teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 無題(0)
  2. 無題(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


インターハイ県予選団体戦について

 投稿者:本木  投稿日:2018年 5月13日(日)22時19分53秒
編集済
  日程:6月11日(月)
開催場所:熊谷さくら運動公園
※試合開始の時間に関しては分かり次第連絡します。
よろしくお願い致します。
 
 

男子ソフトテニス市内大会個人戦の結果と反省のお知らせ

 投稿者:笠井  投稿日:2018年 5月13日(日)19時16分55秒
編集済
  男子ソフトテニス市内大会個人戦の結果と反省をお知らせ致します。
【結果】
臼田(3)山田(1)
2回戦vs大宮北 ④ー1
3回戦vs浦和南 ④ー3
4回戦vs浦和実業 0ー④
成田(2)池田(2)
2回戦vs与野④-0
3回戦vs浦和④-2
4回戦vs浦和西3-④
笠井(2)本木(2)
1回戦vs大宮工業④-0
2回戦vs浦和2-④
南(2)吉崎(2)
1回戦vs与野0-④
吉田(2)齋藤(2)
1回戦vs与野④-2
2回戦vs浦和実業0-④
西名(1)安部(1)
1回戦vs大宮工業④-3
2回戦vs浦和南④-2
3回戦vs浦和④-3
4回戦vs浦和1-④
本村(1)佐藤(1)
1回戦vs与野1-④
小栗(1)河村(1)
1回戦vs大宮北0-④

【反省】
(臼田)
3回戦の浦和南戦でファイナルゲームの5-5から勝ちきれたのはよかったです。ただ、その後の4回戦ではロブが上がりきらずに前衛にかかってしまい、途中から攻めて打っていきましたが巻き返せませんでした。
調子を見極めて組み立てを変える判断をもっと早くできるようにし、また、中ロブまたはシュートのどちらかに頼った展開も練習していきたいです。
(山田)
全体を通して自分のストローク力の低さを感じた。特に3球目の球を打つとき体が後ろにそってしまって全て受け身の状態で打ったためにSOが多くなった。これからサーレシや、乱打を通して「相手前衛に捕まらない、安定した球」を打てるようにしたい。さらに、ネット付近に来た甘い球を叩いてしまって、ネットタッチが多かった。冷静に仕留められるように練習から注意して改善していこうと思う。
積極的にポーチにでて、ハイボレもしっかり決めきれた。
(成田)
成田(2)池田(2)
3・4回戦は、成績を残している格上の相手だったが、名前負けすることなく自分なりの粘りのテニスができ、かなり少ないミスで深いボールを集めることができた。ただ、決定打に欠ける部分があるので、トップ打ちとサイドアタックを強化したい。4回戦は相手がダブル後衛で、序盤はうまく攻められなかったものの、学総南部地区ベスト16の相手とやりあえたことは悔しさとともに自信にもなった。1stサービスにおける相手との大きな差を痛感する機会となった。
(池田)
・良かった点
ランボレに積極的に出れた。
・悪かった点
ファーストサーブの成功率が低かった。
ボレーで、一発で仕留めることができなかった。
(笠井)
ファーストサーブの成功率が高く安定して試合を運べました。決定打や相手の取りにくいコースをつきチャンスを作れたのが大きな成果です。しかし攻撃がワンパターンになってしまい相手に読まれる場面が多かったので攻めのパターンを増やしていきたいです。またロブのコースもより厳しくつけるよう乱打等で気をつけていきたいです。
(本木)
良かった点  サービスの成功率が高く、サービスゲームの主導権を握ることが出来た。
レシーブによるミスを減らす事が出来、4本目以上に繋げる事ができた。
ランボレに積極的に出て相手後衛に威圧をかけられた。
悪かった点
決めるべき球を決める事が出来なかった。スマッシュのコースが甘かった。
最初に2ゲーム連取した事に対して慢心してしまい、流れが変わってしまった。一つ一つの動作に気をつけて最後まで気を抜かない集中力が必要であると思った。
(南)
今日は、立ち上がりの不調を最後まで引きずってしまった。不調から立ち直るにはどうしたらいいか、そもそもいい状態で試合に入るにはどうしたらいいかを考え、同じ間違いを繰り返さないようにしたい。
(吉崎)
足は動いていたがボレーをするまであと一歩が足りず後衛を苦しめてしまった。
レシーブの安定性を欠いた
今後に向けて
ランボレやストレートのブロックだけでなくスマッシュなどの前後の動きをもっと増やしたい。
(吉田)
・良かった点
相手前衛にチャンスボールを上げなかった。
・悪かった点
ファーストサーブの威力は上がったが入る割合が低かった 。
バックで力負けした。
深いロブは多く打てたがバックアウトも多かった。
重要な局面で単純なミス(早いネットなど)を何度もした。
・次回に向けて
バックやロブがまだ安定していないので引き続き乱打や1本打ちで意識して練習します。また、サーブレシーブを安定させます。
(齋藤)
・良かったこと
いつもはミスをしていた中ロブに対するスマッシュを今日はミスすることなく、点につなげられたこと
・悪かったこと
ゲームポイントのかかった重要な場面でのレシーブのミスがいつもよりも多かったこと
・次回に向けて
今回は縦の動きはかなり出来たが、ポーチなどの横の動きがかなり甘かったので、今後はランボレなどの練習で鍛えたいです。
(西名)
・良かった点
マッチを握られた競った試合で勝利することができた。
ロブを有効に使えた。
打つのがキツイボールはしっかりしのぐことができた。
・改善するべき点
序盤の試合で調子が出ずミスを重ねてしまった。
サーブのトスが悪くサーブの確率が低かった。
セカンドレシーブのコースが甘かった。
ミドルをうまく使えずラリーのパターンが少なかった。
浅いボールの処理がうまくできなかった。
(安部)
初戦の立ち上がりが悪く、ミスも多くなってしまい、改善の余地があると感じた。
そこからの試合は立ち上がりを意識して入ることができ、ボレーを決める本数も増えた。
前衛としての改善点としては、スマッシュのチャンスはあったのに、自ら動いて打ちにいけなかったことだ。
良かったことは先ほども書いたように、後衛がつくってくれたボレーのチャンスを決めることができたことだ。
これらの改善点を修正し、また、良かった点をさらに伸ばし、次の県南大会での勝利を目指して頑張りたい。
(本村)
ファーストサーブが5割程度しか入っていなかったり、攻められたときに凌ぐことが出来なかったり、アウトが多かったりしたのが敗因と言える。
得意のロブで展開を作れなかったが、クロスで展開を作れたのは良かった。試合の雰囲気も悪くなかったと思う。
全体を通して、サーブレシーブの精度を高め、繋ぎの球としての中ロブの練習が必要だと感じた。
(佐藤)
良かった点
レシーブのコース取りがうまくいった。
ハイボレーやランボレを決められた。
反省点
レシーブが浅かった。
決め球のミスがあった。
ファーストの確率が低かった。
(小栗)
良かった点
レシーブのミスが少なかった。
反省点
浅いボールが来たときにアウトすることが多かった。
自分達のミスが多かった。
ファーストサーブが入らなかった。
ダブル後衛に慣れていなかった。
前衛を抜こうとしたときに力が入ってしまった。
(河村)
普段の練習とは違った試合の雰囲気に慣れる ことが出来ず、ストロークの打ち分けができていなかったため、前衛にボールを取られることが多々あった。また、サーブが入らないことが課題だったので、1本1本丁寧にサーブの練習をしていきたい。また、ストロークが浅い球になってしまうことが多いので、深い球と浅い球を打ち分けられるようにしていきたい。まだまだこれからに向けての課題は山のようにあるので、効率良く練習できるようにしたい。

本日の大会は1.2年生中心の大会でどの選手も良いプレーも見られましたが多くの試合で随所ミスが目立ちました。3球目までにポイントが決まることが多く、今後特に改善すべき点だと思います。また試合の展開についてまだ甘い部分も多くあったので3年生から学んでいきたいと思います。
OBOGの皆様これからもご指導よろしくお願い致します。
 

市内大会日程の変更

 投稿者:吉崎  投稿日:2018年 5月12日(土)19時03分51秒
  連絡が遅くなってすみません。
延期になっていた市内大会個人戦は、明日、5/13に変更となりました。宜しくお願いします
 

ソフトテニス関東大会埼玉県予選会団体の結果と反省のお知らせ

 投稿者:笠井  投稿日:2018年 5月 9日(水)20時30分35秒
編集済
  ソフトテニス関東大会埼玉県予選会団体の結果と反省をお知らせ致します。
【結果】

4回戦vs本庄東0-2
山崎・羽田0-④
臼田・山本1-④

【反省】

(臼田)
2回戦、3回戦では格下の相手にしっかりと勝つことが出来ましたが、4回戦では格上相手に、先に1ゲーム取ったにも関わらず巻き返され、粘ることも出来ませんでした。ただ、団体戦をみんなで戦い、みんなで勝つ楽しさを感じることができました。
(山本)
まず熊谷ドームでの試合は自分の中でも良いプレーができ、ポーチに多く出てから止まってプレーするなど試合の流れを考えて動くことができ、相手の後衛に楽に打たせないなどして封じることができました。
本庄東戦はなかなかポーチにも出れずチャンスもあまりものにすることができなかったし、相手のうまいしのぎや、中ロブに対応することができませんでした。やはりレベルの差を感じました。
残りの練習期間で最後の大会に向けサーブ、レシーブ展開の中での動きの質を高めて行きます。
(飽本)
課題であった立ち上がりは2回戦の早い時間帯で上手く調整し、ゲームを展開出来た。相手が2回戦3回戦ともに左利きであったため多少やりにくいところはありましたがしっかり勝ち切ることができました。
(磯野)
今回の大会で、春日部工業戦では、ペアでいい試合ができました 。ファイナルで勝ちきれたことはよかったです。おそらく後一ヶ月ほどで引退となるので残り少ない期間を大切にして練習に臨んでいきたいと思います。
(山崎)
課題であった初戦の立ち上がりの悪さは改善できよかったが、ボールを繋げようしすぎ体が縮こまり、深いボールが打てなかった。ボールの配球が悪く、その理由としてロブをあまり使わないことが挙げられるが、そのロブの精度が低いためインハイ予選までに深いロブを打てるようにし配球の幅を広げる。
(羽田)
サーブレシーブは特に問題ながったが、やはりランボレなどの横の動きが少なく、自ら点を取りに行くことができなかった。ランボレを確実に決めるために相手のボールの予測が極めて重要なのがわかったのでインハイ予選まで横の動きをできるようにする。

今大会は立ち上がりの悪さを改善し、試合の入りから取れるポイントはしっかり取り、ミスも少ない試合運びとなったのは大きな成果と言えるでしょう。しかし相手が強くなるといつものテニスでは勝てず冒険する必要がある場面も多くありました。
応援含め部員全員が意識高く取り組め、リードされている時でも消極的になることなく、取り組めていたと思います。
インハイ予選でチーム大宮として勝てるようにこれから1ヶ月練習に励んでいきます。
OBOGの皆様これからもご指導よろしくお願い致します。
 

ソフトテニス関東大会埼玉県予選会団体の結果のお知らせ

 投稿者:笠井  投稿日:2018年 5月 6日(日)17時19分7秒
編集済
  ソフトテニス関東大会埼玉県予選会団体の結果をお知らせ致します。

【結果】

2回戦vs三郷北③-0
山崎・羽田④-2
臼田・山本④-2
飽本・磯野④-2
3回戦vs春日部工業②-1
山崎・羽田0-④
臼田・山本④-0
飽本・磯野④-3
4回戦以降は5月9日(水)にさくら運動公園にて行われます。
大会の反省は9日に試合の結果とともにお知らせ致します。
OBOGの皆様お忙しい中ですが、これからもご指導よろしくお願い致します。
 

埼玉県高体連ソフトテニス関東大会埼玉県予選の結果と反省のお知らせ

 投稿者:笠井  投稿日:2018年 5月 4日(金)20時18分54秒
  埼玉県高体連ソフトテニス関東大会埼玉県予選の結果と反省をお知らせ致します。

【結果】

臼田(3)山本(3)
2回戦vs武蔵越生2-④

【反省】
(臼田)
試合前は緊張で足が震える程でしたが、試合に入るとそこまで緊張しませんでした。ただ、立ち上がりが悪いという課題を最後まで解決できず、1,2ゲーム目をあっさり取られ、最後まで取り返す事が出来ませんでした。
団体戦に向けてメンタルを整えて勝てるように頑張ります。
(山本)
相手はロブ多めで展開しているのに後ろでのプレーができておらず、あまり展開に絡むことができなかったこと、単純なミスがいつもに比べ多かったこと、少し動きが硬く柔軟さが足りなかったことです。団体戦までに修正できるところを修正して、大会に臨みます。

本日まで勝ち抜いた臼田・山本ペアは緊張や課題である立ち上がりの悪さから惜しくも負けてしまったものの素晴らしいプレーを繰り広げ、応援の1.2年生を感化させました。
大宮高校の課題である立ち上がりの悪さに気をつけ、残る県大会団体戦にもチーム大宮一丸となり気勢を揚げて挑んでいきます。
OBOGの皆さまお忙しい中ですが、これからもご指導よろしくお願い致します。
 

今日の練習について

 投稿者:本木  投稿日:2018年 5月 3日(木)12時41分5秒
編集済
  今日の午後練習につきましては、昨日の雨の影響でコート状況が悪いため、コート整備を行なってから練習を開始します。連絡が遅くなってしまい申し訳ありません。  

関東大会埼玉県予選の日程について

 投稿者:本木  投稿日:2018年 4月27日(金)20時28分42秒
編集済
  埼玉県予選個人は5/4(金)、団体は5/6(日)となります。個人予選の会場は狭山智光山公園です。団体予選に関しましては3試合目なので10時30分以降を目処に試合開始となります。会場は熊谷ドームです。よろしくお願い致します。  

男子ソフトテニス埼玉県選手権関東予選大会の結果と反省のお知らせ

 投稿者:笠井  投稿日:2018年 4月25日(水)21時43分13秒
編集済
  男子ソフトテニス埼玉県選手権関東予選大会の結果と反省をお知らせ致します。
【結果】

臼田(3)山本(3)
2回戦vs伊奈学園④-0
3回戦vs浦和④-3
4回戦vs浦和実業④-0
5回戦vs川口市立3-④
飽本(3)磯野(3)
2回戦vs大宮北④-1
3回戦vs伊奈学園3ー④
山崎(3)羽田(3)
2回戦vs上尾南④-2
3回戦vs蕨2-④
稲葉(3)清水(3)
2回戦vs大宮北④-3
3回戦vs浦和南1-④
成田(2)池田(2)
1回戦vs武南④-0
2回戦vs大宮北④-1
3回戦vs浦和0-④
笠井(2)市河(3)
2回戦vs上尾3-④
南(2)本木(2)
1回戦vs大宮工業0-④
吉崎(2)齋藤(2)
1回戦vs浦和④-1
2回戦vs大宮西0-④

【反省】
(臼田)
県決めの3回戦で試合中に冷静さを失い負けかけてしまい、今後勝っていくためには精神面の安定が必要だと思いました。ただ、そこから立て直し、取りこぼさなかったのはよかったと思います。
5回戦では、有利なカウントで縮こまってしまい、ゲームカウント3-1からの2ゲームを取ることができず、また、ファイナルゲームでも6-3から巻き返されてしまい、試合経験の差を感じました。
(山本)
初日は3回戦の浦和との試合で崩れそうになったが、なんとか持ち直し勝つことができたので良かったです。2日目の川口市立との試合はなれないダブル前衛のペアで少し苦労したが、ゲームカウントをリードしマッチも取ることができた。しかし、勝っている時の消極的なプレーやチャンスボールのミスが目立ってしまい逆転負けされてしまった。またこの試合はファーストの確率が悪くそのせいでサーブゲームを落としてしまっていたので、もう少し微調整をしていきたいです。また、練習ではより試合を想定して予測と異なるボールへの対処や緊張の中のプレーの質の向上に努めて、5月の県大会でベスト16目標にして頑張ります。
(飽本)
市内大会の課題であった立ち上がりはどの試合も完璧に入れた。ストロークサーブ、ともに落ち着いて打つことができたがもう少し打ち込んでもよかったと思った。最後の最後相手に1歩うえを行かれてしまった。この悔しさをバネに団体戦は頑張りたいです。
(磯野)
今回の大会は悔しさの残る大会でした。県決めの試合ではファイナルのときに緊張で冷静になれず動きが固くなってしまいました。そこが、自分の弱さなのだと実感しました。また、こっちが一本とると相手に上手く間をとられ流れを作ることができませんでした。そこがペアとしての甘さだったと思います。
今回の悔しさを糧にして今後の大会に取り組んでいきたいです。
(山崎)
良かった点
・ファーストサーブ率が良かった。
・3回戦では安定してボールをつなげることができた。
・リスクの少ない配球ができた。
改善点
・苦しくなった時にしのぐ球がない。
・決めに行かずもう一本繋げるようにする。
・トップ打ちを安定して決めれるようにする
(羽田)
立ち上がりの試合がペアの後衛が調子が上がらなかったが自分が早めに仕掛けてしっかりとカバーできた。
3回戦は自分の全てを出し切れました、ミスはほとんどなく、またポジションやモーションでプレッシャーをかけることができ、スマッシュも追え、悔いは残らなかった。今までテニスをしてきた中で最高の試合ができたと感じたのでこれを自信にし、団体戦で全てをぶつけます。
(稲葉)
サーブレシーブのミスはなく、相手後衛としっかり打ち合うことができました。最後の最後であと1本が入らず、流れを引き寄せることができませんでした。そのままずっと後手に回ってしまい、味方前衛にチャンスボールがあがることがなく、つらい思いをさせてしまいました。切り替えて団体戦にむけて粘り勝てるように練習していきます。
(清水)
日曜日の市内大会のプレーを引きずってしまい、前に出る機会でストロークを打ちに行ってしまい、結果的に相手の前衛に捕まって決められるケースが多くありました。また、強敵相手でもサーブを入れることを重視し過ぎてしまい、甘いボールとなってしまうことが多くありました。しかし、前に出た時はチャンスボールをしっかり決めたり、自分からボールを取りに行ったり攻撃的にプレーすることができて良かったと思います。
(成田)
どうしても格上の相手で何とかしないとと思い、相手前衛を気にし過ぎて、打点を落として打ってしまった。いつも乱打とゲーム形式で打てるボールに大きな差があるのは、これが原因だと感じ、徹底して腰を落として高い打点で叩くことを身に染み込ませないと、県大会は遠いと感じた。
(池田)
良かった点
レシーブをしっかり打ち分けて、有利な展開にもっていけた。
スマッシュを的確に決めれた。
悪かった点
簡単なミスがあった。
ランボレの回数がいつもより少なかった。
(笠井)
相手がダブ後だった為、長短のボールでチャンスを引き出すことができ、ミスも最小限に抑えられました。しかし、決定打が少なかったのが大きな課題です。
ストロークの強化とショートクロスの角度を意識して、日々の練習に取り組んでいきたいと思います。
(市河)
入りは悪くなかったと思いますが、後半につれていつもはミスるはずもない所でミスをたくさんしてしまいました。今日まで自分のペースで無理なくやっていこうと部活に取り組んでいたつもりでしたが、それは自分を守るために逃げていただけだったのかもしれません。どんなことからも逃げずに正面から取り組んでいれば、自分に自信を持って試合に臨めたのだと思います。とても悔しいですが、当然の結果です。今はどうしたらよいかよく分かっていませんが、今後同じ過ちを繰り返さないようにします。
(南)
今日の試合は、相手後衛と打ち合うことで精一杯で、前衛のランボレやスマッシュに捕まってしまうことが多かった。打点に素早く入れた時には逆をついてポイントを奪うこともできたので、体力的に辛いラリーになってしまっても足は動かせるようにしていきたい。
また、今までの前衛が浮き球を叩く試合展開がつくれる相手ではなかったので、自分たちがポイントできる形のバリエーションを増やしていきたい。
課題だった1stサーブの確率は
高く、レシーブミスも少なかったため、日によって差が出ないよう、練習していきたい。
(本木)
良かった点
得点には繋がらなかったものの、ランニングボレーに踏み切ることができた。レシーブのコースを決め、狙ったところに打てた。
悪かった点
練習等では入っていたセカンドサーブが入らなかった→フォームの徹底。楽な打ち方を探す
ポジション取りに迷いが生じて反応が遅れた。→フットワークの強化
(吉崎)
サーブの打ち方が大会前日はよかったが今日は上手く当たらないサーブが多かったのでどんな日でも入るようにフォームを固めたい。
強打が来たときに焦って体重移動を使った打ち方が出来なかった。
(齋藤)
<良かったこと>
レシーブとストロークのミスがほとんどなくなったことと、サーブの成功率がかなり上がったこと
<悪かったこと>
強い相手のとき、ランボレに出るべきなのか否かということを瞬時に判断出来ず、後衛を苦しめさせてしまったこと

今回の大会は多くが実力を出し切れる場面が多かったです。しかし経験の差や、相手前衛、アウトしない事を意識して消極的になってしまい後一歩というところで負けてしまったペアもありました。
県大会に出場するペア、団体戦に出場するペアもいるので、残り短い間最大効率を意識して取り組んでいきたいと思います。
OBOGの皆様これからもご指導よろしくお願い致します。
 

本日大会の反省のまとめ

 投稿者:笠井  投稿日:2018年 4月22日(日)21時02分30秒
  今大会は三年生の多くが十分に練習の成果を発揮していました。配球もその場面場面に応じた最善の球を打てていることが多かったと思います。ミスも以前より格段に減りましたが、垣間見られる場面もありましたので、そこが最後に詰めるところだと思われます。
大会に向けて残り短いですが各々の課題を達成するべく練習に励みます。OBOGの皆様これからもご指導よろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/101