teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: Tomoe Arai プレゼンツ椿姫@紀尾井小ホール 無事終了しました

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年10月19日(水)16時18分18秒
返信・引用
  あまりさんへのお返事です。

テノール 安藤英市のURLが間違っていました。

正しくは 安藤英市 shima-shima-neko.ptu.jp/

下記のURLは訂正済みですからアクセスできると思います。

失礼いたしました。

http://shima-shima-neko.ptu.jp/

 
 

Re: Tomoe Arai プレゼンツ椿姫@紀尾井小ホール 無事終了しました

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年10月19日(水)00時06分15秒
返信・引用
  あまり様 お見事なステージおめでとうございます。

同時刻に 私はモーツアルトの「戴冠ミサ」シューベルトの「冬の旅」から4曲の混声4部合唱の初演 他2ステージを140名のメンバーと2時間のコンサートでヘトヘトになっておりましたが、何とプロをお相手に「椿姫」全曲を歌ってしまうなんて、信じられません。
名犬3さんから画像を頂きましたので" shiama-shima-neko "にUPしましたのでご覧くださいね。
燃え尽き症候群に陥る前にもう、次の構想を練っていらっしゃるのでは?
あまり様の情熱にはただただ感服しております。

http://shima-shima-neko..ptu.jp/

 

Tomoe Arai プレゼンツ椿姫@紀尾井小ホール 無事終了しました

 投稿者:あまり  投稿日:2016年10月15日(土)19時24分9秒
返信・引用
  10月9日の「椿姫」にはたくさんの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました

アルフレードの琉子健太郎さん、ジェルモンの星田裕治さんをはじめとした
心優しい優れた助演の皆さまに助けられて、全編歌いきることができました

また、安藤先生の指揮とロマンチックな演出で
舞台がより美しく洗練されたものになったと思います
チラシやプログラムをご覧になってもおわかりのように
安藤先生の美意識の高さには今更ながら驚かされます

安藤先生の思い描くヴィオレッタに近づけられるよう、努力してきた4か月でした
プロの皆さんにまじっての稽古は、精神的にたいへん苦しい時期もありましたが
晴れ晴れと本番を迎えることができました

当日は、私の幼なじみから中高大学の同級生先輩後輩元カレ、息子のママ友
歌を始めてからご縁のあった歌友・・・
たくさんの皆さまに聞いていただき、おほめの言葉を頂戴し、こんなうれしいことはありません

どうもありがとうございました
 

椿姫@紀尾井小ホール

 投稿者:あまり  投稿日:2016年 8月20日(土)19時42分57秒
返信・引用
  椿姫のチラシを掲載いただきありがとうございます

紀尾井ホールの公演予定にも載ってしまいましたっ!

もう後戻りできない・・・

http://www.kioi-hall.or.jp/20161009s1400.html
 

La traviata@IL TEATRO 

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年 8月 3日(水)11時45分45秒
返信・引用
  イル・テアトロ音楽院 オペラクラスのあまりさんが椿姫のヴィオレッタに挑戦されます
日頃の研鑽の成果が楽しみ!!
勿論 指揮・演出は安藤英市先生
素敵なチラシのデザインも画像でご覧ください

http://shima-shima-neko..ptu.jp/

 

Re: 第2回アウラ・デル・テアトロ公演

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年 6月10日(金)22時48分25秒
返信・引用
  > No.461[元記事へ]

あまりさんへのお返事です。

今回は直接聴くことができず、残念でした。
来年は「トスカ」ですか~あ
年々のステップアップ楽しみですね。
がんばって!!

http://shima-shima-neko.ptu.jp/

 

Re: 第2回アウラ・デル・テアトロ公演

 投稿者:あまり  投稿日:2016年 6月 8日(水)14時55分30秒
返信・引用
  グランマ5さんへのお返事です。


ルチア、無事終わりました!!
ご来場の皆さま、ありがとうございました!

ルチアに明け暮れた一年と一か月でしたが、舞台に上がったら
あっという間の90分でした

終演後、皆さまからたくさんのお褒めの言葉をかけていただき
うれしいです

一番うれしかったのは、ルチア経験者のソプラノさんから
「ルチアの本当の大変さは通して歌った人にしかわからない
休憩も無しによく狂乱まで頑張ったと感激しました」と言われたこと

昨年のジルダも今年のルチアも
私の声には合っているとは言いがたい役でしたが
発声上のとても良い勉強になりました

来年は「トスカ」
頑張ります!!


 

2016年度 国際イタリア声楽コンクール 日本会場(6/7 東京都)

 投稿者:オペラ座  投稿日:2016年 4月25日(月)17時36分59秒
返信・引用
  2016年度 アンセルモ・コルツァーニ国際イタリア声楽コンクール

【日本会場・予備審査 参加者募集のご案内】

◆日時:
2016年6月7日(火)13:00~

◆場所:
江東区 東大島文化センター(都営地下鉄新宿線「東大島」下車 徒歩5分)

◆授賞内容:
審査員会は参加者に認められた能力に応じ、下記①~③の特典を授与します。

①コンクール・イタリア会場の審査を免除。世界的ソプラノ歌手ジューン・アンダーソン氏による
オペラ演奏実技講習会と入賞者デビュー演奏会への参加権を与え、渡航費を支給。
(実技講習会とデビュー演奏会は、ブドリオ市立コンソルツィオ劇場で開催の予定)

②イタリア国内の劇場に、オペラ公演の独唱歌手として推薦。

③日本イタリア・オペラ座の主催演奏会への出演参加。2017年の公演から。

◆課題曲:
18世紀から20世紀初頭までに初演されたオペラから、任意に選んだ独唱曲五つのプログラムを
提出すること。ただし、この五つの独唱曲は2名以上の作曲家のオペラ作品から選び、
うち三つ以上は、伝統的にイタリア語で歌われる曲であること。当日会場では、
プログラムから審査員会が指定する曲を演奏すること。

◆参加資格:
年齢・学歴不問。欧米の主要劇場でオペラ全曲公演の主役を歌った経験がない方。
声種はソプラノ、メッツォソプラノ、コントラルト、テノール、バリトン、バスのどれかに属すること。

◆審査員:
- アルド・サルヴァーニョ(コンクール芸術監督、日本イタリア・オペラ座 常任指揮者)
- 大前努(コンクール日本会場審査員長、日本イタリア・オペラ座 総監督)
- 木村聡(日本イタリア・オペラ座 副監督、バリトン歌手、2010年度コンクール日本会場優勝者)

◆審査料:
¥30,000 (メールで参加申し込みの上、指定方法にて前納)

注記:
コンクールの参加者は、各自の伴奏ピアニストを当日会場に同伴すること。
主催者は、参加者へのピアニスト紹介・斡旋などの業務を行いません。

◆応募期限:
2016年5月28日(土) 応募申し込みメール必着。
定員20名に達し次第、募集を締め切ります。

コンクール参加のお申込み・お問い合わせは下記、主催者(日本イタリア・オペラ座)の連絡先まで。

メール accademiait@yahoo.co.jp
コンクールHP:http://concorsolirico.jimdo.com/
オペラ座HP:http://ilteatro.jimdo.com/
オペラ座Facebookページ:https://www.facebook.com/pages/Teatro-dellOpera-Giappone/252708078106973

http://concorsolirico.jimdo.com/

 

第2回アウラ・デル・テアトロ公演

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年 4月22日(金)22時39分15秒
返信・引用
  オペラクラスのあまりさんが歌劇「ランメルモールのルチア」にご出演されます。
ハイライトとは言え通しで歌われるなんてスッゴーイ!!
何と賛助出演の豪華メンバーに囲まれてさぞかし気分良いでしょうね。
終盤の超絶高音域が楽しみ!!

2016年5月29日 紀尾井ホール 小ホール
A組 12:00開場 12:30開演
B組 14:30開場 15:00開演
    指揮   安藤 英市
イタリア人ピアニスト Costanza Rufo

http://shima-shima-neko.ptu.jp/

 

Re: ガラ&アイーダ 2016・2・27

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年 2月29日(月)17時11分5秒
返信・引用
  > No.457[元記事へ]

amariさんへのお返事です。

大成功のステージ本当におめでとうございます
遅ればせながら安藤英市ホームページに講演後の様子をUPしました。

企画の立案から本番までの音楽監督としてのご苦労もさぞかしと推察いたしますが、何より大盛況で日経ホールが狭く感じる程でした。

ガラコンサートのソリストの皆様も実力派揃いで聴き応えがありましたし、アイーダ ハイライトも重厚な演奏はオペラファンを喜ばせてくれたことでしょう。それはオーケストラや合唱、スタッフの皆様の一致団結心と言いましょうか、心意気の相乗効果とも言えましょう。

イル・テアトロの益々のご発展をお祈り申し上げます。

http://shima-shima-neko.ptu.jp/

 

レンタル掲示板
/32