teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:87/6583 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

桐生温泉湯らら、5月31日閉館

 投稿者:ONKEN21@桐生  投稿日:2019年 5月18日(土)22時57分46秒
  通報 返信・引用 編集済
  > No.8616[元記事へ]

> 東京都浅草の蛇骨湯が5月末廃業ということで旅の〆湯として寄ってきました。

 東京では蛇骨湯が5月31日廃業の話題で持ち切りですが、群馬でも桐生市の桐生温泉湯ららが5月31日(金)
を以って閉館となります。(2/8付上毛新聞)事業継承・引受先を募集しているようですが、とりあえず桐生温泉
湯ららに14年ぶりに訪問し、一旦お別れに行ってきました。行きは足利市で1080円カット・買物、帰りは
藪塚温泉経由で24.5km、40分。桐生温泉湯ららは2002年12月18日オープン、16年5ヶ月余りで幕となります。
 下足と脱衣ロッカーは100円玉返却式、下足キーをフロントに預け、精算キーを受け取ります。入館料大人
平日650円、土日祝750円でJAF50円引ぐんまの源泉パスで100円引あり。さらに太田市の安眠の湯同様、
民間施設では珍しい身障者割引があって平日450円、土日祝550円。私はぐんまの源泉パスで650円、身内は
障割で550円で2人で1人頭600円で入館できました。砂塩風呂も健在ですね。
 内風呂は大浴場・水素風呂・薬湯・電気風呂・ドライサウナ・水風呂・かぶり湯で、大浴場は天然温泉。
水素風呂は初めて入った記憶ですが、人工炭酸泉に似ています。水素水岩盤浴なら、見沼の小春日和で経験あり。
薬湯はピンク色だったのでバラ風呂か?大浴場ではバラの花が咲いていました。
 露天風呂の大浴槽には天然温泉の表示あり。照明の関係かも知れませんが、黄色みを帯びている気がします。
東明無味無臭。石組みの投入はオープン時同様に冷たく非加熱源泉かも知れません。その他、石風呂(真湯?
ぬるめ)とアロマ低温サウナがあります。冷たい投入湯を頭からかぶって〆ましたが、アル単のせいか、
肌の感触が変わり、よく温まる温泉でした。温泉の特徴が薄いのは残念ですね。旧桐生市唯一の温泉として、
70歳以上は130円引で入れるせいか、高齢者を中心に、深夜23時までやっているので、休日はスパ銭として
若者もいて、幅広い世代に利用される、混んでいる温泉施設です。事業継承に関心を持つ会社もあるようですが、
今のところ決まったとの掲示がありませんので、引受先が現れるといいですね。

 平成22年10月8日付温泉分析書は以下の通り。()内は平成13年3月16日付データ

1.依頼者:群馬県桐生市広沢町6丁目320-1(申請者:勢多郡新里村高泉531番2号 三共観光開発株式会社 代表取締役)
2.温泉名・源泉名:桐生温泉(源泉名:広沢の湯)
及びゆう出地:桐生市広沢町6丁目字庚塚320番地(湯らら:6丁目320-1)
3.採水地(湧出地)における調査及び試験成績
(1)調査及び試験者:(社)群馬県薬剤師会(環境試験衛生センター)M.T.
(2)調査及び試験年月日:平成22年9月29日
(3)泉温:26.6(37.3)℃(調査時の気温27(1.5)℃、利用場所は40~42℃)
(4)利用量(ゆう出量):53(81.3)リットル/分(掘削動力楊湯)
(5)知覚的試験:無色透明(黄褐色を有し、黒色の沈殿物を生じる)
(6)pH値:7.7(7.6)
(7)電気伝導率:88.4(55.7)mS/m(交流2電極方式、極板:チタン+白金黒)
4.試験室における試験成績
(1)試験者:同上
(2)分析終了年月日:平成22年10月8日
(3)知覚的試験:無色透明
(4)密度:0.9988(20℃/4℃)(0.9986(20.0℃))
(5)pH値:7.74(7.86)
(6)蒸発残留物:0.50(0.35)g/kg(110℃)
5.試料1kg中の成分(mg)
(1)陽イオン
Na=135(81.2) K=13.8(10.2) Mg=7.09(6.61) Ca=29.3(28.3) 鉄2=0.64(<0.01) Mn=0.17(0.16) 陽計=186(126)
(2)陰イオン
F=0.6(0.4) Cl=26.3(17.6) 硫酸=0.3(0.6) 炭酸水素=453(328) 炭酸=0.9(1.0) 陰計=481(348)
(3)遊離成分
ア.非解離成分
メタケイ酸=83.4(38.5) メタホウ酸=1.8(<0.2) 非解離成分計=85.2(38.5)
イ.溶存ガス成分
遊離CO2=0.9(0.0) 遊離硫化水素=0.0
成分総計・溶存物質計=0.75(0.51)g/kg
(4)その他微量成分
総ひ素・銅・鉛・総水銀=検出せず
6.泉質/単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉(温泉))
9.温泉利用に関する情報
加温:入浴に適した温度に保つため加温しています。
循環ろ過:衛生管理のため新しい温泉を常時補給しながら循環ろ過装置を使用しています。
消毒:衛生管理のため塩素系薬剤を使用しています。
平成22年10月8日(平成13年3月16日)
(社)群馬県薬剤師会(環境試験衛生センター)会長(群馬県衛生環境研究所 所長)
※地下1560mより湧出

http://www.kiryu-yurara.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:87/6583 《前のページ | 次のページ》
/6583