teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


鳴神山のカッコソウ

 投稿者:ONKEN21@桐生大間々より帰宅  投稿日:2022年 5月15日(日)10時57分59秒
返信・引用 編集済
  > No.7246[元記事へ]

 昨夕は群馬県桐生市の鳴神山に世界でこの辺しか咲かない絶滅危惧種のカッコソウ(勝紅草)を見にハイキング
に行きました。みどり市大間々の小平の里親水公園の先を右折、林道梅田小平線の記念碑そばの赤柴登山口
から椚田峠へ歩いて30分。椚田峠から下って3分でカッコソウ自生地へ。カッコソウ柵は施錠されてましたが、
可憐なピンク色のサクラ草はきれいでした。
 椚田峠へ戻り、鳴神山(標高980m)の頂上へ登り20分、下り10分。双耳峰の桐生岳からは桐生市街地から
関東平野や周囲の山々、北側は男体山など日光・足尾連山まで360°の大展望を楽しみました。
帰りは25分で赤柴の記念碑まで戻りました。

 帰りはハイキングの後の温泉として笠懸町温泉かたくりの湯を考えていたけど、コロナで市民限定。
太田市のユーランド新田は20時終了。一旦帰宅してほっともっと大間々町店で買ったしらす弁当を食べた後、
4ヶ月ぶりの白寿の湯で21時以降23時まで夜割450円でコーヒーと汗流し。いい湯でハイキング疲れ癒しました。

↓そこに山があるから(BS朝日)
Tver(18日22時まで)
https://tver.jp/episodes/epoj1t1zxw
https://www.bs-asahi.co.jp/sokoyama/lineup/prg_006/

> 本日、群馬県の赤城南面千本桜が満開になったとのことで、みどり市大間々町に寄っています。
> もちろん、薬師の霊泉も探します。
> 大間々の小平鍾乳洞の2本西の塩沢の谷間を探しましたが、違うようで、小平鍾乳洞と同じ浅原地区でした。
> 小平鍾乳洞のかなり手前を左に入ったかなり奥に浅原百観音と湯ノ入湧水の水汲み場がありました。
> 湯ノ入り山の水元薬師から700m引水とのことで奥も探しましたがそれらしき物はなく、山の上の方みたいですね。
> 薬師の霊泉・湯ノ入湧水こと湯ノ入鉱泉は室町時代からある皮膚に良い鉱泉とのことです。
> 水を飲むと成分系の硬さを感じますが無味無臭無色透明のおいしい水でした。
> 浴用にポリタンと飲用にペットボトルの両方に汲みました。
> 水の料金は賽銭式です。
> 私が大間々で昔名水として汲んだ観音堂とは違うようで初めて汲みました。
> 紺碧七さん、貴重な情報をありがとうございましたm(_ _)m
> さて、赤城南面千本桜で桜花見と行きますか。

https://www.city.kiryu.lg.jp/kurashi/kankyo/1014475/kakkosou/

 
 

尾瀬

 投稿者:ks  投稿日:2022年 5月15日(日)09時24分6秒
返信・引用
  おはようございます

今日は尾瀬の古い画像を持ってきました。
ビデオからのキャプチャー、画像の悪さはご容赦を。

尾瀬を訪れたのは1994年5月20日、開山前で鳩待峠まで、
車で入れたと思いました。駐車料金は現在、1日2500円で
2日目以降は1日1000円と有りましたが、そんな高い駐車料金
を払った記憶が有りません。開山前で無料だったのか、手前の
駐車場に停めたのか記憶に残っていません。

鳩待峠から尾瀬ヶ原に入り、奥の見晴らしキャンプ場まで
歩きました。そこから尾瀬沼に続きますが、山小屋に泊まる予定
無し、そこから戻りました。そして、尾瀬沼も見たいので、
車で夜明かし。夜中に、大清水駐車場に移動。駐車場は無料
だった定かではない記憶です。現在は有料、それも1日
1000円。もしかして500円の有料だったかなとも
思いますが、深夜から早朝に入れた駐車場は無料だった
記憶の方が強い感じがします。

薄明るくなった時点で歩き始めました。午前5時前後と思います。
脇に渓流の有る登山道は、雪解け水か泥濘の道が、川を歩いて
登っている感じがしました。早朝ですが、尾瀬沼に向かう人が
何人もいました。坂を上りきると、一面雪。そして下り。
履いている靴では滑りそう。他の人達はスキーのストックの
ような杖を装備、足早に降りていきますが、私は躊躇。
見えませんが目前の尾瀬沼。滑るのも覚悟、ゆっくり慎重に
下りました。

もう一度訪れたいと思い、調べましたが、交通手段の選択肢、
宿泊、行程等、迷います。費用も一般観光地よりかかりそう。
1度訪れているので2度はいいかなとも思いました。
 
    (ONKEN21) 尾瀬の懐かしい画像をありがとうございます。
私は尾瀬は30年ほど昔から5回くらい訪れています。
鳩待峠から尾瀬ヶ原や至仏山など3回、会津側の沼山峠から尾瀬沼・三条の滝・温泉小屋泊など2回、大清水側はアプローチが長過ぎて利用なしです。
25年前は鳩待峠の駐車場は東京電力の所有地として電気料金により賄われており無料だったのは間違いありません。
30年ほど昔はマイカー規制も全くなかったです。
沼山峠や乗鞍岳や上高地だってマイカー規制がなかったです。
大清水や沼山峠の駐車場も無料だった記憶です。
会津の御池駐車場も温泉小屋など檜枝岐村内の山小屋宿泊者は無料となりました。
尾瀬に前回行ったのは19年前、以来行ってません。
https://www.asahi-net.or.jp/~vd5h-cb/bbs/special/onken_mitinoku2/onken_mitinoku2_1.htm
東北最高峰の燧ヶ岳にはいつか登ってみたいなあとは思っていますが…
 

石臼そばおがわなど

 投稿者:ONKEN21@加須より帰宅  投稿日:2022年 5月14日(土)11時13分16秒
返信・引用 編集済
  > No.8193[元記事へ]

5/10(火)は加須市騎西町の「石臼そばおがわ」へ(画像中)。
鴻巣市川里町のすぐそばの農村地帯にあります。
13:30で満車、私の後、満席待ち発生
メニューは石臼ぞばと天ぷらかけそばのみ。
値上がりしたとのことで、石臼のそば830円+大盛370円(画像上)。
きんぴらごぼう、胡瓜漬物サービス。
石臼自家製そばはコシや香り素晴らしい~

5/11(水)ラーメンショップの超人気店、加須市の122号騎西店
食券購入後、何と10人10分程度の待ちが…さすが人気店
看板メニューのネギメンマチャーシューメン1150円(画像下)。
半ライスサービスは10時以降は100円の有料。
凄いボリューム、チャーシュー厚い。
ラーショは店により差が大きいらしく、
騎西、深谷、太田市尾島が人気

5/12(木)加須と言えばうどん。
西の農村地帯にある「松の木」へ4年ぶり。
5/22(日)~25(水)臨時休業。肉味噌は販売終了。
ごま汁うどん定食900円を9年ぶりに> No.5465[元記事へ]いただきました。
コシのある太い麺、大きなかき揚げにご飯、胡瓜の漬物まで付いて盛り沢山でした。
うどんはさすが加須、美味しかった

> > > 本日は加須市の松の木うどんに1年ぶりにやってきました。
> > > 今回はまだここでは食べたことがなかったごま汁うどんの定食820円を食べることにします。
> > > こま汁は加須市内発祥の子亀以来久々ですが、ここも味噌つゆにゴマが入っていて、実においしいです。
> > > 定食はかき揚げ、キス、竹輪に胡瓜の漬け物、ご飯となっています。
> > > なかなかボリュームがあり苦しくなりますね。
> > > > うどん定食にはこの他、月見やごま汁付もあるようです。
 

ミューズパーク

 投稿者:ks  投稿日:2022年 5月12日(木)19時54分14秒
返信・引用
  こんばんは

明日は天気が大きく崩れる予報。今日も午後は雨マークが有りましたが
NHKのd放送は午後18時からの雨マーク。武甲山の1300m山頂付近には雨雲。
雨の心配も、歩く時間は大丈夫と判断。ミューズパークを約9㎞歩いてきました。
今日も、シャクナゲ見物。見頃は続いています。

昨年も今頃、音楽イベントが行われましたが、今年も明日13日から15日まで
ジャズフェスティバルが行われるようですが、会場の規模が昨年より大きな
感じがしました。野外音楽堂の回りにテント、展望台入口の緑地広場にも
特設ステージが出来ていました。車、徒歩の規制が有りそうですが、よくわかりません。
3日間とも9~22時と言う表示が有りました。
 
    (ONKEN21) ミューズパーク情報ありがとうございました。
コンサートの季節ですね。
土曜は桐生で貴重な花を見に久々に山歩きしたいです。
 

羊山

 投稿者:ks  投稿日:2022年 5月11日(水)15時28分27秒
返信・引用
  こんにちは

予約時間は午前9時半から、接種後15分の滞在、10時前には
終わりました。一旦帰宅し車で羊山へ出掛け軽いウォーキング、
約3kmを歩きました。ミューズパークを約8.5km歩いた時より
0.2㎏マイナス、67.6㎏まで減量になりました。
でも、66㎏台が意外遠い感じです。

芝桜の見頃はスッカリ過ぎた感じですが、残った花が
未だ楽しめます。駐車料金も入園料金も必要なくなりましたが
羊山の芝桜園を訪れている人は、平日の割には多い感じがしました。
 
    (ONKEN21) 芝桜が終わりつつある羊山情報ありがとうございました。
祭の後の静けさかまありつつも人出は少々あるのですね。
地元の方が多いのかな?
 

秩父のニュース

 投稿者:  投稿日:2022年 5月 9日(月)09時02分46秒
返信・引用 編集済
   こんなのが全国に流れてましたよ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220507/k10013614871000.html

 ・・・まあこれはあくまでも個人的主観ですが・・・
自分的にはどちらかと言えば音関係が嫌いという背景もありまして
ちと喧しいカナと感じるタイプでありますが・・・
 
    (ONKEN21) 西武鉄道ラビューと秩父鉄道のSLの新旧の鉄道車両の汽笛の鳴らし合いジーンときますね。
古い車両も新しい車両も同じ使命を持った鉄道であると再確認できますね。
 

中の湯温泉旅館

 投稿者:ONKEN21@安曇より帰宅  投稿日:2022年 5月 8日(日)22時30分4秒
返信・引用 編集済
  > No.6316[元記事へ]

 長野県松本市安曇の安房峠中腹にある中の湯温泉旅館で初めて日帰り入浴。こまち信州の日帰り温泉
パーフェクトガイド> No.9346[元記事へ]の半額券4枚のうち、唐沢鉱泉、下諏訪ぎん月、白骨公共露天風呂
で使用、残り1ヶ所は未湯の中の湯温泉旅館を昨年から狙っていました。自宅からは行きR18高崎・軽井沢・
東部・R254三才山・松本トンネル、R158オール下道で180km4時間30分。途中、安曇対岸の竜島温泉せせらぎ
の湯の温泉スタンドを汲もうとするも昨年末から故障中。上高地の分岐の先を安房峠へ登るR158旧道へ右折。
ヘアピンカーブを登った高台に中の湯温泉旅館があります。

 行く前にGWは本に書いてあった15時終了の可能性があったため、電話確認したら17時まで日帰り入浴可。
こまち信州のクーポンで800→400円。フロントでパンフをいただくと卜伝の湯が閉鎖中との話。土砂崩れで
再開の予定はないとのこと。脱衣所は籠のみで貴重品はフロント預りとなります。館内は豪華な秘湯の一軒宿
ですね。フロントと反対方向にロビーを突き抜けて行き窓を右手にお風呂がありました。お風呂は16:15~45
は独占、前に一人、後に三人。内湯大浴場の左手大浴槽は少し熱かったため私に断って従業員がホースで加水、
湯もみして温度調整。右手小浴槽は湯の表面が激熱で足が痛くなるほど、かき回せば入れます。さすが湯元、
有明荘のように硫黄臭が鼻を突き、白湯花浮遊、湯口白イボ析出。露天は木々の間から穂高など北アルプスを
望む爽快な風呂です。内湯の大量排湯と少し新湯投入でぬるめで全浴槽が掛け流しですね。浴後は火照り、
肌スベスベになりました。温泉分析書は以下の通り。()内は別源泉データ。

 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析)
1.申請者
住所:長野県松本市安曇4467 「中の湯温泉旅館」 氏名:個人
2.源泉名及び湧出地:
源泉名:中の湯(旧本館泉)(温泉地名:中の湯温泉 源泉名:中の湯温泉旅館の湯)
湧出地:1.住所と同じ(源泉における分析)
3.湧出地における調査及び試験成績
(イ)調査及び試験者:環境未来株式会社 分析センター 調査課 M.Y.
(ロ)調査及び試験年月日:2014年7月28日
(ハ)泉温:53.5(46.3)℃(気温24.0℃)
(ニ)湧出量:150L/min(自然湧出)
(ホ)知覚的試験:無色澄明、弱硫化水素臭を有す。
(ヘ)水素イオン濃度:pH6.6
4.試験室における試験成績
(イ)試験者:3.(イ)R.H.
(ロ)分析終了年月日:2014年8月20日
(ハ)知覚的試験:3.(ホ)と同じ(4時間後)
(ニ)密度:0.9988(20℃/4℃)
(ホ)水素イオン濃度:pH:7.10(7.87)
(ヘ)蒸発残留物:0.395(0.146)g/kg(乾燥温度 110℃)
5.試料1Kg中に含有する成分(mg)
Li=0.3 Na=67.0(11.3) K=9.4(0.8) アンモニウム=0.3 Mg=1.9(1.1) Ca=16.9(20.7) (Al=0.8)Sr=0.2(0.2) Mn=0.2(0.1) (亜鉛=0.4) 陽計=96.2(35.4)
F=2.0(0.5) Cl=55.3(1.1) Br=0.2 硝酸=0.2 HS=0.7(0.04) 硫酸=23.2(28.8) りん酸二水素=0.1 炭酸水素=131.2(58.6) 陰計=212.9(89.04)
メタけい酸=144.8(20.1) メタほう酸=6.5(0.3) 非解離計=151.3(20.4) 溶存物質計=0.460(0.145)g/kg
遊離CO2=80.8(5.4) 遊離H2S=2.2 溶存ガス計=83.0(5.4) 成分総計=0.543(0.150)g/kg
その他微量成分:Hg・Pb・Cd・Cr=検出せず As=0.025
6泉質:単純硫黄温泉〔硫化水素型〕(低張性中性高温泉)(単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉))
温泉分析年月日:2014年8月20日(平成26年8月14日) 登録分析機関:環境未来株式会社(長野県薬剤師会検査センター)

長野県温泉協会天然温泉標示マーク
その1:源泉の引湯方法-パイプ送湯
その2:給湯方式-源泉→貯湯槽-熱交換等+水道水→浴槽→オーバーフロー
 その理由:源泉温度が高い為その熱の有効利用で暖房、給湯に使用しています。
その3:加水の有無-加水をしてます
 その理由:源泉温度が高いため、季節による温度変化、気象状況により温度センサーが働き加水される時があります。(出来るだけないようにしています)
その4:加温の有無-加温をしています
 その理由:源泉が気象状況により温度が下がる時があります。ポンプ故障時、メンテ時
その5:入浴剤・殺菌剤の有無-殺菌剤を入れてます
 添加物質の名称:スパクリーン、保健所の指導により、清掃時(10:00~12:00)、夜間(12:00~2:00)
温泉の成分
7 加水の理由:入浴に適した温度に保つため 8 加温 9循環 10消毒の方法及びその理由-なし

 帰りは上高地手前を望みながら安房峠を登り11号カーブまで通行、岐阜県へはまだ冬季閉鎖中で通り抜け不可。
その後、沢渡から白骨温泉経由で4年ぶりに乗鞍高原温泉せせらぎの湯でGW〆の入浴> No.8442[元記事へ]
上高地乗鞍林道で木祖村の信濃白ゆり温泉スタンド> No.7982[元記事へ]を目指すも手前の奈川源泉へ行き、
115Lを1時間かけて7ヶ月ぶり> No.9424[元記事へ]に汲みました。この後は松本のCoCo壱で山賊焼カレーの夕食、
平成の名水百選の源智の井戸で3年ぶり> No.8698[元記事へ]に汲みました。三才山・佐久・内山峠・富岡経由で帰宅。

> さわんど温泉は中の湯1・2号混合の引き湯、硫黄味無臭、白く細かい湯花が無数に舞う素晴らしい湯です。
> > 内湯は撹拌あり、消毒はあるようですが内湯はかすかに硫黄カルキ臭あるかも、露天は臭いません。
> > 露天はシューシュー絞り投入で加水することなくかき混ぜ棒も備えて温度調節。
> > 中の湯から引き湯のさわんど温泉ですが、無味無臭無色透明で特徴は乏しいかな?
> > 駐車場の足湯の方が明瞭な硫黄臭があったのですが…

https://www.nakanoyu-onsen.jp/

 

ミューズパークの石楠花

 投稿者:ks  投稿日:2022年 5月 8日(日)19時33分58秒
返信・引用
  こんばんは

今日はミューズパークを約9kmを歩いてきました。
帰宅後の体重は68㎏高止まり。減量が進みません。

今日はシャクナゲ見物のため歩くルートを変更。
5月3日には咲き始めの感じ、花の数は僅かでしたが
今日は、一気に開花したようにシャクナゲの花が
賑やかになっていました。

天気、昨日は午後3時頃、雨マークも夕立の予報が出ていましたが空降りでした。

今日は天気は悪くない予報ですが、お隣、山梨は降る予報。秩父の上空は
今にも降り出しそうな雲。奥秩父の山には雨雲が掛かっていましたが、
武甲山には掛かっていませんでした。雨にも降られないで済みました。
 
    (ONKEN21) シャクナゲの季節に近付いてきましたね。
秩父でシャクナゲと言うと長野県川上村から行く十文字峠のシャクナゲが昔の記憶として懐かしく思い起こされます。
本日も天気はもちましたね。
平野の方では風が結構吹いていて気温は高いですが、涼しい感じでした。
 

Re: 「利根川温泉ブログ」過去ログ完成

 投稿者:ゴチ  投稿日:2022年 5月 8日(日)08時15分54秒
返信・引用
  > No.9651[元記事へ]

移植ご苦労様です。

50000文字の制限があるとは知りませんでした。
私のブログのリンク集の方にONKEN21さんのリンクを張っておきました。
あとだまにわさんさんが書いてたかな?万が一閉鎖された場合の対応で
yahooブログ同様ライブドアブログが閉鎖された場合、
複数(10以上)他社のブログに引っ越しできるようです。

あと定型文の登録があり成分表のナトリウム、総イオンなどの見出しを
あらかじめ登録しておけばよりブログを書きこむときに楽になります。
私の場合は源泉名、泉質、泉温、pH値などをあらかじめ定型文として登録しております。


ONKEN21@自宅さんへのお返事です。

> ゴチさん、だまにわさんへのお返事です。
>
> 先月までの15年分の過去ログ化、6日目にして完成です。
> https://onken21.livedoor.blog/
> ライブドアブログも50,000字の字数制限があります。
> 最初は1ヶ月を上中下旬の三分割、近年は前後半で二分割、コロナ下では1ヶ月分割なしで字数制限をクリアしました。
> あ~何とかGW中に完成して良かった~
>
> コピペして気付いたこと。
> PC内のみ保存の画像は表示されないが、
> ネットで公開されている部分の画像は表示される。
> PCとネットの重複している部分はネットからコピペすべし。
> 重複部分をPCからコピペした8ヵ月分やり直しもしました。
>
> 2000~2008年3月はみしゅらん掲示板過去ログ参照。
> https://www.asahi-net.or.jp/~vd5h-cb/bbs/bbs.htm
> そしてそれ以降、2022年7月までを引き継いだのが、拙利根川温泉掲示板と自負しております。
> ブログとして記録を残せて良かった~
> しかも画像付とはみしゅらん掲示板でもしなかったことです(^^)v
> http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/
>
> > 「利根川温泉ブログ」開設しました。
> > https://onken21.livedoor.blog/
> > 8/1以降の詳細レポ、分析書、画像も含め、こちらで行こうと決心しました。
> > 決め手は字数制限、NGワードにも引っかからなかったこと。
> > 利根川温泉掲示板開設時の2007年2月のデータをコピペしたところ引っかかりませんでした。
> > なお、開設時の掲示板は当時、投稿数制限があったため、ネット上は残っておらず、私のPCに保存してあったものです。
> > ライブドア「利根川温泉ブログ」で拙掲示板誕生の15年前を見ていただけたらと思います。
> > https://onken21.livedoor.blog/archives/13800867.html
> > なお、郷土の偉人、渋沢栄一翁の「みんなで楽しむのが一番」その信念で、コメントは全て開きますし、
> > 荒らしが現れない限り禁止ワード等の制限を加えるつもりは一切ありません。
> >
> > > ゴチさんへのお返事です。
> > >
> > > 私の時はいくつかのブルグサイトを使って試した結果
> > > アメブロは芸能人の方々が多く使ってる関係上いろいろ制限が多く
> > > 画像を縮小や制限も多くNGワードがあったのは初めて知りました。
> > > まあいろいろ試した結果
> > > ライブドアブログに落ち着きました。
> > > カテゴリー設定の多さ 画像をいじらなくても勝手に適正な大きさにしてくれる
> > > など使い勝手を考えこちらにしました。
> > > 1回に貼れる画像は10枚までですが一度保存してから再び編集をすれば11枚以上追加で画像も貼れて使い勝手は良好です。
> > > 最近はスマホから画像のみ貼ってあとからPCで編集UPしております。
> > > 私の当時のyahooブログ閉鎖時の他ブログ検証記事を参考になればはいいておきます。
> > > http://gochi.officialblog.jp/archives/18977027.html
> > >
> > > > ブログに移行することにしたのですね。
> > > > 私の時のyahooブログと違い引っ越し機能が無いので大変だと思いますが
> > > > がんばってください。
> > > >
> > > > ONKEN21@自宅さんへのお返事です。
> > > >
> > > > > 学さんさんへのお返事です。
> > > > > 「利根川温泉ブログ」
> > > > > https://ameblo.jp/onken21
> > > > > 開設しました!
> > > > > 2007年2月18日~の利根川温泉掲示板のデータ移行先と8月1日からのレポ投稿先の後継ブログとなります。
> > > > > まだ開設のみですが、GW中に2007年2月18日から遡ってコピペします。
> > > > > また、8/1のTeacup掲示板閉鎖後はここに温泉分析書等レポを投稿。
> > > > >
> > > > > > なるほど、ブログなら移行できるが、下記の様に、掲示板は移行できないのですね。
> > > > > >
> > > > > > --------------------------------------
> > > > > > 問い
> > > > > > 掲示版の記事を他のサイトに移行したい
> > > > > >
> > > > > > 答え
> > > > > > 誠に恐れ入りますが、掲示板記事のデータ移行する機能は、弊社でも検討をさせて
> > > > > > いただきましたが、ご提供は難しいとの判断にいたりました。
> > > > > >
> > > > > > このようなご案内となり申し訳ございませんが、ご了承いただけますと幸いです。
> > > > > > --------------------------------------
> > > > > >
> > > > > > > だだ星人さんへのお返事です。
> > > > > > >
> > > > > > > そうですか、ここには「掲示板」と「ブログ」の2種類があるのですね。
> > > > > > > そして、「掲示板」の方には移行するツールが無いのですか。残念ですね。
 
    (ONKEN21) ゴチさん、ライブドアブログの紹介やリンク、アドバイスありがとうございます。
ライブドアブログの閉鎖があるのか気掛かりですが、他社への移行がスムーズなら助かります。
ティーカップ閉鎖の苦労はコリゴリだし、家でGW10連休がなければ途中で挫折していたでしょう。
URLはライブドアが付いてないのに変えた方がいいのかな。
やり方がいまいち不明で(^^;
定型文は群馬県薬剤師会が近所でよくあるので登録しようかなと思っていました。
今までもコピペしていました。
7月には登録しておきます。
 

Re: 「利根川温泉ブログ」過去ログ完成

 投稿者:ONKEN21@自宅  投稿日:2022年 5月 6日(金)23時38分51秒
返信・引用 編集済
  > No.9643[元記事へ]

ゴチさん、だまにわさんへのお返事です。

先月までの15年分の過去ログ化、6日目にして完成です。
https://onken21.livedoor.blog/
ライブドアブログも50,000字の字数制限があります。
最初は1ヶ月を上中下旬の三分割、近年は前後半で二分割、コロナ下では1ヶ月分割なしで字数制限をクリアしました。
あ~何とかGW中に完成して良かった~

コピペして気付いたこと。
PC内のみ保存の画像は表示されないが、
ネットで公開されている部分の画像は表示される。
PCとネットの重複している部分はネットからコピペすべし。
重複部分をPCからコピペした8ヵ月分やり直しもしました。

2000~2008年3月はみしゅらん掲示板過去ログ参照。
https://www.asahi-net.or.jp/~vd5h-cb/bbs/bbs.htm
そしてそれ以降、2022年7月までを引き継いだのが、拙利根川温泉掲示板と自負しております。
ブログとして記録を残せて良かった~
しかも画像付とはみしゅらん掲示板でもしなかったことです(^^)v
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/

> 「利根川温泉ブログ」開設しました。
> https://onken21.livedoor.blog/
> 8/1以降の詳細レポ、分析書、画像も含め、こちらで行こうと決心しました。
> 決め手は字数制限、NGワードにも引っかからなかったこと。
> 利根川温泉掲示板開設時の2007年2月のデータをコピペしたところ引っかかりませんでした。
> なお、開設時の掲示板は当時、投稿数制限があったため、ネット上は残っておらず、私のPCに保存してあったものです。
> ライブドア「利根川温泉ブログ」で拙掲示板誕生の15年前を見ていただけたらと思います。
> https://onken21.livedoor.blog/archives/13800867.html
> なお、郷土の偉人、渋沢栄一翁の「みんなで楽しむのが一番」その信念で、コメントは全て開きますし、
> 荒らしが現れない限り禁止ワード等の制限を加えるつもりは一切ありません。
>
> > ゴチさんへのお返事です。
> >
> > 私の時はいくつかのブルグサイトを使って試した結果
> > アメブロは芸能人の方々が多く使ってる関係上いろいろ制限が多く
> > 画像を縮小や制限も多くNGワードがあったのは初めて知りました。
> > まあいろいろ試した結果
> > ライブドアブログに落ち着きました。
> > カテゴリー設定の多さ 画像をいじらなくても勝手に適正な大きさにしてくれる
> > など使い勝手を考えこちらにしました。
> > 1回に貼れる画像は10枚までですが一度保存してから再び編集をすれば11枚以上追加で画像も貼れて使い勝手は良好です。
> > 最近はスマホから画像のみ貼ってあとからPCで編集UPしております。
> > 私の当時のyahooブログ閉鎖時の他ブログ検証記事を参考になればはいいておきます。
> > http://gochi.officialblog.jp/archives/18977027.html
> >
> > > ブログに移行することにしたのですね。
> > > 私の時のyahooブログと違い引っ越し機能が無いので大変だと思いますが
> > > がんばってください。
> > >
> > > ONKEN21@自宅さんへのお返事です。
> > >
> > > > 学さんさんへのお返事です。
> > > > 「利根川温泉ブログ」
> > > > https://ameblo.jp/onken21
> > > > 開設しました!
> > > > 2007年2月18日~の利根川温泉掲示板のデータ移行先と8月1日からのレポ投稿先の後継ブログとなります。
> > > > まだ開設のみですが、GW中に2007年2月18日から遡ってコピペします。
> > > > また、8/1のTeacup掲示板閉鎖後はここに温泉分析書等レポを投稿。
> > > >
> > > > > なるほど、ブログなら移行できるが、下記の様に、掲示板は移行できないのですね。
> > > > >
> > > > > --------------------------------------
> > > > > 問い
> > > > > 掲示版の記事を他のサイトに移行したい
> > > > >
> > > > > 答え
> > > > > 誠に恐れ入りますが、掲示板記事のデータ移行する機能は、弊社でも検討をさせて
> > > > > いただきましたが、ご提供は難しいとの判断にいたりました。
> > > > >
> > > > > このようなご案内となり申し訳ございませんが、ご了承いただけますと幸いです。
> > > > > --------------------------------------
> > > > >
> > > > > > だだ星人さんへのお返事です。
> > > > > >
> > > > > > そうですか、ここには「掲示板」と「ブログ」の2種類があるのですね。
> > > > > > そして、「掲示板」の方には移行するツールが無いのですか。残念ですね。

https://onken21.livedoor.blog/

 

さなざわのテラス

 投稿者:ONKEN21@月夜野より帰宅  投稿日:2022年 5月 6日(金)14時04分53秒
返信・引用 編集済
  > No.7565[元記事へ]

> ふじやまの湯、ホテルSL、真沢の森も未湯なので迷いながら、
> みなかみ町のみねの湯つきよの館が未湯で帰る途中にあり湯使いもまずまずなので入ります。

 昨夕は群馬県みなかみ町のさなざわのテラスが10/16にリニューアルオープン。みなかみ町営真沢の森
として2020年10月1日より休業していて、ぐんまの源泉パス100円引きも未使用のまま気になっていましたが、
ついに初めて入れます。行き帰り中津川温泉と同じR17上武道路下道経由、75km2時間弱。夕方16~18時で
東京方向、沼田~太田尾島まで数珠繋ぎ、伊勢崎I.C手前と前橋市内で渋滞。下りは渋滞なく流れてました。
20時以降の帰りはガラガラでした。夜は月夜野から1時間のからやま前橋総社店で親子丼大盛539-100円を
いただきました。行く途中、さなざわのテラスまで2.4kmの上越新幹線上毛高原駅でクーポンを探しましたが、
特に見当たらず。

 上毛高原駅の北から猿ヶ京方面に左折、山奥に入った途中右折、山を抜けるとさなざわテラスと棚田が
目に飛び込んできます。駐車場はさらに直進した高台。さなざわのテラスは山の家風ですが、館内はお風呂
カフェのようにお洒落にリニューアルされています。入浴料は真沢の森時代は520円だったようですが、
今は600円とちょぴり上がってます。GWを除き毎週水曜休、不定休あり、5/3,4は学校団体貸切で12~16時、
通常は12~20時。インスタで日帰り入浴営業時間確認。お風呂は左手の通路を下へ下って行きます。

 広い内湯と蛙の鳴き声凄い露天風呂。18:30~20:00で3人入った後、宿泊客自体なく独占、さすがGW
でも穴場なのですいています。メタけい酸該当の規定泉、逆パーフェクト、塩素臭はほとんど感じず、pH9.5
とメタけい酸のせいか、入った瞬間に肌がヌルヌルします。投入は特に露天で24℃の源泉の加温が弱めに
なっています。露天の投入部のぬるい湯を洗面器に汲んで外で頭から浴びて出たら、翌日まで肌スベスベです。
肌ヌルヌルの美肌の湯に古くから伝わる湯は只者ではないですね。

 温泉分析書は以下の通り。

 温泉分析書(鉱泉分析法指針による分析成績)
1.依頼者:群馬県利根郡みなかみ町後閑 みなかみ町長
2.源泉名:月夜野温泉(源泉名:真沢の湯)
 およびゆう出地:みなかみ町月夜野2536 湧出(さなざわのテラス:月夜野2537-2)
3.湧出地における調査および試験成績
(1)調査および試験者:一般社団法人 群馬県薬剤師会(環境試験衛生センター)Y.T.
(2)調査及び試験年月日:平成28年10月3日
(3)泉温:24.2℃(調査時の気温21℃)
(4)湧出量:20.9リットル/分(自然湧出)
(5)知覚的試験:無色透明
(6)pH値:9.6
(7)電気伝導率:23.3mS/m(25℃)(交流2電極方式、極板:チタン+白金黒)
4.試験室における試験成績
(1)試験者:3.(1)と同じ
(2)分析終了年月日:平成28年10月26日
(3)知覚的試験:無色透明(試料採取後24時間)
(4)密度:0.9989(20℃/4℃)
(5)pH値:9.55
(6)蒸発残留物:0.19g/kg(110℃)
5.試料1kg中の成分(mg)
(1)陽イオン
Na=53.9 K=0.71 Mg=0.02 Ca=0.47  陽計=55.1
(2)陰イオン
F=1.2 Cl=1.8 水酸化物=0.7 硫酸=41.9 炭酸水素=21.4 炭酸=30.0 メタほう酸=0.5 陰計=97.5
(3)遊離成分
ア.非解離成分
メタケイ酸=63.4
成分総計・溶存物質計=0.22g/kg
(4)その他微量成分
総ひ素=0.009 銅・鉛・総水銀=検出せず
6.判定:温泉法第二条の別表に規定するメタけい酸(H2SiO3)の項により温泉に適合する。
 ただし療養泉には該当しないので泉質名はない。
平成28年10月27日 一般社団法人 群馬県薬剤師会(環境試験衛生センター)会長

温泉利用状況
加水の状況:源泉ゆう出量が少ないため、加水しています。
加温の状況:源泉温度が低いため、加温しています。
循環・ろ過状況:温泉資源の保護と衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
入浴剤の有無:入浴剤は添加していません。
消毒処理の状況:滅菌のため循環ろ過器を通し塩素消毒をしています。

https://sanazawa.jp/

 

今地震

 投稿者:ks  投稿日:2022年 5月 5日(木)18時56分27秒
返信・引用
  こんばんは 今地震がありました。

群馬、栃木、茨城と帯状に震度4、秩父は埼玉県北部と同じ震度3。
震源地は茨城県南部との事ですが、深谷断層の影響を受けたかなと思いました。
 
    (ONKEN21) その時間は群馬県みなかみ町の真沢温泉に入浴中で群馬北部は震度が弱かったのか気付きませんでした。
留守番していた父は地震について何も言ってなかったですね。深谷断層、怖いですね。
 

中津川温泉中津川村キャンプ場

 投稿者:ONKEN21@奥秩父より帰宅  投稿日:2022年 5月 4日(水)10時44分52秒
返信・引用 編集済
  > No.4232[元記事へ]

> 途中、秩父市大滝の奥、中津川の中津峡のもみじ紅葉狩です。

 昨晩は埼玉県秩父市大滝の中津川温泉中津川村キャンプ場で20年ぶり日帰り入浴。昼頃電話したところ
男女交代で男は18~19時の間のみ利用可とのこと。沸かすのは4月下旬~11月の土曜等のコテージ客がある時
のみなのでGW狙い。夏休み期間も毎日入れそうですが…。日帰り入浴は積極的ではないが、その時間で
よろしければとのことで了解。

 昨日の秩父はR140は寄居~大滝は夕方で両方向数珠繋ぎ状態で、大滝の工事片側通行では17時で熊谷方面
で1km以上渋滞。夜20時以降の帰りはガラガラ。対岸道路と秩父皆野BP、狭いが柴原鉱泉回りで迂回。
深谷から80km弱、2時間強。夕食の皆野町のガスト長瀞店まで48km1時間15分。

 まずは秩父市道山側の源泉地へ。茶褐色の沢の流れ壮観。更に上からパイプで途中の中継槽へ引いています。
零れた源泉は強い鉄味あり。秩父市道から左下の急坂を下り、左手の駐車場へ。キャンプ場へは吊橋を渡ります。
吊橋を渡ったすぐ左手がお風呂と受付ですが、吊橋の表示を見落とし、奥左手と右手で受付を探してしました。
戻って受付の通路を歩くと20年前と違う若い管理人が迎えに来ました。日帰り入浴を希望すると電話された方
ですねと了解。受付棟で入浴料500円を払います。

 浴室「源内の湯」は受付すぐ手前にあります。受付側は女湯の内湯の檜風呂、吊橋側は男湯の露天風呂の
ようですが、今は気温9℃と寒いせいか、内湯のみ男女交代で使用。この日は18時~男湯となりました。
木造の共同浴場の雰囲気抜群の浴室へ20年ぶりに入ります。18~19時でキャンプ客が2~4人で入浴。
独占時間も少しだけありました。お風呂は透明度10cm位の濃い茶色の濁り湯に感動。タオルが茶色く染まり
ます。加温した沢水投入でぬるめ、循環・塩素なし溜め湯、長湯できます。17℃非加熱源泉カランがあり、
それは無色透明錆味があります。加温することで濁るようです。鉄とメタ珪酸該当の規定泉と薄いながら、
鉄分が強い湯です。火照りと肌のツルツル感が強く、浴後も翌日まで肌スベスベです。

 茶色い濁り湯は玉子水の多い秩父でここだけ。埼玉でも東部に多いですが…秩父の近くで白寿の湯くらい。
佐久海の口温泉や群馬県南牧村の星尾温泉木乃葉石の湯、足利東葉館に似た湯かな…上野村しおじの湯も
茶色いのは近いけどあちらは酸味がある。山梨にはないね埼玉県の温泉としては簗場虚空蔵、百穴、両神鶴の湯
に次ぐ昭和63年に4番目に温泉認定された古い源泉(ガウスさんのHPより)。しかも現在利用されている源泉
となると、埼玉県で一番古くから温泉認定された利用中源泉となりますね。埼玉最奥に素晴らしい温泉が
ありますね。

 温泉分析書、許可書は20年前と同じで、原本の掲示はなし。以下の通りです。

甲第2165号-別表
1.源泉名:中津川温泉
2.源泉所在地:埼玉県秩父郡大滝村大字中津川264(中津川村キャンプ場:中津川271番地)
3.温泉分析申請者:有限会社幸島産業 代表取締役 個人
4.判定:温泉法第2条別表中に示された鉄(Fe2++Fe3+)及び
    メタイケ酸(メタケイ酸)(H2SiO2)の項で温泉法の温泉に適合する。
(途中省略)
別表作成年月日及び作成者:昭和63年8月15日 財団法人 中央温泉研究所 所長

公衆浴場営業許可書 指令秩保第3-22号 昭和63年10月14日
昭和63年9月26日付けで申請のあつた下記の公衆浴場の経営については、公衆浴場法第2条第1項の規定により、
別記条件を付して許可する。
公衆浴場名称:中津川温泉 所在地:同上中津川271番地

温泉に加温した沢水を加え、入浴に適した温度に調整しています
 

羊山の芝桜は見頃は過ぎました

 投稿者:ks  投稿日:2022年 5月 3日(火)19時42分47秒
返信・引用
  こんばんは

今日は、羊山の芝桜を見物に行きました。駐車場は500円の有料ですが、
市報に付いていた駐車無料券で入れました。
芝桜園の無料券は使う必要ありませんでした。見頃は過ぎたと言う事で、
入園料が無料になっていました。武甲山に登った頃が最高潮だったかなと思いました。

それから、ミューズパークに行き公園内を9km以上は歩いたかな。
今は、シャクナゲが咲き始めています。チューリップは、ほぼ全開、九割以上
しぼみ始めていました。
 
    (ONKEN21) 実は昨日は秩父の一番奥中津川へ夕方に行きました。
芝桜の丘も17:00以降の入園料のかからない時間に行こうかなと思いましたが、
温泉の入浴時間の都合で寄れず残念でした。
でも見頃を過ぎていたのであれば行かなくても良かったと思いました。
まあGWも後半になると例年はだいたい終わってますよね。4月中下旬がベストかも知れません。
昨日の秩父、連休後半初日とあってR140はコロナ下後、見たことのない凄い交通量でしたね。
大滝も反対側熊谷方向が1kmくらい工事渋滞していました。
 

Re: 京都観光は定時性が確保されました公共交通機関が尤もお薦め

 投稿者:  投稿日:2022年 5月 3日(火)08時19分31秒
返信・引用 編集済
  > No.9639[元記事へ]

 もう少しだけ追加で役に立つかも知れない情報を追記しておきますね

> (個人的には市内南北&中央側なら地下鉄・北側なら叡山・東側なら京阪沿線・
> 西側なら阪急やJR山陰線・南側なら近鉄や京阪やJR奈良線がお勧めです)

 その京阪ですが
流石にこれは滅多に遭遇することまでは基本無いのですが・・・
もし何か運輸障害等のトラブルが一度巻き起こりますと
全線・全列車にて一旦完全に運転停止状態を行ないます
中之島・淀屋橋-出町柳全区間にて全てそう陥ります
(例外的に交野線・宇治線の支線だけは除く・但しそれでも実質運用している意義は薄い)

 もし万が一これに巻き込まれた場合はもう本当にど---しょうにもありません!(特に京北地域の場合)
列車からも駅からも一旦強制的に追い出されますので・・・

 京阪は一度何等かの事故等が生じますと全てを一旦完全に止めて無にしはります=リセットする
まるで心臓を止めたかのような状況へと強行突入します
なので部分運休や区間運転等の救済措置等も一切合切全く無し!

 恐らくその理由は原因は二次的災害やトラブルを防ぐためかと考えられますが・・・
流石に真相までは不明です・・・

 それに代替交通手段の確保もまずないと想定しておいて下さい

 ですがただしその代わりといっては何なんですが・・・
復旧に掛かる対処も意外と早くて基本30分前後それくらい待てば
また列車は直ぐに運転再開へと何とかこじつけはりますよ
ただしダイヤは当然滅茶苦茶状態が長時間続きますけどね・・・

---

 あとJR奈良線ですが
これは以前にも記載したかも知れませんが
こっちはこっちで日常茶飯事的に頻繁によく遅れて運行しております
概ね10-20分程度での割り合いが多いですかね

 これは大体最低でも週一以上のペースで生じているでしょうか・・・
ここは単複線構造の上よく踏み切り関係でのトラブルが頻発している路線なのでもあります

 あとはその原因の一因としましてはこの沿線に居住している住民の質が
基本最低質レベルなせいもあるかも知れませんが・・・

 もし万が一これ等の路線をご利用の場合には
こういう裏事情も頭の片隅にでも入れておいたほうが賢明でしょうね・・・
 
    (ONKEN21) 情報ありがとうございました。  

久喜和みの里温泉森のせせらぎなごみ分析書更新

 投稿者:ONKEN21@久喜より帰宅  投稿日:2022年 5月 2日(月)10時59分9秒
返信・引用 編集済
  > No.7394[元記事へ]

GW深夜温泉は埼玉県久喜市の森のせせらぎなごみに5年ぶり。熊谷・羽生・菖蒲経由45km1時間強。
LINEの18周年記念クーポンで5/5まで2名まで休日900→平休日580円。通常の100円引クーポンもあります。
22~23時閉店前、風呂は10人位、それ程混んでいません。
洞窟風呂が開放的になって人工炭酸泉に変わりましたね。お湯もきれいに澄んでいます。
炭酸泉足湯は寝転び処に変わってます。
内湯の生源泉掛け流し浴槽は粘土っぽいアブラ臭茶色塩味塩素臭なし、埼玉で会津っぽい湯~

温泉分析書が以下の通り令和3年付に変わってました。
()内は平成23年10月19日分析のデータ。> No.5120[元記事へ]
<>内は平成13年のみしゅらん掲示板の私のレポのデータ
温泉利用状況は脱衣所内は撤去されたのか一切見当たらず。

 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析) (中No.3-25号<中No.13~156>)
1.申請者
住所:埼玉県久喜市久喜中央3丁目 氏名:個人
2.源泉名及び湧出地
源泉名:久喜和みの里温泉
湧出地:久喜市江面字社宮司1567番1号(なごみの住所:江面1574-1)
3.湧出地における調査及び試験成績
(1)調査及び試験者:一般社団法人 長野県薬剤師会 検査課 主任研究員 K.K.
(2)調査及び試験年月日:令和3年10月22日(平成23年10月5日)<平成13年12月14日>
(3)泉温:45.1(44.8)<45.8>℃(調査時における気温12(13)℃)
(4)湧出量:<779>L/分(未測定、掘削による動力楊湯)
(5)知覚的試験:微黄色を呈し、塩味・微鉄味を有す。また、付随ガス(メタンを含む)の湧出を認める。
(微黄白濁を呈し、塩味を有す。<同左>)
(6)水素イオン濃度:pH7.6(7.7)<7.60>
4.試験室における試験成績
(1)試験者:3.(1)と同じ
(2)分析終了年月日:令和3年11月18日(平成23年10月19日)<平成13年12月18日>
(3)知覚的試験:微黄白濁を呈し、塩味・微鉄味を有す。(<3.(5)と同じ>)
(4)密度:1.0038(1.0040)<1.0036>(20℃において) 1.0020(1.0018)<1.0018>(20℃/4℃)
(5)水素イオン濃度:pH7.67(7.7)<7.60>
(6)蒸発残留物:4820<4463>mg/kg(乾燥温度180<110>℃)
Li=0.2(0.3)<0.2> Na=1699(1684)<1615> K=26.4(27.4)<25.4> アンモニウム=9.3(8.1)
Mg=33.4(35.8)<31.6> Ca=143.1(149.3)<124.9> Sr=1.1(1.3)<1.2> Ba=0.4(0.3)<0.3>
Al=<0.2> Mn=0.09(0.1)<0.1> Fe2=1.2(1.0)<0.2> 陽計=1914(1908)<1799>
F=0.2(0.3)<0.3> Cl=2582(2643)<2395> Br=10.6(9.5)<9.0> I=2.6(1.3)<1.2>
HS=0.08(0.08)<0.02> 硫酸=0.2(5.6)<8.0> リン酸水素=0.4(0.4)<0.4>
炭酸水素=668.5(647.8)<739.0> 陰計=3265(3308)<3153>
メタケイ酸=55.8(56.0)<44.7> メタホウ酸=27.8(29.7)<28.1> 非解離計=83.6(85.7)<72.8>
溶存物質計=5262(5302)<5025> 遊離CO2=31.3(39.8)<39.8> 遊離H2S=0.02 成分総計=5294(5324)<5065>
総水銀・鉛・Cd・総クロム(<・AS>)=不検出 As=0.002
6.泉質:ナトリウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
令和3年11月19日(平成23年10月19日)<平成13年12月18日> 一般社団法人 長野県薬剤師会 会長

>  本日の土曜午後から温泉は箕郷温泉まねきの湯の博士と1000円カットかゆの駅行田古代蓮物語で8/1から
> 始まった薬研の湯の32℃生源泉か迷いましたが、加須市で千円カットの後、久喜市のなごみの湯が空調機故障で
> 500円で入館できるとのことなので、本日は26℃と涼しめのこともあって、2年ぶりに行ってきました。
> なごみの湯は6台ある空調機が故障し、7/17のみ臨時休業、7/18より扇風機で対応、500円入館にて営業再開。
> お盆で工事業者の手配もできず、復旧の見込みは来月上旬とのことです。確かに湯上がり後は汗がなかなか
> 引かず大変でしたが、本日はにわか雨も降る曇りの天気とあって、我慢できる暑さです。35℃の猛暑だったら、
> 地獄でしょうけど(^^;お客も激混みでもなく、500円なのでガラガラということもなく、県南にしては
> 程よい入浴客数ですね。
>   2年の間の変化として、壺湯の後ろに「くつろぎ処」が設置され、右側のテラスが畳敷の寝そべり処、
> 左側の壁の部分は炭酸泉の足湯です。炭酸泉ついになごみもかと思いましたが、足のみで全身はおろか、
> 下半身も入浴禁止。中途半端な感じですね(^^;それと洞窟風呂ですが、中で如何わしいことが行われたことが
> あったのでしょうか?今年3/22より出入り口が大きくなり、中の見通しもよくなりました。香り風呂は
> グリーンアップルのままでこれで固定かもしれません。
>  それと生源泉掛け流し風呂ですが、塩素臭はしませんが、レジオネラ菌について詳しく書いた貼紙があり、
> 現在はレジオネラ菌の外部からの混入の可能性があるため、塩素消毒を行っている旨、掲示がありました。
> やはり、湯楽の里伊勢崎店もそうですが、日高・北本以降、平野部や都市近郊の温泉施設は加水・加温・
> 循環ろ過なしであっても塩素消毒のみを行うよう、埼玉や群馬では保健所の指導が強化されているようです。
> これも利用者の多い施設ではやむなしでしょうかね。生源泉掛け流し浴槽は夏で熱めでしたが、依然として
> 茶褐色の塩辛い湯で塩素でなくアブラが香り(八角風呂ではかなりカルキ臭あり)、とってもいいお湯でした。

https://nagomiyu.jp/

 

ひとつ記事を作ってみました。

 投稿者:だまにわ  投稿日:2022年 5月 1日(日)23時10分41秒
返信・引用 編集済
  貴掲示板から、私が投稿した湯小屋泉荘の記事を拝借。
スマホからひとつ記事を作ってみました。


画像は貴掲示板からダウンロードし、
新たにアップロードしました。

投稿に対し、お返事コメント欄に移植。

多少はすっきりしたかと、、、
ただ、時系列的にはちょっと矛盾が生じるので、
記事は同時の日付で投稿した方が良かったかも…

尚、パソコンでなくて、スマホの管理ページを使うと
割と簡単ですよ。
ちなみにこの記事作成時間は、約20分でした。

私はパソコンからの来訪に対してはほぼ無視し、
スマホからの来訪者だけを対象とした、
割りきった構成にしています。
(相変わらずパソコン苦手で?)

スマホの管理画面からパソコンの管理画面のページに入り、左上のマイページをクリックすれば、
スマホの管理画面に入れます。

それをスマホのホーム画面(ショートカット)に追加すれば、割とかんたんに書けますし、
スッキリ移植できます。

ただTwitterとの連携などは、パソコン版の管理画面からになりますね、、、


後は記事を手直しし、
現状を追記すれば、尚ベストです。

とりあえず全て移植しようとは思わず、
ご自分の思い入れのある温泉を100選び、
まずは単純に移植。
そこから肉付けしていけば、相当厚い内容になるかと思いますよ。加筆や修正はいくらでも可能ですから…

後はたけの湯さんやディスカスさんがlivedoorで書いていらっしゃるので、色々聞けるかと。

当然、私も協力させていただきます。

ただ、現状色々大変そうなので、
あまり無理なさらない範囲で?

とりあえず夏までに100くらいを目安に、、、

あ、ちなみにドメインは、独自ドメインの方が何かと便利かと思います。私はblog.jpを選択しています。
万が一livedoorがYahoo!みたく閉鎖された際には、独自ドメインの方が役に立つかも、、、です。

http://blog.livedoor.jp/hirand12-tama/archives/1979996.html

 
    (ONKEN21) アドバイスありがとうございます。
ブログ超初心者のため、だまにわさんら超ベテランさんの言うことは、ほとんど理解できませんが、
これから数年やってきて段々と気付くことかなと思いました。
とりあえず今は自分のめざす方向で一途にやるしかないと思います。
100を抽出とかは温泉の母数が膨大過ぎて無理です(^^;
色々アドバイスをいただいたのに生かすことができなくてすいませんm(__)m
 

「利根川温泉ブログ」を開設

 投稿者:ONKEN21@自宅  投稿日:2022年 5月 1日(日)14時16分37秒
返信・引用
  > No.9642[元記事へ]

ゴチさん、だまにわさんへのお返事です。

「利根川温泉ブログ」開設しました。
https://onken21.livedoor.blog/
8/1以降の詳細レポ、分析書、画像も含め、こちらで行こうと決心しました。
決め手は字数制限、NGワードにも引っかからなかったこと。
利根川温泉掲示板開設時の2007年2月のデータをコピペしたところ引っかかりませんでした。
なお、開設時の掲示板は当時、投稿数制限があったため、ネット上は残っておらず、私のPCに保存してあったものです。
ライブドア「利根川温泉ブログ」で拙掲示板誕生の15年前を見ていただけたらと思います。
https://onken21.livedoor.blog/archives/13800867.html
なお、郷土の偉人、渋沢栄一翁の「みんなで楽しむのが一番」その信念で、コメントは全て開きますし、
荒らしが現れない限り禁止ワード等の制限を加えるつもりは一切ありません。

> ゴチさんへのお返事です。
>
> 私の時はいくつかのブルグサイトを使って試した結果
> アメブロは芸能人の方々が多く使ってる関係上いろいろ制限が多く
> 画像を縮小や制限も多くNGワードがあったのは初めて知りました。
> まあいろいろ試した結果
> ライブドアブログに落ち着きました。
> カテゴリー設定の多さ 画像をいじらなくても勝手に適正な大きさにしてくれる
> など使い勝手を考えこちらにしました。
> 1回に貼れる画像は10枚までですが一度保存してから再び編集をすれば11枚以上追加で画像も貼れて使い勝手は良好です。
> 最近はスマホから画像のみ貼ってあとからPCで編集UPしております。
> 私の当時のyahooブログ閉鎖時の他ブログ検証記事を参考になればはいいておきます。
> http://gochi.officialblog.jp/archives/18977027.html
>
> > ブログに移行することにしたのですね。
> > 私の時のyahooブログと違い引っ越し機能が無いので大変だと思いますが
> > がんばってください。
> >
> > ONKEN21@自宅さんへのお返事です。
> >
> > > 学さんさんへのお返事です。
> > > 「利根川温泉ブログ」
> > > https://ameblo.jp/onken21
> > > 開設しました!
> > > 2007年2月18日~の利根川温泉掲示板のデータ移行先と8月1日からのレポ投稿先の後継ブログとなります。
> > > まだ開設のみですが、GW中に2007年2月18日から遡ってコピペします。
> > > また、8/1のTeacup掲示板閉鎖後はここに温泉分析書等レポを投稿。
> > >
> > > > なるほど、ブログなら移行できるが、下記の様に、掲示板は移行できないのですね。
> > > >
> > > > --------------------------------------
> > > > 問い
> > > > 掲示版の記事を他のサイトに移行したい
> > > >
> > > > 答え
> > > > 誠に恐れ入りますが、掲示板記事のデータ移行する機能は、弊社でも検討をさせて
> > > > いただきましたが、ご提供は難しいとの判断にいたりました。
> > > >
> > > > このようなご案内となり申し訳ございませんが、ご了承いただけますと幸いです。
> > > > --------------------------------------
> > > >
> > > > > だだ星人さんへのお返事です。
> > > > >
> > > > > そうですか、ここには「掲示板」と「ブログ」の2種類があるのですね。
> > > > > そして、「掲示板」の方には移行するツールが無いのですか。残念ですね。

https://onken21.livedoor.blog/

 

Re: 「利根川温泉ブログ」を開設

 投稿者:ゴチ  投稿日:2022年 5月 1日(日)10時05分6秒
返信・引用
  > No.9638[元記事へ]

ゴチさんへのお返事です。

私の時はいくつかのブルグサイトを使って試した結果
アメブロは芸能人の方々が多く使ってる関係上いろいろ制限が多く
画像を縮小や制限も多くNGワードがあったのは初めて知りました。
まあいろいろ試した結果
ライブドアブログに落ち着きました。
カテゴリー設定の多さ 画像をいじらなくても勝手に適正な大きさにしてくれる
など使い勝手を考えこちらにしました。
1回に貼れる画像は10枚までですが一度保存してから再び編集をすれば11枚以上追加で画像も貼れて使い勝手は良好です。
最近はスマホから画像のみ貼ってあとからPCで編集UPしております。
私の当時のyahooブログ閉鎖時の他ブログ検証記事を参考になればはいいておきます。
http://gochi.officialblog.jp/archives/18977027.html

> ブログに移行することにしたのですね。
> 私の時のyahooブログと違い引っ越し機能が無いので大変だと思いますが
> がんばってください。
>
> ONKEN21@自宅さんへのお返事です。
>
> > 学さんさんへのお返事です。
> > 「利根川温泉ブログ」
> > https://ameblo.jp/onken21
> > 開設しました!
> > 2007年2月18日~の利根川温泉掲示板のデータ移行先と8月1日からのレポ投稿先の後継ブログとなります。
> > まだ開設のみですが、GW中に2007年2月18日から遡ってコピペします。
> > また、8/1のTeacup掲示板閉鎖後はここに温泉分析書等レポを投稿。
> >
> > > なるほど、ブログなら移行できるが、下記の様に、掲示板は移行できないのですね。
> > >
> > > --------------------------------------
> > > 問い
> > > 掲示版の記事を他のサイトに移行したい
> > >
> > > 答え
> > > 誠に恐れ入りますが、掲示板記事のデータ移行する機能は、弊社でも検討をさせて
> > > いただきましたが、ご提供は難しいとの判断にいたりました。
> > >
> > > このようなご案内となり申し訳ございませんが、ご了承いただけますと幸いです。
> > > --------------------------------------
> > >
> > > > だだ星人さんへのお返事です。
> > > >
> > > > そうですか、ここには「掲示板」と「ブログ」の2種類があるのですね。
> > > > そして、「掲示板」の方には移行するツールが無いのですか。残念ですね。

http://gochi.officialblog.jp/archives/18977027.html

 
    (ONKEN21) ゴチさん、各社のブログについてアドバイスありがとうございます。
だまにわさんらと被りますが、ライブドアとか他社も考えていたところだったのでありがたかったです。
アメブロはデータの引継ぎとしては駄目で、8月の掲示板閉鎖移行のレポ先としては考え始めていました。
ただ現況、ブログ初心者のため理解できない用語も多く、なかなか理解できません。
あと、ある方からブログへの移行はいかがなものか、サーバーへのアップ、過去ログ化も提案され、どうしたものかと思案しているところです。
データ移行はなかなか難しく、多分、海の日連休あたりにPCに保存するのみで、
8月以降は会社は決まりませんが、「利根川温泉ブログ」となるのかな?と予想しています。

P.S.とりあえずゴチさんやだまにわさんが選んだライブドア試してみますか…
https://onken21.livedoor.blog/
 

ツツジが見頃の美の山

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月30日(土)21時35分15秒
返信・引用
  こんばんは

ウエルハイム入所中の母が26日他界しました。94歳の高齢で認知症
何時、寝たきりなる事も言われていました。万が一には苦しませる延命処置は
なしでお願いしていましたが、心肺停止になってからの連絡でした。その看取りも
コロナで1人制限。出向いた時には、顔は伏せられていました。
葬儀場に運ばれ二晩、28日に納棺、通夜無し、29日に本葬から納骨まで1日で
終了。葬儀後の会食も無しの家族葬の1日葬。費用は5年前の父の一般葬より
実質費用は多くなってしまいました。

長く病みたくないと言っていた母。長寿の分、長く病んだ感じです。
コロナ対策での面会制限の中、何もしてやれず空しい感じがします。

今日は靄もや解消に美の山に登りました。ツツジが見頃になっていました。
天気も良く、視界もスッキリに近い展望でしたが、もやもや感は消えませんでした。

亡き両親と東京の妹家族と一緒に両神温泉薬師の湯に連れて行った事を思い出しました。
昨日のような思い出ですが神怡舘が出来て間もない頃だったと思います。
 
    (ONKEN21) ksさん、お母様の件、心よりお悔やみ申し上げます。お気を落としなさらぬようお願いします。
私の母のことを思い出しました。
母が5日間だけお世話になって亡くなった時の老人ホームは親戚など6人くらい顔を見せていただき、
顔も伏せられておらず比較的緩やかでした。
葬儀は家族葬で通夜なし父と私の宿泊は希望の一日葬で火葬場での会食は行いました。
私の母は享年75歳でしたが、ksさんの母様は20年も長生きされたのですね。
ツツジ目にも鮮やかですね。
両神温泉薬師の湯は私も両親弟の一家4人で行ったことがあります。
 

ブログ開設『ありがとうごさいます』

 投稿者:だまにわ  投稿日:2022年 4月30日(土)18時59分3秒
返信・引用 編集済
  最後まで、このHNでの書き込み、お許しください。


それにしても、よくぞ決断なされました!!

ヲラ的には『開設おめでとうございます』と言うより、
『ありがとうございます』です。

貴掲示板を当てにしていた読者さん達も喜ぶかと思います。
データ移行作業、大変ですが無理の無い範囲で…

まずは思い出に残った温泉を100程、
掲載してみてはいかがでしょうか、、、

文章はそのまま引っ張ってこれば良いけど、
大変なのは画像の掲載ですね、、、
スクリーンショットを有効に使えないかしら、、、


ブログはAmebaを選ばれたのですね?
温泉仲間の間でやりとりするには、最適かと思われます

(livedoorは基本、まわりは全てライバル、仲間という概念が無いから、孤独ですからねぇ~?)
ただAmebaは検索には引っ掛かりにくいので、
課題はそこですかね、、、
複数のタグ付け、記事のカテゴリー分けは必須。
タグは初めのうちは多いに越した事はないでしょう

ONKEN21さんはヲラとは違い有名人(?)なので、
記事のタグに#OENKEN21 #利根川温泉掲示板をいれておくと良いかもしれません。
出来ればハッシュタグ付きと無しの両方で、、、

コメントはすぐに公開する設定では無く、
確認後公開する設定の方が荒れないです。

livedoorのコメントには禁止ワードが設定可能なので
あまり歓迎しない読者に関しては文章の癖を見抜き、
禁止ワードを設定する方法もありますが、Amebaにはその機能ついているのかな、、、?

あ、余談ですが、
深谷カレー焼そばを捕獲する為に、
お膝元の深谷に寄ってきましたよ。
アンドロイドの栄一サマのお姿も、僅かに拝見できました。

前橋まで日帰り強行の予定でしたが、あまりにも疲れてしまい、一泊になりました。
翌日は秩父を回って帰りました。

追記
どうやら大変だったみたいで、、、すみません?
お父様、心配ですね、、、

Ksさんもお気を落とさぬよう、、、
 
    (ONKEN21) だまにわさん(あれ?元のハンドルに戻ったのですね)こんばんは。
ブログについて色々アドバイスありがとうございます。
実はアメブロについては掲示板開設時のものをコピペしてみたのですが、
3時間で10日分しかできませんでした。
GWは10日あるので、1日2年分はコピペしたかったですが、実際は10日分なので
時間が膨大過ぎて中断、実質断念しました(^^;
平日は仕事が業務逼迫で残業のためブログ作業はできず、日曜は出掛けてますので、
土曜作業するとしても10年はかかると予想しました。
これは絶対無茶です( ノД`)シクシク…
ゴチさんの引用の中で残ってしまいましたが、返信元は削除しています。
ゴチさんの書き込みを消してしまっては失礼にあたるので、それは残してあります。
期待にお答えできずすいません。

ご近所へようこそ。昔は渋沢栄一翁が食べた煮ぼうとうが有名ですが、
ごく最近、カレー焼きそばも売り出していますね。実はまだ食べたことないですが(^^;
アンドロイドは昨年、中の家で見ました。記念館のは地元ながら見てないです(^^;
 

Re: 京都観光はタクシーがお薦め

 投稿者:  投稿日:2022年 4月30日(土)15時30分24秒
返信・引用 編集済
  > No.9636[元記事へ]

 やや部外者が突然僭越ながら横から失礼しますね・・・

 ・・・これはあくまでも個人的主観や印象等の実体験を元にしました
コメント程度にでも軽く受け流してもらえましたら幸いです・・・

> 京都観光はタクシーがお薦め

 ・・・これはいつの時代・どこの世の中や世界に行きましても
同じことが当てはまっておりますが・・・
それでも正直一長一短は確かにありますよ・・・

 京都市内は特に渋滞が慢性超酷状態なのは顕著ですからね・・・
特に土日祝祭日の午後以降(特に夕刻時←これは土日祝平日問わずに)
東側の道へ行く程混雑が特に激しいです
(東大路・白川通り→川端通り→河原町通り→烏丸通り→堀川通り→千本・大宮通り
→西大路通りの順・この中では比較的川端通りが空いている・
三条川端交差点-四条川端交差点付近は除く・東西の道は厳密には割愛w・
但し当然京都駅や四条駅界隈から離れれば離れる程空いているのは間違いありませんよw)

 ・・・まぁ確かにプロのタクシーの運転士さんは抜け道はよーーー知ってはりますが
でもそれでもそこでも不慮の事故や同じ穴の狢のドライバー達へと相次いで集中して遭遇してしましたら
結局そこでもまた渋滞へと巻き込まれでもしましたらひとたまりもありませんけどね・・・

 幾等ベテランタクシーの運転士さんとはいえども
その予測をはるかに超越するような不測の事態へと遭遇しますのは
京都市内では特に日常茶飯事の光景ですから・・・

 但し午前9時以前の(デパート開店前とかの)烏丸通とかは
思わず笑いが出るくらい思いの他面白いほど空いてますよwww
だって日中のあの酷い混雑がまるで嘘のような光景ですからねw

 もし新幹線等の何か予約や人と会ったり食事等のコンタクトのご予定があるようでしたら・・・
その際にはなるべく早いめに・一刻も早く
どこの鉄道会社のどこの駅でも良いので(路面電車は流石に除く・・・)
未来時刻換算予測・正確な予定が汲み取れます一番最寄りの公共交通機関・駅へと
お時間には十分余裕をもたれまして避難・退避・駆けつけられますのをお勧め申し上げておきますね
(個人的には市内南北&中央側なら地下鉄・北側なら叡山・東側なら京阪沿線・
西側なら阪急やJR山陰線・南側なら近鉄や京阪やJR奈良線がお勧めです)

 ・・・序でにこれもまた余談なのですが・・・

 うちの知人が京都観光へと来た際に
元々乗車予定列車時刻30分以上前には京都駅へと戻る予定のつもりだったのが
思いの他余りにも酷使の道路渋滞へとはまりまして
到着予定時刻よりも何と1時間30-2時間くらいもの時間も
超延着・遅刻してしまったらしくて
当然予約していた列車へと完全に乗り遅れてしまったそうなんで・・・

 こんな不運もあってか?
その後の予定や計画が全て台無しになってしまったそうなので
なので当時は完全に超激昂揚してましたわ・・・www

 お気持ちは正直痛い程良く分かるのですが・・・
だからといってその怒りの感情論全てを私自身へと全てをぶつけられてもねえ・・・w
 
    (ONKEN21) 確かoさんは京都は地元中の地元でしたね。
地元の方のアドバイスは学さんもありがたいと思います。
学さんは私と同じ市内に住んでいて、しょっちゅう顔を合わせています。
鉄道はほとんど知らないそうです。
よろしくお願いしますね。
 

Re: 「利根川温泉ブログ」を開設

 投稿者:ゴチ  投稿日:2022年 4月30日(土)13時47分53秒
返信・引用
  > No.9637[元記事へ]

ブログに移行することにしたのですね。
私の時のyahooブログと違い引っ越し機能が無いので大変だと思いますが
がんばってください。

ONKEN21@自宅さんへのお返事です。

> 学さんさんへのお返事です。
> 「利根川温泉ブログ」
> https://ameblo.jp/onken21
> 開設しました!
> 2007年2月18日~の利根川温泉掲示板のデータ移行先と8月1日からのレポ投稿先の後継ブログとなります。
> まだ開設のみですが、GW中に2007年2月18日から遡ってコピペします。
> また、8/1のTeacup掲示板閉鎖後はここに温泉分析書等レポを投稿。
>
> > なるほど、ブログなら移行できるが、下記の様に、掲示板は移行できないのですね。
> >
> > --------------------------------------
> > 問い
> > 掲示版の記事を他のサイトに移行したい
> >
> > 答え
> > 誠に恐れ入りますが、掲示板記事のデータ移行する機能は、弊社でも検討をさせて
> > いただきましたが、ご提供は難しいとの判断にいたりました。
> >
> > このようなご案内となり申し訳ございませんが、ご了承いただけますと幸いです。
> > --------------------------------------
> >
> > > だだ星人さんへのお返事です。
> > >
> > > そうですか、ここには「掲示板」と「ブログ」の2種類があるのですね。
> > > そして、「掲示板」の方には移行するツールが無いのですか。残念ですね。
 
    (ONKEN21) このGWは父に何かあるといけませんから、家にいますので、
掲示板からブログへのコピペがたくさんできそうです。
良い機会をいただきました。
さて、その10日間でどこまで今に向かってコピペできるかですね。
私は根気だけはあるんで集中的にやっていきます。
あと残るは海の日連休ですね。
そこで8/1以降の「利根川温泉ブログ」の後日レポに繋がってほしいと願っています。

P.S.3時間やって10日分しかコピペできませんでした。
おまけに文字数制限やNGワードによく引っかかるので全くうまくいきません。
時間が膨大にかかるため中止します。
 

Re: 京都観光はタクシーがお薦め

 投稿者:学さん  投稿日:2022年 4月30日(土)00時04分40秒
返信・引用
  > No.9635[元記事へ]

学さんさんへのお返事です。

PDFファイルを添付したら、表示できなかったので、JPEGにしました。
これは、去年10月にGOTO補助金で京都観光に行った時の資料です。
 
    (ONKEN21) 凄い安くなるものですね~  

京都観光はタクシーがお薦め

 投稿者:学さん  投稿日:2022年 4月29日(金)23時48分58秒
返信・引用
  京都の温泉の話題がでているので、私も京都の情報を。
前回の京都旅行では、gotoを活用して、ツアーではなく自分で宿や行き先を組み立てました。

そして、観光ではタクシーを多用しました。
スマホで予約できる主なタクシー会社は4つあります。

私の居住地では使えませんが、大都市なら使えるので、京都観光に活用しました。
それぞれの会社に「初めて割引」や「利用者割引」があるので、3人のスマホで便利に登録
して、別添資料の様に、本来は16,200円かかる処を2,825円の支払いで済みました。
皆さんも、タクシーを使うときは、便利なスマホ・アプリを使い、お得情報を最大限に利用
してください。
バス停まで歩く事を考えると、バス停から離れている寺でもスマホで便利に呼べますし、駅
や大きな道では呼べませんが、少し離れるとすぐに呼べます。お薦めです。
 
    (ONKEN21) 京都のタクシー、スマホで大幅割引のテクニック情報ありがとうございました。
コロナの行動制限が緩和され、そろそろ色々旅行したい所ですが、こちらはGW初日早朝から父が救急搬送、
数時間で回復し、帰宅となりましたが、
とても宿泊を伴う旅行ができる状況にはありません。
何年後とかいつになるかわかりませんが、落ち着いて、旅行に行ける状況になりましたら、参考にしたいですね。
 

塩壺温泉ホテル

 投稿者:ONKEN21@軽井沢より帰宅  投稿日:2022年 4月29日(金)13時09分18秒
返信・引用 編集済
  > No.8563[元記事へ]

 前日夜、百観音温泉でオンラインオフ会の中継のため、翌日日曜は午前中はゆっくり休み、午後から温泉
として長野県軽井沢町の塩壺温泉ホテルで初めて日帰り入浴しました。途中、煎餅用某ぶくぶく鉱泉に17時頃
行きましたが、30分の間に代わる代わる3組も来て(@_@)手持ちポリタンを半分汲んで撤収です(^^;
料理用に汲まれる方がいるようで、藻を浮遊させてしまい申し訳ない感じですm(__)m

 この後、R18で碓氷バイパスを通り長野県軽井沢町へ。塩壺温泉はR18旧道に出て、中軽井沢から長野原方面へ。
賑わう星野温泉リゾートを横目に少し通り過ぎた所を右折。突き当たりの木立の中に塩壺温泉ホテルが佇んで
おりました。自宅から80km、オール下道で2時間弱。自宅は気温15~21℃位でしたが、標高1021mの軽井沢
は気温11℃と寒いくらいです。桜が今、満開。玄関を入り、日帰り入浴は隣の下足棚からスリッパに履き替える
のを忘れずに…。入浴時間は11:30~21:00と長めで、入口に大きな掲示も出ていて積極的。入浴料は
通常1000円ですが、会社で加入の福利厚生会員で1000→700円に割引。GWと8月は割引不可なので今のうちに…
1000円は軽井沢価格で、お風呂の設備水準はサウナもない、内湯・露天のみだと700円が妥当な感じ。
お風呂はフロントから右手の廊下を進んですぐの階段を左手へ。右手の廊下を奥に行ったら、フロントの人が
やってきて、正しい場所を案内します。左手の廊下の途中に浴室があります。脱衣所は籠式のため、フロント
で預かります。風呂から脱衣所はガラス越しに上部のみ見えます。

 寝湯付内湯と池や小さな滝のあるせせらぎの音心地いい風流な庭園露天風呂。内湯・露天共投入とオーバー
フロー、循環の吸込は確認できず、露天加熱噴出しあり、掛け流し?塩素臭は少しあります。湯口白析出塩味
透明、肌に良い湯。湯口の湯で洗面器に汲んで掛け湯したら、翌朝も肌の感触いいです。軽井沢でも最古の
温泉で源頼朝由来「長命泉」の古湯はさすが良かったです。
 なお、塩壺温泉は星野温泉から引いていることはこのHPで知りましたが、温泉分析書によると
源泉名:塩壺3号と共同井戸の混合泉
湧出地:塩壺3号=長倉2148-48←塩壺温泉ホテル裏手
https://maps.app.goo.gl/J7RsK4hqu9JJFd5c9
共同井戸=長倉21482-11←星野温泉トンボの湯前
https://maps.app.goo.gl/tj9meDvKzbhVMkLW7
頼朝以来から3代目となる自家源泉と星野温泉の混合みたいですね。

 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析) (中No.26-18号)
1.申請者
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
氏名:株式会社 塩壺温泉 代表取締役 星野
2.源泉名及び湧出地
源泉名:塩壺3号と共同井戸の混合泉
湧出地:塩壺3号:軽井沢町長倉2148-48,共同井戸:長倉21482-11
採水地点:施設内混合貯湯槽にて採水
3.湧出地における調査及び試験成績
(1)調査及び試験者:一般社団法人 長野県薬剤師会 検査課 係長 N.K.
(2)調査及び試験年月日:平成26年6月23日
(3)泉温:41.5℃(調査時における気温21℃)
(4)湧出量:(未測定、混合泉のため)
(5)知覚的試験:ほとんど無色澄明、極わずかに塩味を有す。
(6)水素イオン濃度:pH7.5
4.試験室における試験成績
(1)試験者:3.(1)と同じ
(2)分析終了年月日:平成26年8月11日
(3)知覚的試験:3.(5)と同じ
(4)密度:1.0011(20.0℃)0.9993(20℃/4℃)
(5)水素イオン濃度:pH7.47
(6)蒸発残留物:1080mg/kg(乾燥温度180℃)
5.本水1キログラム中に含有する成分
(1)陽イオン成分
Li=0.2 Na=276.7 K=21.4 アンモニウム=0.6 Mg=37.1 Ca=37.8 Sr=0.3 Ba=0.05 Al=0.01 Mn=0.05 鉄2=0.05 陽計=374.3
(2)陰イオン成分
F=0.3 Cl=182.5 Br=0.5 I=0.2 硫酸=160.6 リン酸水素=0.2 炭酸水素=553.2 陰計=897.5
(3)非解離成分
メタけい酸=137.4 メタほう酸=11.0 非解離成分計=148.4 溶存物質(ガス性のものを除く)=1420
(4)溶存ガス成分
遊離CO2=35.5 H2S=0.01 溶存ガス計=35.5 成分総計=1456
(5)その他の微量成分
Hg・Cd・As・Pb・Cr:不検出
6.泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性中性温泉)
平成26年8月12日 一般社団法人 長野県薬剤師会 会長

> 本日は長野県軽井沢町に新しい温泉を発見、入っりました。
> 途中、安中の某鉱泉水を今年初めて汲みます。
> すると、一昨年11月付の源泉標識が立っていて温泉名は磯部温泉、源泉名はM鉱泉S切りS源泉という名称が判明しました。
> > 安中の某鉱泉水を今年初めて伺ったら、回りの草がきれいに刈られ、手入れされている様子。
>
> この後、R18碓氷バイパスで37km50分で軽井沢へ。
> 手前に昨年7/20にオープン半年後の日帰り温泉の「八風温泉」があります。

http://www.siotubo.co.jp/

 

Re: JR関西本線(大和路線)の駅の存在地

 投稿者:  投稿日:2022年 4月26日(火)22時13分51秒
返信・引用
  > No.9432[元記事へ]

 おそらくこの掲示板上ではこれが一番最後のご挨拶文へとなるでしょうね

 ・・・もしかしたら誤解されておられるおかたもいらっしゃるのかも知れませんが・・・
実は私自身が今現在居住しております地域は
関西近畿地方ではなくて中部東海中京地方なのでありますよ

 関西近畿地方には確かに近年まで関西本線ローカル区内にて居住しておりましたが
今現在ではあくまでも一番近隣の行き着け余暇先の一つなだけですよ/

 なので今後どちらかといえばこちらの地方・方面の書き込みが
主へと切り替わるかも知れません(証拠添付画像貼り)

 またそう遠くない将来にはここからまた引越すことが確定しております

 それとこちらの掲示板はもう間もなく最後ということですので
最後に京都旅行記(京アニ&響け!ユーフォニアムの聖地:宇治)の写真でも
貼って宜しいでしょうかね?
 
    (ONKEN21) 7月いっぱいでお別れです。
管理人は関西方面は身近でないので、素っ気ないかも詞れませんが、
それでいいのならどうぞご自由に…
 

Re: JR関西本線の車両ですよ

 投稿者:  投稿日:2022年 4月26日(火)22時07分27秒
返信・引用
  > No.9631[元記事へ]

 これは非電化区間走行列車の貴重なW写真です
(外内共に・これは同じ走行区間の列車内でありましも若干異なるレイアウトですねw)
 
    (ONKEN21) 投稿ありがとうございました。
 

Re: JR関西本線の車両ですよ

 投稿者:  投稿日:2022年 4月26日(火)22時04分38秒
返信・引用
  > No.9432[元記事へ]

 文字にて何かや誰かを具体的にあーだこーだと書きますのは勿論完全に控えますが
(昨年末関連のことなので・・・)
ただその当時のJR加茂駅関連や関西本線の車両の画像とかを
プレゼンテーションとしまして画像添付するだけでありましたら
一応それだけなら何とか許容範囲・はんちゅうとしまして受け止められます・
容認・黙認できますよね??

 多分・・・

 とりあえず外観と運賃箱
 
    (ONKEN21) 了解しました。
関東の人にとってはあの辺を乗り鉄したのが懐かしいです。
 

Re: JR西日本版の在来線クロスシート車

 投稿者:  投稿日:2022年 4月26日(火)21時57分33秒
返信・引用
  > No.9423[元記事へ]

 すっかりと大変遅くなっしまって申しわけなかったのですが・・・
お待たせしました
これがJR西日本版の在来線クロスシート車・車内画像ですよ
 
    (ONKEN21) 投稿ありがとうございました。  

秩父の話題

 投稿者:  投稿日:2022年 4月25日(月)05時23分26秒
返信・引用 編集済
   本日4月25日(月)PM7:00~
からのいつもの番組内でまた秩父が取り上げられるそうですので
告知だけ書き残しておきますね

https://www.tv-asahi.co.jp/kaeremonday/
 
    (ONKEN21) お知らせありがとうございます。
残業で見れなかったのでTVerで後で見てみましょう。
帰れマンデー見っけ隊!!
https://tver.jp/lp/episodes/epmgnnpcqb
 

百観音温泉と某掘削櫓

 投稿者:ONKEN21@久喜より帰宅  投稿日:2022年 4月24日(日)07時57分33秒
返信・引用 編集済
  > No.5879[元記事へ]

だまにわさん、onsentabiさん、mookさん、ゴローさんへのお返事です。

 昨晩は埼北温泉愛好会のオンンラインオフ会で久喜市の東鷲宮百観音温泉に8年ぶりに行きました。
 その前に埼玉中央部の某パチンコ屋跡の駐車場内の掘削櫓を下見。昨日17:30現在お休みで、掘削櫓の扉も
閉じていました。近くには沼もあり、いいロケなのですが、敷地と沼の間には道路があり、1階なら壁に
覆われるかも?2階ならマジックミラーで展望風呂可能?敷地内は立入禁止。掘削パイプがゴロゴロしています。
夕日と掘削櫓、格好いい。パチンコ屋廃屋には「スーパー銭湯建設予定地、令和3年着工予定」とあり、
コロナで掘削までに1年は遅れているようです。そのスーパー銭湯業者は私は知ってますが、非加熱掛け流し
の湯使いで大変期待が高いです。

 久喜市内で夕食後、百観音温泉へ。所JAPAN(Tver)の放送のせいか、建物の前の駐車場は満車、第2駐車場
も半分以上うまっていました。オンラインに20分ほど遅刻(^^;温泉スタンドはカーポートのみありましたが、
温泉スタンドの残骸は撤去され、施設の車が置いてありました。入館料は休日850円、平日800円。
貸切風呂は3/1より3時間4200→5400円に料金改定。2階はリクライニングシートが並び、新しくなりましたね。

 オンラインオフ会終了後21~23時、休憩を挟んで2度入浴。男湯は左の阿弥陀の湯、女湯は菩薩の湯。
平成30年の分析書GeT、4800→490Lまで減ってますが、自噴のまま未だ多いですね。浴室に入った瞬間
アブラ臭、塩味。高濃度炭酸泉と新露天風呂の寝ころび湯が変わったか。寝湯と貸切風呂がヘアキャッチャー
なし、源泉の塩素消毒なし完全掛け流し。ジャグジーが邪魔ですが、ボタンを押さない限りは静かで寝湯の間
から3本中1本のみ投入されています。46℃の立ち湯は20~30秒ずつ5度入りました。所JAPANは大袈裟?
熱さよりも日焼した肌が痛い。日中は29℃、昨晩は23℃の暑い日でしたが、立湯と内湯の43℃熱い湯以外は
熱交換でぬるめで逆上せることなく楽しめました。

> No.6079[元記事へ]
最新の平成30年の温泉分析書と湯使いは以下の通りです。浴室入口横に小さく掲示されていました。
()は平成20年、<>は平成10年

温泉分析書(鉱泉分析指針による分析成績) 甲第3677(3332)号
1.分析申請者
住所:埼玉県久喜市西大輪2丁目 氏名:個人M.S.
2.源泉名及び湧出地
源泉名:百観音温泉
湧出地:久喜市西大輪2丁目19番地2(百観音温泉:西大輪2丁目19番地1)
3.湧出地における調査及び試験成績
(イ)調査及び試験者:公益財団法人 中央温泉研究所 H.T.
(ロ)調査及び試験年月日:平成30年3月26日(平成20年1月7日)<平成10年10月14日>
(ハ)泉温:54.4(57.0)<57.3>℃(調査時に於ける気温24(7)<20>℃)
(ニ)湧出量:490(1000)<2250>L/min(掘削・自噴)
(ホ)知覚的試験:無色澄明鹹味僅微鉱物油臭、ガス発泡、ガス発生あり(同左)
<無色澄明強鹹味、殆ど無臭、ガス発泡有り>
(ヘ)pH値:7.5(7.9)<7.55>
4.試験室における試験成績
(イ)試験者:財団法人 中央温泉研究所 H.T. H.N.
(ロ)分析終了年月日:平成30年4月17日(平成20年2月1日)<平成10年10月14日>
(ハ)知覚的試験:僅微黄色僅微濁鹹味殆ど無臭(試料採取8時間後)
(黄褐色澄明鹹味、僅微鉱物油臭)<黄褐色混濁有り、強鹹味、殆ど無臭>
(ニ)密度:1.011(1.012)<1.0112>g/cm3(20℃/4℃)
(ホ)pH値:7.70(7.64)<7.67>
(ヘ)蒸発残留物:18.45(19.13)<20.00>g/kg(180℃)<110℃>
5.試料1kg中の成分
Na=6414(6560)<6412.0> K=46.2(4.0)<53.7> アンモニウム=22.6(18.0) Mg=49.1(50.2)<50.8>
Ca=436.1(431.6)<439.3> (Al=0.2) Mn=0.1(0.2)<0.2> 鉄2=0.6(1.0)<0.8> 陽計=6969(7065)<6957.0>
F=0.6(0.5)<0.6> Cl=10910(11050)<11040.0> Br=42.9(52.9)<46.5> I=15.7(10.2)<5.7>
硫酸=3.7(2.3)<1.2> 硝酸=0.6 炭酸水素=125.1(119.0)<114.7> 炭酸=(0.3)<0.3> 陰計=11100(11240)<11210>
メタけい酸=39.0(26.3)<26.3> メタほう酸=160.9(177.2)<128.5> 非解離計=199.9(203.5)<154.8>
溶存物質計=18.27(18.50)<18.32>g
遊離CO2=15.8(7.5)<2.6> 成分総計=18.28(18.51)<18.32>g/kg
Hg・Cu・Pb・As・Zn・Cd=非検出
6.泉質:含よう素-ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)
平成30年4月18日 公益財団法人 中央温泉研究所 理事長 H.N.

浴槽のご案内
寝湯:
源泉100%かけ流し/ヘアキャッチャーなし/濾過機なし/加温なし/定期塩素殺菌洗浄/浴槽水毎日完全入替/
毎日、高圧洗浄、デッキ手洗い、消毒、毎月完全清掃
(内湯)ジェット浴・熱め浴槽・(内露天)立ち湯熱浴槽・半身浴・(外露天)阿弥陀石風呂・菩薩岩風呂・寝ころび湯:
源泉100%かけ流し/ヘアキャッチャーあり/濾過機なし/加温なし/保健所指導に基づく塩素殺菌/
浴槽水毎日完全入替/毎日、高圧洗浄、デッキ手洗い、消毒、毎月完全清掃
炭酸泉:炭酸圧注・源泉追加かけ流し/ヘアキャッチャーあり/濾過機あり/加温あり/
保健所指導に基づく塩素殺菌/浴槽水毎日完全入替/毎日、高圧洗浄、デッキ手洗い、消毒、毎月完全清掃
2階個室(櫻、百合、梅、鈴蘭、桔梗):
源泉100%かけ流し/ヘアキャッチャーなし/濾過機なし/加温なし/定期塩素殺菌洗浄/浴槽水毎回完全入替/
毎回手洗い清掃

> 佐野から栃木市藤岡町、加須市北川辺町経由で30km1時間ほどで久喜市の東鷲宮百観音温泉にやってきました。
> こちらも道路や駐車場も乾き、地面が見えるほど雪が溶けており、雪国の様相の埼北とはえらい違い。
> まずは2012年3月まで利用されていた温泉スタンド跡地を偵察。
> スタンド前の空き地には「百観音温泉事務所」の仮設コンテナを設置、源泉施設の管理事務所になったのでしょうか?
> 事務所の裏では張り紙そのままに温泉スタンドが生きていましたが、業務用か非稼働かはわからず。
> いずれにしても事務所が設置され車を止めるスペースがありませんから、復活は二度となさそうです。
> 本当はここで汲めれば佐野まで遠回りする必要がなかったのになあ…。
>
> 4年ぶりの日帰り温泉施設は毎日3時間700円、埼玉では珍しく休日割増がないのがいいですね。
> 3月3日(月)~4月25日改装工事休業後、4月26日(土)リニューアルの掲示があったので、受付で内容をお尋ねすると…。
> 1階にレストラン、2階がゴロ寝スペースにするとか…お風呂はあまり変わらないそうです。
> 確かに休憩スペースや食事が貧弱なイメージがありましたね。
> 本日は4年前と同じ左、阿弥陀の湯(洋風)でした。

> 脱衣場に入った瞬間、アブラの香りが鼻を突きます。
> 黄緑色を帯びた茶褐色の濁り湯も昔より薄くなったかもですが、
> 群馬の招美の湯や前橋ゆ~ゆや高崎湯都里よりは濃い濁り・塩味・香りです。
> 内湯は循環あり、左側露天は40℃のぬる湯、打たせ湯は強烈、立ち湯はヒリヒリする熱さ、
> 新型露天は湯が溢れ、投入源泉は湧出地に一番近くてすばらしいです。
> やはり埼玉の横綱は五つ星オール5満点の百観音で変わらずですね。
> 肌スベスベ、雪かきの筋肉痛もここの強烈な湯が効きそうです。
> あともうひとっ風呂入りましょう。
>
> > 今日は芋を洗うような混雑でした。
> > 今の時期の百観音は熱くて気持ちいいです。
> > 今回は珍しく阿弥陀(洋風)でした。

http://100kannon.com/

 

フライ焼きそば穂(みのる)

 投稿者:ONKEN21@大里より帰宅  投稿日:2022年 4月23日(土)11時55分29秒
返信・引用 編集済
  > No.8745[元記事へ]

> 本日は熊谷市旧大里町の「武蔵野うどん粉麦」に1年ぶりに行ってきました。
大里と言うと穂のすぐそばの古民家の粉麦のうどんによく行きましたが、近年、農産物直売所に移転した後、
粉麦は佐谷田のR125旧道沿いに移転、農産物直売所内の農村レストランは当面の間休業中。

熊谷市大里で仕事中、穂(みのる)と言うフライ・やきそば・うどん店を発見。粉麦が移転、農村レストラン
が休業中で、熊谷市大里支所近くで唯一の飲食店として賑わっています。
やきそば430円+大220円と塩味の竹炭フライ380円を注文。(画像上上)
黒いフライは初、モチモチ、ネギ入りで見た目とは違い旨い
やきそばも大なら盛り沢山、残業頑張ろう!
ほうれん草お浸し、麦茶・ほうじ茶サービス。

1日おきの穂。
玉子フライ430円とかき玉うどん540円。(画像上中)
玉子フライは竹炭同様モチモチ、ソース味ですね。
かき玉うどんもドロドロつゆ、とても旨い

1週間ぶり3度目の穂。
きつねうどん冷590円、ねぎフライ380円。(画像上下)
うどんはきつねは2切、ワカメ入り。
もちもちのねぎフライはソース味、
竹炭フライ同様にねぎが入ってました。
 

那須野ヶ原温泉那須野ヶ原ベルビューホテル

 投稿者:ONKEN21@那須より帰宅  投稿日:2022年 4月23日(土)10時25分57秒
返信・引用 編集済
  > No.9538[元記事へ]

デミオさんへのお返事です。

>  昨日は栃木県高根沢町の東雲ゴルフクラブの東雲の湯に日帰り入浴リベンジに行ってきました。

 栃木には自家源泉掛け流しで日帰り入浴可のゴルフ場が沢山ありそうと探していたら、大田原市の
那須野ヶ原カントリークラブ内の那須野ヶ原ベルビューホテルが那須野ヶ原温泉掛け流しで日帰り入浴も
14~20時の間できるということでこの前の日曜に初めて行ってみることにしました。1月に見つけてから
行くまでに3ヶ月もかかってしまいましたが…(^^;

 R293佐野・鹿沼経由でさくら市氏家へ。正嗣氏家店で焼餃子2人前500円と冷凍餃子3人前660円をテイクアウト。
コロナ対策で店内飲食はやっておらず、購入単位も焼2、冷凍3人前~となっています。焼餃子は車内で食べ
ましたが、さすが正嗣、辛めですが、大変美味しかったです。

 引き続きR293を喜連川経由那珂川町小川へ。県道を北上し、大田原市の黒羽温泉五峰の湯温泉スタンドで
約1年ぶり> No.9359[元記事へ]に汲みます。今は温泉スタンド背後の桜や通り沿いの桃の花がきれいです。
16:30で1台15分待、10円で10Lのところ、20Lは出ますね。pH9.9が効いているのか、肌がヌルっとする
美肌の湯でした。

 黒羽温泉から8km、自宅から140km3時間強の那須野ヶ原カントリークラブへ。丘の上にベルビューホテル
が聳えていて、駐車場からの那須野ヶ原の丘陵の眺めが大変良いです。敷地内にはロッジもありますが、
日帰り入浴できるホテルへ。日帰り入浴は14~20時600円で営業終了はコロナで21時から1時間繰り上がった
ままです。ロビーの奥を左手に突当りまで進むと浴室があります。

 左手は男湯で「茶臼」、右手は女湯で「朝日」。脱衣籠式で浴室入口にコイン不要の貴重品ロッカーあり。
サウナ、真湯ジェット付の内湯と森に囲まれた岩風呂の露天風呂があります。森に囲まれ、雄大な那須野ヶ原
は望められないので、那須の茶臼岳を望むのは難しいかな?18:30で3人位入ってましたが、19~20時は
私1人で独占です。那須野ヶ原温泉の自家源泉「玉藻の湯」は塩味湯口付近で石油っぽいアブラ臭、湯口脇に
白い析出物を生じ、無色透明でよく温まる湯です。内湯・露天共塩素臭は一切なし、利用状況表も全て該当
なしか、表示なし、投入とオーバーフローのみ循環なしの掛け流しでした。内湯はやや熱めです。東雲温泉と
いい、栃木のゴルフ場の温泉は自家源泉掛け流しで、かつ日帰り入浴にも開放されていて、侮れないなと
思いました。

 温泉分析書は以下の通り浴室入口前にあります。

 温泉分析書      第16062001号
1.申請者:栃木県大田原市南金丸2025番地 氏名:株式会社 那須野ヶ原カントリークラブ
2.源泉名及びゆう出地
大田原温泉(源泉名:那須野ヶ原源泉1号)
湧出地:大田原市南金丸字馬場2015番1(那須野ヶ原ベルビューホテル:南金丸2025)
3.ゆう出地における調査及び試験成績
イ 試験者:分析機関の名称 株式會社 総研 氏名 K.H.
ロ 調査年月日:平成26年5月27日 ハ 試験年月日:同左
ニ 58.1℃(調査時における気温21.0℃)
ホ 56.6L/min(動力揚湯)
ヘ 知覚的試験:無色澄明および強塩味を有する。
ト pH値:7.9(ガラス電極法)
4.試験室における試験成績
イ 試験者:分析機関の名称 株式會社 総研 氏名 A.M.
ロ 分析終了年月日:平成26年6月17日
ハ 知覚的試験:同上(採取48時間後)
ニ 密度:1.0047(20℃/4℃)
ホ pH値:7.79(ガラス電極法)
ヘ 蒸発残留物:11970mg/kg(110℃)
5.試料1kg中の成分
Na=3139.2 K=21.8 Ca=645.7 Mg=1.3 Mn=0.1 鉄2=0.1 陽計=3808.2
F=4.6 Cl=5013.5 HS=0.1 硫酸=1122.2 炭酸水素=27.5 Br=20.6 陰計=6188.5
メタケイ酸=35.1 メタほう酸=45.6 非解離計=80.7 溶存物質・成分総計=10.077g/kg
As=0.12 Cu・Pb・Hg=検出せず
6.泉質:ナトリウム-塩化物温泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
平成26年6月20日 株式會社 総研 代表取締役

http://www.nasu-bell.jp/

 

Re: この掲示板の継続は

 投稿者:学さん  投稿日:2022年 4月22日(金)23時18分43秒
返信・引用
  > No.9624[元記事へ]

なるほど、ブログなら移行できるが、下記の様に、掲示板は移行できないのですね。

--------------------------------------
問い
掲示版の記事を他のサイトに移行したい

答え
誠に恐れ入りますが、掲示板記事のデータ移行する機能は、弊社でも検討をさせて
いただきましたが、ご提供は難しいとの判断にいたりました。

このようなご案内となり申し訳ございませんが、ご了承いただけますと幸いです。
--------------------------------------

> だだ星人さんへのお返事です。
>
> そうですか、ここには「掲示板」と「ブログ」の2種類があるのですね。
> そして、「掲示板」の方には移行するツールが無いのですか。残念ですね。
>
 
    (ONKEN21) 私はわかっていましたが、再確認ありがとうございます。
あとはブログに過去データをコピペして公開できる気力や時間が私にあるか、それだけです。
今のところ、母のお亡くなりや父の近い将来の介護、業務が多忙化しており、難しいと考えております。
もし、この掲示板のデータを保存したいという方がおりましたら、私は宛になりませんので、
7月末までに各自が必要部分のコピーをお願いします。
この掲示板はみんなが楽しむのが一番という郷土の偉人、渋沢栄一翁の考えもあり、著作権は一切主張致しません。
 

Re: この掲示板の継続は

 投稿者:学さん  投稿日:2022年 4月22日(金)23時13分30秒
返信・引用
  > No.9622[元記事へ]

だだ星人さんへのお返事です。

そうですか、ここには「掲示板」と「ブログ」の2種類があるのですね。
そして、「掲示板」の方には移行するツールが無いのですか。残念ですね。

> 学さんさんへのお返事です。
>
> 学さん、「おすすめお引越し先:goo blog(goo ブログ) goo blogならインポートツールを使って簡単にお引越しができます。」とは、
> teacupのブログのエクスポート機能を利用してデータを出力して、
> そのデータをgoo blogのインポートツールを使って移行してやればお引越しができると言うことです。
> でも、ここはブログではなくて掲示板ですので、その機能は使えないと思います。
>
> > ONKEN21さん、「おすすめお引越し先:goo blog(goo ブログ) goo blogならインポートツールを使って簡単にお引越しができます。」と書いてあります。
> > 「お引越しできるデータは、記事のタイトル・本文・画像・コメント」などが可能なら、何とか継続できるのでは?
> > 私には。まだ理解できない内容ですが、だだ星人さんの知恵を借りれば、何とかなるのでは?
> >
 
    (ONKEN21) 私も残念に思いますが、最近温泉以外の方により荒れたこともあり、
この掲示板の管理が非常に負担に感じていたので、やめる良いきっかけにはなったと思います。
7月いっぱいの最後まで精一杯やりますが、その後は存続させる意思はありません。
 

武甲山登山

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月22日(金)19時23分43秒
返信・引用
  こんばんは

羊山公園は、芝桜シーズン。駐車場に芝桜園が有料になっています。
今日は無料で芝桜を見られる武甲山、1年ぶりに登りました。
帰宅時には、体重は66㎏まで下がりましたが、期待した減量には
なりませんでした。
雨上がり、山頂近くは泥濘(ぬかるみ)で下りは注意しながらも
滑りました。尻もちの回避も手は汚れました。

芝桜は、以前に比較すると、良くなくなっています。
最近は、芝桜の見られる所が増えていますが、他所の芝桜の方が
上を行っている感じです。その一つが山梨に北海道。
迫力が有りそうですが、アクセスに多い時間と費用が掛かりそうで
出掛けるのは難しい感じです。

武甲山1304m山頂の温度計は登頂の時は18度が数分後には
22度まで上がりました。
武甲山の登山口にトイレが新設されていました。
 
    (ONKEN21) 武甲山登山口情報ありがとうございます。
昨年7月頃、仕事で行ったので懐かしい感じです。
トイレの新築については埼玉新聞でも目にしました。
武甲山もいつか登ってみたいものです。
 

Re: この掲示板の継続は

 投稿者:だだ星人  投稿日:2022年 4月22日(金)13時34分44秒
返信・引用
  > No.9621[元記事へ]

学さんさんへのお返事です。

学さん、「おすすめお引越し先:goo blog(goo ブログ) goo blogならインポートツールを使って簡単にお引越しができます。」とは、
teacupのブログのエクスポート機能を利用してデータを出力して、
そのデータをgoo blogのインポートツールを使って移行してやればお引越しができると言うことです。
でも、ここはブログではなくて掲示板ですので、その機能は使えないと思います。

> ONKEN21さん、「おすすめお引越し先:goo blog(goo ブログ) goo blogならインポートツールを使って簡単にお引越しができます。」と書いてあります。
> 「お引越しできるデータは、記事のタイトル・本文・画像・コメント」などが可能なら、何とか継続できるのでは?
> 私には。まだ理解できない内容ですが、だだ星人さんの知恵を借りれば、何とかなるのでは?
>
 
    (ONKEN21) 私もそのように理解しています。
ブログで公開するとしたら、全てコピペでの対応を考えています。
 

この掲示板の継続は

 投稿者:学さん  投稿日:2022年 4月19日(火)23時29分57秒
返信・引用
  ONKEN21さん、「おすすめお引越し先:goo blog(goo ブログ) goo blogならインポートツールを使って簡単にお引越しができます。」と書いてあります。
「お引越しできるデータは、記事のタイトル・本文・画像・コメント」などが可能なら、何とか継続できるのでは?
私には。まだ理解できない内容ですが、だだ星人さんの知恵を借りれば、何とかなるのでは?
 
    (ONKEN21) 存続を願った書き込み、アドバイスありがとうございます。
AutoPageというTeacupのブログの話で私はそのブログは開設しておりませんし、
レンタル掲示板ではできないと理解しています。
 

ミューズパーク展望台から

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月16日(土)20時47分36秒
返信・引用
  こんばんは 今日はミューズパークを約9km歩きました。

今回の台風は、雨の間接的な影響だけ、通過も無く秋でもありませんが
台風一過のような秋晴れの感じ、雲は有りましたが青空が澄んでいました。
今日は展望台を周りました。
展望台からは、滅多に見られない澄んだ風景が見られました。
武甲山の山頂も、ここまでクッキリは初めてくらいかなと思いました。
ウイニクスの一角に建設中の入浴施設をアップで撮ってみました。
 
    (ONKEN21) いつものミューズパーク情報ありがとうございます。
武甲山きれいですね。
ミューズパークと言えば、本日、長尾根バイパス事業化の話を目にしました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/13f5b268f93c77c6ec7a2c1fd7855dae62c9387a
くねっと曲がって秩父公園橋をめざすとか、ミューズパークの下に長尾根トンネルを通すのですね。
当初は柴原鉱泉の近くを通って三峰口駅付近の大滝トンネルまで一直線に結ぶコースだったようですが。
しかし、秩父市街地の人や東部の人にとっては遠回りで時間短縮の少ない、何のメリットのないバイパスかと思われ、交通量も本当に少ないですね。
難工事となりそうな長尾根トンネルを掘って、苦肉の策という感じですね。
ウニクスの隣ではルートイン秩父第2の1階部分くらいまでできているのですね。
日帰り入浴不可で宿泊者専用の人工温泉の風呂は設置されるかと思いますが、祭の湯から近いこともあり、入浴専門施設にはならないかと思われます。
 

七味温泉紅葉館

 投稿者:ONKEN21@長野より帰宅  投稿日:2022年 4月16日(土)12時20分1秒
返信・引用 編集済
  > No.9546[元記事へ]

> 七味温泉のような白濁硫黄系に入りたくなりました。この日は用事でお昼過ぎに出発、七味温泉は断念、

 この前の日曜は長野県高山村の七味温泉紅葉館にこまち信州の日帰り温泉のクーポンで4/1より600円値上
→500円にて日帰り入浴。高崎・倉渕・川原湯・嬬恋・鳥居峠・菅平・須坂経由150km4時間弱。雪は菅平や
七味などに道端にありますが、気温22℃の暖かい日、道路上はもちろんありません。七味温泉は牧泉館以来
30年ぶり。七味温泉は牧泉館は廃業、山王荘が日帰り入浴専門となり、恵山亭は休業中で屋根は雪で崩壊、
紅葉館のおばあちゃんの湯野天風呂は雪で壁が壊れ、休業中で空。七味温泉で唯一泊まれるのが一番手前の
紅葉館となっています。

 紅葉館はこの日は入口の日帰り入浴案内表示は本来15時退出が16時退出に延長で14:15~からゆっくり。
内湯と露天風呂有。洞窟風呂は女湯にあるのですね。内湯は乳水色、露天はエメラルドグリーン色と炭色の湯。
源泉は内湯と露天大浴槽が新七味温泉65℃投入とオーバーフローのみの完全掛け流し。硫黄臭が鼻を突き、
浴後肌スベスベ、翌日も肌から硫黄の香りがします。露天の炭色の湯は黒い湯花が浮遊する黒い湯、湯花は
燕温泉黄金の湯、色は奥塩原元湯温泉大出館を連想しました。露天の炭色の湯はおばあちゃんの湯野天風呂
同様に新七味温泉65℃と牧新七味温泉39.5℃を混合、牧新七味温泉が大量投入、新七味は絞っているので、
ヒヤッと水風呂で交互浴が気温22℃の初夏の暑い日に最高!那須鹿の湯以来2ヶ月ぶりの乳白色の湯を満喫
しました。

 新七味温泉の平成29年温泉分析書は以下の通り。()はおばあちゃんの湯野天風呂掲示、新七味温泉と
牧新七味温泉混合の平成17年データ。炭色の湯の主力の牧新七味温泉は紅葉館敷地内の自家源泉、新七味温泉
は組合の山王荘との共同源泉か。紅葉館内湯と露天大浴槽は組合源泉のみ、おばあちゃんの湯は組合源泉に
少しの自家を混ぜたものかも知れません。

 温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析)
1.申請者
住所:長野県高井郡高山村大字牧 新七味温泉組合
氏名:代表(山王荘、紅葉館)
2.源泉名及び湧出地:
源泉名:新七味温泉(牧新七味温泉・新七味源泉の混合泉) 所有者:新七味温泉組合
湧出地:高山村大字奥山田字山田入3681-369(野天風呂(女湯湯口)における分析)
(牧新七味源泉:高山村大字牧字奥日影3974-41)(紅葉館:高山村大字牧2974-45)
3.湧出地における調査及び試験成績
(イ)調査及び試験者:環境未来株式会社 総合検査センター 調査課 M.Y.
(ロ)調査及び試験年月日:平成29年8月8日
(ハ)泉温:65.4(50.6)℃(気温28.3(10)℃)
(ニ)湧出量:-L/min(自然湧出)
(ホ)知覚的試験:強硫化水素臭、硫黄味を有す。時間の経過により白濁する。
(ヘ)水素イオン濃度:pH6.6
4.試験室における試験成績
(イ)試験者:3.(イ)H.H.
(ロ)分析終了年月日:平成29年9月6日
(ハ)知覚的試験:3.(ホ)と同じ(4時間後)
(ニ)密度:0.9996(20℃/4℃)
(ホ)水素イオン濃度:pH:6.88(6.46)
(ヘ)蒸発残留物:1.421(1090)g/kg(乾燥温度 180℃)
5.試料1Kg中に含有する成分(mg)
Na=87.8(71.1) K=18.8(8.3) Mg=16.7(14.5) Ca=281.1(192.0) Sr=0.9 Mn=1.6(1.1) (鉄2=0.1) 陽計=406.9(287.1)
F=0.6(0.9) Cl=83.4(78.8) HS=17.1(3.4) 硫酸=656.4(487.0) 炭酸水素=186.1(64.1) 陰計=943.6(634.2)
メタけい酸=71.6(76.6) メタほう酸=49.9(36.2) メタ亜ヒ酸=0.4(0.8) 非解離計=121.9(113.6) 溶存物質計=1.472(1.0349)g/kg
遊離CO2=91.7(48.9) 遊離H2S=52.3(15.5) 溶存ガス計=144.0(64.4) 成分総計=1.617(1.0993)g/kg
その他微量成分:Hg・Pb・Cd・Cr=検出せず As=0.252
6泉質:含硫黄-カルシウム-硫酸塩温泉(含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉)〔硫化水素型〕(低張性中性高温泉)
温泉分析年月日:平成29年9月6日(平成17年12月14日) 登録分析機関:環境未来株式会社

※紅葉館炭湯は新七味温泉と牧新七味温泉の混合泉は平成29年12月10日環境未来(株)分析にて
単純硫黄温泉〔硫化水素型〕(低張性中性温泉)39.5℃
※全浴槽加水・加温、循環、入浴剤・消毒該当なし。

http://shitimi-kouyoukan.com/

 

ミューズパーク

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月13日(水)17時57分40秒
返信・引用
  こんにちは

昨日は内視鏡検査がありました。3日間の食事制限。
検査当日の下剤服用は2リットル、お茶2本1L越え、合わせて3L越え。
辛い検査が何とか終了。検査結果は19日の通院時にわかると思いますが、
特に問題は見つからなかったようで、5年間の経過観察は終了と思います。
これからは知らない内に再発に注意が必要と思いますが覚悟はしています。

帰宅後の体重は66.2㎏まで下がっていました。出す物を出してしまった結果、
食後は67.4㎏に戻ってしまいました。今朝は67.6㎏。
今日は、お昼前ミューズパークに出かけ約8.5㎞歩いてきました。
結果は、66㎏まで下がっていました。減量は食べる以上に運動、
動ける季節に、減量したいと考えています。

1枚目の画像は季節外れの紅葉!?
2枚目はツツジが満開に近い状況。季節が5月の感じです。が
3枚目は水仙(スイセン)が、ほぼ全開。先に開花したスイセンは
   萎れ始めていました。短命の桜より短命の感じがしました。
   その為の開花調整をしているのかなと感じました。
 
    (ONKEN21) こんばんは。
そう言えばksさんは癌で悩まされた時期がありました。
私の両親も20年くらい昔、父は胃癌、母は乳癌で手術をしたことがあり、
両親とも再発することなく、父は80前の今も元気です。
母も昨年までは父以上に元気でした。
Ksさんもよく歩かれてますし、きっと大丈夫でしょう。
ミューズパークを歩かれたのですね。
花々の移り変わりなど季節の情報ありがとうございます。
 

聖地公園(整地公園)

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月10日(日)20時22分40秒
返信・引用
  こんばんは

今日は桜の散り始めた聖地公園を歩きました。
聖地公園から札所3番の裏山を歩きました。
今日も未知の道。通り抜けられるのか不明。
家から見て西に見える高圧線の鉄塔の所に出て、
そこを下ると、札所3番の先に出てきました。
札所3番の前を通り、3番峠を登り聖地公園に戻りましたが、
歩いた距離は4kmにも至りませんでした。
短い距離でも、起伏は有るので、実際には4kmは越えているかなと思います。
また、グーグルマップでは歩いた道がわかりません。
運動量は4kmを遥かに超えた感じでした。

2枚目の画像は散り始めた聖地公園の桜と山頂の桜が見頃の美の山とのコラボです。
聖地公園と美の山は直線距離で約4km有ります。
 
    (ONKEN21) 聖地公園と言うと農園ホテルの裏でしょうか。
旧秩父駅舎があり、横瀬へも車で下りていけますね。
昨年夏、仕事で通ったので懐かしいです。
美の山が見えるのですね。
 

天然温泉ゆらぶ桐生店、4月1日オープン

 投稿者:ONKEN21@桐生より帰宅  投稿日:2022年 4月 9日(土)23時45分16秒
返信・引用 編集済
  > No.8731[元記事へ]

 群馬県桐生市の天然温泉ゆらぶ桐生店が4/1(金)にオープン。元桐生温泉湯らら、桐生さらさの湯。
湯ららとしては2002/12/18~2019/5/31の営業、桐生さらさとしては2019/11/23> No.8902[元記事へ]
~2020/4/17> No.9038[元記事へ]、2年ぶりの営業再開となります。桐生さらさの経営者の群桐ホール
ディングスは現在、太田市藪塚の百石温泉月見の湯の足湯と温泉スタンドを営業しています。ゆらぶは太田市
の湯楽部、旧太田コロナの湯のパチンコNexusグループに続く温泉施設2号店となります。

 ゆらぶ桐生店オープン9日目に行ってみました。桐生温泉としては湯らら閉店直前以来3年ぶり。
> No.8731[元記事へ]自宅からは藪塚温泉経由25km45分。看板は一新しましたが、露天風呂のガラスの壁は
昔のまま。桐生さらさ時代の入口の石は置きっぱなしになっていました。ゆらぶ敷地内で昔からやってる
東京Sカットで1200円カットもしました。入浴料は休日820円、平日670円、子供320円の先払いで、
下足キーと脱衣所用改札機のキーを交換。朝5時から23時までやってます。館内は利久や湯都里のような
フィットネスのスポレッシュが入り一変。食堂や休憩所もレイアウトも変わりました。
 自動改札を通り脱衣所へ。ロッカーは鍵付きで自由に選べます。内湯は湯楽の里伊勢崎店のような
サンゴライト化粧水風呂、電気風呂、温泉大浴槽、湯らら時代からあるナノ炭酸泉、高温サウナ・水風呂。
サンゴライト以外は湯ららと変わっていません。露天風呂は温泉岩風呂、寝ころび湯、ゆらぶになってから
設置したロウリュサウナ・水風呂。ロウリュサウナは自分で柄杓の水を2杯までかけるもので、セルフ式は
今まででも初めてでした。温泉はろ過で気持ち黄色い無味無臭で、30℃の非加熱投入が内湯温泉浴槽と
露天岩風呂であり。手桶に汲んで頭から掛けて出ました。すぐに温まり、肌触りもスベスベ快適でした。
非加熱投入はいいですが、ろ過しない非加熱壺湯でも設置して、もう少し温泉に特徴があるといいなあと思います。
ゆらぶになってから、湯楽部太田店と似た内装となり、従業員は明るいですが、多めな感じです。
フィットネスに力を入れている感じでした。お客は土曜夕方でも十人位ですいてますね。

 脱衣所入口の温泉分析書が以下の通り令和3年に更新されていました。
()内は平成22年10月8日付、<>内は平成13年3月16日付データ

 温泉分析書(鉱泉分析法指針による分析成績)
1.依頼者:群馬県太田市大原町 株式会社 群桐ホールディングス 取締役社長
(桐生市広沢町6丁目320-1)<申請者:勢多郡新里村高泉531番2号 三共観光開発株式会社 代表取締役>
2.温泉名・源泉名:桐生温泉(源泉名:桐生温泉湯らら<広沢の湯>)
 及びゆう出地:桐生市広沢町6丁目字庚塚320番地-1湧出(ゆらぶ桐生店:6丁目320-1)
3.湧出地(採水地)<湧出地>における調査及び試験成績
(1)調査および試験者:一般社団法人 群馬県薬剤師会(環境試験衛生センター)Y.T.(M.T.)
(2)調査及び試験年月日:冷和3年1月15日(平成22年9月29日)
(3)泉温:31.2(26.6)<37.3>℃(調査時の気温9(27)<1.5>℃)
(4)湧出量(利用量)<ゆう出量>:101(53)<81.3>リットル/分((掘削)動力楊湯)
(5)知覚的試験:無色澄明<黄褐色を有し、黒色の沈殿物を生じる>
(6)pH値:8.3(7.7)<7.6>
(7)電気伝導率:49.7(88.4)<55.7>mS/m(交流2電極方式、極板:チタン+白金黒)
4.試験室における試験成績
(1)試験者:3.(1)と同じ
(2)分析終了年月日:令和3年1月28日(平成22年10月8日)
(3)知覚的試験:無色澄明(試料採取後24時間)
(4)密度:0.9986(0.9988)(20℃/4℃)<0.9986(20.0℃)>
(5)pH値:8.20(7.74)<7.86>
(6)蒸発残留物:0.31(0.50)<0.35>g/kg(110℃)
5.試料1kg中の成分(mg)
(1)陽イオン
Na=74.2(135)<81.2> K=7.8(13.8)<10.2> アンモニウム=0.3 Mg=7.9(7.09)<6.61>
Ca=28.1(29.3)<28.3>  Mn=0.3(0.17)<0.16> 鉄2=1.0(0.64) 陽計=119.6(186)<126>
(2)陰イオン
F=0.4(0.6)<0.4> Cl=18.1(26.3)<17.6> 硫酸=(0.3)<0.6> 炭酸水素=293.3(453)<328> 炭酸=2.0(0.9)<1.0> 陰計=313.8(481)<348>
(3)遊離成分
ア.非解離成分
メタケイ酸=41.5(83.4)<38.5> メタホウ酸=0.9(1.8) 非解離成分計=42.4(85.2)<38.5>
イ.溶存ガス成分
遊離CO2=8.8(0.9) 成分総計・溶存物質計=0.48(0.75)<0.51>g/kg
(4)その他微量成分
総ひ素・銅・鉛・総水銀=検出せず
6.泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉<温泉>)
9.温泉利用に関する情報
加温:入浴に適した温度に保つため加温しています。
循環ろ過:衛生管理のため新しい温泉を常時補給しながら循環ろ過装置を使用しています。
消毒:衛生管理のため塩素系薬剤を使用しています。
令和3年1月29日(平成22年10月8日)<平成13年3月16日>
一般社団法人 群馬県薬剤師会(環境試験衛生センター)会長(群馬県衛生環境研究所 所長)
※地下1560mより湧出

>  群馬でも桐生市の桐生温泉湯ららが5月31日(金)
> を以って閉館となります。(2/8付上毛新聞)事業継承・引受先を募集しているようですが、とりあえず桐生温泉
> 湯ららに14年ぶりに訪問し、一旦お別れに行ってきました。行きは足利市で1080円カット・買物、帰りは
> 藪塚温泉経由で24.5km、40分。桐生温泉湯ららは2002年12月18日オープン、16年5ヶ月余りで幕となります。
>  下足と脱衣ロッカーは100円玉返却式、下足キーをフロントに預け、精算キーを受け取ります。入館料大人
> 平日650円、土日祝750円でJAF50円引やぐんまの源泉パスで100円引あり。さらに太田市の安眠の湯同様、
> 民間施設では珍しい身障者割引があって平日450円、土日祝550円。私はぐんまの源泉パスで650円、身内は
> 障割で550円で2人で1人頭600円で入館できました。砂塩風呂も健在ですね。
>  内風呂は大浴場・水素風呂・薬湯・電気風呂・ドライサウナ・水風呂・かぶり湯で、大浴場は天然温泉。
> 水素風呂は初めて入った記憶ですが、人工炭酸泉に似ています。水素水岩盤浴なら、見沼の小春日和で経験あり。
> 薬湯はピンク色だったのでバラ風呂か?大浴場ではバラの花が咲いていました。
>  露天風呂の大浴槽には天然温泉の表示あり。照明の関係かも知れませんが、黄色みを帯びている気がします。
> 透明無味無臭。石組みの投入はオープン時同様に冷たく非加熱源泉かも知れません。その他、石風呂(真湯?
> ぬるめ)とアロマ低温サウナがあります。冷たい投入湯を頭からかぶって〆ましたが、アル単のせいか、
> 肌の感触が変わり、よく温まる温泉でした。温泉の特徴が薄いのは残念ですね。旧桐生市唯一の温泉として、
> 70歳以上は130円引で入れるせいか、高齢者を中心に、深夜23時までやっているので、休日はスパ銭として
> 若者もいて、幅広い世代に利用される、混んでいる温泉施設です。事業継承に関心を持つ会社もあるようですが、
> 今のところ決まったとの掲示がありませんので、引受先が現れるといいですね。

https://yurabu-kiryu.com/

 

Re: 行田らー麺CHOP2022

 投稿者:ONKEN21@行田より帰宅  投稿日:2022年 4月 9日(土)13時11分36秒
返信・引用
  > No.9258[元記事へ]

 4/6(水)は埼玉県行田市RDBトップ秩父鉄道行田市駅そばのらー麺CHOPに1年ぶり。
午前中、作業があったのでお昼に行田の今年唯一のワンチャンスでした。
11:30で満席2人待、12時で5人。
黒板メニュートップ塩らーめん770円を替え玉110円にて。
繊細な塩味、館林以来久々に大変うまいラーメン食べました

> 本日の昼休みは行田市のCHOPに1年ぶりにやってきました。
> 12時で駐車場満車、空くまで少し待ちました。3人ほど雨の中店外待ち。
> 本日メニューは玉葱ラーメン、塩、こってり塩、煮干し。
> 塩ラーメンが食べたことがないので、こってり塩(細麺)864円を替玉108円でいただきました。
> 塩は豚骨と見まごうような真っ白なスープ。煮豚やねぎ・海苔が入っています。
> 繊細かつこってりした塩味が出ていてとってもおいしかったです。
 

横川鉱泉中野屋旅館

 投稿者:ONKEN21@茨城より帰宅  投稿日:2022年 4月 9日(土)11時08分6秒
返信・引用 編集済
  > No.3444[元記事へ]

デミオさんへのお返事です。

 この前の日曜はじゃらん期間限定ポイントが100円余っていたため、茨城県常陸太田市旧里美村の横川鉱泉
中野屋旅館で初めて日帰り入浴しました。その前に大子町湯沢温泉旧湯本屋旅館
http://onsensoba.sakura.ne.jp/yuzawayumotoya.htm
湯恵足ゆへ、オープン4年にして初めて訪れました。> No.3444[元記事へ]4・5月と10・11月の土日祝10~16時、
15:30に行ったところ既に終了(涙)終了してても足湯にシートがしてあるのみで、中に入れる通路はあり、
ペットの足湯にぬる湯垂れ流し有るので、湯に触れることはできました。井戸からホースが投入口へ伸びて
います。無色透明無味無臭、手湯して乾くと肌触りいい日は雨で天気が悪くハイカーなど客がいなくて早めに
終わったのでしょうね。16時過ぎにはペットの足湯の投入はストップしました。次回は是非、足湯に浸かり
たいです。湯恵足ゆには500円の開運の絵馬売ってます。2007年に休廃業した湯沢温泉ホテルの廃墟が桜を
背景に残っていました。
http://onsensoba.sakura.ne.jp/yuzawa.htm
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/T-Ibaragi01.htm
湯本屋も更地となり、湯沢温泉自体消滅しています。私は未湯ですが、茨城最古で肌に優しい湯、全身で
浸かりたかったなあ…

 湯恵足ゆから32km45分で横川鉱泉中野屋旅館へ。行きは小山・真岡・大子経由180km、帰りは常陸大宮・
笠間R50小山経由167km、3時間45分。入口がよくわからず通り過ぎてしまいました(^^;近代的な旅館風。
じゃらん400ポイント(dポイント)と100円クレカ払いにて予約。フロントで名前を告げるとすぐ浴室の
場所を案内。ついでに源泉のポリタンでの持ち帰りについてお尋ねすると浴室内の飲泉蛇口で汲んで下さい
と許可。中庭を周り込んで浴室へ。内湯のみ、自噴泉という源泉蛇口では明瞭な硫黄臭味。内湯投入はたまに
冷たくなるが、循環湯口のせいか硫黄臭なし。入ると肌がなかなかのヌルヌル感あります。入った後も肌
スベスベです。塩素臭はほとんど感じず、茨城にしては良い湯でした。冷たいですが、源泉蛇口を頭から
浴び、体によく掛けてから出ました。鼻に硫黄臭が突き抜けます。1057年の源義家伝説残る古湯、4日で
治るから横川、いい湯ですね。

 次に持ち帰り温泉。浴室まで遠いのでポリタンを運ぶのはかなり大変です。持ち帰った源泉、帰宅後も
硫黄臭が鼻を突きます。秩父満願・大竜寺より強く、南郷並か、室賀・坂城を超える強い硫黄臭。翌日は
硫黄臭は当日より衰えましたが、まだ硫黄臭が鼻を突きます。自宅の風呂に12L入れると浴室全体にうっすら
硫黄臭が鼻を突き、浴室の外までかすかに臭う。香り的には硫黄臭がない現地入浴施設より持帰自宅湯の方が
ぜんぜん良いと思いました。茨城で長野を凌駕する持ち帰り湯に驚愕。古湯はいい!

 温泉分析書(鉱泉分析指針による分析) 受付No.09-ON-38
1.申請者:中野屋旅館、巴屋旅館、山田屋旅館
2.源泉名及び湧出地:
源泉名:横川鉱泉
湧出地:茨城県常陸太田市折橋町1541-ロ(中野屋旅館:折橋町1409)
3.湧出地における調査及び試験成績
イ)調査及び試験者:財団法人 茨城県薬剤師会公衆衛生検査センター K.N. K.I.
ロ)調査及び試験年月日:平成21年11月12日
ハ)泉温:13.2℃(調査時における気温10.1℃)
ニ)湧出量:測定不可(自然湧出)
ホ)知覚的試験:無色、透明、強い硫化水素臭、無味
ヘ)pH値:10.1(ガラス電極法)
4.試験室における試験成績
イ)試験者:同上 Y.M.
ロ)分析終了年月日:平成21年12月9日
ハ)知覚的試験(採水24時間後):3.ホ)と同じ
ニ)密度:0.9987(20℃/4℃)
ホ)pH値:10.04(ガラス電極法)
ヘ)蒸発残留物:0.203g/kg(110℃)
5.試料1kg中の成分
イ)陽イオン
Na=64.0 K=0.6 Mg=0.3 Ca=3.0 アンモニウム=0.1 陽計=68.0
ロ)陰イオン
F=5.0 Cl=19.0 硫化水素=4.0 硫酸=26.7 炭酸=41.4 水酸=3.6 陰計=99.7
ハ)遊離成分
メタケイ酸=45.6 メタホウ酸=1.7 非解離成分計=47.3 溶存物質・成分総計=0.215g/kg
ニ)その他微量成分
Li=0.0099 Sr=0.017 As・Cu・Pb・Hg・Az・Cr・Cd=非検出
6.泉質
単純硫黄冷鉱泉(低張性-アルカリ性-冷鉱泉)
平成21年12月10日 財団法人 茨城県薬剤師会公衆衛生検査センター 理事長

> 紺碧七さんへのお返事です。
>
> > 歴史ある温泉は自然湧出ですが、先週は水上の谷川温泉
> > 月曜日は茨城の横川温泉と入りましたが、温泉成分量はどちらもたいした量ではないのに、なぜか素晴らしく効くんですね
> > 掘削系の濃厚泉は浴感もあり、ガツーンと効きます
> > それに比べて自然湧出系の単純泉は浴感は大したことがないのに、出たあといつまでも汗が引かず、ヌクヌク感は下手すると掘削系濃厚泉より続きます
> > やっぱ、温泉は成分量のみでは比較できませんね
> > 深いな~
>
> 横川鉱泉にレスいれようと思いつつ、忘れかけていました。
> 以前に巴屋旅館に入ったので、一番湯づかいが良いところに入ったから、あとはいいやと思っていましたが、源泉「折橋鉱泉」の湯づかいは巴屋旅館が加熱かけ流しで上等ですが、
> 中野屋は博士に再度登場しているので、循環仕様承知で、まぁ行ってみました。
>
> 横川鉱泉「巴屋旅館」「元湯山田屋」「中野屋旅館」3軒の中で、
> 中野屋旅館は建物が一番新しくホテルでしたね。
> 「横川鉱泉の由来」の説明板はあるものの分析書と影響を与える事項の掲示は見あたらず。
> 内湯の湯口は循環分、浴槽内硫黄臭なし。
> 源泉の実力は残っており、ぬるすべです。床もぬるぬるで転けそう。
>
> 源泉蛇口がありました。硫黄臭のぬるすべ強く、良い鉱泉ですね。
> 栃木だと馬頭の小口の湯(かみの湯荘、小口館下の湯)に印象が近いです。
> 生源泉を桶にため、冷たすぎるので浴槽の湯を足し、頭からかぶると全身ぬるぬるの硫黄臭。
>
> 最初貸し切りでしたが、団体が来て混雑しました。
> 駐車場には自己所有バス2台とマイクロバス1台の計3台が戻ってきていました。
> 源泉「折橋鉱泉」ですが、横川鉱泉の横を流れる天竜川で自然湧出。
> 道路の上から川を見下ろすと見え、今回は近くまで行ってみました。祠もありました。

http://www.satomi-nakanoya.com/

 

ミューズパーク外周やく12km

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月 8日(金)23時14分18秒
返信・引用
  こんばんは

今日は、ミューズパーク外周を含めて約12km歩きました。
今日の体重は66.8kg、66kg台に下がりました。

ミューズパークから林の中を通り抜け外の道へ。外の道を大周り、
再びミューズパーク内に入り端まで歩き、戻りも林から外周に出て、
大周りに歩きました。ミューズパーク内に戻るにも、行き止まりが
多く、出発点には外回りで戻りました。

桜はピーク、花びらが舞っていました。
ミューズパークの水仙、一昨日は半分くらいの開花が、
今日は8割方開花していました。

画像の2枚目3枚目は、札所23番から24番へ通じる
巡礼道にある念仏坂の近く、橋が無く川を越えようか
迷いました。踏み石が小さすぎ。不安定な感じも。
川幅の狭い所を何とか無事、越えられました。
札所24番近くから、ミューズパークに入るのに、
水道局の所は行き止まり。ウォーキングの距離を
稼ぎました。
 
    (ONKEN21) ミューズパークから荒川沿いも歩いたようですね。
そば屋の長尾根がある通りですね。  > No.5381[元記事へ]
 

美の山と羊山

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月 6日(水)20時08分4秒
返信・引用
  こんばんは

今日は美の山と羊山、合わせて約7.5km歩きました。
美の山の山頂、桜は一気に開花が進んでいました。

羊山の桜は最高潮と思われます。
そして、有料駐車の料金看板が出ていました。
芝桜の咲き具合は、可なり開花が見られますが、
見頃にはなっていませんが、駐車場の有料化は
間もなくなのかなと思いました。
 
    (ONKEN21) 羊山で満開の桜は7年前見ました。> No.6707[元記事へ]
秩父の街並みと山並みと桜の取り合わせが素晴らしいのですよね。懐かしいです。
すぐに芝桜の季節がやってきますね。
 

ミューズパーク(2)

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月 5日(火)22時32分7秒
返信・引用
  今夜は連投、失礼します。

水仙が見頃になっています。半分近くは未だ未開花ですが、全開も遠くないと
思います。全開になる頃は水仙は終盤。全部、一斉の開花が見られるかは
わかりません。

画像2枚目は遊具の有る広場。大きな滑り台が無くなり空間が広がりました。
空間が勿体無い感じがしました。

画像3枚目は、十三仏地蔵。桜はピークのようですね。
 
    (ONKEN21) 水仙と桜きれいですね。
遊具は新しくなったと埼玉新聞で読んでましたが、撤去された部分もあるのですね。
 

ミューズパーク(1)

 投稿者:ks  投稿日:2022年 4月 5日(火)22時20分17秒
返信・引用
  こんばんは

今日は、ミューズパーク内と、外周合わせて13km近くを歩きました。
桜の開花状況は最高潮です。

佐久良橋側からロープが張られ武甲見広場へ行けませんでしたが、
令和4年、3月31日、園路復旧していますの看板。ロープを潜り進みました。
武甲見広場までは問題無くいけました。武甲見広場の所は先に進めそうな
通行止め。先に進まず石楠花生地の所から坂を上り、ミューズパークの
スカイロードに出ました。
 
    (ONKEN21) 待ちに待った花の季節、ミューズーパークを中心にたくさん歩きましたね。
佐久良橋は仕事で通ったことありますが、「佐久良」と言う名は桜が由来しているのでしょうか。
 

レンタル掲示板
/148