teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 第3回アウラ・デル・テアトロ公演 TOSCA

 投稿者:あまり  投稿日:2017年 6月24日(土)17時47分50秒
返信・引用
  先日は第3回アウラ・デル・テアトロ公演 『トスカ』にご来場いただき
ありがとうございました!
月3回、約一年をかけて勉強してきたオペラ講座の修了公演です
安藤先生の熱心なご指導と、コスタンツァさんのイタリアンなピアノ
助演に入ってくださった、おなじみのプロの歌手のみなさんの熱演
これは頑張らないわけにはいきません!

終演後、たくさんのお客様から過分なおほめの言葉をかけていただき、うれしさもひとしおです
メールで頂戴した感想をご本人の承諾を得ましたのでここに転載させていただきます

「先日の「トスカ」は、感激しました。
知的な計算と内面から迸り出る感情表現が絶妙なバランスで新井=トスカ
を現出させましたね。そのことが、発声にも、フレージングにも、dinamique
にも、また、演技表現にも、絶大な効果をもたらしていたと思います。
たとえば、高音の響きにしても新井さんの持っている本来の魅力が初めて
全開した感があります。歌も演技も、自然で情熱的かつ品位のある名演でした。
本当におめでとうございました。」

ありがとうございます!!
 
 

しいたけ&えいいちの掲示板、終止符のおしらせ

 投稿者:安藤英市応援団  投稿日:2017年 6月19日(月)22時22分46秒
返信・引用
  2007年12月から始まった当サイトもホームページの閉鎖に伴い平成29年(2017)6月末を持ちまして終了させて戴きます。
尚、今後は安藤英市主催の「IL TEATRO 音楽院」ホームページにアクセス下さいますようお願い申し上げます。
永年のご声援有難うございました。

http://shima-shima-neko.ptu.jp

 

第3回アウラ・デル・テアトロ公演 TOSCA

 投稿者:グランマ5  投稿日:2017年 6月19日(月)00時31分42秒
返信・引用
  あまり様

歌劇「トスカ」ハイライト プロをお相手に素晴らしいステージでした。
「歌に生き、恋に生き」は何時聴いても美しい曲ですね。
1昨年の秋、安藤先生が3声にアレンジしてくださって、コーアディルーエも挑戦したことを思い出しました。

http://shima-shima-neko.ptu.jp

 

Re: 記念すべき初演

 投稿者:グランマ5日  投稿日:2017年 5月14日(日)12時14分18秒
返信・引用
  <あまりさんへのお返事です。>

4月25日 すみだトリフィーの「日本歌曲で綴る日本の情景」へは、どうしても外せない会合がありまして残念な思いを致しました。
コーアの皆様から日本語の歌は難しいと感じていたのに安藤先生がピカイチに素晴らしかったと伺っておりましたが、「春が来た」が書き下ろしのオリジナルだったのですね。
作曲家みずからのピアノ演奏で、作詞家もご同席とは、本当に一生ものの記念になりますね。

以前あまりさまがソロを歌われた時に、宮本あんりさんの伴奏をお聴きしましたが、同じピアノなのに弾き手が変わると音色というより、世界感?が違うと感じたことがありました。小林秀雄さんのお嬢様でいらっしたのですね。

> 当夜の3曲を聴いて、あんりさんと安藤先生が産み出す演奏は
> お互いの音楽への理解と尊敬と尊重とに基づく結晶のようなものだと思いました
> 記念すべき初演を聞けたこと、ほんとうによかったです

それは私にとっては返す返すも残念!!

> 思えば、あんりさんと安藤先生が初めて会ったのは、数年前の我が家
> その結果がこのような形で実を結んだことは、とてもうれしいことです
> お引き合わせしてよかった!です

そんな事がお有りだったのですね。 あまりさまの歌に掛ける情熱の根源にそんな恵まれた環境がおありだったのですね。

私は今、安藤先生の「ヴェルディ・グラン・ガラ合唱団」で8月6日の本番に向けて練習に参加しています。
予定の日程の半分は、終わってしまいましたが、私はもたもたしていて、こんな具合で大丈夫かと不安を抱えています。


 

Re: 記念すべき初演

 投稿者:グランマ5日  投稿日:2017年 5月14日(日)10時38分33秒
返信・引用
  > No.468[元記事へ]

あまりさんへのお返事です。

> 作曲家宮本あんり女史が、テノール歌手安藤英市のために作った一編「春が来た」が
> 4月25日すみだトリフォニー小ホール 〈日本歌曲で綴る日本の情景〉 で披露されました
>
> 作曲家みずからのピアノ演奏です
> 客席には詩を書かれた北峰聖氏もご来場だったとのこと
>
> 作詞家と作曲家の前で歌う、ってものすごいことだと思いますが?!
> さらに自分のために作られた曲ですよ!!
>
> 当夜は他に、宮本あんり作曲の「奄美の風」
> 父上である小林秀雄先生作曲の「秋刀魚の歌」も披露されました
> 落葉松を選ばないところが安藤英市の安藤英市たるところかな~と思います
>
> 当夜の3曲を聴いて、あんりさんと安藤先生が産み出す演奏は
> お互いの音楽への理解と尊敬と尊重とに基づく結晶のようなものだと思いました
> 記念すべき初演を聞けたこと、ほんとうによかったです
>
> 思えば、あんりさんと安藤先生が初めて会ったのは、数年前の我が家
> 『海賊』の二重唱やアリアの伴奏合わせのときでした
> その際、お二人の間で芸術家同士の火花と共感が交錯したのを私はひそかに感じました
>
> その結果がこのような形で実を結んだことは、とてもうれしいことです
> お引き合わせしてよかった!です
>
>
>
>
 

記念すべき初演

 投稿者:あまり  投稿日:2017年 5月14日(日)09時27分16秒
返信・引用
  作曲家宮本あんり女史が、テノール歌手安藤英市のために作った一編「春が来た」が
4月25日すみだトリフォニー小ホール 〈日本歌曲で綴る日本の情景〉 で披露されました

作曲家みずからのピアノ演奏です
客席には詩を書かれた北峰聖氏もご来場だったとのこと

作詞家と作曲家の前で歌う、ってものすごいことだと思いますが?!
さらに自分のために作られた曲ですよ!!

当夜は他に、宮本あんり作曲の「奄美の風」
父上である小林秀雄先生作曲の「秋刀魚の歌」も披露されました
落葉松を選ばないところが安藤英市の安藤英市たるところかな~と思います

当夜の3曲を聴いて、あんりさんと安藤先生が産み出す演奏は
お互いの音楽への理解と尊敬と尊重とに基づく結晶のようなものだと思いました
記念すべき初演を聞けたこと、ほんとうによかったです

思えば、あんりさんと安藤先生が初めて会ったのは、数年前の我が家
『海賊』の二重唱やアリアの伴奏合わせのときでした
その際、お二人の間で芸術家同士の火花と共感が交錯したのを私はひそかに感じました

その結果がこのような形で実を結んだことは、とてもうれしいことです
お引き合わせしてよかった!です



 

Re: Tomoe Arai プレゼンツ椿姫@紀尾井小ホール 無事終了しました

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年10月19日(水)16時18分18秒
返信・引用
  あまりさんへのお返事です。

テノール 安藤英市のURLが間違っていました。

正しくは 安藤英市 shima-shima-neko.ptu.jp/

下記のURLは訂正済みですからアクセスできると思います。

失礼いたしました。

http://shima-shima-neko.ptu.jp/

 

Re: Tomoe Arai プレゼンツ椿姫@紀尾井小ホール 無事終了しました

 投稿者:グランマ5  投稿日:2016年10月19日(水)00時06分15秒
返信・引用
  あまり様 お見事なステージおめでとうございます。

同時刻に 私はモーツアルトの「戴冠ミサ」シューベルトの「冬の旅」から4曲の混声4部合唱の初演 他2ステージを140名のメンバーと2時間のコンサートでヘトヘトになっておりましたが、何とプロをお相手に「椿姫」全曲を歌ってしまうなんて、信じられません。
名犬3さんから画像を頂きましたので" shiama-shima-neko "にUPしましたのでご覧くださいね。
燃え尽き症候群に陥る前にもう、次の構想を練っていらっしゃるのでは?
あまり様の情熱にはただただ感服しております。

http://shima-shima-neko..ptu.jp/

 

Tomoe Arai プレゼンツ椿姫@紀尾井小ホール 無事終了しました

 投稿者:あまり  投稿日:2016年10月15日(土)19時24分9秒
返信・引用
  10月9日の「椿姫」にはたくさんの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました

アルフレードの琉子健太郎さん、ジェルモンの星田裕治さんをはじめとした
心優しい優れた助演の皆さまに助けられて、全編歌いきることができました

また、安藤先生の指揮とロマンチックな演出で
舞台がより美しく洗練されたものになったと思います
チラシやプログラムをご覧になってもおわかりのように
安藤先生の美意識の高さには今更ながら驚かされます

安藤先生の思い描くヴィオレッタに近づけられるよう、努力してきた4か月でした
プロの皆さんにまじっての稽古は、精神的にたいへん苦しい時期もありましたが
晴れ晴れと本番を迎えることができました

当日は、私の幼なじみから中高大学の同級生先輩後輩元カレ、息子のママ友
歌を始めてからご縁のあった歌友・・・
たくさんの皆さまに聞いていただき、おほめの言葉を頂戴し、こんなうれしいことはありません

どうもありがとうございました
 

椿姫@紀尾井小ホール

 投稿者:あまり  投稿日:2016年 8月20日(土)19時42分57秒
返信・引用
  椿姫のチラシを掲載いただきありがとうございます

紀尾井ホールの公演予定にも載ってしまいましたっ!

もう後戻りできない・・・

http://www.kioi-hall.or.jp/20161009s1400.html
 

レンタル掲示板
/33