teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


インターネットの起源

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月22日(火)15時06分47秒
  1969年、米国の国防総省のARPANET(アーパネット、Advanced Research Projects Agency NETwork、高等研究計画局ネットワーク)は、世界で初めて運用されたパケット通信コンピュータネットワークであり、インターネットの起源でもある。アメリカ国防総省の高等研究計画局(略称ARPA、後にDARPA)が資金を提供し、いくつかの大学と研究機関でプロジェクトが行われた。ARPANETのパケット交換はイギリスの科学者ドナルド・デービス[1][2]とリンカーン研究所のローレンス・ロバーツ[3]の設計に基づいていた。  
 

インターネット

 投稿者:橋本  投稿日:2019年10月22日(火)11時05分51秒
  「11年前にこのようなやり取りがあった」小生は初めてお目にかかりました。此時知っていればと残念です。
あれからインターネットがこのようになるとは、これからどのようになるか?
今月の日経の私の履歴書で連載中のIIJ会長鈴木幸一様のご苦労ぶりを毎日みているのですが?分らないまま最終回が近づいて来ました。
難しいことは後廻しに置いといて、ラグビーは終わったから今度は日本シリーズにしますか。
 

ダベリ会の発祥の時

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月21日(月)16時55分0秒
編集済
  現在のダベリ会は故中村兄のこの投稿をきっかけとして洋酒の会の名前を経て現在のダベリ会に至った、貴重な投稿であり、かれのしゃべりの独断場であった事がダベリに片りんが残っていると思うと懐かしい気持ちになる。



洋酒を飲んでダベる会   投稿者:中村 忠之メール   投稿日:2008年 4月16日(水)11時42分30秒


    私の発行しているメルマガ「縄文塾通信」に、荒谷 勲君が「思い出の洋酒」という一文を寄せてくれたことを契機に、塚本昭君がシェーカーを振るという特技の披露と併せて、拙宅で表記の集いを開いくことになった。なにしろ酒からカクテル道具類一式、2人が持参で、小生はクラッカーとチーズだけ準備した。
 第1回目は先月、国重昌弘君も加わって盛り上がり、結局酒も道具もすべて一式我が家に置いて帰るのというので、自然発生的に「では毎月1回」ということになり、2回目を昨4月15日に開いた。
 今回は栗栖貞夫君が加わって計5名、飲み食い且つダベってお開き、それにしてもみんな強い!
 学生時代には、クラスが違ってさして親しくなかったのに、同期会とインターネットを通じてこんな交流が始まるとは、人生長生きしてみるものだ。
 部屋の関係で大勢は無理だが、あと2名くらいは何とかなるので、ぜひ興味のある方は声をかけて下さい。
 

1年3学級の諸兄へ

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月18日(金)14時56分18秒
編集済
  パソコンを持たない人には通じないという欠点があるが、ホームページが更新できなくなった以上、関係者にお知らせする方法が手紙か掲示板しかないので、この場を借りて、お知らせします。本日、クラス会の会費残金4000円を芸陽観音同窓会に運営資金補完用として寄付しました。  

2019年10月度ダベリ会

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月14日(月)19時11分35秒
  台風19号の襲来を気にしたが運よく逃れ、2ヶ月ぶりに、10年以上続いているダベリ会を10月14日国際ホテル芸州個室で、開いた。集まったのは4人浅野、橋本、栗栖、塚本。本来なら新出兄が参加の予定だったが体調不良のため欠席。次回の参加を期待します。話題は、高橋敏之兄から入手した、原爆投下前後の広島市の航空写真、とくに二中校舎のの様子、100周年事業のこと、そのうち二中時代は20年あまりしかない。東練兵場で被爆した2年生と教職員の中で唯一原爆病院で亡くなられた関本先生の話など原爆の話が中心になった。又、同期会が4月に解散して、クラス会も次々解散している状況の中でダベリ会はクラスを越えて10年以上続いている現状をみて、同期生の内の希望者には参加してもらったらという声が上がった。当面次回は12月になると思うが、希望者はこの掲示板か、11月下旬までなら、二中23期生ホームページの連絡先から申し込んでください。
 

橋本兄へ

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月12日(土)19時09分7秒
  広島市の航空写真を散々探して、意外に身近で見つかりました。こんどお会いする機会に、お見せしましょう。やはり、プリンター付属のスキャナでとったコピーではわからない細かいところまで、判別できます。専門のコピー機でコピーすると、再現できるのではと思います。どこかいいところをご存知ないですか。  

今後30年に震度6弱の地震が起こる確率分布地図

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月10日(木)15時05分43秒
  J-SHSと言って、昔から知られた防災地図であるが、東北大震災を機に全面的に改定されたものである。
政府の公示した地図である。説明を読んで、自分の住所を入力する欄があるから、ここに住所を記入して、検索すると、色分けで自分の住む場所で起こる確率が何%というのが判る、一度試してみられるのもよいのではと思い、アップします。ホームページの名前はJ-SHS,URLは、
 http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/
 

橋本兄へ

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月 9日(水)16時19分0秒
編集済
  よく見つけられましたね。99%宇品線でしょう。戦時中私の父は宇品駅長だったので、広島駅0番線始発で出ていた宇品線のガソリンカーにはよく乗りました。夜は軍用線の本領を発揮して兵隊さん、軍需物資を運んでいました。よく見てもらうように、画面の上でマウスをクリックするすると画面が拡大すると同時にポインタが〇の中に十が入った形になりませんか、そのままクリックするともう一段拡大して細部が見えるようになります。その画面よく見ると左にカーブしている線の横に丸い黒いものと二本の太く短い棒のようなものが見えます。丸く見えるのは多分機関区です。二本の棒は位置的にみて貨物駅です。現在の東広島駅(貨物専用駅)です。機関区は現在のマツダスタジアムです。私は原爆で避難するとき、宇品線に沿って走る小道を通って荒神小学校の横から斜めに大洲街道を横切る道を抜けて、大州口鉄橋に出て、燃える鉄橋を垰篤くんと走り抜け南段原駅の前の我が家にたどり着いたのでした。思いがけない思い出を引き出していただいて有難う御座います。

 

岩鼻を基準にすると

 投稿者:橋本  投稿日:2019年10月 9日(水)11時27分40秒
  私は練兵場に居なかったので、当時のことは書く資格はありません。
塚本兄の航空写真を見て画面の左下に注目すると、左下の方に曲がっている線路らしきものがあります。これは宇品線ではないか?と思いますが。
諸兄は如何様に判断されるでしょうか。
 

23期生の被ばく地点

 投稿者:塚本  投稿日:2019年10月 9日(水)09時12分54秒
編集済
  東練兵場が出ると、どうしても我々が何処で被爆したか、気になるところです。74年も経っているので、それぞれ考えておられると思いますので、この掲示板に書いてください。参考に、2015年のページに2007年に、故荒谷勲兄とディスカスしたことがあり再録があります。それか、ページ移動機能を使ってまたは1ぺーじずつ繰り下げて2007年ころの記事を見つけてください。その中から記事を探して読んでみてください。我々の結論は、現在の「ガーデンパレスホテル」らしいということになっています。写真、地図などもこの掲示板にアップしています。いきさつが判ってから見た方が思い出がたくさん出るでしょう。根拠は真北にある聖光寺が炎を上げて炎上していたという故荒谷兄の証言です。練兵場の入り口からどれくらい歩いたかという記憶です。したがって皆さんの多数意見が必要と思います。  

レンタル掲示板
/54