teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:1/424 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

福田節子さん被爆の絵

 投稿者:塚本  投稿日:2018年10月19日(金)22時10分40秒
  通報
  あこがれの女学校じょがっこうに入学したのは、終戦の4ヶ月前でした。物資不足の戦時下では制服もそろえられなくて、黒い服地に白線2本、白タイに梅の校章。学年に2組しかない、家の近くの第二県女だいにけんじょ(広島県立広島第二高等女学校)です。学校ではじめて夏服のブラウスを縫ぬったのですが、色は白ではなくて、セーラー服は禁止されていました。 動員学徒どういんがくと(*1)の女子はみんな「もんぺ」(*2)姿です。
  8月6日は学校別に場所が決められて、建物疎開たてものそかい(*3)組と農作業組に分かれ、二年生西組は当時の雑魚場町ざこばまち(広島市役所の近く)に、他の一、二年生の3組は東練兵場ひがしれんぺいじょう(広島駅の北口の近く)の畠はたけに向かいました。
連日の重労働で疲れきった私達ですが、8時から草取り作業をはじめました。 その十数分後です。突然するどい閃光と爆風におそわれて、身体は宙に飛んだのです。
  数分間は失神しっしんしていたようですが、気がつくと周囲はうす暗く、煙が漂う中から次々と立ち上がってくる亡霊ぼうれいのような姿に驚きました。 みんな、髪はちじれて、服は上下ボロボロに焼かれて、声もなく震ふるえています。悪夢をみているようで、私も自分の姿が気になります。
  私は両腕が焼かれています。左腕内側は指先まで皮膚ひふがたれ、右腕外側は肘ひじの皮膚が破やぶれ、

東練兵場(「市民が描いた原爆の絵」森田節子さん作)
手首から先は水ぶくれで、ズボンの右後ろから裾すそまで火傷でした。後ろから被爆したのでしょう。
  担任の若い女先生おんなせんせいも重傷でしたが、数人ずつ集まって近くの神社(広島東照宮とうしょうぐう)に避難しました。水筒の水をかけ合って痛みを抑え乍ながら、救援を待っていましたが、誰も来ません。街中が黒煙こくえんと炎にまかれて、 この世とは思われない凄惨せいさんな姿の人の群れが、異様いような叫び声を上げてこちらの方に近づいてきます。
  私達の中で歩けるものが、数班に分かれて、当時宇品うじなにあった学校に向かいました。市内には入れないので、駅から軍用列車の線路をつたって南へ向かいました。途中、猿猴川えんこうがわにかかる鉄橋てっきょうを渡るときは、足を踏ふみ外した人が川に落ちたようです。川には上流から死体が流れていました。
福田節子さん記述
 学校は残っていましたが、建物が壊れていて中に入れず、すぐ隣にあった女子専門学校に助けを求めて入りました。教室、廊下、運動場の「むしろ」(*4)にも重傷者がいっぱいでした。翌日の午後、救護の車が助けに来ました。
  学校の近くの我家は半壊はんかいで残っていて、父母は軽傷で生きていてくれました。私の怪我けがは、腐くさった様なにほいのする中で、父母の必死の看病で、3ヶ月位いで治りました。
二年生西組は雑魚場町の建物疎開作業で38名死亡しましたが、その中で1人だけ助かった坂本節子さかもと せつこさんは、映画「原爆の子」(新藤兼人しんどう かねと監督。1952年公開)のモデルになったと言われています。
  顔にケロイドが出来た一年生の生き残りは、思春期、青春期をかくれるように生きたそうです。私は子供に恵まれず寂しい半生でしたが、今は証言活動で子供達と出会って励まされています。
  被爆後のおよそ10年間の、私の思春期、青春期の思い出を『「空白の十年」被爆者の苦闘』(*5)という本に書いているので、図書館などで、そちらも読んで下されば幸いと存じます。
(*1) 労働力不足を補うため、工場などの労働に強制的に動員された生徒・学生。
(*2) 足首の部分で裾を絞しぼった、ゆったりした女性用作業ズボン。
(*3) 空襲くうしゅうにより火災が周辺に広がるのを防ぐために、あらかじめ建物を取り壊して、防火地帯を作ること。
(*4) ワラなどの草で編まれた敷物。
(*5) 2009年、広島県原爆被害者団体協議会発行。広島県内の主な図書館や大学に寄贈された。



 
 
》記事一覧表示

新着順:1/424 《前のページ | 次のページ》
/424