teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


児童文学発祥の地広島

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月15日(金)14時59分54秒
  大正年間現在のエディオン本館の地に児童文学の父と言われる鈴木三重吉が初の児童誌「赤い鳥」を創刊した。
エディオン本館の壁に記念プレートが貼ってあるのに気付いている人も多いであろう。
 
 

Edmond Blunden

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月14日(木)23時24分2秒
編集済
  昭和25年4月、晴れやかな気分で皆実町の広島大学教養部(旧広島高等学校)の英語教室に初めて出席した。ボールドヘッドで八の字髭の雑賀忠義教授が教室に現れ、やおら、ブループリントをくばられた。エドモンドブランデン著のシェークスピア論であった。シェークスピアがだれだかはわかったがブランデンとは何者かはじめての名前だった。聞くところによると英国の桂冠詩人という事だったが、実際は、桂冠ではなく別冠の詩人だったが、戦前から訪日をたびたびして、与えられたプリントも東京大学での講義原稿だった。シェークスピアの英文は韻を踏んでおり、高校時代の英語と違って、独特の言い回しは、普通の英和辞典では見つからず、修学旅行に行かしてもらえなかった代わりに買ってもらった中古のConcise Oxford Dictionary で初めてわかったいう始末で、すっかり面食らった記憶がある。
雑賀教授はのちに原爆慰霊碑文「過ちはくりかえませぬから・・・・」で有名になった人である。ブランデンの記念プレートは広島市立中央図書館の前の緑地帯に飾られている。
 

橋本兄へ

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月14日(木)11時36分57秒
  長編映画なのによく見ていただきました。各国で映画賞を取っています。この映画には出ませんが、すぐ傍に原子力発電所を建設稼働させているのです。原発はよくトイレのない家という皮肉が言われるのですが、フィンランドの原発にはちゃんとオンカロというトイレと一緒に作られているのです。日本の放射性廃棄物最終処理適地に本土の全海岸が指定されていますが、これを見て言葉もありません。  

フィンランドのオンカロ

 投稿者:橋本  投稿日:2019年11月14日(木)09時54分28秒
  国土の割に人口が少ない国であって、放射能廃棄物の多さには驚きです。
この国の問題に対する考え方、取り組み方、処理方法も、更には遠い将来に向けてのことに慎重に対処する姿勢も感激しました。
これらのことを情報化し、世界に向けて発信し、意見交換の場を提供していいます。
私共も何らかの形で、賛同、行動に移してゆきたいなと感じています。
 

故荒谷勲兄の活躍2

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月13日(水)16時28分34秒
  corbet report 2

 

故荒谷勲兄youtubeにその活躍を想う1

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月13日(水)16時25分47秒
  corbet report 1

 

上田敏 海潮音 ウ”ェルレーヌ

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月12日(火)11時09分17秒
編集済
               ポオル・※(濁点付き片仮名ヱ、1-7-84)ルレエヌ
落葉らくえふ


秋の日の
※(濁点付き片仮名ヰ、1-7-83)オロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲し。

鐘のおとに
胸ふたぎ
色かへて
涙ぐむ
過ぎし日の
おもひでや。

げにわれは
うらぶれて
こゝかしこ
さだめなく
とび散らふ
落葉おちばかな。



 

十万年後の安全

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月11日(月)16時48分40秒
  放射線物質の最終処理の話です。この話を見るとネアンデルタール人からホモサピエンスの現代までかかる厄介な物質に、こだわる理由はどこにあるのだろうと思わざるを得ません。
 

原発の廃炉時代

 投稿者:塚本  投稿日:2019年11月10日(日)18時45分37秒
編集済
  橋本兄の島根原子力発電所の見学の投稿有難う御座いました。私も同時期つまり約40年前、県の新技術研究会に参加したとき、会長に中電の研究所長が務めて居られたこともあり、特別扱いで見学させてもらった記憶があります。その時原子力発電所の寿命はどれくらいかと尋ねたら40年ですという即答があったのですが後でだれか得体のしれない人からあゝゆう様な質問はすべきでないと怒られたのを御覚えています。国の規定で寿命40年と決められていますのでなんのことかわからなかったのですが。その後福島原発の1号機が40年をむかえていたのを東電が60年に延ばしたいという申請を政府にしていてちょうど3.11大震災の日に許可が出たばかりだったのですが、あの大事故で雲散霧消になりました。最近60年延長の原発が増えているようです。島根原発1号機も40年が来て、廃炉するかどうかが問題になっているようです。3.11以降国民の反応が厳しくなっていますし、島根の場合事故の時、周辺30キロメーターが避難地域に指定されているので、松江市と境港市、米子市の一部、つまり人口密集地域が入るのでいろいろ問題が出ているようですね。原発は作るより廃止する方がはるかに難しいのです。関連写真を掲載します。


 

島根原発見学会

 投稿者:橋本  投稿日:2019年11月 8日(金)22時03分37秒
  私は40年以上前になりますか、島根原発の見学会に参加させて頂く機会があり、あれは煙突か?と尋ね、換気ようの二本の排気口だと言われました。
燃料(ウラン)を一度投入が終わると、一年半フルパワー(46万kw)が連続して発電電力として送り出せると、いとも簡単に言われ、腰を抜かす程びっくりしました。
又純国産の原発一号機(日立製作所)であるとのご説明がありました。
中学の頃、蒸気機関車の釜炊きが石炭をボイラーに絶え間なく送っているのを見ており、それでも中山トンネルの中で止まり、バックして体制を立て直し、勾配を登りきったのを見ております。
 

レンタル掲示板
/54