teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


平和と希望のコンサートⅢyoutube

 投稿者:塚本  投稿日:2021年 1月11日(月)21時11分42秒
編集済
  山本定男兄のご投稿有難う御座います。この掲示板はyoutubeに限り特に投稿できますので、せっかくの山本兄の雄姿が簡単に拝見できる様にyoutubeの動画を転載させて貰います。スタートボタンを押して表示される「youtubeで見る」をクリックしてください。

 
 

平和と希望のコンサートⅢ

 投稿者:山本定男  投稿日:2021年 1月11日(月)15時18分49秒
  令和2年11月28日、エリザベト音楽大学セシリアホールで被爆75周年記念「平和と希望のコンサートⅢ」が開催されました。その第1部で原爆で全滅した広島二中1年生を追悼する「男声合唱のためのレクイエム『碑』」全9曲が歌われています。この曲は昭和44年10月9日に放送された広島テレビの原爆ドラマ「碑」を見た当時2年生であった山本定男が、これは音楽としても残すベきだと思い立ち、合唱曲の創作を原爆ドラマに制作に大変な尽力をされた薄田純一郎氏に作詞を、当時作曲家で福岡教育大学教授の森脇憲三先生に依頼して出来上がったのがこの曲です。初演は昭和45年10月2日、広島市公会堂で指揮:山本定男、合唱:広島メンネルコールで演奏され大きな反響を呼びました。この曲は作詞者・作曲者・初演指揮者とも奇しくも広島二中の出身で、幼くして散った後輩への思いが伝わって来ます。
2020年の広島は被爆75周年です。これを記念して広島県合唱連盟では「平和と希望のコンサートⅢ」を企画し、レクイエム「碑」の他、第2部では少年少女から大人まで世代別の歌声も披露しています。フィナーレでは、「碑」の最後の曲「終章」を英訳した歌詞で歌っています。これも是非お聞き下さい。
なお、全ステージをyou tubeで世界発信していますので、ご覧下さい。URLもあるのですが、平和と希望のコンサートⅢで検索され、動画配信のご案内から見られるのが最も確実です。宜しくお願いします。

http://youtu.be/A8Cacza1f70

 

明けましておめでとうございます

 投稿者:塚本  投稿日:2021年 1月 1日(金)06時14分40秒
  今年は、23期生は、卒寿をむかえます。健康に気をつけて、充実した年にしましょう。  

今話題のアマビエとは

 投稿者:塚本  投稿日:2020年12月23日(水)00時32分1秒
編集済
   

クレアモント康子先生

 投稿者:塚本  投稿日:2020年11月30日(月)07時56分29秒
編集済
  二中一年生全滅の記録英訳され、さらにレクイエム碑の歌詞英訳を完成されて11月28日山本定男兄の主宰される合唱団が平和と希望コンサートで初演した。
それに合わせるかのような先生の中国新聞11月28日版に寄稿された。
 

時には昔の話をしようか 新井ひとみ

 投稿者:塚本  投稿日:2020年11月27日(金)15時33分5秒
  11月27日午後、NHKの番組を見ていたら偶然新井ひとみちゃんがYOUTTUBEと同じ服装で、現れて、おなじ歌を唄った。慌てて、この欄にアップしたものです。昔、加藤登紀子さんがアニメ紅の豚で歌って評判になったものである。がむしゃらに働いた、若かりし頃を思い出させてくれる。

 

平和と希望のコンサート

 投稿者:塚本  投稿日:2020年11月25日(水)07時46分52秒
編集済
  開催日:2020年11月28日17,30より
会場エリザベート音大、セシリアホール
コロナ感染防止のため、合唱団のみの演奏会
曲目の一部に「合唱曲レクイエム碑英語訳歌詞」含む
宣伝パンフレット参照(6月7日時点のパンフレット)
 

1945年4月30日B29一機による広島市空襲

 投稿者:塚本  投稿日:2020年11月 8日(日)21時47分24秒
編集済
  1945/3/19の艦載機による市内空襲が原爆以前の唯一の空襲として紹介したが、その後4月30日浜田軍港偵察のB29一機が帰途途中、中国配電(株)施設(変電所?)に10発の爆弾を投下して通り過ぎている。言わば、行きがけの駄賃みたいな空襲を受けている。この時は空襲警報は出ていなかったと思う。記録によると、10名の死者16名の負傷者、相当数の家屋火災を発生させている。ちょうど通学時間帯だったので、塚本は消火活動中の現場を通ったがこれほどの大被害だった様には見えなかった。
防空警報について、1945年の広島空襲時、どうも、警報なしの状態で受けているのが大部分のように思える。原爆時も、一晩中、空襲警報が続き、明け方になって、やっと警戒警報になったと思うとすぐ、警報解除になり、朝ご飯時で一斉にかまどに火を入れた時、原爆が落ちた。ために、あちこちから一斉に火の手が上がったのは、もちろんビルディングなどの火災は、原爆の熱線によるものと思えるが、民家の場合、相当数はかまどからの出火と思われる。それだけならまだましだが、倒壊した場合、壊れた家の梁に挟まれて「圧焼死」というもっとも悲惨な死が待っている。原爆死の特徴は「圧焼死」であるという。
 

歌謡ひろしま(男声)

 投稿者:塚本  投稿日:2020年11月 1日(日)17時50分8秒
編集済
   

NHK広島、歌謡ひろしま特集

 投稿者:塚本  投稿日:2020年10月31日(土)18時42分43秒
編集済
  2020年10月30日、歌謡ひろしま再公表の経緯をNHKが放映した。番組中で舟入高等学校の女生徒による歌謡ひろしまの合唱を聞かせてくれた。すんだ声の素直な歌唱はプロの歌い方に比して、心に染みた。
歌謡ひろしまは1946年発表され、市民に熱烈に受け入れられたのになぜかレコード化されず、そのため、いつのまにか忘れ去られたというくだりはどうも理解できない。中国新聞も係わっていることだしスポンサー的問題も考えにくい。まだ講和条約(1951年)以前で事実上戦時下であって検閲が厳しかったことが一因かもしれない。長崎の鐘は歌詞中で原爆に触れておらず1949年レコード化されている。
 

レンタル掲示板
/78