754[元記事へ]と2014年> No.6060[元記事へ]の2度訪れています。
さすが信州北端、湯使いも完全掛け流しのとっても良い温泉でした。
小赤沢温泉楽養館は自遊人の温泉パスポート在りし日の7年前に入ったことがあります。> No.4136[元記事へ]
濃い茶褐色の濁り湯が凄かったです。
無料でいろいろと組み合わせて入りましたね。
 

インターパーク宇都宮南温泉「ふくろう乃湯」オープン3日目レポ

 投稿者:ONKEN21@宇都宮  投稿日:2016年 5月22日(日)20時29分27秒
返信・引用
  > No.7298[元記事へ]

流れ星さん、デミオさんへのお返事です。長らくご無沙汰しています。

> 流れ星さんの湯めぐり掲示板より、スッパ抜かせていただきました。両氏共音信不通でしたが、お元気で何よりです。

> 栃木県宇都宮市に新しい温泉施設、インターパーク宇都宮南温泉ふくろう乃湯が5/20(金)朝10時に新規オープンします。
> 烏山城温泉を運営する(株)加山が経営します。場所は宇都宮市インターパーク4丁目2-5。
> 通常の平日料金は850円、土日祝は950円、ナトリウムー塩化物、炭酸水素塩温泉、pH9.0らしいです。
> 施工・設計・監理は羽生華のゆでも実績のある会社で、羽生のような湯使いなら素晴らしいのですけどね。
> 烏山城温泉のことや、岩盤浴に力を入れているようなので、どうなのかな?同じく岩盤浴を売りにして、
> 徹底した高級化路線で5/3にオープンしたばかりの大宮のspa-haerbsも食指が動かないですが…。
> 以前から情報は把握していましたが、そこは圧倒的に温泉のレベルが高い栃木、何か割安なオープン
> キャンペーンでもやってれば私も行ってみるかも知れません。

自宅より小山経由100km下道3時間弱の栃木県宇都宮市のインターパーク宇都宮南温泉「ふくろう乃湯」にオープン3日目にしてやってきました。
駐車場は警備員が出ていますが、1/4位しか入っておらずガラガラ。
入口の値段表を見て高いと引き返す人もいました^^;
下足ロッカーに靴を入れ、下足キーと館内で使える精算キーと交換の後精算式です。
玄関では案内人がいてその人からチラシをもらえば7/20まで4人まで平日850→700円、土日祝950→800円の150円引、
次回からは7/21~9/30まで平日750円、土日祝日850円の100円引です。
私は受付時にチラシを下さいと言ったので150円引になりました\(^^)/
早速、湯使いについてお尋ねすると配管の都合で源泉掛け流し浴槽はなしすべて循環ろ過とのことで残念。
ついでに分析書がなかったのでお尋ねすると、今はまだ公開してなく、そのうち掲示するとのことでした^^;
1階は右手に浴室、正面左手がテーブルと座敷のあるレストラン、左手に階段があり、左手に宴会時のみ使用の大広間、右手にテレビ付きリクライニングのある男女別リラックスルーム。
廊下奥は予約制有料の露天風呂付個室3部屋と貸切部屋4部屋と脱衣所からも行ける岩盤浴。
料金表示が全くないので聞いてみると岩盤浴は岩盤浴着とバスタオルがついて時間を予約制の平日500円、土日祝600円です。

さて、いよいよ浴室へ。
ロッカー室はキーが付いていて自由に選べます。トニック類は付いています。
入口にボディクリーン(アカスリ)、掛け湯(真湯?)、右手に半身浴、正面に檜風呂、左に圧注浴、スーパー圧注浴とブースで仕切られたカラン、
右手にIKIサウナ(オートロウリュ)、タワーサウナ、水風呂と露天風呂。
露天風呂は半分屋根がある岩風呂に、屋根付の寝湯、熱湯、3器の壷風呂。
壁に囲まれ開放感はありませんが、どれも広くてまさに烏山城温泉そっくりです。
温泉のお湯ですが、檜風呂は間欠大量投入、壷風呂は水位低下時のみ投入でその他は投入は一切なし、吹出・吸込多数、塩素臭ありの循環仕様。
檜風呂は窓辺にオーバーフローしていますが、浴槽に戻っているのでしょうか。
壷風呂も吹出と吸込があり、ここだけでも掛け流しにしてほしかった。
インターパーク宇都宮南温泉の湯は無色透明かすかな塩味無臭で入浴中から肌が少しヌルヌルし、さすがpH9.0のアルカリの効いた美肌の湯です。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(アルカリ性低張性温泉)36.4℃、240L/分(動力揚湯)、分析書は文末のURLの初公開の公式HPにもう少し詳しく書いてありますが、成分データはありません。
栃木県にしては都市部らしい残念な湯使いで、湯にうるさい栃木県民の支持を集めるのは難しいかも知れません。
施設が新しく岩盤浴があるので、それでどの程度支持されるかにかかると思います。
源泉自体はかなりの美肌の湯で良さげでしたから、壷風呂の3器中1器だけでも36℃生源泉掛け流しをやって欲しかったですね。
さて、17時の明るい時間に入ったので、夜の風呂はどんなものかもう一度入ってみますね。

http://fukurou-no-yu.com

 
    (ONKEN21) 夜に2回目に入った時は肌が1回目よりかなりヌルヌルしました。
翌朝も肌サラサラです。なかなかの美肌の湯でしたね。
さて流れ星さんの掲示板に久々にご挨拶に行ってきますか?
 

Re: 小山 サンジ 再訪

 投稿者:ONKEN21@小山  投稿日:2016年 5月22日(日)16時00分54秒
返信・引用
  > No.7124[元記事へ]

本日は20日にオープンした栃木県のインターパーク宇都宮南温泉ふくろうの湯に向かっています。
途中、佐野市の田沼温泉スタンドで100L汲んだ後、
小山市のサンジに4ヶ月ぶりに再訪。
何と14時過ぎで駐車場は軽以外満車、10人1時間も待ちました、15:30でもまだ10人位待っています。
人気が高まっているのでしょうか?
今回は煮干しベースのあっさり豚骨魚介の「2号つけ蕎麦」中340g830円でいただきます。
今は並300g800円なので実質値下げしたみたいです。
2号つけ蕎麦はまさに魚粉が見える煮干し香るおいしいスープでした。
松戸のとみ田と煮干しの冨田食堂の違いがあるみたいです。
スープ割はゆずや削り節が入ります。
また、宇都宮や水戸に行くときはサンジと吉田食堂に交互に寄ってみたいです。
さて、宇都宮のインターパークまで新R4で28km、どんな湯が待っているでしょうか?

> 途中、栃木県小山市のサンジでつけ蕎麦を初めて食べました。
> サンジはRDBで栃木県トップ、松戸のとみ田インスパイア、13時で10人以上45分待ちました。
> つけ蕎麦(中300g)830円の食券を買ってから並び、途中で回収して下さいます。
> 総入れ換え制ですね。
> まさにとみ田そっくりで、麺は蕎麦みたいで太いもの。
> つゆは次念序そっくりの魚介豚骨。
> さすが栃木トップ、凄くおいしかったです。
 
    (ONKEN21) 量と値段は勘違いしまして、並が240gで800円、中が300gで830円で半年前と変わっていません。
http://ameblo.jp/sanji-bte/
 

熊谷・癒湯の森鳥歌花舞施設建設中と吹上ポピーまつりと湯花楽北本店

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月21日(土)22時41分2秒
返信・引用 編集済
  > No.7136[元記事へ]

>  それと、R17熊谷バイパス沿熊谷ドーム側に温泉掘削済、着工した美肌の湯と同じリゾート花湯の森系列の
> 「癒湯の森 鳥歌花舞」(ゆーゆのもり ちょうかはなまう)> No.6983[元記事へ]は2016年中頃から2016年度末の
> 2017年3月末迄にオープン予定が延期になりました。私が熊谷バイパスを走って見た感じでは
> 昨年12月初めはバイパス沿いの植栽を設置、敷地内は整地中で井戸水用の櫓が立っていましたが、12月末に
> 見たところ、それも撤去されていた状況でした。

 本日は湯花楽北本店に千円カットと温泉博士に行ってきました。
途中、熊谷市の鳥歌花舞の施設建設状況と鴻巣市吹上ポピーまつりを見てきました。

 まずは深谷市フジケンホーム(花湯の森と美肌の湯を運営)が建設・運営する熊谷天然温泉
「癒湯の森 鳥歌花舞」の施設建設状況です。東に広い露天風呂らしきものと大きな建物の外観がほぼ
現れています(画像上)。工事看板を確認したところ7月末には完成しそうです。
実際にオープンするのは来年の2月か3月の予定だそうです。(今月現在)
http://ameblo.jp/hanayu-okamiblog/entry-12107333000.html
http://ameblo.jp/hanayu-okamiblog/entry-12161917005.html

 次に週末のNHKのおはようにっぽんを見て、気になっていた鴻巣市のコピーを見に行きます。
鴻巣の荒川河川敷と言えば、コスモスで有名な旧吹上町だろうと見当をつけて行ってみます。
実は旧鴻巣市の川幅日本一の河川敷がNHKでやってた日本一のポピーみたいです。
知ってれば目当ては北本だったので行っていましたが… 吹上のポピーまつりも21・22日と開催され、
赤やピンクなど満開でなかなかきれいでした(画像中)。
http://www.city.kounosu.saitama.jp/kanko/event/1458113483584.html

 湯花楽北本店では1年ぶり> No.6815[元記事へ]に四天王で千円カット。昔のおじさん、昨年のおばさんから、
今年は若いお姉さんに変わってました。ポイントカードが6月で期限切れだったので、危うく1年間延長できました。
温泉博士でも入館優待割引券をプレゼント(画像下)。有効期限は6月末まで1枚で大人4人まで有効。
今回は一律500円でなく、平日500円(通常一般720円、会員620円)と土日祝600円(通常820円、720円)
でした。土日祝は行きにくいですね、週末深夜温泉向けかな?今回は昨年の2度と違い2年ぶりに奥の
旧あけぼの湯(露天が岩風呂タイプ)でした。脱衣所の浴場入口に分析書の掲示あり。17時頃入ったので
明るく、露天の投入槽では薄い黒湯のような黄褐色の湯を確認できました。掘削後、湯が本当に良くなりました。
北本温泉湯楽の里より温泉の感触がずっとあります。手前の小浴槽で夏季はぬる湯をやりますが、今年は
生源泉で提供してほしいなと思いますね。

http://www.yukaraku.com/kitamoto/

 

小さな旅 むさしの湯とサイタマ健康ランドが6/30に閉店/明日より花和楽の湯岩盤浴別料金化

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月19日(木)22時58分17秒
返信・引用 編集済
  > No.3345[元記事へ]

 さいたま市見沼区(旧大宮市)の「小さな旅 むさしの湯」が6月30日を以って閉館することが公式HPに
今夜、発表されました。実は私はむさしの湯の「癒し処 びぜん大宮店」のfacebookから閉店をキャッチ
しておりました。むさしの湯はスーパーマッケットのマミーマートにより、平成17年8月オープンし、
11年弱で閉店となってしまいました。なお、姉妹店の小さな旅 川越温泉はびぜん川越店が大宮店のスタンプ
カードを引き継ぐことから、営業は継続となるようです。むさしの湯閉店に伴い、回数券と会員カードの
発行は停止し、回数券は6/30まで払い戻し、有効期限内の会員カードは100円で引き取りとなります。
やはり、spa-herbs美楽温泉の5/3オープンや小春日和のナノ水素岩盤浴4/20オープンや午前入館550円、
ぬる湯掛け流しなどライバルとの競合もあり、間に立たされた普通のスパ銭であるむさしの湯は結構、
厳しかったかも知れません。温泉ファンとしては男性奇数日の石の湯の壺湯しか掛け流しがないのも中途半端
なイメージでした。食事はしたことはありませんが、マミーマートだけあって良いそうです。
今後、耐震性で閉館した真名井の湯岩槻店と違い、施設自体は11年と若いので、またどこかで居抜きで
営業再開してほしいものです。その時は川越温泉のように木の湯の樽湯も掛け流しにすることが肝要でしょう。
http://www.musashinoyu.com/

 それから同日には非温泉の健康ランドとなりますが、熊谷市籠原駅近くで通勤客などに利用されてきた、
「サイタマ健康ランド」も28年の営業を終え閉館となります。こちらはおふろcafe utataneや玉川温泉・
白寿の湯を運営する「温泉道場」(営業譲渡締結式)により新たなコンセプト型宿泊型温浴施設として
装いも新たに秋頃、新装オープンの予定だそうで、多分、おふろcafeになるのかなと思われます。
温泉は白寿か、玉川からローリーするのでしょうけど、私個人的にはすぐ近くの「熊谷はなぶさ温泉」を
ローリーもしくは可能であれば引き湯してほしいなあと思っています。> No.2346[元記事へ]
なお、閉館前の6月20日~6月30日までは、全員500円(子供250円)での謝恩営業となります。
http://www.saitamakenkoulando.jp/

 それから、小川町と滑川町のおがわ温泉なめがわ温泉花和楽の湯ですが、明日5/20より「入浴のみ」と
「岩盤浴利用」を選べるプランに変わるとのことです。@nifty温泉によると
入浴のみ1080円、夜6時より880円。岩盤浴利用は平日300円、休日400円。
(5/19までは岩盤浴込でおがわ温泉1780円、夜6時以降のシンプルコース入浴のみは980円
 なめがわ温泉1380円、夜6時以降1180円、シンプルコース入浴のみは880円)
特におがわ温泉は一湯一会風呂の全量総入替方式が(始業時と)夜6時にあるらしいので、
880円で行ってみたいところです。

 さらに明日は栃木県宇都宮市ではインターパーク宇都宮南温泉「ふくろうの湯」がオープンとなりますね。
それと千葉県野田市のグランローザ潮の湯は今月末で閉店となりますので、まだの方はお急ぎを…> No.7235[元記事へ]

↓むさしの湯(上:石の湯、中:木の湯)
 

熊谷の味彩とやじま

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月18日(水)22時19分12秒
返信・引用 編集済
  連日の熊谷市内の蕎麦の話題です。
昨日のお昼休みは熊谷市でも北部の行田市南河原村に近い、上中条の「味彩」へ(画像下上側)。
うどんやそばの定食や田舎蕎麦が名物のようです。
おすすめのランチセットとして「鶏カツカレーのそば定食」850円をいただきました(画像上)。
そばは冷温選べ、冷たいもりで。
鶏カツカレーは肉が大きくなかなか食べ応えもありました。サラダまで付きます。
そばとも合い、おいしいですね。850円で十分な食べ応えでリーズナブルでした。

本日のお昼休みは熊谷市内の「手打蕎麦 やじま」で初めて食べました(画像下下側)。
高崎線が籠原駅の信号故障で2時間近く遅れたため、近くで食事です。
場所は熊谷市運動公園の熊谷大橋寄り交差点角。
昨年受けた病院の健康診断の800円クーポンがここで使えました。
昼食時は満席になるほどの人気です。
頼んだのは「もり」630円を大盛り+250円で(画像中)。
なかなかの盛りながら、つゆが少なめでしたが、そばにつゆをあまり付けず、
そばそのものの味を味わってほしいという意味でしょうか。
そばも大変おいしく、量も大目で満足でした。
 

鶴巻は残念でした(T_T)

 投稿者:頭文字D  投稿日:2016年 5月18日(水)13時10分2秒
返信・引用 編集済
  早速のレポ、ありがとうございました。

気になる場所がもう1ヵ所あるので、
その調査を兼ねて、私も行ってみます。

で、温泉マニア垂涎のアイテムを発見( ロ_ロ)ゞ
職場の同僚から頂きました。

日帰り温泉のロッカーキーを模した時計(^^;
ガチャガチャでゲットしたんだとか…( ̄▽ ̄;)
 
    (ONKEN21) こちらにもお返事ありがとうございます。
確かに鶴巻温泉は加温・循環ろ過・塩素消毒の足湯しか汲めず残念でした。全く汲めないよりはぜんぜんマシですが…。
何しろ着いたのが17時10分前で足湯か温泉スタンドの二者択一状態でした。
駐車場徴収員兼足湯・温泉スタンド元栓係の方も先に温泉を汲めば良かったのにと声を掛けていただきましたが、
時間については市の規則故致し方ないという感じでした。
とにかく17時に源泉の元栓を閉めて、足湯に鍵を掛けねばなりません。
地方の温泉スタンドに行くと機械の停止時間となってしまった場合、わざわざ動かしていただいたり、
タンクから直接汲んでいただいたりということがありますが、ベッドタウンの温泉ではそこまでの配慮は望むべくもないでしょう。
足湯で加水のみなしの塩苦い温泉に足だけ浸かるか、温泉スタンドで無加工の温泉を汲んで家で大量加水して入るかの選択となり、前者が優先となってしまいました(^^;
足だけ浸かっても全身が汗ばんでくるその効果の高さもなかなかの収穫でした。
実は駐車場は弘法の里湯の1時間150円の駐車場の他に徒歩数分の場所に1時間100円の民間のコインパーキングがあるようです。
温泉スタンドも手で楽に持てる1人4Lしか汲めませんから、歩いて50円浮かすのもありでしょう。
次回はどうせ1時間単位で駐車料金もかかりますし、足湯と温泉スタンドで余裕を以って早い時間にめいいっぱい、ゆっくり楽しみたいなあと思いました。
それにしても秦野や伊勢原・松田あたりの東名と並行するR246は夕方は混みますね。北関東なら余裕で着けるのですけどね。

4126のロッカーキーに時計が付いているのですか。面白いものがあるものですね。↓か
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0428/blnews_160428_6780983712.html
 

山梨県 増冨ラジウム温泉 不老閣

 投稿者:Oke Kerorin  投稿日:2016年 5月17日(火)06時46分51秒
返信・引用
  今月号の温泉博士に掲載されたので、早速、15日の初日に行ってきました。
日帰り入浴なので、自慢の天然岩風呂には入浴できませんがお気に入りの温泉です。
湯の温度が冷たいので、つい長湯してしまいます。

自遊人の岩佐十良さんと一緒に風呂に入ったり、米を作った男性と一緒になりました。
風呂場で温泉マニアと話すと時間が立つのを忘れていまします。

 
    (ONKEN21) Oke Kerorinさん、増富温泉不老閣には早速行かれたのですね。
私は1年前にOke Kerorinさんと同じ長寿の湯+湯窪の湯に> No.6616[元記事へ]
2年前に不老の湯+ラジウム蒸気吸入室に> No.5904[元記事へ]、それぞれ入っています。
湯窪の湯のぬるさもまたいいですね!
同浴した方と自遊人の岩佐社長の話が出ましたか!
岩佐さんは過去には拙掲示板でも話題になっています。> No.5133[元記事へ]
また新潟県の大沢山温泉 里山十帖(旧高七城)も話題になってますし、。> No.5134[元記事へ]
「温泉批評」という本で里山十帖の岩佐さんの経営のご苦労など連載で読んでいます。
自遊人の編集部は南魚沼市六日町にありますからね、米作りも関係しているのですよね。
 

インターパーク南宇都宮温泉「ふくろうの湯」、5/20オープン!

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月16日(月)23時17分30秒
返信・引用 編集済
  > No.7196[元記事へ]

流れ星さん、デミオさんへのお返事です。長らくご無沙汰しています。
流れ星さんの湯めぐり掲示板より、スッパ抜かせていただきました。両氏共音信不通でしたが、お元気で何よりです。

栃木県宇都宮市に新しい温泉施設、インターパーク南宇都宮温泉ふくろうの湯が5/20(金)朝10時に新規オープンします。
烏山城温泉を運営する(株)加山が経営します。場所は宇都宮市インターパーク4丁目2-5。
通常の平日料金は850円、土日祝は950円、ナトリウムー塩化物、炭酸水素塩泉、pH9.0らしいです。
施工・設計・監理は羽生華のゆでも実績のある会社で、羽生のような湯使いなら素晴らしいのですけどね。
烏山城温泉のことや、岩盤浴に力を入れているようなので、どうなのかな?同じく岩盤浴を売りにして、
徹底した高級化路線で5/3にオープンしたばかりの大宮のspa-haerbsも食指が動かないですが…。
以前から情報は把握していましたが、そこは圧倒的に温泉のレベルが高い栃木、何か割安なオープン
キャンペーンでもやってれば私も行ってみるかも知れません。
 

Re: 秋山温泉2016

 投稿者:ONKEN21@翌朝  投稿日:2016年 5月16日(月)08時45分52秒
返信・引用
  > No.4350[元記事へ]

昨晩は秦野から伊勢原、清川、宮ヶ瀬湖経由1時間30分の山梨県上野原市の秋山温泉に4年半ぶりに温泉博士6月号の使い始めで寄りました。
着いたのは19:30、今は夜間割引も導入されているようで、温泉博士の使用も了解を求められます。
温泉博士掲載には温泉お気楽会のゆささんの働きかけもあったみたいです。
20時終了のプールにも10分だけ入りました。
屋外サウナでは19:20にロウリュがあったみたいで体験できず残念。
飲泉所、源泉掛け湯、源泉掛け流し槽あり。
中温、泡風呂、露天は加温・循環ろ過・塩素臭あり。
源泉掛け流し槽は左の手前側から源泉をあぶくを上げながら注入、右奥の切れ込みから窓辺の排水溝にオーバーフロー、無消毒の掛け流しです。
37℃ほどの無色透明無味無臭のぬる湯が気持ち良く、翌朝も肌サラサラです。

> > 秋山の源泉浴槽は夏でもぬる過ぎるとは両親の評(^^;)
>
> 本日は2011年の〆湯として、山梨県上野原市の秋山温泉に2年ぶり3度目にやってきました。
> 行きは八王子西ICと相模湖IC間を350円でショートカット。
> 本日は大晦日のため17時までの短縮営業ですが、明日からは通常営業です(送迎なし)。
> 温泉博士もちゃんと使えました。
> 無味無臭無色透明、非加熱消毒なし完全かけ流しの源泉浴槽が
> 肌スベスベ体ホカホカで気持ち良く、
> 2011年〆にふさわしい温泉でした。
> 17時閉館前に写真も撮れました。
> 私が本年最後の客です、まだ車が来ていますね。
> それでは皆さん良いお年を!
 
    (ONKEN21) ロウリュは11:00、15:00、17:10、19:20の一日4回でプールは無料ですが、水着が必要です。
退館時にラッキーナンバー抽選会の抽選券をプレゼント。翌月に現地で当選番号が発表され、引換できます。
6/12(日)は八重山トレイルレースのため、大変混雑が予想されるとのことです。
http://www.akiyamaonsen.com/
 

つるまき千の湯温泉スタンド&足湯、3/30オープン!

 投稿者:ONKEN21@秦野  投稿日:2016年 5月15日(日)17時55分31秒
返信・引用
  > No.7290[元記事へ]

頭文字Dさんへのお返事です。

> 鶴巻温泉に先月、やっと無料温泉スタンドが開業したらしいです。足湯の脇の蛇口が、それだとか…(^^)
> が、一人4L迄という制限があるのがネックです。
> 手湯・足湯・温泉スタンドの三点セットで計画されていました。
> 手湯のみ先に営業、足湯の整備が遅れていましたが、今年3月に開業。
> 温泉スタンドに関しては、もうちょい先送りになるか…と思っていましたが、
> 思ったより早く開業したみたいで…そのうち行ってみます。

中川温泉の帰りに秦野市の弘法の里湯内に3/30にオープン1ヶ月半後の温泉スタンドと足湯に寄ってみました。
着いたのは17時終了10分前!
まず足湯や温泉スタンドの駐車場はなく、1時間150円しっかり徴収されます(^_^;
路駐も無理っぽい`へ´パー
温泉スタンドは17時以後も出るとの情報があり急いで2分位足湯。
塩味でカルシウム含有量が牛乳並で身体が大変あたたまるそうで、足湯でも全身が汗ばんできます。
源泉は「つるまき千の湯」で平成22年に地下1000mより湧出、弘法の里湯の内湯と貸切風呂、足湯、温泉スタンドに利用。
ちなみに露天風呂は80年の歴史がある秦野市第1号源泉。
足湯は加温・消毒のみです。
ここで失敗、17時に元栓を閉められてしまい、足湯と共に温泉スタンドの湯も出なくなりました。
やむを得ず足湯の残り湯を汲みました(泣)
10分後には足湯の扉も鍵がかけられました。
駐車場が150円かかることと、10~17時の時間外と月曜の定休日は絶対汲めませんので要注意です。

https://www.city.hadano.kanagawa.jp/kanko-sangyo/kanko/kanko.html

 
    (ONKEN21) つるまき千の湯はカルシウム(2650mg)のせいか、苦味が強い塩味でしたね。
足湯は加温・循環ろ過・消毒あり、温泉スタンドは全てなしで汲めなくて残念。
↓秦野市の弘法の里湯のHP
https://www.city.hadano.kanagawa.jp/kanko/kobo.html
 

Re: 中川温泉 魚山亭やまぶき 再訪

 投稿者:ONKEN21@中川  投稿日:2016年 5月15日(日)14時53分19秒
返信・引用
  > No.7256[元記事へ]

Oke Kerorinさんへのお返事です。

本日は温泉博士5・6月号が併用できるお得な15日の日曜日。
鶴巻温泉スタンドのレポをめあてに神奈川県山北町の中川温泉やまぶきに温泉博士5月号の〆として8年ぶりにやってきました。
青梅までは小川経由の下道、圏央道・東名高速の大井松田I.C下車、便利になりました。
自宅より160km3時間かかりました。
14時過ぎに訪れたところ前回と同じ白魚の湯檜タイプは独占状態です。
露天の山吹はもう咲いていないですね。
露天は茶風呂でしょうか?
お湯は上足柄7号の分析書が掲げられていますが、パンフによると上足柄15号の新源泉でpHは10.9もあるとか。
内湯に加温源泉らしき掛け湯あり、浴槽に注がれ循環されているようです。
お湯は無色透明、塩気持ち硫黄味塩素臭なし、pHの割に肌はそんなにヌルヌルしません。
さて、秦野市の鶴巻温泉の足湯と温泉スタンド、5年ぶりの山梨県の秋山温泉の6月号使い初めと行きますか。

> 温泉博士を利用して神奈川県中川温泉 魚山亭やまぶきに行ってきました。(2016.4.17)
> こちらの施設も温泉博士ではよく掲載されます。
> この季節、露天風呂からは、施設の同じ名前のやまぶきが咲いているのを見ることができます。
>
> 一番最後の写真は、中川温泉 信玄館の正面にある温泉が汲める場所です。
> たぶん、無料?(2015.10.17)
>
>
 
    (ONKEN21) 帰り際に主人にお尋ねするとやはり新源泉(足柄上15号)で敷地内浴室側を掘削したそうです。
掘削したのは5年前だそうで、やはり前回(足柄上7号)とは源泉が変わっているそうで今回再訪して収穫大きかったです。
硫黄味があり、湯上がり後は肌サラサラの良い湯を掘りましたね。
女湯の山の上の方にはさつきが咲き残っていました。

↓onsentabiさんの「温泉たびねっと」に2010年11月より新源泉導入の話題がありました。
http://onsentabi.way-nifty.com/news/2010/04/201011-188d.html
 

Re: 老神温泉大蛇まつりのニュー牧水苑

 投稿者:たけの湯  投稿日:2016年 5月15日(日)00時10分10秒
返信・引用
  > No.7292[元記事へ]

ONKEN21@老神さんへのお返事です。

> ゴチさん、おじゃる☆さん、だた星人さん、義満さんへのお返事です。
>
> 昨日、本日と沼田市の老神温泉で大蛇まつりが行われています。
> 老神温泉の一部の宿では日帰り入浴料金が300円になります。
> そこで本日の土曜夕方温泉は家より65km大間々経由1時間40分の老神温泉ニュー牧水苑に日帰り入浴しています。
> 牧水苑は通常、宿泊の湯めぐり手形のみ参加で、狭くてハードルが高いのでダメ元で行ってみましたが、夕方17時代は宿泊客が2人ほど入っているのみで、
> 大蛇まつりの日帰りも入れました。
> 通常500円のところ、半額の250円で入れるました。
> 内湯と小さな庭園の岩の露天風呂。
> 内湯の投入は布で濾して、露天は投入、加温のみあり、加水・循環ろ過・消毒なしの掛け流しでした。
> 老神温泉8・10号泉でかすかな塩味、湯花なし無色透明無臭の湯でした。
> さすが旅館はなかなかいいお湯ですね。

牧水苑の湯は良いですね!
私が訪問した時は、大蛇が居たので、待たされましたが帰りに冷えた缶のお茶を頂きました。
他に上田屋館と石亭、金竜園を訪問してきました。

http://blogs.yahoo.co.jp/azu711104/33305764.html

 
    (ONKEN21) おっと、たけの湯さんも密かに行きましたか!
さすがたけの湯さん、ハードルが高そうな牧水苑にも入れて良かったですね。
私も冷えたジュースを帰りにいただきました。
上田屋や石亭、金龍館は未湯ですが、土曜は夕方しか行けないので、
来年以降、少しずつ攻略したいなあと思います。
 

老神温泉大蛇まつり

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月14日(土)22時29分45秒
返信・引用 編集済
  > No.7292[元記事へ]

ksさんへのお返事です。

> 昨日、本日と沼田市の老神温泉で大蛇まつりが行われています。

帰りは19時前に老神温泉街で行われている大蛇まつりを初めて見てきました。
なるほど神輿に見立てた赤城神社の神の大蛇が温泉街や旅館の中まで練り歩くのですね。
観山荘(画像上)から紫翠亭(画層中)へと移動していました。
夕方なので宿泊者も見物に加わり結構賑わっていました。

途中、南郷温泉スタンド40L20円で汲んで帰りました。

http://oigamionsen.gunmablog.net/e368205.html

 

老神温泉大蛇まつりのニュー牧水苑

 投稿者:ONKEN21@老神  投稿日:2016年 5月14日(土)17時49分37秒
返信・引用
  > No.7168[元記事へ]

ゴチさん、おじゃる☆さん、だた星人さん、義満さんへのお返事です。

昨日、本日と沼田市の老神温泉で大蛇まつりが行われています。
老神温泉の一部の宿では日帰り入浴料金が300円になります。
そこで本日の土曜夕方温泉は家より65km大間々経由1時間40分の老神温泉ニュー牧水苑に日帰り入浴しています。
牧水苑は通常、宿泊の湯めぐり手形のみ参加で、狭くてハードルが高いのでダメ元で行ってみましたが、夕方17時代は宿泊客が2人ほど入っているのみで、
大蛇まつりの日帰りも入れました。
通常500円のところ、半額の250円で入れるました。
内湯と小さな庭園の岩の露天風呂。
内湯の投入は布で濾して、露天は投入、加温のみあり、加水・循環ろ過・消毒なしの掛け流しでした。
老神温泉8・10号泉でかすかな塩味、湯花なし無色透明無臭の湯でした。
さすが旅館はなかなかいいお湯ですね。
 
    (ONKEN21) ↓おじゃるさんのブログを読み返したところ、露天は源泉投入で、
その湯は内湯に回って投入口の布でゴミを取りながら投入、オーバーフローしているようです。
日帰り入浴料は4年前は800円だったのが、500円に値下がりしています。
http://ameblo.jp/naruru8854/entry-11285970916.html
http://www.bokusui.yad.jp/
 

新規情報です。

 投稿者:頭文字D  投稿日:2016年 5月11日(水)19時57分41秒
返信・引用 編集済
  遅くなりました(^^;
大間々の例の鉱泉湧水、私も汲んできました。

確かに細かい泡がありました。
匂いも、鉱泉っぽいですね。ペタつきも感じられました。

鶴巻温泉に先月、やっと無料温泉スタンドが開業したらしいです。足湯の脇の蛇口が、それだとか…(^^)
が、一人4L迄という制限があるのがネックです。
手湯・足湯・温泉スタンドの三点セットで計画されていました。
手湯のみ先に営業、足湯の整備が遅れていましたが、今年3月に開業。
温泉スタンドに関しては、もうちょい先送りになるか…と思っていましたが、
思ったより早く開業したみたいで…そのうち行ってみます。


https://www.city.hadano.kanagawa.jp/kanko-sangyo/kanko/kanko.html
 
    (ONKEN21) 頭文字Dさん、おひさしぶりです。
Dさんも大間々の薬師の霊泉で汲まれたのですね。
やはり、ただの水でないことが感じていただけて良かったです。

以前より設置構想がありました、鶴巻温泉で温泉スタンドが3/30についに設置されたのですね。
http://hadanon.hatenablog.com/entry/2016/04/28/%E9%B6%B4%E5%B7%BB%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%AE%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%A7%E8%87%AA%E5%AE%B6%E8%A3%BD%E6%B8%A9%E6%B3%89%E5%8D%B5%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%A6
http://www.townnews.co.jp/0610/i/2016/04/07/327759.html
情報ありがとうございました。
中川温泉やまぶきに行く計画もあったのでとてもタイムリーな情報でした。
でも1人4Lですか?2人で行っても8L。湯量が少ないのでしょうか(^_^;
他との併用を考えないと、ですね。
八王子・埼玉方面からだと藤野温泉、伊豆・箱根まで行くなら磯一、東京方面からだと横浜温泉チャレンジャーあたりでしょうね。
実は鶴巻温泉は未湯です。カルシウム含有量が国内でも最高レベルだったような気がするのですが、どんな湯だか楽しみです。
 

温泉博士6月号は山梨東部とかわら亭に注目

 投稿者:ONKEN21  投稿日:2016年 5月10日(火)22時13分20秒
返信・引用 編集済
   山陰を巡ったGWが終ってまだすぐ後ですが、温泉博士6月号が発売されました。
山陰に関心が高まったせいかつい目が向いてしまいます。下湯原温泉ひまわり館やあば温泉、
おじろんは継続掲載していたのですね。目を北へ転ずると北海道礼文島のうすゆきの湯が
初登場してますね。> No.5588[元記事へ] 温泉博士は島の温泉がたまに登場しますね。
 関東甲信越は新潟県妙高市のかわら亭が唯一の未湯ですね。かぐらの湯も未湯ですが、残念ながら、
日帰りで行ける範囲でありません。山梨の秋山温泉やのめこい湯も数年入っていません。
再訪してもいいかな?という感じです。5/15の日曜は5月号と6月号の併用が可能なので、
中川温泉やまぶきと山梨東部をはしごしてみたいですね。別の週はかわら亭と長野の裾花峡温泉とか…
ゴチさんが行かれたらしい群馬県水上の温泉センター諏訪の湯が17ページの「読者ライター温泉体験記
ひたれりつくせり」にレポされていました(画像中)。

利用期限:平成28年5月15日(日)~6月15日(水)
・再登場/◎1年前の6月号にも登場/※新登場なし
利用不可日は【】に記載済、別料金は差額支払額を[円]で記載済

【福島県】
◎会津やないづ温泉 つきみが丘町民センター【火・金曜日午前清掃】<2月号>
・高湯温泉 安達屋旅館<2月号>
◎西山温泉 山村公園せいざん荘<2月号>

【茨城県】
・涸沼温泉 いこいの村涸沼<2月号>
◎平潟港温泉 あんこうの宿まるみつ旅館<2月号>
◎鉾田市 ほっとパーク鉾田[入湯税150円、温水プール+100円]<2月号>

【栃木県】
・宇都宮温泉 道の駅うつのみやろまんちっく村湯処あぐり<2月号>
◎南平台温泉 観音湯<2月号>

【群馬県】
◎伊香保温泉 大江戸温泉物語伊香保<2月号>
◎奥軽井沢温泉 ホテルグリーンプラザ軽井沢[230円/小人、幼児620円]<5月号;4ヶ月連続>
◎四万温泉 四万やまぐち館<2月号>
・高崎市 箕郷温泉まねきの湯<2月号>
・嬬恋バラギ温泉 湖畔の湯<2月号>
◎嬬恋村 北軽井沢高原ホテル〔ヘルストン温泉〕<12月号>

【埼玉県】
◎大滝温泉 道の駅大滝温泉遊湯館<2月号>[まっとう平日]
◎越生町 ゆうパークおごせ(3時間)〔非温泉〕<2月号>
◎北本天然温泉 湯花楽<昨年6月号>
・両神温泉 国民宿舎両神荘<1月号>

【千葉県】
◎いすみ市 九十九里ヴィラそとぼう〔人工泉〕<5月号;75ヶ月連続>
◎館山市 休暇村館山<2月号>
◎館山塩見温泉 海の湯宿花しぶき<2月号>

【東京都】
・なし

【神奈川県】
・箱根仙石原温泉 箱根高原ホテル<2月号>

【山梨県】
・秋山温泉 新湯治場秋山温泉<2月号>
◎丹波山温泉 道の駅たばやまのめこい湯<2月号>
◎富士川町 まほらの湯<5月号;2ヶ月連続>
・増富温泉 不老閣<2月号>
◎三富温泉郷 白龍閣<2月号>

【新潟県】
・神の宮温泉 かわら亭<2月号>
◎津川温泉 清川高原保養センター<2月号>
◎新発田温泉 あやめの湯[入湯税120円]<2月号>
◎上越市 名立の湯ゆらら〔非温泉〕<2月号>
・じょんのび温泉 じょんのび村楽寿の湯<2月号>
◎瀬波温泉 野天風呂湯元龍泉<2月号>
・朱鷺の郷しいざき温泉 佐渡グリーンホテルきらく<2月号>
◎松之山温泉 松之山温泉センター鷹の湯<2月号>

【長野県】
◎裾花峡温泉 うるおい館<2月号>
◎遠山温泉郷 かぐらの湯<2月号>
◎中条温泉 トマトの国<2月号>
◎中棚温泉 中棚荘<2月号>
◎湯田中温泉 楓の湯<12月号>

【静岡県】
◎三ヶ日温泉 ホテルリステル浜名湖<2月号>
◎雄踏温泉 浜名湖ロイヤルホテル<2月号>
◎弓ヶ浜温泉 休暇村南伊豆<2月号>

http://gekkanonsenhakase.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

 

Re: 豚みそ丼本舗 野さか

 投稿者:ONKEN21@秩父最終日  投稿日:2016年 5月10日(火)18時29分59秒
返信・引用
  > No.6717[元記事へ]

本日は秩父市での仕事は今年は最終日でした。
「ひらい」再訪を狙っていたのですが、火曜定休で玉砕T_T
たつみ喜心も火曜定休でしたね。
珍達横瀬店に食指が動くものの、今年はまだ食べていない「野さか」のブタ豚みそ丼が食べたくなり、秩父市街地へ。
この後、秩父市役所で仕事があったのでちょうど良かったです。
入店待ちは10人、15分くらいで中へ入れました。
芝桜が終わった平日なのでこんなものでしょう。
昨年は並盛でモノ足りなかったので、豚みそ丼大盛1100円と奮発。
カリカリ香ばしいおいしい豚みそ丼を腹いっぱいいただきました。
ただ、そのカリカリの破片がのどの気管に入ったか、4時間くらいつっかえた感じでした(^_^;
勢いよく食べて気管に入ってしまうほど、おいしい豚みそということで…。
これで今年の秩父シリーズはおしまいです。

> 本日のお昼休みは秩父市の市街地R140沿いの豚みそ丼の「野さか」で初めて食べました。
> 野さかは先月店を見かけて気になっていましたが、安田屋秩父店に行こうとしたら月曜定休だったので野さかに行くことにしました。
> 券売機で食券を買う方式、初めてなので左上角の豚みそ丼並盛900円のボタンを押します。
> 味噌汁・お新香付、大盛は+200円なのでパス、ねぎだく+100円もあります、観光向けかちょっとお高めですね。
> いつもは行列するみたいですが、本日は空席有で待ちなし、帰りは満席待ちが出ていました。
> 卓上調味料はレッドペッパー(唐辛子)と山椒。
> 豚みそ丼ですが、ご飯は並だと少ないですが、肉は辛めの味噌味、備長炭焼とあってカリカリ、実においしいかったです。
> 豚肉の味噌漬けは丼ではなく肉のみですが、F市にもおいしい肉屋ありますね。
 

海津温泉は茶褐色の掛け流し浴槽あり

 投稿者:ONKEN21@岐阜  投稿日:2016年 5月 8日(日)15時53分5秒
返信・引用
  > No.7204[元記事へ]

昨晩は鳥取から兵庫県但馬の道の駅やぶで車中泊。
北近畿豊岡・舞鶴若狭・京都縦貫・京滋バイパス・名神・新名神・東名阪・伊勢湾岸道経由湾岸長島I.C下車、30分ほどの岐阜県海津市の海津温泉に寄ります。
御在所SAでは伊勢志摩サミットラーメン880円をいただきました。
下足ロッカーキーは一人一つを厳守で脱衣ロッカーキーと交換。
温泉博士にハンコをいただき、入湯税40円を払います。
長寿の湯もありますが、温泉博士で入れる「いやしの湯」へ。
北館と南館で男女週替わりですが、本日の男湯は南館で内湯に御影石、電気、ジャグジー、座浴、サウナ、露天に岩風呂、うたせ、歩行浴のラインナップ。
御影石のみが加水、消毒ありの掛け流し。
他は循環ろ過あり。
御影石は底が見えないほどの茶褐色のささ濁りで素晴らしい。
本当にこれで昔より濁りが弱くなってる?
ほかは透き通っていて黄緑茶色みを帯びています。
塩苦い湯でモールや塩素の混じった臭いがかすかに鼻に感じます。
昔入った長島温泉に似た湯ながら海津はもっと濃い感じの湯ですね。
山陰帰りの〆にふさわしい湯でした。
さて、名神・中央・上信越道経由で帰ります。
 
    (ONKEN21) http://www.group-sanwa.co.jp/kaizuspa/  

鹿野温泉国民宿舎 山紫苑

 投稿者:ONKEN21@但馬  投稿日:2016年 5月 8日(日)00時49分42秒
返信・引用
  > No.7285[元記事へ]

> さて、次の鹿野温泉国民宿舎山紫苑はトップシーズンは15時終了、GW扱いなら三朝が山陰の〆になりそうです。

鳥取市の鹿野温泉山紫苑ですが、通常通り日帰り入浴は20時までやっていたので17:30でも無事入れました。
トップシーズンは15時で終了する場合がありとカッコ書きしてある程度です。
新館4階に展望風呂天の川があり、最初ここに入りました。
加水、ジャグジーによる循環ろ過あり、塩素消毒あり、塩素臭も感じます。
フロントに戻り、フロント反対の廊下の先に大浴場と庭園露天風呂あり。
露天風呂には大石の湯と堀の湯があり、この日の男湯は大石の湯でした。夜11時男女交替。
大浴場と露天は直接行き来できず、脱衣所からしか出入りできません。
埼玉の両神荘と同じ方式で露天は増設されたものでしょう。
露天からは庭園を望みなかなか風情があります。湯使いは全て掛け流しだそうですが、
展望風呂は循環の分あまりよくなく、大浴場は投入がなく残念。
露天風呂は大量投入とオーバーフローがあり一番良く感じました。
大浴場と露天は最初は芋洗い状態で夜は独占の時間があり、展望風呂は2人。
湯は無色透明無味無臭の山陰らしい湯。
鹿野温泉は通称「おんな湯」と言われる美肌の湯ですが、それほど肌への感触はなかったです。
さて、これで山陰の温泉巡りは終了。


鳥取市内でデカ盛りカレーを食べて、R9を京都から兵庫県但馬地方に入り京都に向けて走っています。
和田山から高速道路になりますが、舞鶴周りは遠回りなので、京都縦貫道を検討しています。
最終日は途中1ヶ所入れれば入りたいです。
 
    (ONKEN21) ここには温泉自動販売機があるようです。
http://www.sanshien.jp/
 

三朝温泉ブランナールみささに再訪

 投稿者:ONKEN21@三朝  投稿日:2016年 5月 7日(土)16時49分15秒
返信・引用
  > No.4741[元記事へ]

> 鳥取県三朝温泉ブランナールみささ(↓宿泊レポ)
> が登場していました。
>
> --------------------------------------------------------------------------------
> 三朝温泉  投稿者:ONKEN21@三朝  投稿日:2007年 5月 5日(土)00時09分4秒
>
> 今、鳥取県の三朝温泉「国民宿舎ブランナールみささ」に泊まっています。
> 三朝では3,4日と“花湯まつり”をやっていて、花火や綱引きで賑やかでした。
> 日本有数の放射能泉はすぐにのぼせあがる感じです。
> 結局、湯原の砂湯は時間切れで寄れず、三朝一本でした。
> とっとり花回廊と大山寺によってきました。
> 本日は天気が下り坂で雨模様のようです。
> 鳥取砂丘を中心に行ってきます。

再び鳥取県に入り、三朝温泉国民宿舎ブランナールみささに9年ぶりに入浴です。
2階の展望浴場は内湯、バイブラ、飲泉所、ミストサウナあり、
こちらは加温・循環ろ過・塩素消毒あり。
昔と変わってないですね。
玄関の反対側にある露天風呂は源泉掛け流し、源泉温度が39℃なので加温はあるかも。
昔は朝しか入れなかったですけど、今は朝7時から夜まで一日中入れます。
無色透明無味無臭、露天はかすかに濁りがあったかも。
さて、次の鹿野温泉国民宿舎山紫苑はトップシーズンは15時終了、GW扱いなら三朝が山陰の〆になりそうです。
 
    (ONKEN21) http://www.blancart.jp/  

いち福のひるぜん焼そば

 投稿者:ONKEN21@蒜山  投稿日:2016年 5月 7日(土)14時22分21秒
返信・引用
  > No.5394[元記事へ]

本日のお昼は岡山県真庭市蒜山高原のひるぜん焼そばでした。
ひるぜん焼そばの発祥店の「ますや食堂」は閉店、その味を引き継ぐのが、焼肉屋の「いち福」です。
ひるぜん焼そば648円をオーダー、大盛不可。
ひるぜん焼そばは「かしわ肉」(いち福は親鶏肉)、大きな高原キャベツ、味噌ベースの甘辛ダレ、太麺でおいしかったです。
他にも朝出す横手風の「あさぜん」、辛味パンチのある「よるぜん」もあるようです。
違いを味わいたいですね。
では、岡山県から鳥取県に戻ります。
 
    (ONKEN21) http://ichifuku.web.fc2.com/  

湯原温泉 名泉砂湯とたねや旅館

 投稿者:ONKEN21@湯原  投稿日:2016年 5月 7日(土)12時18分50秒
返信・引用
  > No.2813[元記事へ]

> 結局、湯原温泉砂湯は時間がなくパス、ダムから見下ろしただけでした(画像下)。凄く混んでいました。

湯原温泉では最初に砂湯に入った後、下湯原に続きたねや旅館に入っています。
砂湯は10年ぶりですが、弟は初めて。
前回は11月の落葉の後だったので、新緑の砂湯は新鮮です。
奥ダム側があぶくが多く出ている子宝の湯、そこから流し込まれるのが美人の湯でぬるめ、山側の東屋付が熱めの長寿の湯です。
お湯は無色透明無味無臭ですが、小石の間からあぶくを上げて湧き出る足下湧出が素晴らしいですね。
朝9時で入浴者10人落ち着いて入れました。

たねや旅館は温泉博士にハンコを押す前に浴室に案内されます。
薄暗いですが小さな岩風呂にホースから注がれる湯をオーバーフロー掛け流し。
12時でもちろん独占です。
砂湯と同じような無色透明、かすかな塩味無臭の熱い湯です。
あっ、茅森温泉の露天風呂を思い出した。
蒜山焼きそばの前に寄ってみましょう。
 
    (ONKEN21) http://ww32.tiki.ne.jp/~taneya/

10年ぶり訪れた茅森温泉の露天風呂ですが、6~10月限定らしく、まだ空っぽでした。
ホースから湯原温泉に似た無色透明無味無臭のぬるい垂れ流しあり。
浴槽は10年前と変わってなさそうですが、覆いが立派になりましたね。
 

/171